日本よ誇りを取り戻せ

79791-11.jpg
マレーシア、日本との関係もなかなか深い東南亜細亜の国の一つです。
その昔、二人のマレーの虎と呼ばれる人が活躍した土地です。
一人は谷豊 - マレーのハリマオ(虎)
もう一人は山下奉文さんです。
山下さんはイギリス軍から、マレーシアを開放した英雄です。
その後マレーシアの富国強兵政策を行っております。
そして彼は戦勝国連合によって処刑されることになります。
彼の遺言が残っております。大東亜戦争に負け今後の日本を憂い、教育方針を書き示したとされます。
1つ目は、日本人が倫理的判断に基づいた個人の義務履行。
この倫理観の欠如が、日本が世界からの信用を失ってしまった根本的な原因だと主張した。さらに日本人が間もなく得る自由が、この義務の観念を気づかせるのを難しくさせてしまうかもしれないと予測した。
「自由なる社会に於きましては、自らの意志により社会人として、否、教養ある世界人としての高貴なる人間の義務を遂行する道徳的判断力を養成して頂きたいのであります。此の倫理性の欠除という事が信を世界に失ひ醜を萬世に残すに至った戦犯容疑者を多数出だすに至った根本的原因であると思うのであります。
此の人類共通の道義的判断力を養成し、自己の責任に於て義務を履行すると云う国民になって頂き度いのであります。
諸君は、今他の地に依存することなく自らの道を切り開いて行かなければならない運命を背負はされているのであります。何人と雖も此の責任を回避し自ら一人安易な方法を選ぶ事は許されないのであります。こゝに於いてこそ世界永遠の平和が可能になるのであります。」

2つ目は、科学教育の振興。
彼は優れた科学が優れた兵器を生み出すことを認めながらも、核戦争の不安材料を恐れ、破壊よりも科学の平和的発展を主張した。
「敗戦の将の胸をぞくぞくと打つ悲しい思い出は我に優れた科学的教養と科学兵器が十分にあったならば、たとへ破れたりとはいへ斯くも多数の将兵を殺さずに平和の光輝く祖国へ再建の礎石として送還することが出来たであらうといふ事であります。私がこの期に臨んで申し上げる科学とは人類を破壊に導く為の科学ではなく未利用資源の開発或は生存を豊富にすることが平和的な意味に於て人類をあらゆる不幸と困窮から解放するための手段としての科学であります。」

3つ目は、女子の教育。
日本人の女性は、新しい自由と地位を尊び、世界の女性と共に平和の代弁者として団結しなければならないということ。「従順と貞節、これは日本婦人の最高道徳であり、日本軍人のそれと何等変る所のものではありませんでした。この虚勢された徳を具現して自己を主張しない人を貞女と呼び忠勇なる軍人と讃美してきました。そこには何等行動の自由或は自律性を持ったものではありませんでした。皆さんは旧殻を速かに脱し、より高い教養を身に付け従来の婦徳の一部を内に含んで、然も自ら行動し得る新しい日本婦人となって頂き度いと思うのであります。平和の原動力は婦人の心の中にあります。皆さん、皆さんが新に獲得されました自由を有効適切に発揮して下さい。自由は誰からも犯され奪はれるものではありません。皆さんがそれを捨てようとする時にのみ消滅するのであります。皆さんは自由なる婦人として、世界の婦人と手を繋いで婦人独自の能力を発揮して下さい。もしそうでないならば与えられたすべての特権は無意味なものと化するに違いありません。」

4つ目は、次代の人間教育への母としての責任。
「私のいう教育は幼稚園或は小学校入学時をもって始まるのではありません。可愛い赤ちゃんに新しい生命を与える哺乳開始の時を以て始められなければならないのであります。愛児をしっかりと抱きしめ乳房を哺ませた時何者も味う事の出来ない感情は母親のみの味いうる特権であります。愛児の生命の泉としてこの母親はすべての愛情を惜しみなく与えなければなりません。単なる乳房は他の女でも与えられようし又動物でも与えられようし代用品を以ってしても代えられます。然し、母の愛に代わるものは無いのであります。
母は子供の生命を保持することを考へるだけでは十分ではないのであります。
子供が大人となった時自己の生命を保持しあらゆる環境に耐え忍び、平和を好み、協調を愛し人類に寄与する強い意志を持った人間に育成しなければならないのであります。
………これが皆さんの子供を奪った私の最後の言葉であります。」

皆さんがこれを読んでどう考えるのかはわかりません。

さて、そのマレーシアにて政権交代が行われました。
その結果、首相となりましたのは元首相であるマハティールさんです。
92歳マハティール氏再び首相へ 初政権交代
 【クアラルンプール武内彩】マレーシア連邦下院(定数222)の総選挙が9日投開票され、マハティール元首相(92)が率いる野党連合・希望連盟が過半数の113議席を獲得し、1957年の独立以来60年以上、政権を担ってきた与党連合・国民戦線に勝利した。初の政権交代が実現する。与党はナジブ首相の汚職疑惑などで人気が低下し、票田の多数派マレー系住民の支持離れを招いた。マハティール氏は2003年に引退するまで22年間務めた首相に返り咲く見通し。
 10日未明に記者会見したマハティール氏は「ナジブ氏が敗北を受け入れるかは聞いていないが、報復は望まない。われわれは法の支配を取り戻す」と勝利宣言した。会見を開いたクアラルンプールのホテル前には大勢の支持者が集まり、「パカタン・ハラパン(希望連盟)」の大合唱がわき起こった。欧州メディアは、マハティール氏が首相に就任すれば選挙で選ばれた国政指導者として最高齢になると報じている。
 選挙委員会などによると、投票率は約76%。開票結果では野党連合が解散前の72議席から41議席増やし、国民戦線は130議席から79議席に減らした。
 元々与党を率いてきたマハティール氏にとってナジブ首相は愛弟子に当たる。しかし、15年にナジブ氏に政府系ファンドから巨額を選挙資金に流用した疑惑が持ち上がった後、マハティール氏はナジブ氏批判を強めて与党を離党した。マハティール氏を選挙の顔にした野党は、国民に広がる汚職に対する嫌気と物価上昇への不満を追い風に、支持を広げた。
 マハティール氏の登場に危機感を抱いた与党連合は、同氏が率いる政党を提出書類の不備を理由に活動停止にしたり、フェイク(偽)ニュース対策法違反の疑いで同氏への捜査着手をほのめかしたりした。解散直前には選挙区割りを変更したが、地方でも票を維持できなかった。

元々与党であったマハティールさんですが、金権にまみれた与党を見限って再び選挙に出たようです。
金と言えば中共の暴虐舞人対応には亜細亜全土がへきへきしているそうですね。
それでも国民は国の事を考え、未来を考えてマハティールさんを選んだのでしょう。これが民主主義と言う事ですね。

さて、そのマハティールさんですがこのような言葉を日本に向けて発しています。
「日本人よ誇りを持て」 日本の高校生を泣かせた、92歳マハティール首相のスピーチ
92歳の首相就任
 マハティール・モハマド氏がマレーシア首相に返り咲いたことを伝えるニュースでは、その92歳という年齢への驚きがメインに扱われていることが多い。
 なにせ首相の年齢が高いことが問題視されていた日本ですら、首相就任の最高齢は77歳。マハティール首相と同じ年に生まれた有名人を並べてみれば、三島由紀夫、マルコムX、野中広務、橋田壽賀子……。いかに92歳で首相就任ということが異例であるかがよくわかる。
 ただ、日本人がマハティール首相について知っておくべきポイントは、これ以外にもある。前回首相をつとめた際には「ルック・イースト(日本の経済成長を見習おう)政策」を掲げたほどの親日家であるマハティール首相は、自国民に日本の素晴らしさを伝えると同時に、日本人に対してもさまざまな形で熱いメッセージを送り続けてきた。
 たとえば2002年11月には、マレーシアを訪れた東京都立国際高校の修学旅行生に向かって「あなたたちは日本人の勤勉な血が流れているのだから、誇りに思いなさい」と訴えている。
 これを聞いた高校生たちは、「感動した。こんなことを言ってくれる日本人の政治家はいない」と感激し、涙を流していたという。少し前のスピーチなので、現状とは異なる部分もあるが、メッセージそのものは現在の私たちの胸にも響くところが多い。 
 マハティール首相の著書『立ち上がれ、日本人』に収録されているそのスピーチを全文ご紹介しよう(同書の「序章 日本人よ誇りを持て」)。

日本に学んだこと
 発展途上国であるマレーシアは、日本から多くのことを学びました。
 首相に就任した1981年、私は「ルック・イースト政策(東方政策)」を国策として採用しました。これは第2次世界大戦で焼け野原となった日本が、たちまちのうちに復興する様から学ぼうとした政策です。
 かつて読んだソニーの盛田昭夫元会長の本に描かれた、日本国民の強い愛国心と犠牲を払っても復興にかける献身的な姿は、私に深い感銘を与えました。労働者は支給される米と醤油だけで一生懸命働き、近代的な産業を育てるため寝る暇を惜しんで技術を磨いていったのです。
 日本人の中でも私がとりわけ尊敬するのは、戦後の日本を築いた盛田昭夫氏と松下幸之助氏です。いずれも先見性を持ち、パイオニア精神と失敗を恐れずに挑むチャレンジ精神、そして独自の考えとやり方で技術革新を生みました。さらには日本の経済成長を助けるマネージメント能力を兼ね備えていたのが、彼らのすばらしいところです。
 私が初めて日本を訪れたのは1961年、家族旅行でのことでした。当時の日本はまだ復興途上で、あちらこちらに爆弾による破壊の跡が残されていました。それでも、大阪では水田の真ん中に建つ松下の工場が私の度肝を抜き、オリンピックの準備中の東京では、日本橋の上に高速道路が建設されつつあるのを目にしました。
 このとき、私は日本と日本人のダイナミズムを体感したのです。人々が国の再建と経済を発展させるために献身的に尽くす光景は、今もまぶたに焼きついています。その後も訪れるたびに発展していく日本の姿を見てきたからこそ、首相になったとき私は日本と日本の人々から学ぼうと思ったのです。
 もっとも注目したのは、職業倫理観と職場での規律正しさによって、品質の高い製品をつくりあげるという姿勢でした。
 戦前の日本製品は「安かろう悪かろう」の代名詞でした。しかし戦後は品質の高い製品を次々に生産し、日本は国際社会で大きく成功しました。労働者は職業倫理観が優れていて、管理能力も高い。多くの国民が戦争で命を落としましたが、残された者が立ち上がり、新しい産業を興し、日本はすばやく発展していきました。
 電子産業の革命を起こしたソニーもその一社で、すばらしい技術でテープレコーダーを生み出しました。松下は戦後再建し、多くの大企業が次々と復活しました。米占領軍は財閥を解体したけれども、新しい形態の会社が次々と生まれていったのでした。
 日本の大企業のシステムは、欧米の会社のシステムとはずいぶん違っていました。会社同士は競争しても、会社は社員の面倒を見る。終身雇用という形態は、西側諸国にはないものでした。社内で従業員による混乱は少なく、労働組合によるデモも就業時間外に行われたため、生産活動には支障を来さなかったのです。
 多くの製品が生まれ、輸出され、外貨を稼ぎ、結果として日本は大きく発展しました。私たちが日本からコピーしたかったことは、日本型システムなのです。国を発展させるための政府と民間企業の緊密な関係を、私は「日本株式会社」と呼んでいます。私たちはこの日本から学ぶことで、他の発展途上国に比べて早く発展することができました。
 東南アジアをはじめとしたアジアの近隣諸国もまた、日本とともに働き、日本の繁栄と技術から学びたいと思っているのです。日本の新しい技術を学ぶことによって、域内全体が繁栄することは間違いありません。

日本人よ自信を取り戻せ
 マレーシアは、近隣諸国を豊かにすることが、自国にとっても大事なことであると確信しています。けっして、貧しい国を置いてきぼりにしてはなりません。
 近隣諸国が貧しければ、多くの問題が自分の国にふりかかってきます。貧しい国から難民がどっと入ってくれば一大事ですが、近隣諸国が豊かになれば自国製品を輸出することもできる。だからマレーシアは、近隣諸国を富ます政策を積極的に取り入れているのです。
 戦後、独立国として生まれ変わったマレーシアには、日本など海外から多くの投資がなされました。日本の企業が進出したおかげで多くの雇用が生まれ、失業率は著しく低下し、国民は完全雇用の状態となりました。このため、海外からの労働者を雇わなければならなくなったほどです。
 マレーシアは日本にとっても、良い市場として生まれ変わりました。日本は投資したものを回収しただけでなく、豊かになったマレーシア人に製品を売ることもできる。2倍儲けることができたというわけです。
 これが私たちの経験であり、多くの発展途上国でも同じことが起きてほしいと願っています。マレーシアは近隣の国々に手を差し伸べ、投資し、職業訓練のために彼らを招いています。その国の発展のために、公共事業にも協力しているのです。
 最も大事なことは、国が域内はもとより世界の平和のために努力するということ。けっしてひとりよがりにならず、他の諸国が発展するお手伝いをするということです。他国が豊かになれば自国も豊かになり、よりよい世界を築くことができる。そうすれば戦争は起こらず、テロ行為の恐怖におののくこともありません。
 いま私は、自分の国に自信をもっています。
 その一方で、米国型の極端な経済改革を行なおうとしている今の日本では、失業率も高く、国民が自信を失っているようです。最近の日本の若者は、もはやかつての日本人のように献身的ではなくなったと私は聞かされました。確かに、貧しい人はそこから抜け出そうと必死に働きますが、ひとたび豊かになると人生はたやすいと思ってしまう。そして努力することを忘れてしまうのです。
 しかし日本を再びいい国にするために、ぜひ頑張っていただきたい。皆さんには勤勉であるという日本人の素質が根づいているのだから、他国の言いなりになるのではなく、自分の考えで行動してほしい。そして自信を取り戻し、日本人であることに誇りを持ってもらいたいと思うのです。

辞任にあたって伝えたいこと
 マレーシアは「ビジョン2020」として、2020年に先進国入りする目標を掲げています。私は22年の首相在任期間を通じて、そのレールを敷く努力をしてきました。
 1997年に始まったアジア通貨・金融危機では、これまで私たちが汗水たらして築き上げてきた国の富を瞬く間に失ってしまいました。しかし欧米型の処方箋を用いず、独自の資本規制などを実施することで、ようやく乗り越えることができました。
 私は辞任の潮時をいつも考えてきましたが、国内経済がやっと落ち着いてきた2002年、私が総裁を務める最大与党・統一マレー国民組織(UMNO)の党大会で辞任を発表しました。誰にも相談しませんでしたから、周囲にとっては青天の霹靂(へきれき)だったことでしょう。本当はすぐ引退したかったのですが、まわりからもう1年だけ頑張ってほしいと嘆願されました。2003年10月のイスラム諸国会議機構(OIC)首脳会議を終えてから引退するようにと――。
 足るを知る。私が幼いころ、母はそう諭しました。お腹いっぱいになる前に食べるのをやめなさい、というのが母の口癖だったのです。
 この22年間で、マレーシアの1人当たり国内総生産(GDP)は2倍以上に増えました。日本を目標にした「ルック・イースト政策」が功を奏したことは間違いありません。完全ではありませんが、私たちは日本から多くを吸収することができました。社会のシステムや職業倫理、技術――、そして何より文化に学びました。首相を退任したいまも、私は日本の支援に心から感謝しています。
 経済危機の最中にも本当に大きな力になってくれた日本は、私たちにとっての真の友人です。数十億ドルの支援や、マレーシア政府発行の国債に対して保証を打ち出してくれたことでどれだけ助けられたことでしょう。固定相場制を導入できたのも、日本がバックにいるという安心感があったからなのです。ちっぽけな東南アジアの一国の民として、私は日本にいつまでも熱いまなざしを注ぎ続けることでしょう。
 どうかいつまでもアジアの力となり、手を差し伸べてほしい。今こそ日本に、リーダーシップを発揮してほしいのです。

この言葉に対して日本人はどのような回答を行うのでしょうか?

日本人よ、亜細亜諸国の人々が言うように誇りを取り戻そうではありませんか。
それが日本の発展につながります。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2018/05/24 06:00

05/23のツイートまとめ

buackky

今日は四国のお店に来たぜ!(* ̄∇ ̄)ノ四日市だけどな(*´ω`*)
05-23 20:47

朝日新聞の社長や社主は責任を負って辞任させるのでしょうね。他人に対して追及している事を自分はしないなんて朝日新聞はやらないですよね。朝日新聞で上司が女性記者にセクハラの疑い #セクハラ #朝日新聞 #スクープ速報 #週刊文春 https://t.co/psAhNFAFHQ
05-23 17:40

?一五年前の話をいまさら?愛媛県が獣医学部を招致したのは一二年前ですよね?時系列おかしくないですか?安倍首相、15年2月の加計氏との面会否定=理事長喚問を野党要求(時事通信) - Yahoo!ニュース https://t.co/boSq7xNEkg @YahooNewsTopics https://t.co/boSq7xNEkg
05-23 07:10

?一五年前の話をいまさら?愛媛県が獣医学部を招致したのは一二年前ですよね?時系列おかしくないですか?安倍首相、15年2月の加計氏との面会否定=理事長喚問を野党要求(時事通信) - Yahoo!ニュース https://t.co/boSq7xNEkg @YahooNewsTopics
05-23 07:10

いつものように切り貼りした文章でしょうね。強調させる理由がありません。公文書で協調する必要もありません。加計新文書「捏造説」唱える人たち 「フォントが違う!」と言うけれど... https://t.co/XNW5U23Sq3 @jcast_newsさんから
05-23 06:03

韓国は一人だと焼き肉は断られるんですけど大丈夫なのかな?インテリアの営業だったはずですが何か買い付けに行くのでしょうか?よくわかりませんね。「孤独のグルメ」五郎が韓国出張でビビンバと焼肉堪能(コメントあり) - 映画ナタリー https://t.co/VQeNmNu0d1
05-23 05:44

なんで天守閣にエレベータを付けないといけないのでしょうか?これだから配慮したくなくなるのですよ。河村市長「クレーンで障害者を天守閣に」 名古屋城問題:朝日新聞デジタル https://t.co/cFs8vzfAAH
05-23 05:37

未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2018/05/24 04:11

どんどん追いつめられる韓国

32837455_1552280348234658_358482516262256640_o.jpg
どんどん追いつめられる韓国
経済は低迷し、若年層の就職率も低下、対外債権の期限が迫っていて日本とのスワップを結ぼうにも頭を下げれない性格から交渉すら出来ていません。
韓国に明るい未来はあるのでしょうか?一部の論争では韓国が北朝鮮を併合すれば日本を抜く経済大国になるそうです。
果たしてその予想は正しいのでしょうか?私はないと思います。

さて、その韓国ですが、北朝鮮から様々な試練を受けているそうです。
韓国大統領補佐官「南北統一なら米国側か中国側か選択の時期に」
韓国の文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官が「長期的な次元で(韓米同盟が)多者安保協力体制に転換されることを希望する」と述べた。17日(現地時間)、米国時事誌アトランティックとのインタビューでだ。
文氏は「同盟」を「(一般的に)国際関係で非常に不自然な状態」と規定した。そして「個人的に最善は同盟をなくすこと」とし「短期あるいは中期的に我々(韓国)が(韓米)同盟に依存するのは避けられない。長期的には個人的に同盟体制が一定の形態の多者安保協力体制に転換されることを望む」と話した。続いて「北東アジアの安保共同体が用意されるなら、我々(韓国)は中国側も米国側も必要がない。両大国と友好的な関係を維持すると同時に、平和と安定、そして繁栄を守ることができる」とし「(その場合)韓半島は地政学的なくびき、そして地政学的なワナから抜け出すことができる」と主張した。
文氏は「南北統一」する長期シナリオを仮定し、「その時、我々は米国側に立って中国を牽制する勢力圏に合流するのか、中国側に加担して米国との関係から抜け出すのか、それとも単独で立つのかをめぐり、かなり難しい選択の時期を迎えるだろう」とし「北のような共通の敵がなければ、その時は我々が北東アジアの新しい(多者)安保構造を築くうえでもう少し主導的な役割ができる」という話もした。
これに先立ち文補佐官は米外交専門誌フォーリンアフェアーズ(FA)に「韓半島平和協定が締結されれば在韓米軍の駐留を正当化するのは難しい」という要旨の寄稿をし、論議を呼んだ。これに関し文氏はこの日、分析的な観点を提示したものだと主張した。「(南北間の)敵がい心が消えた時、米国人は『なぜ在韓米軍を維持するのか』という質問を投じるだろう。韓国の一部の進歩主義者も『なぜ韓国に外国の軍隊が必要なのか』などの似た質問を投じるはず」と話しながらだ。文氏は「私の立場は北の反対がなければ在韓米軍が駐留しようというものだ。ただ、韓国の利益にさらに寄与する形になればよいだろう。また、在韓米軍の目標や役割、規模は変わる可能性がある」と述べた。「北が反対すればどうするのか」という質問に対しては「大きな問題があるだろう。平和協定が実現しないかもしれない」と懸念を表した。アトランティックはこの日、文氏へのインタビュー記事に「韓国大統領の最高参謀が韓米同盟の解消を望む」というタイトルをつけた。
国内でこの発言が論議を呼ぶと、文特別補佐官は18日、江原(カンウォン)大での特別講演で、「一部で私を韓米同盟反対論者、撤退論者として浮き彫りにする動きがあり、非常に困惑している」とし「中・短期的に韓米同盟は必須であり、在韓米軍の駐留も必須になるしかない」と釈明した。

共産陣営に入るのでしょうか?それとも自由陣営に入るのでしょうか?
韓国は揺れています。韓国主導で統一できれば自由陣営、北朝鮮並びに中共主導であれば共産陣営ということでしょう。
北朝鮮と言う干渉壁が無くなることは日本の国防に起因する重大な問題です。
朝鮮併合は朝鮮から求めてきましたが、元々は朝鮮半島と言う刃物で日本を狙っていた共産陣営の戦略から朝鮮半島に強力な独立国家を求めていました。
日本が介入し独立させた朝鮮、大韓帝国はそのような日本の理由からも作られました。
自力で独立したことのない朝鮮が今回の事で統一国家を作ることが出来るようになるのは朝鮮人としてはのお魔しいことなのでしょうね。
しかし、金王朝ともいうべき独裁国家の国民はどうなる事なのでしょうか?

しかもこのタイミングで北朝鮮から脱穀者が発生しました。
北朝鮮男性2人が舟で亡命 いずれも民間人=韓国当局
【ソウル聯合ニュース】韓国情報当局の関係者は19日、同日未明に小舟で黄海上の軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)を越え亡命の意思を示した北朝鮮の男性2人について、いずれも民間人だったと明らかにした。当初、40代の男性2人のうち1人は北朝鮮軍の少佐とされていた。
 2人のうち1人が最初の段階で自ら少佐だと名乗ったため、当局は1人は将校だと認識したようだ。その後の調査で2人とも民間人であることが明らかになった。
 ただ、ある政府筋は過去に軍の幹部クラスだった可能性もあるとみて、慎重に身元を調べていると伝えた。

軍関係者がこのタイミングで来るというのは如何なものかと思います。
韓国はこれに対してどのような対応を取るのでしょうか?
人道を鑑み受け入れるのか?北朝鮮へのご機嫌取りとして突き返すのか?さぞかし苦渋の決断になる事でしょうね。

アメリカは過去の失敗を繰り返さない覚悟のようです。
ボルトン氏「過去の失敗繰り返さず」 北に非核化意思なければ米朝会談打ち切り
 【ワシントン=黒瀬悦成】ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は16日、北朝鮮が米朝首脳会談の中止を示唆した問題に関し、「根本的な問題は、北朝鮮が大量破壊兵器を放棄するという戦略的決断を下したかどうかだ」と指摘し、北朝鮮の真意を確かめる意向を表明した。
 ボルトン氏はFOXニュースのラジオ番組で、米朝首脳会談について「成功に全力を尽くす」と述べつつ、北朝鮮に非核化の意思がないと判断した場合は、「見返りを期待する北朝鮮との際限ない協議に引きずり込まれるという過去の失敗は繰り返さない」と語り、いつでも交渉を打ち切る用意があると強調した。
 北朝鮮が金桂寛(キム・ゲグァン)第1外務次官の談話という形でボルトン氏を名指しで非難したことについては「北朝鮮の手口だ」とし、「私は連中に人間のくず、吸血動物、醜い男と呼ばれてきた。慣れている」と一蹴した。
 金次官については「6カ者協議に出席していた古株で、問題の多い人物だ」と批判した上で、金氏が談話を発表したのは「北朝鮮が(非核化に関する)考えを変えた兆候である可能性もある」と指摘した。
 一方、ボルトン氏が北朝鮮にまずは核放棄させ、後で制裁を緩和する「リビア方式」を唱えたことに北朝鮮が反発したことに関し、サンダース大統領報道官は記者団に、政権がリビア方式を採用するかは「承知していない」と述べた。
 サンダース氏はその上で、「非核化に向けた定型の方式があるわけではない。これはトランプ大統領方式だ」と強調した。
 トランプ氏は16日、米朝首脳会談の見通しについて記者団に「様子を見る。時間がたてば分かる」と述べるにとどめた。北朝鮮から今回の件に関し「連絡はない」とも明かした。

アメリカとしては過去幾度となく約束をしては裏切ってきた北朝鮮の下らない言葉遊びに付き合ってはいられないということでしょうね。
北朝鮮が会談を打ち切ると決断すればトランプ大統領も北朝鮮崩壊の為の行動をとることでしょう。

その時に、日本は自衛隊を派遣して拉致家族を取り戻したいのですが、法律が整備されていませんし、韓国の合意がなければ上陸も出来ないとされています。
このような状態のときになにも出来ない、国民を助けることが出来ない、家族を助けれないのでは政府として責任を果たせません。
日本独自で奪還できるような体制を作っていかなくてはなりません。野党のような馬鹿に付き合っている暇はないのです。
日本は日本で北朝鮮から家族を取り戻すための運動を行っていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2018/05/23 06:00

05/22のツイートまとめ

buackky

自衛隊が違憲なら憲法改正して合憲の組織を作り上げていきましょう。私は合憲だけど国軍として立派な組織になっていただきたいと思っています。【本社・FNN合同世論調査】拉致問題進展に期待65%、「対北制裁続けるべき」81%、自衛隊「違憲」が25% https://t.co/b7RbevEgGk @Sankei
05-22 12:15

馬鹿はほっとこうぜ5野党 加計氏らの喚問要求へ | 2018/5/22(火) - Yahoo!ニュース https://t.co/Zw0hAkmYU8 @YahooNewsTopics
05-22 12:13

馬鹿じゃないの?捏造文章であることは判明してるんだけど知らないのかな?こんなことで騒いでいる野党はなにを考えているのでしょうね。玉木氏、安倍首相は「もう詰んだ」 愛媛県新文書に上がる野党のテンション(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース https://t.co/qO6MJeOnnW @YahooNewsTopics
05-22 12:10

こんなのを報道する輩が公共のなんちゃらとか言っているのがおかしいと思います。 https://t.co/y9WDMMZsMo
05-22 12:03

金にまみれたIOC、そんなに中共のお金が欲しいのでしょうか?「台湾」名義で五輪出場目指す運動 IOC「認めない」方針=中華五輪委員会 | 社会 | 中央社フォーカス台湾 https://t.co/zdvDthqhMj
05-22 08:11

三年たっても体重が変わっていない・・・ https://t.co/u2BQRzm0fk
05-22 08:03

一枚の文章なのにフォントが違うものを出してきて証拠と言う朝日新聞捏造も大概にしてもらいたいですね。やっぱりマスコミ関係者は屑ってことですね。「安倍首相が『獣医大学はいいね』」愛媛県新文書に記録:朝日新聞デジタル https://t.co/GnGnRRHcEm
05-22 07:34

統一費用は日韓基本条約で韓国に手渡し済みだからこっちに焚かるなよ(笑)日本は「重要パートナー」 韓国統一相、経済協力で期待 | 2018/5/18 - 共同通信 https://t.co/SkdCHUthr3
05-22 07:20

ウリの気に入らない奴は全てネトウヨ東京新聞:「文民統制危機」の深層:特報(TOKYO Web) https://t.co/dWDpBBQKtK
05-22 06:38

この知事、当事者でもないのに何やってんでしょうね。県民を裏切る行為です。でこれ公文書でもない唯のメモですが何の意味もありません。【加計学園問題】「27年2月に首相に獣医学部新設計画説明」 愛媛県が新文書を国会提出 - 産経ニュース https://t.co/hVaBoiyMCA @Sankei_newsさんから
05-22 05:50

未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2018/05/23 04:13

弁護士自治はどうなるのか?

maxresdefaultbenngosi.jpg
犯罪者を庇い、被害者の人権を無視することで有名な日本弁護士連盟
真面な弁護士からは拒否されている団体であり、上層部が共産主義で染まっている組織として有名です。
何故なら北朝鮮の資金源であるパチンコのお金が日弁連に相当流れており、その金が欲しいが為だけに活動している最低な倫理観の持ち主が多いからと言われております。
自分たちの正義はお金で買えると思っているのでしょうね。そんな人間が組織を牛耳っており、そのような組織が社会の悪と立ち向かうと言いのける神経が私にはわかりません。
最近のトレンドは犯罪者が多く、憲法では否定されている外国人への生活保護が支給されている朝鮮人の事実を書くとヘイトスピーチとして圧力を掛ける事のようです。

最近、県のH.Pやらで民間意見として犯罪の多い民族に対してある程度の制約が必要とか、査証の復活を求めたり、迷惑な支那人の民泊は辞めさせたいなどの苦情が乗っております。
民間の意見、国民からの意見を重要視することは行政として当たり前のことですが、そのような甘い汁を吸っている人間からしてみればせっかくテレビや新聞に対して圧力を掛けて報道させない様にしていたのに事実が広まるのは困るのでしょう。
行政に対して理由にならないことで圧力を掛けようとしています。
「放火する民意の低い国」HPにヘイト意見放置
県民から「大丈夫か」の問い合わせも 県は公開を継続
 三重県の「県民の声」を紹介するホームページ(HP)に、朝鮮人や支那人、ブラジル人を排除するヘイトスピーチとも受け取れる意見が掲載され、公開が続いている。毎日新聞の指摘を受け、県は掲載を続けるか協議し、掲載基準を明文化するなど今後の対応を決めたいとしている。
 掲載されているのは、県が県民から募った意見や提案に対し回答し、その内容を匿名で公開する「お答えします『県民の声を受けて』」のコーナー。
 今も閲覧できる過去約5年間の意見の中に、「反日デモで日系企業を放火、略奪をするような民意の低い中国との交流は中止して下さい」(12年9月)、「日系ブラジル人のビザ免除には断固反対致します。犯罪者が住みやすく、生粋の日本人や三重県民が怯(おび)えて暮らすことになるのが私は嫌」(13年11月)--などの内容がある。
 特定の国民へのヘイトスピーチとも受け取れる表現に、県民から「大丈夫か」との問い合わせもあった。県は公開を継続しているが、田間文朗・県民の声相談監は「(差別に反対する)視点を欠いている部分もある。内容を精査し、適切でないものには対応する」と話す。
 政府や自治体が募り公開している市民の意見を巡っては今月、内閣府政府広報室の「国政モニター」や、長野県の「県民ホットライン」のHPでも差別的な内容の掲載が見つかり、同県は「差別を助長すると受け取られるのは本意ではない」と閲覧できないような措置を取っている。【山本萌】

県が公表容認は問題 差別解消に取り組むべきだ
 ヘイトスピーチに詳しい師岡康子弁護士の話 特定の国民や民族国全体をおとしめるような排他的な発言はヘイトスピーチにあたる。「県がホームページに掲載しているなら問題ない」と思われる可能性もあり、県が公表を容認しているのは問題だ。意見を公開する際は、ガイドラインを作ったり第三者機関に判断を求めたりするなどして、差別解消に取り組むべきだ。

第三者なんかの意見は不要です。県民の不安が記載されているだけにすぎません。
大体、日本の規則や伝統を勉強しないで外国のルールを持ち込むから嫌われているのです。
ごみをきちんと出さない、ポイ捨てをする、約束を守らない、自然に敬意を表せない、などなど様々な軋轢が発生しています。
ここは日本です。日本人が古くから作り上げてきた土地です。他から来た人間がいきなり自分たちの規則を持ち込んで古い規則を否定するからこのようなことになるのです。
特に朝鮮人は大東亜戦争終戦後に暴動をおこし、土地の所有権を勝手に主張し、警察を襲った歴史があり、今も在日特権と言うものが存在します。
三重県では朝鮮人に対する税金の低減が大問題になった土地です。嫌われることをやっている人間へ事実を提示することが悪いことなのでしょうか?
この様な主張を行う弁護士は日本の敵である北朝鮮へ補助金を渡せと主張します。
特定の外国人学校に対する補助金停止に反対する会長声明
 自由民主党は、本年2月7日、「北朝鮮による弾道ミサイル発射に対する緊急党声明」を発出した。同声明では、政府に対し、同党北朝鮮による拉致問題対策本部が昨年6月に提言した「対北朝鮮措置に関する要請」13項目の制裁強化策を速やかに実施するよう求め、その第7項においては、朝鮮学校に対する補助金の交付について、「朝鮮学校へ補助金を支出している地方公共団体に対し、公益性の有無を厳しく指摘し、全面停止を強く指導・助言すること。」とされている。
(以下省略)

朝鮮総連は北朝鮮の工作機関であり、朝鮮学校はその工作員養成校です。
公共性は皆無でありヤクザと同じ扱いを行わなければならないような反社会的組織です。
その組織に対して税金を投入しろという日弁連の声明は国民には受け入れられません。
京都だったかな?朝鮮学校の校長が国際指名手配されています。罪状は拉致です。
そのような組織に対して税金を入れることは犯罪者に金を渡すことです。そんなことは許されません。

そのような反社会的組織となった弁護士連合ですが、監視機構がありません。
政府と対峙する可能性があるので政府からの制御が聞きません。
その代わりに国民からの懲戒請求が可能となっているらしいです。
今回、その懲戒請求が多数来たというのがニュースのなっています。
大量「懲戒請求」で弁護士会にジレンマ、数百万円の郵送費と「弁護士自治」の間で
余命三年時事日記を発端として、各弁護士会に対し、大量の懲戒請求が届いた問題で提訴の動きが進んでいる。神原元弁護士は5月9日、請求者らに損害賠償を求めて東京地裁に提訴。佐々木亮弁護士と北周士弁護士も5月16日に記者会見し、6月下旬から訴訟を起こすことを明かした。
しかし、この問題で負担が生じているのは、請求を受けた弁護士だけでない。彼らが所属する弁護士会にも郵送費用などが発生している。
弁護士法上、懲戒請求者らに対しては、調査開始とその結果を書面で伝えなくてはならない(同法64条の7)。通常は配達証明などの手法が取られるため、1件当たりの郵送費用は合計で千円を超える。
日弁連によると、このブログに起因すると見られる懲戒請求は、2017年だけで21弁護士会に約13万件送られた。朝鮮学校への助成金交付などを求める声明に反発するものだ。費用を抑えるため結果をまとめて送るなどの工夫も取られているが、それでも郵送費は1単位会当たり数百万円になると推測される。

●弁護士・懲戒請求者・日弁連の三者に調査開始を通達
どこで費用が発生するのか。懲戒制度の仕組みを見てみよう。
懲戒請求は、各地の弁護士会に届く。受け取った弁護士会は、会内の「綱紀委員会」に調査を要求する。
この際、各弁護士会から、(1)懲戒請求を受けた弁護士、(2)懲戒請求者、(3)日弁連、の三者に調査開始の通達が送られる(同法64条の7)。当然、いずれも郵送費が発生する。
郵送方法は会ごとに異なる。たとえば、東京弁護士会では通常、請求者への発送は、簡易書留を使っているという。費用は最低でも1通392円(82円+310円)だ。

●結果の通知は「配達証明」 最低1通822円
懲戒請求を受けた弁護士は、綱紀委員会から弁明を求められるため、対応を余儀なくされる。その間、弁護士会を変更できないので、開業や転居などが困難になりうる。
調査の上で、綱紀委員会が審査相当と判断すれば、各弁護士会の「懲戒委員会」が処分を判断する。弁護士法は、審査する・しないも含め、結果の通達を求めているため、ここでも郵送費がかかる。
この「出口」部分の通達は、異議申し立てに期限があることから、通常は「配達証明郵便」が使われている。最低でも1通822円(82円+310円+430円)だ。

●個別の懲戒請求については郵送費が発生している
ブログを発端とした懲戒請求は2017年6月頃から届き始めた。日弁連は同年12月、中本和洋会長(当時)の声明を発表。各弁護士会の会長に、これらを懲戒請求として扱わないよう伝えたと明かした。
各弁護士会もこれに呼応して声明を発表。この手の懲戒請求が届いても、綱紀委員会に上げない対応を取った。調査開始・結果の通達は必要なくなり、郵送費用がかからなくなった。
ただし、これはあくまでも「所属弁護士全員を懲戒することを求める」書面についての対応だ。個々の弁護士に送られた懲戒請求については、制度に沿って運用されているようだ。提訴を予定している佐々木・北両弁護士が所属する東京弁護士会は「個人宛てのものであれば、手続きに乗せている。手続きは手続きなので粛々とやっている」と話す。

●「弁護士自治」のため、強く出られない弁護士会
懲戒請求の中には、弁護士本人のツイートを貼り付けるだけという明らかな不当請求もある。なぜ、そんなものも懲戒制度に乗せるのか。
キーワードは「弁護士自治」だ。弁護士は、仕事の性質上、権力と対峙することもある。そのため、戦後にできた弁護士法では、懲戒は国ではなく、弁護士会内部で判断することになった。
自治を保つ上では、厳しい倫理が求められる。その趣旨からすれば、組織的だからといって、機械的に跳ねつけてしまうと、弁護士自治への信頼が揺らぐ懸念がある。
日弁連内部では、中本前会長の声明を出す際にも議論があったという。懲戒請求者に対する提訴の動きについても、「懲戒請求したら、弁護士に訴えられる」という誤ったメッセージが世間に伝わり、萎縮効果を生むのではないかと心配する向きもあるそうだ。
ブログにそそのかされた人にとっては軽い気持ちだったのかも知れない。しかし一連の懲戒請求によって、「弁護士自治」という根幹を人質にとられた弁護士会は、悩ましい選択を求められることになったのだ。
【5月17日:12:20】費用について、「1単位会当たり数百万円」と表現を改めました

制度上の問題なのであれですが、差出人が一人一つなら誠実に対応する必要があるでしょうね。
朝鮮学校への補助金を出せという弁護士の考えは私は納得できませんし、私もやりたいと思いますが、日弁連自体を変えていかないといけませんし、まずは資金源である朝鮮玉入れを無くしていかなくてはならないと思います。

しかし、弁護士2人は最悪な対応を取るようです。
訴訟方針 大量懲戒請求者に1人60万円請求
 インターネット上での扇動を背景に、所属弁護士会に大量の懲戒請求を送られた2人の弁護士が16日、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、請求者にそれぞれ60万円の賠償を求める訴訟を6月末をめどに起こす方針を明らかにした。
2人は東京弁護士会の佐々木亮、北周士の両弁護士。佐々木弁護士は昨年6月以降、身に覚えがないのに「朝鮮学校への補助金交付に賛同している」とネット上で扇動され、大量の懲戒請求を送られた。また、北弁護士は佐々木弁護士に対する懲戒請求について「根拠のない請求はひどい」とツイッターに書き込み、同様に大量の懲戒請求を送られた。
 会見では、請求者が両弁護士に慰謝料計10万円を支払えば和解に応じる方針で6月末まで交渉を続け、和解に至らなかった請求者に訴訟を起こすと表明。2人が同じ人物から懲戒請求を送られたケースは約960件に及ぶと明かした。
 佐々木弁護士は「顔も知らない人から大量に請求され、嫌な気持ちだ。弁護士の懲戒請求は誰でもできる制度だが、意義をよく考えてほしい」と話した。

このような裁判はやってはいけないという最低限の倫理観すら持ち合わせていないのでしょうか?
第一、何故朝鮮学校に補助金を渡そうとするのかという問題に切り込まれてもよいのでしょうか?
弁護士連中の既得権益が公にされていいのでしょうか?少しは考えた方が良いでしょうね。
60万払えば告発しないというのは脅迫以外の何物でもありません。それをあえて行うというのは周りの弁護士からつまはじきされることでしょうね。頭が悪いというか周りが見えていませんね。

弁護士の中でも真面目に働いている人は大ぜいします。そのような人と、日弁連上層部のような狂った倫理観の持ち主は区別していきたいですね。
戦後の膿がまた一つ公になったということです。日本が正しいのか特定亜細亜が正しのか考えればわかるはずです。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2018/05/22 06:00
 | ホーム | Next »