左翼が支配する沖縄の言論界

a74c7a40.jpg
左翼に侵されていると言われている沖縄の言論界
基地外の基地反対派の参加人数に陰りが見えてきているそうです。
それもそのはず、正確な報道がされない中、沖縄の未来を真剣に考えている人々による清掃活動、治安維持活動、反対派による違法な運動に対する反対運動などが盛んに繰り広げられているからです。
それを見た普通の人は次第に反対派に対して嫌悪感を抱いているとのこと、ましてや反対派の中にはわざと車両にぶつかってきて救急車を呼び事件にする輩が出ており、良識とは一体なんだと言わんばかりの違法、無法、倫理無視の運動に拒否感が生まれてきているのです。

しかし、言論界はまだまだのようでして、、朝日新聞が綺麗に見えるくらいと言われています。
ニ紙を紹介しましょう。
一つは琉球新報
「非武装中立の沖縄を」 自己決定権の会が発足
 政治団体「命どぅ宝!琉球の自己決定権の会」が13日午後、発足した。浦添市社会福祉センターで同日開いた設立総会で「国連や国際社会に依拠し、東アジアに開かれた非武装中立の琉球・沖縄を創造する」などとする設立宣言を発表した。名護市辺野古への新基地建設や先島への自衛隊配備に反対し、自己決定権の確立に向けて活動する方針も確認した。
 設立宣言は1879年の琉球併合や1945年の沖縄戦、72年の沖縄施政権返還、現在の米軍基地問題などを挙げて「歴史に学び、自己決定権(脱植民地化)を行使し、現状を打破しなければならない」などとしている。同会は7月の那覇市議選などに候補者を擁立する。【琉球新報電子版】

歴史に学ぶなら戦力を持たないと蹂躙されるという未来が見えないのでしょうか?今現在進行形でチベットやウイグル、モンゴルで行われている弾圧、虐殺を見ても何も感じないのでしょうか?
第一、沖縄を植民地と思っている人は何処にもいません。日本の国防の重要な拠点であり、古い大和言葉が残っている土地という認識です。何言ってんのでしょうか?年間5000億円も投資している土地が植民地でしょうか?
国会議員を選出し、国の行く末を担っているのに植民地でしょうか?植民地の定義をアフリカの方々にお聞きしてみてください。
相当悲惨な事を聞くことができますよ。

続いて八重山毎日です。
2年前の2015年、日本は…
 2年前の2015年、日本は“戦争法”と呼ばれる「安保関連法」制定で国中が揺れに揺れた。いま石垣は同法の実行部隊である自衛隊のミサイル基地受け入れをめぐり、島中が揺れに揺れている
▼そこで思い出すのが、石垣にも市民大学の講師で訪れたことのある歌手の美輪明宏さんのある小冊子の対談の言葉だ
▼国会審議中の安保法案に対し美輪さんは、「それほど戦争がしたいなら首相はじめ皆さんが、子どもも孫も兄弟も娘さんのボーイフレンドもみんな連れ立って鉄砲を担ぎ、鉄兜をかぶってまず最初に戦地に出てください」と安倍政権を批判
▼そして同法案に賛成の国民にも「ご自分が支持して選んだのだから、どうぞまずご自分が殺し殺される戦地に、一家挙げて出征してください」などと批判を向けたのだ
▼これはミサイル基地に反対する石垣市民も、「自分たちを戦争やテロの危険に巻き込むな」と同じ思いだろう
▼同法案には作家の瀬戸内寂聴さんも当時、「安倍首相と与党議員が強行採決した安保法案は日本国民を世界中で死なせ、家族を不幸にし国まで滅ぼすもの。美しい憲法を汚した安倍首相がいかに悪い政治家だったか歴史に残る」と批判していた。その首相に同調し平和な島を戦火の恐怖にさらそうとしている中山市長はどうなのだろう。(上地義男)

日本が自分自身で国を守ろうとすることが世界を亡ぼし、日本を亡ぼすとか言っていますが、どのような状況でそれが起こりうるのでしょうか?
今現状でミサイルを打ってきているのは北朝鮮であり、その補給を担っているのは中共です。
それがみえていないのか?それとも国は国民を蹂躙することが仕事と思わされているのか?よくわかりませんが、国会議員にて国は運営されていますし、国会議員を選んでいるのは国民です。
基地反対派のように外国人が多い組織はそりゃ反対するでしょうけど、そのような権利は一切存在しません。
日本国籍を持ち、義務を果たしている人間こそその権利があるのです。
私としては早い事憲法を改正して、自主憲法制定までの道筋を作っていきたいと思っています。

そんな中、沖縄祖国復帰を祝う式典が開催され、報道されました。
12028693_544956395656406_5072018995270293446_o.jpg
沖縄の本土復帰45年 歴史や意義を伝える大会
沖縄が本土に復帰してから15日で45年になるのを前に、復帰の歴史や意義を次の世代に伝えていこうという大会が沖縄市で開かれました。
大会は、沖縄県内の企業の経営者などでつくる実行委員会が6年前から毎年開いていて、主催者の発表で500人が参加しました。この中で、沖縄市の桑江朝千夫市長は、「いま沖縄の経済が成長を遂げているのは先人たちの努力のたまものです。改めて祖国復帰に喜びを表しましょう」とあいさつしました。
このあと、興南高校野球部の監督として甲子園で春夏連覇を果たした我喜屋優さんが講演し、「私の選手時代は復帰前で、沖縄は特別な存在でした。これからは本土と沖縄のいいところを互いに認め合うことで、スポーツはもとより観光や経済はさらによくなります」と述べました。
参加者は、このあと会場から沖縄市中心部までの1キロ余りをパレードし、本土復帰から45年を祝っていました。参加者の1人は「復帰45年を迎えて大変うれしいです。これからも世界に誇れる安定した日本の沖縄であってほしいです」と話していました。

アメリカによる沖縄戦はそれはひどいものでした。
日本は全国から若者を沖縄に送り込み、空軍、海軍、陸軍をすべて費やした戦いになりましたが、結果およびませんでした。
しかし、その結果ダウンフォール作戦は中止され、尊い命が守られたのです。
県外出身者死者・行方不明者 65,908人
沖縄県民死者・行方不明者122,228人
内民間人死者 94,000人

の方々がなくなわれました。
特攻隊の皆様の主戦場も沖縄でした。戦艦大和の最後の出撃先は沖縄でした。
誰がどう見て見捨てられたと言えるのでしょうか?
いい加減、嘘を積み重ね私たちを騙しているマスコミなどの話を鵜呑みにするのは止めましょう。

大東亜戦争、それでも太平洋戦争と呼びますか?
沖縄にて一般住民を無差別爆撃を行い、殺害し続けたのはアメリカ軍です。
日本軍が沖縄決戦を覚悟した時、疎開させるための船を沈めたのは何処の国でしょうか?
対馬丸は誰に沈められましたか?子供だけでもと思い疎開させたのです。
それを行った日本政府が悪いというなら悪いと言えばいいですがそれを私たちに押し付けるのは如何なものかと思います。
当時の状況を考え、最善を尽くすこと、尽くせるところは尽くしたが能力が及ばなかっただけと私は思います。

永野修身海軍大将の、開戦数か月前の会議での言葉
「戦わざるも亡国、戦うも亡国。しかし戦わざるの亡国は精神の亡国である。最後まで戦う精神を見せての亡国なれば、いずれ子子孫孫が再起三起するであろう」
知りましょう。
知って行動を共にしましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
国防 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/05/24 06:00

05/23のツイートまとめ

buackky

https://t.co/x4Q1DiFxgo
05-23 12:20

https://t.co/jEx5ij4mi3
05-23 12:03

憲法学者って頭悪くない?憲法に自衛隊の地位が否定されているのに国民に受け入れられているから不要って意味わからん。受け入れられているのに違法だから困っているのですよ首相の改憲発言に憲法学者らが反対の見解発表 | NHKニュース https://t.co/0b76VcUd4g
05-23 07:01

未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/05/24 04:13

グダグダになってきた二重国籍

20170507-01819682-nksports-000-3-view-1.jpg
二重国籍の器が知れてきました。
本来、組織の上というのはいくら嫌味などを言われても実績を積み上げて率いていかなくてはなりません。
苦しくとも付いて来いと言わんばかりの突撃力が必要であり、味方を守る姿勢を貫かなくてはなりません。
なのに上が下に対して苦情ばかり言う、そして上が全く説明しないというのでは誰が付いて行くのでしょうか?
そこのところを二重国籍は判っていないのではないでしょうか?

彼女の芸風は人の小さなつまずきを大きく見せ、つまらない事をさも重大事件のように膨らませる事です。
追及だけしかできず、自らに帰ってきたとき何もできない大バカ者というのが彼女の素質なのでしょう。
明らかに政治家に向いておりません。コメンテーターとしても知恵がないので失格です。
普通の社会に於いても使い物にならないでしょうね。このくらいの立場になりますと調整能力が肝となります。
愚痴、糾弾だけしていれば良いいうという時代はないのです。
長島氏・細野氏の対応「最低だ」…蓮舫氏が批判
 民進党の蓮舫代表は14日、熊本市で開かれた党会合で、4月に離党届を提出した長島昭久・元防衛副大臣や代表代行を辞任した細野豪志・元環境相の対応について、「最低だと思っている」と厳しく批判した。
会合出席者から、両氏の対応が党の支持率低迷の原因と指摘されたのに答える形で述べた。その上で、「苦しくても、一緒に理想を掲げて議論をして仲間を増やしていく」と述べた。

このような時に相手を罵倒することは簡単ですが、自分自身も反省しなければなりません。
相手が離れたことを自分の責任であるという認識を持つことも非常に大切な事です。
その事が分かっていないのでしょうね。

判っていないから全方位から攻撃されるのでしょう。
「蓮舫さん、ウソはダメ!」 菅義偉官房長官、「ベストマザー賞」コメントでチクリ
 ウソはだめ-。菅義偉官房長官が12日の記者会見で、民進党の蓮舫代表をチクリと皮肉る一幕があった。
 蓮舫氏は11日、東京都内で開かれた「ベストマザー賞」の授賞式後、自身の子育て方針について「『ありがとう』『ごめんなさい』をちゃんと言えるように教えてきた」と記者団に述べた。
 これを踏まえて「子育てで何が重要か」と記者に質問された菅氏は、即座に「私はやはり、ウソをついちゃだめだということだけはずっと言っていた」と答えた。二重国籍問題で発言を二転三転させた蓮舫氏を当てこすった?

普通、記者もその連想はしないでしょうが潜在的に二重国籍が嘘を積み重ねているとの認識があるということでしょうね。
だって、二重国籍だもん、あの説明を聞いて納得できる人間がどれだけいるのでしょうか?
「生まれながらに日本国籍」
「18歳で日本国籍を取得した」
「17歳で台湾籍を放棄した」
「18歳で放棄した」
「20歳にならないと放棄の手続きはできないはずだが……」
「父親が亡くなっており、正確な状況がわからない」
「台湾当局に問い合わせているが古い話なのですぐにわからない。念のために9月6日に台湾籍を抜く手続きをした」
「家中をひっくり返してパスポートが見つかった」
さて、矛盾ばかりですね。パスポートがあると言う事は国籍離脱をしていないと言う事です。
台湾籍を抜く手続きをしたと言ってますが、抜いた後の証明を見せれば終了のはず。でも見せないでは責任を果たしたとは言えません。
二重国籍は嘘に嘘を重ねて生きてきたんでしょうね。
最終的には「台湾籍があり、二重国籍だった。申し訳ない」です。
であれば倫理的に議員を辞職するのが筋です。当然だと思います。

議員の本来の仕事である法案審議に対して二重国籍は何もできていません。
改憲“踏み絵”迫られた民進・蓮舫代表 党内の憲法議論で党分裂も
 民進党の蓮舫代表が“踏み絵”を迫られた。安倍晋三首相から、憲法改正について具体的提案をするよう求められたのだ。党内には改憲派から護憲派までおり、振れ幅が大きく、党分裂につながりかねない。党内の求心力を失いつつある蓮舫氏は“パンドラの箱”を空けられるのか。(夕刊フジ)
 蓮舫氏「新聞では気持ちよく話し、国会で話さないのは責任放棄だ」「憲法の何を変えたいかではなく、自分が総理のうちに変えたいとしか見えない」
 安倍首相「将来どういう国を目指すのか、具体的な提案を憲法審査会に提出していただきたい」
 蓮舫氏は9日の参院予算委員会で、安倍首相に舌鋒(ぜっぽう)鋭く切り込んだ。安倍首相はいつもの揚げ足取りと感じたのか、蓮舫氏に反撃する余裕すら見せた。
 安倍首相は、憲法記念日(3日)に合わせた読売新聞のインタビューなどで、「2020年を『新しい憲法』が実施される年にしたい」「(憲法9条について)1項、2項をそのまま残し、自衛隊の存在を記述することを議論してもらいたい」と述べた。
 安倍首相は9日の同委員会でも、「まずやるべきは自衛隊についてだ。憲法学者の7、8割が違憲と言っている状況を変えるのは、私たちの世代の責任だ」「政治家に大切なのは立派なことを言うだけでなく、結果を出さなければいけない」などと語り、蓮舫氏に対し、憲法について民進党の独自案を出すように迫った。
 ところが、蓮舫氏はこれに真正面から答えなかった。民進党にとって憲法論は党分裂につながりかねない“鬼門”だからだ。
 最近も、細野豪志元環境相が改憲私案を発表し、その後、執行部との路線の違いを理由に代表代行を辞任した。本格的な憲法論議はタブーともいえる。
 蓮舫氏はこの日の質疑後、記者団に「(憲法に関する党内の意見集約について)逃げていない」と答えた。北朝鮮や中国の現実的な脅威を前にして、国民や国をどう守るのか、自衛隊を憲法にどう書き込むのか。民進党としても、蓮舫氏としても真価が問われている。

憲法審議会で二重国籍が議論に加わっているという話は聞きません。二重国籍だから排他されているのかもしれません。
そうであれば良識を国会議員がもっていると認識できます。

さて、今後二重国籍はどのような動きに出るのでしょうか?変わらずいちゃもんを付けるだけであれば民進党は責任をもって切ることが必要です。民進党の良識を期待するか、国民が民進党に対して三下り半を突き付けましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/05/23 06:00

05/22のツイートまとめ

buackky

おお、よかったよかった。火中の栗を拾い頑張っていた人です。何処かの後ろから打つ人間とは大違いです。ぜひ政治家に戻っていただきたいものですね。自民 谷垣氏 退院時期を視野にリハビリに専念 復帰へ意欲 | NHKニュース https://t.co/WOfAzSSMuY
05-22 19:13

だって捏造新聞だし、今回の怪文書を作ったみたいだからね。正論、正論【加計学園問題】安倍晋三首相が「朝日新聞は言論テロ」に「いいね!」 朝日記者が菅義偉官房長官に事実関係ただす - 産経ニュース https://t.co/GxRw2K8s16 @Sankei_newsさんから
05-22 18:59

あれ?審議時間が足りないとか言っていたのは誰でしたっけ?審議不十分だから法案破棄とか?いい加減仕事しましょうね。「共謀罪」参院審議入り平行線=自・民(時事通信) - Yahoo!ニュース https://t.co/N30HTRLGUc @YahooNewsTopics
05-22 18:37

まあ、男性は女性に弱いし、お上には勝てませんね。「日本は女性が『差別だ』と声あげやすい空気」とフィフィ氏│NEWSポストセブン https://t.co/xiOPH2Wg7a #postseven
05-22 17:04

中共へ行くリスクを正確に捉えていなかった会社の責任は重いですね。会社は精一杯国民を取り戻す努力をしないといけませんね。日本政府も中共に対して断固としていきましょう中国で日本人6人拘束 温泉探査の仕事で訪問 | NHKニュース https://t.co/ofJ6PmLH1p
05-22 16:27

民主主義を無視する野田は国会議員の資格ありませんね。法案を審議している際にちゃんと理由を述べずに馬鹿話をしていたのはどこの議員でしょうか?いい加減ですね民進 野田幹事長「テロ等準備罪」法案 採決は無効 | NHKニュース https://t.co/WDqD66eGNB
05-22 16:25

ヒューマンライツとか言うのが要求していた勧告のことでしょうか?お仲間のようですね。第一二重国籍は日本の法律を守っていないので言う権利はありません。蓮舫代表「国連勧告を受け止め廃案を」 「共謀罪」法案:朝日新聞デジタル https://t.co/Kds3AmPpqR
05-22 16:24

ウリは一般人ニダ❗共謀罪、そして冤罪54年〜今、狭山事件から考える〜 https://t.co/yOC4TNpGTV @HuffPostJapanさんから
05-22 15:51

四日市市内をブラブラしていたら鳥出神社がありました。日本武尊が亡くなった時に飛び立った白鳥がここに降り立ったという伝説から名前が付いたそうです。... https://t.co/a5OluDJae5
05-22 06:24

未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/05/23 04:13

メガソーラーは本当に必要なのか?

18301868_1351632064928237_7725114790887383372_n.jpg
様々な問題を引き起こしては住民から反対運動が行われているメガソーラー発電
自然破壊を発生させ環境にやさしいと言いながら森林を伐採、土壌改良を行わずに設置している事から安易な設置を行い、風などで飛ばされ周辺住民に被害を与える存在となっております。

最近日本経済新聞にこのような記事が出されました。
太陽光発電、宴のあと 未稼働560万世帯分失効
 東日本大震災後に急拡大した太陽光発電が岐路に立っている。高額で売電できる権利を保有するだけで、ビジネスを手掛けない事業者を排除する法改正が4月に施行。合計2800万キロワットの発電計画が失効した。一般家庭の約1割、560万世帯の消費電力分に相当する。宴(うたげ)の終わりと、再生可能エネルギー普及の難しさが改めて浮き彫りになった。
権利を得たが使わなかったので権利失効と言う訳ですね。
発電事業を行わないのに権利だけ得てその権利を転売して儲けるという変なビジネスを展開していた企業が淘汰されるって事でしょう。
風力発電と同様、非効率な発電を行う代表的な発電所である太陽光発電、結局民進党は国民の負担を増やしただけの存在に成り下がりました。
去年にはこのような報告も出ています。
太陽光発電、早くもブーム去り倒産ラッシュ…瀕死状態で「不況業種」入りの兆候
 今から5年前といえば、東日本大震災の発生から3カ月以上が経過し、首都圏では「計画停電」まで起きていた電力事情の逼迫がようやく収束した頃。そんなに遠い昔の話ではないが、あの頃、太陽光発電はキラキラ輝く存在だった。

 震災後に東京電力福島第一原発が爆発事故を起こし、原子炉がメルトダウン(炉心溶融)。大量の放射性物質を環境中に放出した。国民の間では「原発=悪、再生可能エネルギー=善」「とりあえず火力発電で停電を回避し、将来は再生可能エネルギー」という意識が広まり、すでに商業利用が大きく進んでいた太陽光発電と風力発電は、電源構成の主役を原発から再生可能エネルギーにシフトさせてくれる「期待の星」とみなされた。
 2011年の太陽光発電関連のニュースを紐解けば、大きな話題になっていたのが「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」(FIT制度)で、翌12年7月に始まっている。制度発足を前にしてさまざまな企業が大型太陽光発電所(メガソーラー)による売電事業への参入を表明したが、特に熱意を見せていたのがソフトバンク(現・ソフトバンクグループ)だった。
 6月に再生可能エネルギー専門の投資会社の筆頭株主になり、7月に35道府県と「自然エネルギー協議会」を、17の政令指定都市と「指定都市自然エネルギー協議会」を設立。9月には「自然エネルギー財団」を設立し、ソフトバンクの孫正義社長が「アジアスーパーグリッド構想」を打ち上げた。そして10月、太陽光発電を行う子会社SBエナジーを設立している。
 京セラ、シャープなどソーラーパネルメーカーは製品の売上を伸ばし、設置工事会社のサニックス、ウエストホールディングスや高島、エナリスなど「太陽光発電関連銘柄」が兜町でもてはやされ、その株価が高騰した。
 太陽光発電協会(JPEA)調べの太陽電池総出荷量は、FIT制度が始まった12年度は437万kWだったが、13年度は862万kWで1年間で約2倍になり、14年度はさらに伸びて987万kWに達した。単純に出力で比較すると「世界最大の原発」東京電力柏崎刈羽原発の総出力821.2万kWをしのぐ。「グリーン&クリーン」「地球にやさしい」など再生可能エネルギーの好イメージに支えられ、太陽光発電には「バラ色の未来」が約束されている、かのように見えた。

「グリーン新電力」という一縷の望みも断たれて
 しかし、太陽光発電がキラキラ輝いていた時代は、アッと言う間に過ぎ去ってしまった。
 太陽光発電は、燃料のようなランニングコストは安くてもパネルや設置工事など初期投資(イニシャルコスト)の負担が重く、当初は出力あたりの発電コストがどうしても高くなる。それを補う意味もあり、FIT制度では太陽光パネルで発電した電力を電力会社が買い取る買取価格を、初年度の12年度は1kW/時あたりメガソーラーなど企業向が40円、家庭向(10kW未満)が42円と、高めに設定していた。
 これは新規参入企業をさらに呼び込んだが、発電コストがアップする電力会社は不満だった。14年には九州電力が太陽光発電の電気の新規買入を拒否するという出来事が起きている。九州電力は15年に川内原発を再稼働させたが、原子力発電の発電コストを1kW/時あたり8.9円と試算した政府の「コスト等検証委員会報告書」(11年)の数値を、ホームページに載せている。
 経済産業省が決めるFITの買取価格は初年度こそ高かったが、あとは年々引き下げられていき、5年目の16年度は企業向けは24円で初年度よりも40%減、家庭向け(出力制御対応機器設置義務あり/ダブル発電を除く)は33円で初年度よりも21.4%減と、大きく減らされてしまった。この買取価格低下が太陽光発電に関わる企業の採算を悪化させている。太陽電池総出荷量も15年度は795万kWで前年比19.4%減。太陽光発電の右肩上がりの成長も終わりを告げた。
 ところが実際は、新電力のなかで善戦したのは、自前の火力発電所を稼働して電気料金の安さ、セット割引をアピールするガス会社や石油会社ぐらい。グリーン新電力はどこも苦戦している。その一因としては、グリーン電力も専用の電線を介して契約者に供給するわけではなく、既存の電力会社の電線のネットワークを介して「託送」してもらうため、発電の時点ではたとえグリーン新電力100%であっても、送電の途中で稼働中の原発からの電気、火力発電所からの電気と混ぜられてしまい「無意味」だという現実がある。また、グリーン新電力はもともと発電能力に限界があり、しかも昼夜の差、季節や天候によってそれが変動するため、契約をあまり取りすぎても供給に支障をきたす恐れがあった。
 というわけで、「最後の一縷の望み」だった4月の電力小売自由化も不発に終わり、太陽光発電はいよいよせっぱ詰まった。

倒産数は過去最高更新の勢い
 日本製のソーラーパネルは、国内市場の成長頭打ちに加え中国製との価格競争も激しく、利益が出せなくなっている。京セラはメガソーラー向けソーラー事業が主力のファインセラミック応用品関連事業のセグメント利益が15年3月期、前期比90.6%減の31億円まで落ち込んだ。16年3月期では163億円まで回復したが、セグメント売上高は10.8%減の2ケタ減収だった。
 シャープは、ソーラー事業が属するエネルギーソリューションの16年3月期のセグメント売上高は42.1%減。セグメント利益は15年3月期が626億円の赤字、16年3月期は184億円の赤字だった。経営危機でソーラー事業の売却が取り沙汰されたが、再建スポンサーの鴻海(ホンハイ)精密工業は5月に「事業継続」の方針を表明した。
 数年前に兜町をにぎわせた太陽光発電関連銘柄は、業績も株価も見る影もなく低迷している。ソーラー設置工事のウエストホールディングスは今期、2期連続の減収減益を見込む。株価は13年10月のピークの約3分の1。エナリスは14年12月期、15年12月期と2期連続の赤字決算。有価証券報告書虚偽記載というスキャンダルを起こし株価は14年1月のピークの7分の1以下。住宅用ソーラーの高島の16年3月期決算は減収減益で今期も減益が続く見通し。株価は12年6月のピークの半分以下になった。
 シロアリ防除が本業だったがソーラーパネルの設置工事で伸びたサニックスは、16年3月期まで2期連続の赤字決算で今期も最終赤字、無配が続く見通し。株価はピークの13年7月の10分の1以下になった。同社は6月20日、前期以来3度目の希望退職募集に391人が応募したと発表した。人員リストラと自ら見切りをつけた自己都合退職で、14年度末には3291人だった連結ベースの従業員数が2000人未満と、ほぼ半減してしまった。退職者のなかには、FIT買取価格を4年連続で引き下げ、バラ色だった業界環境を真っ黒に塗りつぶした経済産業省を呪っている人も、いるかもしれない。

増加する倒産件数
「バブル」とさえいわれたソーラーブームで潤った中堅・中小企業も、信用不安の噂が絶えず、危機が訪れている。
 帝国データバンクは6月8日、太陽光発電システムの販売、設置工事、コンサルティングなどの事業を主力事業、副次的な事業として手がける「太陽光関連企業」の倒産(法的整理のみ、負債1000万円以上)に関するデータを公表した。
 それによると、13年は17件だった倒産件数は、14年は21件、15年は36件と年を追って増加し、16年は1月から5月までに17件起きている。前年1~5月の13件を上回り、年率換算すれば40件で過去最高を更新しそうな勢い。負債総額も14年の44億8200万円から15年の91億2700万円へ、ほぼ倍増した。今年は4月に新電力(特定規模電気事業者/PPS)の一つで、自治体の太陽光発電から多く調達していた東京の日本ロジテック協同組合が負債総額162億8244万円で倒産しており、過去最高を大幅に更新するのは確実である。
 06年1月~16年5月までの倒産151件を分析したデータでは、地域別では関東が59件と全体の39.1%を占めるが、それに次ぐのが九州の30件(19.9%)だった。都道府県別でもトップの東京都の次が福岡県である。14年の九州電力の買入拒否が影を落としているのかもしれない。

世界的、長期的に見れば、最重要電源になれるはずだが
 イメージは良くても、利益を出しにくくなった太陽光発電にはこのように今、逆風が吹いている。買取価格の引き下げで採算が厳しい上に、風力発電、バイオマスなど他の再生可能エネルギーもライバルだ。福島第一原発事故から5年が経過し、関西電力高浜原発の再稼働は大津地裁が差し止めたが、原発に対する国民感情も以前よりは変化している。
 そんな業界で次にくるものといえば大規模な業界再編で、見切りをつけた企業が撤退し全体がシュリンクしていく。それは繊維や造船やアルミ精錬など、過去に構造不況業種と呼ばれた業界がたどってきた道でもある。
 だが、太陽光発電は世界的に見れば「夢がある未来のエネルギー」に変わりない。6月13日にエネルギー分野の有力な調査機関であるブルームバーグ・ニューエナジー・ファイナンスが、24年後の40年に全世界の風力と太陽光による発電量が石炭火力発電を抜いて最大の電源シェアを占めるという将来予測を発表した(『New Energy Outlook(NEO)2016』)。
 それによると、16年から40年までに風力発電と太陽光発電を合わせた年間発電量は約7倍に増え、LNG(天然ガス)火力発電の約2倍、原子力発電の約3倍の電力を供給するという。太陽光の発電コストは40年までに60%低下し、現在よりも採算がとりやすいエネルギーになっている見通しだ。そうでなければ火力や原子力に対抗することなどできない。
 再生可能エネルギーは、決して色あせてはいない。日本で太陽光発電を、一時のバブルの報いを受けた採算の合わない構造不況業種としてエネルギー業界の片隅に押し込め、復活の機会を与えないまま「飼い殺し」にするというのは、あまりにも惜しすぎる。

この記事では一番の問題である廃棄処理について一切書いておりません。
太陽光パネルのリサイクル率はご存知でしょうか?そしてその方法が確立していないと言う事も同様に知られていません。
原子力発電に関しては盛んな議論が行われており、核のゴミを如何にして処理するのかが理論的には確立しております。
しかし、太陽光パネルや風力発電などの事業に関して廃棄物をどのようにして廃棄するかが確立していないのです。
そのような発電が未来に残せるものなのでしょうか?私はそうは思いません。

私たちが先祖から受け取った美しい日本を切り売りするような太陽光発電はまっぴらごめんです。
リサイクルに関して政府の見解はこちらです。
使用済再生可能エネルギー設備関連
まだまだってところだと思います。

次に伝えれるエネルギーは核融合発電だと私は思っております。
先を見て動きましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
エネルギー | コメント:(2) | トラックバック:(0) | 2017/05/22 06:00
 | ホーム | Next »