fc2ブログ

マスゴミが守っても守れないグダグダな野党野合

kannaoto.jpeg
衆議院選挙の序盤で話題になった菅直人と菅総理の小金井での直接対決
笑ってしまうくらいに菅直人に人気がありませんでした。
それもそのはず、菅直人は比例復活で議員になれただけであり、小選挙区対決では自民党に負けた人間です。
そもそもなぜこの活動家が総理になれたのでしょうね。北朝鮮の機関との賄賂問題を追及されるという前代未聞の総理大臣である菅直人、労働組合のバックアップをもらってやっと議員になれただけの人間です。
実績は東日本大震災の人災を引き起こしたという史上最低と言われる総理大臣です。
支持するやつの顔が見たいものですね。

その暗黒の民主党時代を忘れないようにと言う記事があります。
正論11月号 悪夢の民主党政権を忘れるな 国民政党とは八方美人にあらず
またか、それにしても突っ込みどころが満載だな。何でも思い通りにしないと気が済まない幼い強権体質は、民主党政権当時から変わっていない-。立憲民主党の安住淳国会対策委員長が九月十五日、記者団に語ったセリフへの感想である。
朝日新聞など各種報道によると安住氏はこの日、自民党総裁選の動向を伝えるテレビの情報・報道番組の報道ぶりについて、「自民党一色になっている」と苦言を呈した。また、「総裁選は重要な選挙だが、総選挙を控えている状況を全く理解していない」と批判し、「個別の番組についてチェックさせてもらう」と「検閲」を辞さない考えも表明した。放送内容が問題だと判断した場合には放送倫理・番組向上機構(BPO)への申し立ても検討するという。
これは、共産、国民民主両党の国対委員長との会談後の言葉なのだが、きっかけは十日放送のTBSの情報番組「ひるおび!」である。ここで出演者の八代英輝弁護士が日本共産党について「まだ暴力的な革命というのを党の要綱として廃止していない」と語った。
その後、共産党からの強い抗議を受けて同番組は十三日の放送で発言内容に関し、誤りがあったとして謝罪した。十三日の放送では、同局の江藤愛アナウンサーが「日本共産党の綱領にそのようなことは書かれていませんでした。訂正しておわびいたします」と謝罪し、八代氏も謝罪したが、野党側はそれでも不十分だと圧力をかけたのである。
その結果、八代氏は十七日の番組で再び謝罪させられたわけだが、八代氏の十三日の次の発言にそれほどの問題があるだろうか。
「先週の私の発言についてですが、私の認識は閣議決定された政府見解に基づいたものでした。一方、日本共産党はそれをたびたび否定していることも併せて申し上げるべきでした。申し訳ありませんでした。テレビで発言する者として、今後はより正確に、バランスに配慮し言葉に責任を持っていきたいと思います」
その通り、政府は今年六月十一日の閣議で、日本維新の会の鈴木宗男参院議員の質問主意書に答えて、共産党について次のような答弁書を決定している。
「日本国内において破防法に規定する暴力主義的破壊活動を行った疑いがあり、いわゆる『敵の出方論』に立った暴力革命の方針に変更はないものと認識している」
八代氏のいうように、政府は公式見解で、共産党が暴力革命方針を保っているとの認識を示しているのである。公明党もホームページでこう指摘している。
「公安調査庁は共産党について、一九五一年に採択した『五一年綱領』と『軍事方針』に基づいて『武装闘争の戦術を採用し、各地で殺人事件や騒擾(騒乱)事件などを引き起こし』、その後も『暴力革命の可能性を否定することなく、現在に至っている』との見解を公式に発表しています。同党が全国各地で凄惨なテロ行動や暴力主義的破壊活動を行ったことは歴史的な事実であり、裁判所にも認定されています」
したがって八代氏の言葉は、一部不正確ではあっても趣旨は正しい。ところが、野党の国対会談では、野党の動きを取り上げる過程での八代氏の発言について、共産党の穀田恵二国対委員長が「公党に対する侮辱だ」として問題提起したのだという。
安住氏はこれに同調し、「共産党の立場を全面的に支えていくことになった。(報道機関を)チェックするのはよくないが、暴走されたら国民を扇動する暴力装置にテレビがなりかねない」と述べた。衆院選に向けて連携を深める共産党に最大限の配慮を示したのだろうが、元NHK記者の言葉だとは思えない。
「チェックするのはよくない」と分かりつつ、言論統制を正当化するのだからあきれてしまう。ものの道理より共産党の御機嫌取りと自分たちの意向を優先させるところに、幼稚さを感じる。
蛇足だが、この問題では日頃は立憲民主党に共感と同情を寄せる朝日からも、やんわりとたしなめられていた。十七日の一面コラム「天声人語」はこう書く。
「BPOは視聴者の苦情を受け付ける機関だが、国会議員で政党幹部の立場からの発言は脅しのような印象を与える。総裁選の報道に騒ぎすぎの面はあると思うが、それは野党の低迷を映し出す鏡でもある」
ちなみにこの天声人語は、SNS上でまるで産経新聞の一面コラム「産経抄」のようだと話題になっていた。それだけ誰がどう見ても安住氏の発言はおかしいということだろう。

テレビは暴力装置

自民党総裁選報道をめぐっては、枝野幸男代表も十七日、こんな難癖をつけていた。
「われわれ国会議員の仕事は国会にある。(総裁選は午後)五時以降にやっていただきたい」
とはいえ立憲民主党は昨年九月七日には、「合流新党代表選 候補者記者会見」を午後一時から行っており、枝野氏と泉健太氏による記者会見をNHKが中継している。そのほか代表選立候補者討論会などを日中に実施しており、いつものようにブーメランが自身に突き刺さった。
枝野氏は十六日には、共産党が「敵の出方論」に立った暴力革命を選択肢から排除していないとする従来の政府見解について、政権交代を実現した場合には
変更する可能性を示唆した。国会内で記者に「枝野内閣で変更するのか維持するのか」と問われ、こう述べたのである。
「少なくとも私は、今、共産が暴力革命を目指しているとは全く思っていない」
だが、民主党政権時代も今も、共産党は公安調査庁の破壊活動防止法に基づく調査対象団体である。当時と現在の共産党はその本質が変わったとでもいうのか。それとも、選挙協力さえ得られれば相手は破壊活動を実施しかねない存在でもかまわないというのか。

この自分のいい様にならないといつも訴訟を行うとか裁判するとか暴力をふるう野党たち、これでは国民の理解を得れないでしょうね。そしてそれは維新の会も同じでしょう。
民主党、共産党、社会党、維新の党、自分たちに不利になるとすぐに訴訟などを言い出す低レベルな倫理観を持つ政党はこれだから困りますよね。

その民主党ですが、本気で姓健康相できるとは思っていないのでしょう。
無責任な政策ばかり言って政権交代を叫んでいますが、本音では政権を取りたくないのでしょうね。
枝野氏、政権交代の可能性「大谷の打率くらい」 民放番組で
 立憲民主党の枝野幸男代表は11日のBSフジの番組で「政権を本気で狙いにいかないと最大野党の責任は果たせない」と述べ、次期衆院選で政権交代を目指す考えを強調した。
 その上で、実現の可能性について、米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手の今季の打率2割5分7厘に触れ、「大谷の打率くらいの可能性はあるつもりで頑張っている」と説明した。【宮原健太】

政権交代できるとは考えていないって事です。
なので公約も無責任な事ばかりです。

民主党の相方である共産党も非常に混乱しているようですね。
野党共闘と「党躍進」のはざまで…共産の焦り
19日に公示される衆院選で、共産党は多くの選挙区で立候補予定者を取り下げ、立憲民主党をはじめとする主要野党間の候補一本化を図った。その一方で、公認候補を擁立する方針を変えず、他の野党と競合したまま公示を迎える見通しの選挙区も少なくない。背景には、比例代表の獲得票の目減りを防がなければならないという共産党の事情がある。
「立憲民主党と候補者の一本化で合意した。共産党99年の歴史で初めて政権交代に挑戦する選挙となる!」
共産党の小池晃書記局長は17日、埼玉県所沢市で衆院選に向けた街頭演説会に臨み、こう気炎を上げた。
演説会には、衆院埼玉9区に立候補を予定している共産党新人の神田三春氏(67)も参加した。9区は、自民党前職の大塚拓氏(48)に対し、神田氏と立憲民主党新人の杉村慎治氏(45)の2人が挑む「野党競合区」だ。
ただ、小池氏は演説会で、9区で立憲民主党とぶつかり合う状況に積極的には触れなかった。
埼玉県内の選挙区では、9区に加え11区と13区でも立憲民主党と共産党の立候補予定者が競合する。いずれも2党の新人と自民党前職の三つどもえの構図だ。
前回衆院選を制した与党の前職に対し、野党の新人同士で「非自民票」を奪い合う戦い方は、与党を利するとみることもできる。
それでも共産党が競合を避けなかったのは、選挙区の候補者数を減らし過ぎれば比例代表の得票数に響くことが確実だからだ。共産党埼玉県委員会の荻原初男委員長は「比例で議席を伸ばすには(選挙区で)一定の候補者を立てなければならない」と語る。
平成28年の参院選から本格化した主要野党間の候補一本化は、共産党に恩恵ばかりをもたらしたわけではない。実際、26年の衆院選で約606万票だった共産党の比例代表の獲得票は、29年の衆院選では約440万票に激減し、選挙区を含む議席は公示前の21から12に落ち込んだ。対照的に旧立憲民主党は16から55(追加公認含む)に躍進しており、共闘した他党に票が流れていることは明白だ。
「共産党躍進で新しい政治を実現する選挙に」
「政権交代には共産党が必要だ。躍進させてください」
小池氏が演説会で「躍進」という言葉を繰り返したのは、野党共闘の進展と党の躍進が必ずしも両立できていないことへの焦りの裏返しにほかならない。(兼松康)

野党野合も楽じゃないって事でしょうね。そもそも民主党や共産党に投票する人は見苦しいと思います。
なに権力に遜っているのでしょうね。自分たちで国を作る守るという気概がないって事でしょう。

そんな野党だから労働組合に見捨てられたんでしょうね。
旧民主を支えた巨大労組、自民と対決回避 広がる衝撃
トヨタ自動車労働組合出身で愛知11区選出の古本伸一郎前衆院議員が衆院選出馬を見送った。古本氏ら旧民主党系を支えてきた巨大労組「全トヨタ労働組合連合会」が方針を転換し、自動車産業の政策実現に向けた連携を自民党と強めるため、選挙での衝突を避けた形だ。自民を利する判断に旧民主系の立憲民主、国民民主両党には困惑と衝撃が広がる。「政策実現優先」の姿勢は他の民間労組にも通底し、野党との関係が変容する可能性がある。
トヨタグループの拠点がある愛知11区は全国有数の「民主王国」。平成8年の小選挙区制導入以来、全トヨタ労連に加盟するトヨタ労組出身の旧民主系が組織票を生かし8連勝している。だが、14日の古本氏の記者会見に同席したトヨタ労組の西野勝義委員長は「政策課題に取り組むために、政党の対立前提の選挙区からは組織内議員を出さない」と語った。
異変は6月に表面化していた。全トヨタ労連は愛知県などの旧民主系国会議員と「連絡会」を結成しているが、組織内以外の連携議員を5人に絞った。業界が脱炭素化など100年に1度の変革期といわれる中で「どの議員がわれわれの政策を実現してくれるのか個別に判断した」からだ。9月には全トヨタ労連による愛知県知事への要望に、立民と国民民主に加え自民、公明議員が初めて加わった。

トヨタの労働組合に反原発で環境破壊発電事業推進の民主党が切られたって事でしょう。
政策論議できない奴を支援できないという事でしょうね。未来に向かっての政策を話さずにいつまでも下らないモリカケ桜ばかり話していては話にならないって事でしょう。

そんな枝野はまだ組合に秋風を吹かせています。
「連合に迷惑掛けぬ」 立民代表
 立憲民主党の枝野幸男代表は11日、国会内で連合の芳野友子会長と初めて会談した。芳野氏によると、衆院選の連合推薦候補に対する共産党の影響を排除するよう要請したのに対し、枝野氏は「連合には迷惑掛けないよう、十分徹底していく」と応じたという。
 芳野氏は就任直後の7日の記者会見で、共産党が「限定的な閣外からの協力」をするとした立民との党首合意を盾に「共産の政策をねじ込もうという動きがある」と不快感を示していた。

共産党と手を組むというだけで迷惑なのですよ。いい加減に常識をわきまえろって話です。
現実が見えない奴らはこれだから困りますね。

現実が見えていない枝野に諭す人もいるようですが、聞く耳持たないようですね。
立民・枝野代表 読売・橋本氏に支持率半減の理由問われ猛反論
 日本記者クラブ主催の党首討論会で18日、立憲民主党の枝野幸男代表と質問者の橋本五郎読売新聞特別編集委員の間でバトルが起きた。
 橋本氏は各党党首に厳しめの質問をしていた。立民の枝野氏に対しては「4年経って(政党)支持率は半減した。なぜ減ったのか」と投げかけた。
 枝野氏は冷静に「我々は政権の選択肢となるための努力を積み重ねてきました。そして総定数の過半数の候補者を立てることができました。あとは有権者の皆さんが、世論調査ではなく投票の結果でそれに対する評価を下していただけると思っています」と返答した。
 これに対して橋本氏は「こんなに(支持率が)減ったという説明になっていない」と不満を表明。枝野氏は「支持率が減ったことは問題だと思っていません。皆さんのやった世論調査をもとに最終評価をしないでください。決めるのは投票行動。皆さんのやっている世論調査ではありません」とピシャリ。
 政党支持率ではなく投票結果こそが重要だと訴えた。

国民の敵である共産党と手を組むような奴らを支持できるか!って常識が判らんのでしょうか?
日本語を話しているのに伝わらないって事でしょうね。
いい加減な話です。

今回の選挙での焦点は共産主義を選ぶか日本主義を選ぶかの選挙です。
皆さま、間違えないようにしてください。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2021/10/23 06:00

伏魔殿の財務省

imagesCAY7R19U.jpg
30年間、日本の経済をコントロールして、経済成長を止めていた財務省
その財務次官が投降した政治関連の記事が問題視されています。
何故なら、その記事の内容があまりにもお粗末であり、経済の根本である債権、債務、歳入、歳出などに関して無知であり、単年度でしか考えられていないもので財産を計算に入れていないというお粗末な考えの元書かれていたからです。
そんなことで財務管理できると思っているのでしょうか?
30年間日本が一切成長しない要因となっているプライマリーバランス黒字化の問題、日本が破たんするというデマを流した財務省時間の責任を追及する声が高まっています。

その記事がニュースになっているようです。
財務事務次官「バラマキ合戦のような政策論」と月刊誌で批判
財務省の矢野康治事務次官は、8日発売の月刊誌に寄稿した記事で、新型コロナウイルスの経済対策にまつわる政策論争を「バラマキ合戦」と批判し、このままでは国家財政が破綻する可能性があると訴えました。現職の事務次官による意見表明は異例で、今後、議論を呼びそうです。
財務省の矢野事務次官が記事を投稿したのは、8日発売の月刊誌「文藝春秋」です。
この中で、矢野次官は新型コロナウイルスの経済対策にまつわる政策論争を「バラマキ合戦のような政策論」と例えたうえで「10万円の定額給付金のような形でお金をばらまいても、日本経済全体としては死蔵されるだけだ」などと批判しています。
また、先進国では経済対策として次の一手を打つ際には、財源をめぐる議論が必ず行われているとしたうえで「この期に及んで『バラマキ合戦』が展開されているのは、欧米の常識からすると周回遅れどころでなく、二周回遅れ」と批判し、このままでは国家財政が破綻するか、国民に大きな負担がのしかかると訴えています。
そして、経済対策については「本当に巨額の経済対策が必要なのか。そのコストや弊害も含めて、よく吟味する必要がある」としています。
鈴木財務大臣は、8日の閣議のあとの記者会見で、寄稿については麻生前財務大臣の了解を得ていることを明らかにし、手続き上は問題がないという認識を示しました。
現職の事務次官による意見表明は異例で、今後、議論を呼びそうです。

矢野事務次官とは
財務省の矢野事務次官は、昭和60年、当時の大蔵省に入り、菅前総理大臣が官房長官だった当時の秘書官を務めたほか、税制改正を取りまとめる主税局長などを歴任しました。
また、大臣官房長を務めていた際は、財務省の決裁文書の改ざん問題を受けた調査報告書の取りまとめにも携わりました。
去年7月以降は、予算編成を担当する主計局長として、新型コロナウイルス対策を盛り込んだ昨年度の第3次補正予算や、今年度予算の編成などにあたり、ことし7月に事務次官に就任しました。
矢野氏は、財務省内でも財政の健全化を強く訴える立場として知られてきました。

岸田首相 「読んでから考える」
岸田総理大臣は8日夜、総理大臣官邸で記者団に対し「そういった記事が出たということは承知している。ただ、中身をまだ、じっくり読んでいないので、しっかり読んで考えたいと思っている」と述べました。

はっきり言ってヨーロッパなどと二周遅れとか書いていますが、基本的な事を勘違いしています。
政府が黒字になる必要はなく経済を回すためのきっかけにすればいいだけの話です。
何勘違いしているのでしょうね。日本国の持っている資産350兆円はどのように考えているのでしょう。

政府の財政出動路線から真っ向から反抗する記事を書いた次官、さっそく更迭論が出ているそうです。
嵐を呼んだ財務次官の「ばらまき合戦」批判 異例の寄稿にざわつく訳
 財務省の矢野康治事務次官が月刊誌「文芸春秋」に寄稿した論文が波紋を広げている。衆院選を控えた各党の政策論争を「ばらまき合戦」などと批判しており、与党内からは不満の声も上がる。裏方であるはずの現職官僚トップは、なぜ異例の寄稿をしたのか。

財務相、必死の火消し
 「事前に麻生(太郎)前大臣の了解を取っており、私にも出版前に報告があって手続き面に問題はない」。鈴木俊一財務相は12日の閣議後記者会見で、矢野氏の寄稿に関する財務省としての見解を改めて示して、火消しを図った。
 寄稿は8日発売の文芸春秋11月号に掲載された。「財務次官、モノ申す『このままでは国家財政は破綻する』」と題して、10ページにわたって日本の危機的な財政状況を訴えている。
 この中で矢野氏は、与野党の政策論争を「まるで国庫には、無尽蔵にお金があるかのような話ばかり」と批判。日本の財政状況を「タイタニック号が氷山に向かって突進しているようなもの」と例えながら「(政策論議は)実現可能性、有効性、弊害といった観点から、かなり深刻な問題をはらんだものが多くなっている」と記し、直接的な表現で政治状況に懸念を示している。
 矢野氏は1985年に旧大蔵省入省。菅義偉前首相の官房長官時代の秘書官を務め、財務省では主税局長、主計局長といった要職を歴任した。今年7月、歴代は東京大出身者がほとんどを占める同省事務次官に一橋大出身者として初めて就任した。省内でもとりわけ厳格な財政再建論者として知られている。
 寄稿が世に出ると、与党からは不満の声が相次いだ。自民党の高市早苗政調会長は10日のNHKの番組で「大変失礼な言い方。今本当に困っている方…

厳格な財政論と言いながら財務省の権益だけを考えている大バカ者って事が判明しましたね。
増税を行って国民の生活を苦しめるだけの存在に成り下がっている財務省、財務省を歳入省と歳出省に分けなければならない日も近いかもしれませんね。

まったく日本の事を考えずに金儲けだけを考えている経済連はこの次官の馬鹿話に賛成を表明したそうです。
財務次官に全面賛成 経済同友会の代表幹事
 経済同友会の桜田謙悟代表幹事は12日の定例記者会見で、財務省の矢野康治事務次官が月刊誌への寄稿で衆院選などに絡む政策論争を「ばらまき合戦のようだ」と批判したことに関し「(内容は)ほぼ100パーセント賛成だ」と語った。
 桜田氏は、事務方トップが財政状況に危機感を表明した点に意義があると説明。一方で、寄稿を読んだ国民が衆院選で「選択する政党、政治家を変えると思わない」とも述べ、与党の一部で上がる不満の声に疑問を呈した。
 さらに、日本が「財政規律を守らない国と思われたときは手遅れだ」と指摘。財政健全化を重視した政策運営が欠かせないとの考えを重ねて示した。

国が国民の為に金を使わないで何に使えっていうのでしょうね。
TSMCに出資するならルネサスに出資してもらわんと困りますね。
日本の資産を有効に使っていかないといけません。外に出資するよりも内政に出資させていきましょう。

自民党の政調会長は彼のようなおかしな考えを持つ人間とは決別するようです。
バラマキ批判「小ばかにした話」 自民政調会長
 自民党の高市早苗政調会長は11日夜のBS日テレ番組で、財務省の矢野康治事務次官が月刊誌「文芸春秋」に寄稿し、与野党の政策論争を「バラマキ合戦」と指摘したことについて、「小ばかにしたような話だ。次官室から見える景色と私たち(国会議員)が歩いて聞いてくる声とは全然違う」と改めて批判した。
 高市氏は番組で、「必要なときに使わなくてどうするのか。傷んでいる経済を立て直さないといけない」と述べ、経済対策を含む補正予算を早期成立させる必要があると強調した。
 
30年間、失われし30年と言われており、財務省の増税により日本が正統しなかった期間でもあります。
その最中に消費税増税を指導し、国の経営を黒字化のみを考えて民間を痛めつけていった財務省、そろそろ降りてもらいましょう。

様々な経済学者などがこの寄贈に対して反論を述べています。
財務次官が「隠蔽」しようとした「不都合な真実」…実は日本財政は超健全だ!
財務次官の異例の「国家破綻・財政再建」寄稿 過去の「国債の暴落を引き金にした財政破綻を明確に否定した公式文書」との整合性は?
高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ  財務次官の「財政危機」寄稿が「欠陥もの」である理由
 矢野康治財務次官による雑誌「文藝春秋」2021年11月号への寄稿について、鈴木俊一財務相は10月8日の記者会見で、「個人的な思いをつづったと書いてある。中身は問題だと思わない」と説明した。麻生太郎前財務相からは了解を得ているという。
 岸田文雄首相は、10日のフジテレビ番組で、「いろんな議論はあっていいが、いったん方向が決まったら関係者はしっかりと協力してもらわなければならない」と述べ、釘を刺した。
 高市早苗政調会長は、10日のNHK番組で「大変失礼な言い方だ」と不快感を示した。安倍晋三前首相は「あの論文は間違っている」と明快だ。
 経済同友会の櫻田謙悟代表幹事は「書いてあることは事実だ。100%賛成する」と擁護した。
 筆者は、誰でも意見を述べるのは自由だが、その前提が間違っていたら話にならないという立場だ。

■データで示しているのは、一般会計収支の不均衡と債務残高の大きさだけ
 まず会計学から。矢野氏は、財政が危機であるとして、データで示しているのは「ワニの口」と称して一般会計収支の不均衡と債務残高の大きさだけだ。
 すべての政府関係予算が含まれている包括的な財務諸表は小泉政権以降毎年公表されている。この財務諸表は、しっかりした会計基準でグループ決算が示されているが、それからみれば、矢野氏の財政データは、会社の一部門の収支とバランスシートの右側の負債だけしかない欠陥ものだ。
 ただし、今財務省が公表している連結ベースの財務諸表には、日本銀行が含まれていない。日銀は、金融政策では政府から独立しているが、会計的には連結対象なので、財務分析では連結すべきものだ。日銀を連結したのは、資産1500兆円、負債は国債1500兆円と銀行券500兆円だ。銀行券が無利子無償還なので形式負債だが実質負債でないので、日本の財政が危機でない。

問題は手続き以前に内容
 次に金融工学からも問題がある。直近の日本国債の5年CDSは0.00188%なので、大学院レベルの金融工学知識を使えば、日本の5年以内の破綻確率は1%にも満たないのがわかる。これは、バランスシートからの破綻の考察とも整合的だ。矢野氏が、日本財政が破綻するおそれがあるというのは、降水確率0%の予報のとき、今日は台風が来るので外出は控えろというのと同じくらい、筆者には滑稽だ。
 本件について、マスコミを含めほとんどの人は、内容のおかしさを指摘せずに、手続きばかりをいうが、どうなのか。問題は手続き以前に内容だ。会計学と金融工学の知識があれば、全くの間違いを財務省事務方トップの事務次官が平然といっているほうがはるかに問題だ。逆にいえば、多くの人は会計学と金融工学の知識もなしも、財政問題で意見がいえると思っているのだろうか。
 本件は、そうした基本知識のない人が財務省事務方のトップになっていることを世間に知らしめた。矢野事務次官の寄稿に対する各人の意見は、そのまま会計学と金融工学の基礎知識があるかどうかのリトマス紙になっている。

お話にならない話と言う事がよくわかりますね。
こんな考えで海外に出資している財務省の馬鹿達、日本に投資しないで何処に投資するつもりなのでしょうね。

日本の病巣である財務省の解体、一刻も早くやらないといけませんね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2021/10/22 06:00

自民党も色々あるようです。

4d361f41.jpg
一気に寒くなりましたね。
衆議院選挙も進んできました。皆さんは投票先を決めましたか?
日本の未来の為にちゃんと自分で考えた候補者を選んでいきましょう。

さて、その投票先の一つで自民党がありますが、自民党にも変な奴が権力を握ると変な法律が出来る事がよくわかる人間として
小泉進次郎がいますね。
彼が作った制度に対して廃止を求める声が上がっています。
小泉前環境相肝煎り「有料レジ袋」どう思いますか? 「無料に戻すべきだ」91・2% 識者「効果見えず、妥当な結果」 夕刊フジzakzak緊急アンケート
 小泉進次郎前環境相の肝煎りで昨年7月に始まった「レジ袋の有料化」を今後も続けるべきか-。環境行政のトップが山口壮(つよし)環境相に交代したのをきっかけに、ネット上で議論が盛り上がっている。夕刊フジが公式サイトzakzakで緊急アンケートを実施したところ、91・2%が「無料に戻すべきだ」という結果が出た。
 「レジ袋有料化のような新しい試みを小泉さんの時代にされたが、今、いろんな声が届いている。今後、議論をすべきかもしれない」
 山口氏は5日の就任記者会見で、こう語った。
 会見に先立ち、桜田義孝元五輪相がレジ袋有料化を疑問視する支援者らの声を、山口氏に伝えた。夕刊フジが7日発行紙面で、桜田氏のインタビューを報じたところ、大きな反響があった。
 これを受け、7日午後6時から8日午前7時まで緊急アンケートを行った。4162人が回答した結果は別表の通り。
 返信欄には、《エコバッグは不潔。レジ袋が有料のため、買い控えして、消費抑制につながっている》《お店にも消費者にも負担をかけている》《有料化の目的は何なのかを明確にすべき。思い付きの愚策だ》などと見直しを求める意見が多かった。
 一方、《いまさら無料に戻すのは混乱を招く》と、現状維持の意見も見られた。
 今回の結果をどうみるか。
 経済ジャーナリストの荻原博子氏は「消費者は、コロナ禍で電気代や食品価格、ガソリン代などが上がるなか、『会計時にレジ袋代まで取られるのか』とナーバスになっている。環境改善に悪くはなくても、有料化による効果が見えない。9割が反対なのは妥当な結果だ」と語っている。

環境改善に悪くはないと言っていますが、むしろ悪化させています。
焼却炉の温度が上がらずに燃料を投下しなければならなくなっている事を知らないのでしょう。
昔の割りばし産業を潰した環境テロリストとなんら変わりのない悪性度になることが判っていません。
環境を守れと言いながら破壊している太陽光パネル発電と同じことをやっているだけに過ぎないのです。

さて、その相棒である河野太郎は選挙に負けた理由が判っていないようでして、党員を増やせば勝てると勘違いさせたようです。
欲 党員拡大で勝利目指す">河野氏、次期自民総裁選に意欲 党員拡大で勝利目指す
 河野太郎規制改革担当相は3日、自身のインターネット番組で、次の自民党総裁選出馬に向け準備を進める意向を明らかにした。「党員100万人新規拡大構想」と銘打ち、「(新規党員の)100万人が『河野太郎』に入れてくれれば党員票で圧勝する」と説明した。「めげていてもしょうがない」とも語った。
何故総裁選で負けたのか理解したくないって事でしょうね。
化けの皮がはがれたってだけです。赤い洋平の子供は赤かったというだけの話でしょうね。

そんな中、自民党をおかしな方向に向かせていた売国奴が引退することになりました。
自民 河村元官房長官 衆院選立候補見送り引退の意向固める
衆議院山口3区での立候補を予定していた自民党の河村建夫元官房長官は、選挙区内での公認争いが続き党の分裂を招くことは避けたいとして、立候補を見送り、引退する意向を固めました。
衆議院山口3区では、自民党の現職の河村元官房長官と参議院議員を辞職した林芳正元文部科学大臣の2人による公認争いが続いていて、13日に遠藤選挙対策委員長が2人から話を聞くなど調整が行われました。
こうした中、河村氏は、みずからの立候補で党の分裂を招くことは避けたいとして衆議院選挙への立候補を見送り、引退する意向を固めました。
河村氏は当選10回の78歳。
山口県議会議員などを経て、平成2年の衆議院選挙で旧山口1区から立候補して初当選し、これまで官房長官や文部科学大臣などを歴任しました。
衆議院山口3区には、立憲民主党の坂本史子氏も立候補を予定しています。
林 元文科相「報道で承知しているだけ 努力続ける」
衆議院山口3区での立候補を予定している、自民党の林芳正元文部科学大臣は、所属する岸田派の会合に出席したあと記者団に対し「まだ報道で承知しているだけなので、私としては今までと同じように地道な積み重ね、努力を続けていきたい。経験を生かして、国政に貢献していきたい」と述べました。

河村は様々な韓国利権を持っていたのでしょうね。韓国を優先する姿勢がよく見て取れましたよね。
その人間が引退するって話です。

派閥争いで負けたって事でしょうね。
「二階幹事長のままだったら…」河村建夫・元官房長官「引退」で、二階派幹部が不満漏らす
 自民党の河村建夫・元官房長官(78)(衆院山口3区)が衆院選に出馬せず、引退する意向を固めた。山口3区では、参院からのくら替えを表明した同党の林芳正・元文部科学相が出馬予定で、河村氏の不出馬により保守分裂は回避される見通しとなった。
 甘利幹事長が13日に河村氏と会談し、出馬見送りを打診。河村氏は同日夜、遠藤利明選挙対策委員長に受け入れる考えを伝えた。党は河村氏の長男を比例選で処遇する方向で、林氏については当選後に追加公認する案が浮上している。
 河村氏が所属する二階派の二階俊博前幹事長らは、現職のいる選挙区へのくら替えは党の内規違反だと主張してきた。同派幹部は「二階氏が幹事長のままだったら、想像できなかった展開だ」と不満を漏らした。
 河村氏は当選10回で、文科相や党選対委員長を歴任。活字文化議員連盟の代表幹事なども務めた。

因みに二階派はよく候補者のいる選挙にて自民党同士を戦わせて公認争いをさせていましたけどそれは無効なのでしょうか?
自分たちが自民党をかき回していたという自覚はないのでしょうか?
自民党の市議や府議などが自民党にいるのに無所属と掛かれている理由の一端です。
自分たちのやってきたことが回ってきただけに過ぎませんよ。

さて、あまり目立たない岸田さん、衆議院選挙の第一声を上げる前に東日本大震災の被災地を訪れて慰霊の念を奉げたそうです。
そのような人格の持ち主を同じ自民党の議員はこのように表現します。
「岸田首相は8番セカンド」 世耕氏、野球のポジションで人柄たとえ
 「8番、セカンド岸田君」――。自民党の世耕弘成参院幹事長は12日の参院代表質問で、岸田文雄首相が高校時代に所属していた野球部でのポジションを引き合いに、首相の人柄を「目立たないがチームワークの要。みんなが頑張ることができる環境を下支えする」と持ち上げた。
 世耕氏は元同級生に聞いた話として、高校時代の首相について「3番でも、ピッチャーでもサードでもないが、岸田少年は黙々と練習を重ね、チームに貢献していた」と紹介した。首相は、新型コロナウイルスなどの難題を「国民の団結力」で乗り越えようと呼びかけており、世耕氏は「首相の精神は高校時代から育まれていたと感じる」と褒めたたえた。
 首相は「パフォーマンスが苦手」(岸田派関係者)とされ、世耕氏には「堅実な首相」をアピールする思惑があった模様だ。だが、野党幹部は「答弁を聞いても、首相は地味だ。国民の政治への関心が下がるのではないか」と話した。【小山由宇】

アピールよりもコツコツと仕事をする人間であることを期待します。

小池や小泉、河野、吉村、橋下、枝野、斎藤蓮舫、口先だけの人間ばかりがクローズアップされますが、
コツコツと仕事をしていく人の方が高い評価をしてもらわないと一般庶民が割を食います。
真面目に仕事をしている人を評価する社会にしてもらいたいものですね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
自民党 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2021/10/21 06:00

野党野合が分裂しています。

245048321_1211561905987269_8337142932443229762_n.jpg
自民党から政権交代を目的に野党が合同で戦うそうですね。
しかし、その目的は政権交代と言うだけでそれ以上の話をしてきません。
何を考えているのかさっぱりですね。
野党が同一になってどのような政治を行うのでしょう。
政策が異なるから違う政党になっているのでは?まあ、確かに自民党と創価学会が与党としていますのでねって感じです。
さて、今回の衆議院選挙、どのような結果になるのでしょうね。

ひるおびで野党が批判合戦をしていたのは記憶に新しいですね。
「ひるおび」野党が大紛糾 維新・松井氏が立民&共産に「談合」爆弾 制止不能の大げんか
 5日のTBS「ひるおび!」に野党4幹部が出演した。立憲民主・福山哲郎幹事長、共産党・小池晃書記局長、日本維新・松井一郎代表、国民民主・玉木雄一郎代表が出演した。
 岸田文雄政権が誕生し、衆院を14日に解散しての総選挙前倒しを、各党が批判する中、大阪からリモート出演した松井氏は「これまで我々以外の野党の皆さんは国会開会したら冒頭不信任出すと言ってたんだから、別に批判することじゃない」と指摘。ニヤリとして「立憲民主も共産も自民党倒したくて仕方ないんだから、批判するのはおかしい」と言い放ち、小池氏らは憮然とした表情に。
 さらに野党の候補者1本化がテーマになると、松井氏は「共産党さんは日米同盟破棄ですよ。自衛隊は違憲。立憲民主党はよく覚悟したな」と批判した。
 これに福山氏が、「閣外からの限定的な政策の実現に対しての協力という形。政権の中に入っていただくわけでない」と反論し、小池氏は「独自政策は持っているが、共闘の中に政権の中に持ち込むことはしない」とし、「何も文句言われる筋合いはない」と返した。
 その後は、互いの発言にピクつきながら、リモート画面を通しての直接バトルとなり、「共産党は日米安保基軸でいいんですか?」「当面課題については力合わせてやっていく」「選挙目当ての談合」「違います」と応酬が始まり、紛糾。
 司会の恵俊彰が「ここで!」「ちょっと、すみません…」と制止するも、ヒートアップが止まらない状況となった。

早くも空中分裂って体を出していますね。
維新はアメリカの金持ち主義で共産党は中共の金持ち主義って違いで同族嫌悪なのでしょうね。
では、民主党は?と思うに支持母体である連合は自衛隊の権限強化を上げていますよね。
一緒になれるわけないってのが普通の見方でしょう。

報道ステーションではyoutubeが不穏な発言をしているそうですね。
立花孝志氏が「報ステ」大越キャスターの前で不規則発言「NHKは反社」
衆議院が14日に解散されて事実上の選挙戦がスタート。さっそく同日の「報道ステーション」(テレビ朝日系)で党首討論が行われた。
自民党の岸田文雄総裁に立憲民主党の枝野幸男代表ら9党党首が出演した。なかでもれいわ新選組の山本太郎代表やNHKと裁判してる党弁護士法72条違反での立花孝志党首は地上波では珍しい出演となった。
訴えたい政策を各党代表が説明。山本氏は「れいわの景気爆上げ大作戦」を掲げ、「徹底的な財政出動。消費税は廃止。偏った税の取り方を是正する」と訴えた。立花氏は元NHKの大越健介キャスターの前で「NHKが反社会的集団であること」と強調した。
その後、話題は「成長と分配」がテーマとなったが、なかなか両者は指名されず。「10年後どんな日本にしたいか」というテーマで話すことができたが、ほかの党首たちに比べると話せた時間は少なかった。
これには視聴者からツイッターで「結局、福島(みずほ社民党党首)、山本、立花はほぼ発言させられず」「山本と立花には発言させてないな」と指摘する声が上がっていた。

発言するだけの議員数がいないですからね。
民主主義では数の力がモノをいうのですよ。あの三人が出ているほうがおかしいというか違和感がありますね。

先日の民主党の暴言に対して民民は反対の立場のようです。
国民・玉木代表「看過できない」 生方氏発言を批判
国民民主党の玉木雄一郎代表は11日、立憲民主党の生方幸夫(うぶかた・ゆきお)衆院議員(比例代表南関東ブロック)が北朝鮮による拉致被害者をめぐり「生きている人はいない」などと発言したことについて、「全ての拉致被害者の即時帰国を求める拉致被害者家族、支援者、また政府や与野党を超えた国会議員の努力や被害者の帰国を願う思いを踏みにじるもので看過できない」と批判した。
生方氏の「拉致問題、拉致被害者は今、現在はいないと捉えられる、政治家は皆そう思っている」との発言には、「思っていない。いまなお、拉致被害者の皆さんは生きていて、全ての拉致被害者の即時帰国がわれわれの願いだ。実現するまで粘り強く取り組む方針に変わりはない」と語った。産経新聞の取材に答えた。

民主党同士で何やってんでしょうね。
まあ、玉木の発言は正論ですね。しっかりと国際社会に向けて行動を行っていきましょう。

橋下の院政が取られている維新の会、結局与党とは対峙するって事ですね。
岸田新総裁に抗戦姿勢 大阪府・吉村洋文知事「岸田さんのやり方で日本が成長するとは思いません」
大阪府の吉村洋文知事は29日、大阪府庁で報道陣の取材に応じ、自民党の岸田文雄新総裁誕生について、国政政党・日本維新の会の副代表の立場から「岸田さんのやり方で日本が成長するとは思いません。政策的な対立軸は明確になった」と徹底抗戦の構えを示した。
 新総裁誕生を受け、吉村知事は「コロナの感染対策と社会経済を両立させる重要な時期だと思うので、ぜひ強いリーダーシップで引っ張っていってもらいたい」とエール。岸田氏の人物像についても、吉村知事の母が広島出身という共通項もあり「優しい温厚な人柄」と評したが、政策の話では厳しい言葉を続けた。
 維新は安倍晋三前首相、菅義偉首相と強いパイプを持っており、吉村知事は「僕はアベノミクス自身、方向性は正しいと思っている。できなかったのは“3本目の矢”の規制改革。規制緩和をしながら民間の力を最大限に活用することが成長につながるが、ある意味、『国がコントロールするんだ』みたいな発想は、僕は違うと思っています」と「新自由主義路線」の見直しを看板に掲げた岸田新総裁に姿勢を疑問視。府政トップとしても「国、中央がすべてやればいいというような発想は違う」と否定的だった。
 総裁選の結末については「自民党の派閥政治の力は本当に強いなと改めて思った。党員の投票とは逆の方向で決まる」と感想を述べる一方、「自民党と正面からぶつかっていきます。(維新は)弱小政党ですが、次の総選挙に向けて準備していく。政策的な対立軸は明確になった。維新の会はどちらかというと、セーフティーネットをしっかり作っていこうというのが基本的な考え方。機会を平等にしてチャレンジできる社会を目指していくべきだ」と意欲を示した。

格差を拡大させる政策を好む維新の会、議員報酬削減以外になんか政策出したのでしょうか?
また、議員報酬削減って仕事を減らせって事ですよね。
民間に仕事を任せて自分たちは命令するだけを推進する維新の会、ますます格差が広がる結果になりますね。

組合は民主党を応援しない事に決めたそうです。
立民・共産の閣外協力「あり得ず」 連合新会長が不快感
 連合の芳野友子新会長は7日、東京都内で記者会見し、衆院選後に立憲民主党中心の政権が樹立された場合、共産党は「限定的な閣外からの協力」をするとした立共党首合意について、「共産の閣外協力はあり得ない。(立民の)連合推薦候補にも共産が両党合意を盾に、共産の政策をねじ込もうという動きがある」と述べ、不快感を示した。
 芳野氏は「立民には(選挙の)現場に混乱を来さないよう、しっかりとコントロールしてほしい」と注文を付け、立民の枝野幸男代表に対し、共産とは一線を画すよう近く申し入れる考えも明らかにした。将来の立民、国民民主両党の合流の可能性については「(野党の)大きな塊をこの先も求めていきたい」と述べた。
 芳野氏の発言に関し、枝野氏は会見で「(立共党首合意は)連合としても一定の理解をいただける内容だ。全くご心配には当たらない」と強調した。一方、国民の玉木雄一郎代表は「(会長は)国民民主の路線と全く一致している。これまで以上に連携をよく取りたい」と歓迎した。 

理解できない枝野の発言、本当に調整能力がありませんね。
事前交渉を行っていない証拠でしょう。組合は民主党支持を止めて組合員の為に給料を上げる交渉を行った者へ支援を行いましょう。

トヨタも民主党を見限るようですね。
当たり前です。反原発と言う膨大なエネルギー政策の破たんが見えているところへ支援なんて出来ません。
全トヨタ労連、異例の「与党シフト」 突き動かすCNへの危機感
 野党側にいた労働組合トップが与党国会議員と一緒に知事に要望に行く。それは異例の光景だった。
 9月1日夕、愛知県公館で、全トヨタ労働組合連合会(全ト)の鶴岡光行会長が、カーボンニュートラル(CN、温室効果ガス実質排出ゼロ)への要望書を大村秀章知事に出した。傍らには自民党県連会長・藤川政人参院議員のほか公明、立憲民主、国民民主の与野党国会議員。鶴岡氏は「スピード感を持って対応するには超党派の取り組みが必要」と強調した。
 全トは「民主王国」愛知を支えてきたが、共産党と野党共闘を進める立憲から離れ、昨秋から自民に接近する。4月上旬には鶴岡氏と藤川氏が名古屋市で酒席を囲んだ。選挙協力の話は一切なかったというが「それで全トの信頼を得た。歴史的会合だ」(自民関係者)とわく。

呆れてものが言えないって事なのでしょうね。
こんなんでよいのでしょうか?民主党さんさ~

どんどん反社から人が逃げて行っているように見えてしまいます。
何を考えて行動しているのでしょうね。
やっぱり落選させないといけないようです。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2021/10/20 06:00

国民の人命を顧みない政治屋には落選してもらいましょう。

142238495507073772178.jpg
衆議院選挙が始まりましたね。
その政党が、どの代議士が日本を守れるのか、日本の国民と国益を守れるのかが焦点となりましょう。
そんな重要な選挙であるのに民主党は本性を隠そうとしません。
民主党の古参の代議士が国民を馬鹿にした発言を行いました。
拉致事件にて囚われた日本人を北朝鮮と言う犯罪組織から取り戻すのは全日本で行わなければならない事です。
しかし、民主党や社会党、共産党などの反社勢力は拉致された国民よりも朝鮮人を優遇する発言を日頃から行っております。
それを支持する日本国民はいるのでしょうか?いるとすれば朝鮮人との交易などで利益を得ている反社勢力なのでしょう。

そんな中、民主党の愚かな考えを暴露した議員がいました。
「拉致被害者は生きていない」と立民・生方氏 家族会など抗議
立憲民主党の生方幸夫衆院議員(比例代表南関東ブロック)が、9月に千葉県松戸市で行った会合で、北朝鮮による日本人拉致問題について「日本から連れ去られた被害者というのはもう生きている人はいない」などと発言したとして、拉致被害者家族会と支援組織「救う会」は11日、発言の取り消しと謝罪を求める抗議声明を出した。声明では「すべての拉致被害者の救出のため心血を注いできた被害者家族、支援者、被害者自身の生命に対する重大な侮辱であり冒涜(ぼうとく)だ」と非難した。
救う会などによると、生方氏は9月23日、松戸市での会合で拉致問題について見解を問われ、横田めぐみさん(57)=拉致当時(13)=について「横田さんが生きているとは誰も思っていない。自民党の議員も」とした上で、「拉致問題、拉致被害者は今、現在はいないと捉えられる、政治家は皆そう思っているということ」などと発言した。
また平成16年に北朝鮮が提出し、日本側が別人と鑑定しためぐみさんの偽の遺骨について「遺骨からDNAを鑑定して、それが横田さんであるのかないのかというような技術力はなかった」とした。
死亡の根拠について問われると、「客観的情勢から考えて生きていたら(北朝鮮は横田さんを)帰す。帰さない理由はない」と説明。「生きているのだったら何かに使いたい。1回も使ったことがないですから、残念ながら亡くなってしまっているから使いようがない」などと主張した。
一方、14年の日朝首脳会談で北朝鮮が拉致を認めて謝罪し、帰国した5人の被害者について、北朝鮮に一度返すとした約束を日本側が守らなかったとし、「首脳同士で話をして決めたことも守らないなら、それはだめなのではないか」と述べた。
「拉致した当人は北朝鮮政府なのだから、責任を取らなきゃいけない」とする一方、「自分の意志で入ったが、もう自分の意志では出られなくなったという人を含めて行方不明者、拉致被害者というように言っている」と指摘。「日本国内から連れ去られた被害者は、生存者はいないのだと思う」と重ねて主張した。
これに対し、家族会などによる抗議声明では「生方議員は人の命に関わる重大な人権問題について、日本政府の基本的立場を否定して、北朝鮮の主張に賛同している」と批判。生方氏が所属する立憲民主党に対し、「生方議員発言を党としてどう考えるのか、ぜひお聞かせ願いたい」としている。
北朝鮮は14年9月の日朝首脳会談で拉致を認めて謝罪し、5人を帰国させた。だが、ほかの被害者については8人が「死亡」、4人が「未入境」と主張した。
16年の日朝実務者協議ではめぐみさん本人のものだとする「遺骨」を提出したが、持ち帰った日本側は約1カ月かけてDNA型鑑定を進め、別人の骨であることを確認した。北朝鮮側は遺骨について「火葬した」と説明したが、通常の火葬よりも高温の1200度で焼かれていたことが判明。DNA型の検出を困難にしようとした可能性が指摘されている。
政府は拉致被害者の「死亡」を裏付けるものが存在しないとして、北朝鮮に誠実な対応を求めてきた。岸田文雄政権も拉致被害者全員の早期帰国を最重要課題に掲げている。

駄目だこりゃ
北朝鮮が拉致被害者を返さないのは様々な北朝鮮の実情を知っているから返せないだけであり、利用できなかった5人が帰ることが出来ただけです。
重要度が違うって事でしょう。
全日本で対応している拉致事件をこのような腐った人間が語るっていうのがおかしいのですよ。

当然のことながら自民党からも批判の声が挙げられました。
生方氏発言「絶対に許されない」 自民・世耕氏
自民党の世耕弘成参院幹事長は12日の記者会見で、立憲民主党の生方幸夫(うぶかた・ゆきお)衆院議員(比例代表南関東ブロック)が北朝鮮による拉致被害者について「生きている人はいない」などと発言したことについて「言語道断。絶対に許されるものではない」と述べた。
世耕氏は同日午前の参院本会議で、立民の福山哲郎幹事長が代表質問に立ったことを念頭に「立民側から代表質問で全くこの件は取り上げられず、釈明もしていない。こういった党に政権を任せるわけにはいかない」と指摘した。
そのうえで「政府と自民は、全ての拉致被害者の一刻も早い帰国に向け、引き続き全力で取り組んでいきたい」と強調した。

当然の事です。
部会を立ち上げて憲法改正の機会を探りながら拉致被害者を取り戻せるように模索してきた自民党は批判する権利を有します。
むしろいの一番に抗議の声を政界に届けてもいいのではないでしょうか?
家族会と共に歩んできた自民党、それに対して民主党はどのような対応を取るのでしょうね。

民主党はこの腐れ議員を議員辞職させることはありませんでした。
立民・生方氏が衆院選公認辞退 議員辞職は見送り
 立憲民主党の幹部は12日、北朝鮮による日本人拉致被害について「生きている人はいない」などと発言した生方幸夫衆院議員(比例代表南関東ブロック)が次期衆院選(19日公示、31日投開票)で内定していた千葉6区での公認を辞退すると明らかにした。立民は公認を見送った。
党幹部は当初、生方氏が議員を辞職し、次期衆院選にも出馬しない意向を固めたとしていた。ただ、衆院は14日に解散される予定のため、議員辞職は見送る。(産経新聞)

ふざけた対応ですね。議員辞職が相当であり、それ以外ありえません。それを解散があるからと言って無罪放免と言うのは民主党の規律を損なう誤ったやり方です。

しかも本人は衆議院選挙に出ると表明しています。何も反省していないも同然です。
拉致暴言の立民・生方氏、公認辞退も「選挙に出ないとは言ってない!」不出馬否定 本人再直撃
 北朝鮮による日本人拉致被害者について、「もう生きている人はいない」などと暴言を連発していたことが発覚し、発言を撤回・謝罪した立憲民主党の生方幸夫衆院議員(73、比例代表南関東ブロック)が、次期衆院選(19日公示、31日投開票)で内定していた千葉6区(市川市、松戸市など)での公認を辞退した。夕刊フジは12日夜、生方氏を再び直撃した。
 生方氏は、地元の松戸市で9月に開いた国政報告会で、横田めぐみさん(57)=拉致当時(13)=を含む拉致被害者などを侮辱・冒涜(ぼうとく)するような発言をしていた。
 家族会などの抗議を受け、立憲民主党は11日、「厳重注意処分」とした。12日に決定した衆院選での公認候補者に、生方氏の名前はなかった。
 福山哲郎幹事長は記者会見で「(生方氏を)実質的に公認できる状況ではない」と述べ、追加公認も難しいとの認識を示した。この後、ネット上では、「生方氏が議員辞職し、衆院選も不出馬の意向」という情報も出回った。
 そこで、夕刊フジは前日に続き、生方氏に電話取材を敢行した。
 --自身の発言が、強い反発を受けている
 生方氏「改めて、大変申し訳なく思っている」
 --議員辞職の情報が流れている
 生方氏「党の公認は辞退したが、私は『議員辞職する』とは一言も言っていない!」
 --では、衆院選には出ないのか?
 生方氏「私は『出ない』とは言っていないじゃないか!」
 14日の解散で、衆院議員は全員、国会議員の身分を失い、事実上の選挙戦に突入する。生方氏はまだ、衆院選への出馬意欲があるようだ。有権者はどう判断するのか。

国民を守ろうとした人々をあれだけ冒涜した人間を注意で済ます民主党、
到底政権を任せようという気になれません。何考えているのでしょうね。

それに対して自民党は部会からの正式な批判を出しており、今回の衆議院選挙の争点も憲法改正を上げています。
<独自>自民、衆院選公約の概要判明 憲法改正「責任果たす」
自民党が次期衆院選(19日公示、31日投開票)で示す公約案の骨格が6日、判明した。憲法改正について「国民の幅広い理解を得て、今を生きる日本人と次世代への責任を果たす」として、党が策定した自衛隊明記や緊急事態条項新設など改憲4項目の実現を目指すことを明記した。複数の党関係者が明らかにした。
中国と台湾が加入を申請している環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に関しては、価値観を共有する国々と連携していく方針を盛り込む方向だ。
新型コロナウイルス対策については「感染症から国民の命と暮らしを守る」として感染対策に注力する姿勢を強調。経済政策に関しては「新しい日本型資本主義で分厚い中間層を構築する」とし、岸田文雄首相が看板政策として掲げる所得格差の是正と中間層への分配による「令和版所得倍増計画」を反映させた。
このほか、「大胆な成長投資で確かな未来を拓く」「農林水産業を守り、成長産業に」などの項目も掲げる。高市早苗政調会長が首相に説明した上で、8日の党総務会で決定する。

さて、色々と言われていますが、憲法改正の発言を出来ているだけ自民党の方がましと言えるでしょう。
少しずつではありますが、前に進んでいると私は思います。

拉致事件を軽視し、懲罰も行わなかった民主党
国民からの審判を受けて消滅してもらいたいものです。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2021/10/19 06:00
 | ホーム | Next »