fc2ブログ

自民党も苦しい戦いのようです。

菅総理
菅総理が人気ないというデマも出していたマスゴミはこの状況を一体どのように表現するのでしょうか?
菅前総理が小金井の選挙応援で現地入りした際に多くの人々が集まりました。
菅直人とは違いますね。本当に多くの人々が訪れ菅前総理の話を聞いていたそうです。
菅前総理の実績は武漢ウイルスの抑え込みに成功したという実績であり、他にも多くの事を決定しました。
仕事人内閣と言う名にふさわしい実績であったと確信しています。
しかし、今回の選挙は厳しいと言われておりますね。
今回の選挙の争点は自由民主主義の政権を取るのか、それとも共産主義の政権を取るのかの二択の選挙です。
中共の媚びる政権を行う民主党、国民の自由を守り、権利を守る政権を作る自民党
その二択になります。因みに維新の会は共産主義と同じことをやろうとしているので共産主義ですね。

序盤の情勢は厳しいものとなっているそうです。
序盤情勢 自民、単独過半数の勢い 維新倍増か
産経新聞社は20日、第49回衆院選(31日投開票)について、取材に共同通信が実施した電話調査の結果などを加味し、選挙戦の序盤情勢を探った。自民党は公示前(276議席)からは減らすものの、単独での過半数(233議席)は維持する情勢だ。立憲民主党は公示前(110議席)程度の議席は固めつつあり、上積みが焦点になる。日本維新の会は公示前(11議席)から倍増の勢いだ。
衆院の定数は465(選挙区289、比例代表176)。自民は130~140程度の選挙区で優勢に戦いを進め、さらに40前後の選挙区でもリードしている。公明党も公示前(29議席)前後の議席確保が見込まれており、岸田文雄首相(自民党総裁)が勝敗ラインに掲げる与党での過半数獲得はクリアしそうだ。
ただ、前回衆院選では自民が勝利したが、今回は野党候補が先行する選挙区が東京都や大阪府など都市部や地方部でも目立つ。公示前からは減らす公算が大きく、どこまで減少幅を抑えられるかがポイントとなる。
立民は30前後の選挙区で優勢に戦いを進め、加えて60~70程度の選挙区で与党の候補者と接戦を繰り広げている。比例代表とあわせて公示前(110議席)程度の勢力は確保しそうで、さらなる上積みが課題だ。共産党などと候補者を一本化した効果も一定程度出ているとみられる。
共産は選挙区で少なくとも1議席を獲得し、比例代表とあわせて公示前(12議席)は上回りそうだ。社民党は公示前(1議席)の維持が視野に入り、国民民主党は公示前(8議席)前後の勢力を確保しそうだ。れいわ新選組、「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」は比例代表で議席を確保できるかが注目される。維新は地盤の大阪府で優勢に戦いを進め、選挙区で10議席超の確保が視野に入る。比例代表とあわせれば公示前からの倍増をうかがう勢いだ。
ただ、接戦区が100以上にのぼるうえ、現時点では投票先を決めていない有権者も多いため、情勢が変化する余地は残っている。

なかなか厳しい選挙になりそうですね。誰が国会に戻ってくるのか?誰が国会に入れるのかを占う選挙です。
自民党の中でも厳しい選挙を戦ってきた人もいますし、なんとか全員当選してもらいたいものですね。

民主党も厳しい事は認識しているそうです。
立憲民主党・小沢一郎氏「野党には非常に厳しい選挙」東京8区のドタバタにも苦言呈す
「非常に厳しいね、野党は。1年前から敵失の風がそよそよと吹いていたけれど、悪いことは全部、菅前首相に押しつけた。自民党というのは、それぐらい権力に執着しているということ。岸田首相はソフトで悪い人じゃない、というイメージを与える。日本人はそういう人が好きなんだよ」
 再びの政権交代の実現を訴え続けてきた小沢一郎氏だが、いきなり「厳しい」の一言から始まった。通常、選挙の直前になれば、野党の政党支持率は上がるもの。ところが、自民党が40%近い支持があるのに対し、野党第1党の立憲民主党は相変わらずの1ケタだ。
「むしろ自民党の支持率が上がって、与野党の差がどんどん広がっている。野党として発信が足りないからだろう。自民党は今は『分配』と言っているけれど、小泉政権からの弱肉強食の考え方は変わっていない。一方、野党は『国民の生活が第一』『命と暮らしを守る』『富の公平な配分』が政治の役割であるという政党。政治の基本原理を異にしているのだから、両者は根本的に対立する。そこを明確に打ち出さないから、国民が『野党って何をするの?』となってしまう」

■「何が何でも政権、という執着が必要」
 野党への支持が高まらないもう一つの理由として、小沢氏は“体質”の問題に言及した。
何が何でも政権という執着がないから、『万年野党でいい』という雰囲気を醸し出してしまう。それでは国民はバカバカしくて野党に投票しない。現在のポジションを維持できればいいというだけならば、そんな政党は解散してしまえ、と国民が思っているから、支持が上がらないのだろう」
 野党共闘のための統一候補の調整も最終盤になってモタモタしている。象徴的なのは、東京8区で統一候補を目指した「れいわ新選組」の山本太郎代表が、立憲の地元支持者の反発が強すぎて、出馬を断念した一件だ。
「(枝野代表が)決断と責任をもっと発揮しないといけない。誰かが憎まれ役をしなければ、物事は進まない。みんなが八方美人では、物事は決まらない。『俺が責任を取る』と言える人が必要なんだ」
 厳しい戦いでは個々の候補者の力が試される。小沢氏は先週末(9日)、沖縄・石垣島に出向くなど、応援依頼に応えて、選挙期間中も全国を回るという。
 最後にこう言った。
「当然、政権交代を目指して選挙に臨むのだけれど、少しまだ、道遠しの感はある」

まあ、山形一区のグダグダを考えると民主党も厳しいのでしょうね。
山本太郎は目立てはいいだけなのでしょう。まあ。グダグダですね。

岸田総理は正常な判断力を持っているみたいです。
選択的夫婦別姓、LGBT法案に賛成なら挙手を ⇒ 自民党の岸田文雄総裁だけ挙手せず。理由は?【党首討論会】
そもそも選挙の争点にもならない下らない個人の趣味を政策として挙げている政党の方がよっぽどおかしいと思います。
世界が遅れている性差別、違いを理解していかないといけないのに一色単にしている先進国たちの方がおかしいと訴えていきましょう。

因みに夫婦別姓禁止は合憲になっている事をお忘れなく
夫婦別姓禁止は「合憲」 最高裁
夫婦別姓を認めない民法と戸籍法の規定は違憲として、事実婚の男女3組が起こした家事審判の特別抗告審で、最高裁大法廷(裁判長・大谷直人長官)は23日、規定は「合憲」とする判断を示した。夫婦別姓をめぐる大法廷の憲法判断は、平成27年の上告審判決で夫婦同姓を定めた民法の規定を合憲としたのに続き2度目。15人中11人の多数意見。
家事審判の申立人は東京都内に住む事実婚の男女3組。婚姻届に「夫は夫の氏、妻は妻の氏を希望します」と付記するなどして自治体に提出したが、不受理となった。3組は「法の下の平等や男女の本質的平等を定めた憲法に反する」などとして、1組が東京家裁、2組が東京家裁立川支部に、それぞれ家事審判を申し立てた。
両家裁は31年3月、民法と戸籍法の規定は合憲として申し立てを却下。2審東京高裁も即時抗告を棄却したが、3組は特別抗告していた。最高裁は昨年12月、裁判官15人全員で構成する大法廷で担当すると決定。弁論は開かず、書面で審理してきた。
27年の判決で大法廷は「規定に男女の不平等はなく、家族が同じ姓を名乗るのは日本社会に定着している」などとして合憲の初判断を示した。一方で裁判官15人中5人が「違憲」とする反対意見を述べており、社会情勢の変化を踏まえて今回、どのような判断をするかが注目されていた。
婚姻後の姓をめぐっては、平成8年に法相の諮問機関「法制審議会」が、夫婦が希望すれば結婚後も従前の姓を名乗れる選択的夫婦別姓制度を盛り込んだ民法改正案を答申したが、法案提出には至らなかった。今年に入り自民党がワーキングチームを設置し、本格的な議論が始まったが実現へのめどはたっていない。

仕事上は別姓を名乗れるし、何の不都合もありません。
むしろ別姓にした方が子供が生まれた際に不幸になることが予想されますね。
また、便利だからと言って150年以上の歴史をひっくり返そうとする個人主義者たちに寄り添う必要ありません。
LGBTと同じですね。
大多数に人間が困らないからって言いますがこのような馬鹿な制度を押し付けてくるというのがおかしいのですよ。

さて、安倍さんも精力的に選挙区を回っているそうです。
「立憲が政権握れば、日米同盟終わる」 安倍元首相
■自民党・安倍晋三元首相(発言録)
 日米同盟は廃止、そして自衛隊は憲法違反、これが共産党の基本的な政策だ。その共産党の力を借りて、立憲民主党が政権を握れば、日米同盟の信頼関係は失われてしまうのは間違いない。もっとも立憲民主党は、安倍政権でつくった(集団的自衛権行使を一部容認した)平和安全法制を廃止をするといっている。
 この平和安全法制によって、日米は強い同盟になった。それを廃止してしまっては、せっかく助け合えるようになったのに、助け合えない同盟になってしまう。そうなれば、日米同盟はその瞬間に終わりを迎えてしまう。
 方向はむしろ逆だ。北朝鮮が新たなミサイルを開発し脅威が増している。あるいは中国が軍事力を背景に、尖閣や台湾、南シナ海で一方的な現状変更の試みをするなかにおいては、日米同盟を強化していくことが求められている。ですから、私たちは絶対に負けるわけにはいかない。(横浜市中区の街頭演説で)

共産党と組むという選択肢はありません。
自由主義をとるか共産主義を取るかの選挙です。負けるわけにはいかないという事でしょうね。

麻生さんも同じ考えです。
【衆院選】麻生太郎氏が痛烈「あちらは立憲共産党」応援演説で野党共闘批判
自民党の麻生太郎副総裁(81)が22日、自民党の長島昭久元防衛副大臣と立憲民主党の菅直人元首相の“東京18区ストリートファイト”に参戦した。京王線府中駅近くで行われた長島氏の演説を応援。「私たちは政権選択を戦っている。あちらは立憲共産党になっているじゃないですか。これが事実でしょう。政権選択選挙だと覚えておいていただきたい」。野党共闘で応戦する立憲民主党を痛烈に批判した。旧民主党政権を「悪夢のような3年半」と称し、年金問題を引き合いに「年金基金が5兆円減ったんですよ」と連打。強い雨の中、熱弁を奮った
旧民主党時代に菅氏の愛弟子だった長島氏が東京21区から国替え出馬。前日21日には互いの演説で相手を批判し、長島氏も「向こうがストリートファイトに持ち込まれるのであれば、こちらも」とファイティングポーズをとっていた。今後は安倍晋三元首相や小泉進次郎前環境相も参戦する予定だ。【鎌田直秀】

事実しか述べていませんね。
悪夢の民主党政権下で何が起こったのか?それに対して民主党は何を改善させたのか?
全く成長していない民主党を応援する気になれませんね。

自民党も苦しい選挙になっていますが、何としてでも勝ってもらいましょう。
それが日本の国益に叶うのです。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



自民党 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2021/10/27 06:00

自民党も色々あるようです。

4d361f41.jpg
一気に寒くなりましたね。
衆議院選挙も進んできました。皆さんは投票先を決めましたか?
日本の未来の為にちゃんと自分で考えた候補者を選んでいきましょう。

さて、その投票先の一つで自民党がありますが、自民党にも変な奴が権力を握ると変な法律が出来る事がよくわかる人間として
小泉進次郎がいますね。
彼が作った制度に対して廃止を求める声が上がっています。
小泉前環境相肝煎り「有料レジ袋」どう思いますか? 「無料に戻すべきだ」91・2% 識者「効果見えず、妥当な結果」 夕刊フジzakzak緊急アンケート
 小泉進次郎前環境相の肝煎りで昨年7月に始まった「レジ袋の有料化」を今後も続けるべきか-。環境行政のトップが山口壮(つよし)環境相に交代したのをきっかけに、ネット上で議論が盛り上がっている。夕刊フジが公式サイトzakzakで緊急アンケートを実施したところ、91・2%が「無料に戻すべきだ」という結果が出た。
 「レジ袋有料化のような新しい試みを小泉さんの時代にされたが、今、いろんな声が届いている。今後、議論をすべきかもしれない」
 山口氏は5日の就任記者会見で、こう語った。
 会見に先立ち、桜田義孝元五輪相がレジ袋有料化を疑問視する支援者らの声を、山口氏に伝えた。夕刊フジが7日発行紙面で、桜田氏のインタビューを報じたところ、大きな反響があった。
 これを受け、7日午後6時から8日午前7時まで緊急アンケートを行った。4162人が回答した結果は別表の通り。
 返信欄には、《エコバッグは不潔。レジ袋が有料のため、買い控えして、消費抑制につながっている》《お店にも消費者にも負担をかけている》《有料化の目的は何なのかを明確にすべき。思い付きの愚策だ》などと見直しを求める意見が多かった。
 一方、《いまさら無料に戻すのは混乱を招く》と、現状維持の意見も見られた。
 今回の結果をどうみるか。
 経済ジャーナリストの荻原博子氏は「消費者は、コロナ禍で電気代や食品価格、ガソリン代などが上がるなか、『会計時にレジ袋代まで取られるのか』とナーバスになっている。環境改善に悪くはなくても、有料化による効果が見えない。9割が反対なのは妥当な結果だ」と語っている。

環境改善に悪くはないと言っていますが、むしろ悪化させています。
焼却炉の温度が上がらずに燃料を投下しなければならなくなっている事を知らないのでしょう。
昔の割りばし産業を潰した環境テロリストとなんら変わりのない悪性度になることが判っていません。
環境を守れと言いながら破壊している太陽光パネル発電と同じことをやっているだけに過ぎないのです。

さて、その相棒である河野太郎は選挙に負けた理由が判っていないようでして、党員を増やせば勝てると勘違いさせたようです。
欲 党員拡大で勝利目指す">河野氏、次期自民総裁選に意欲 党員拡大で勝利目指す
 河野太郎規制改革担当相は3日、自身のインターネット番組で、次の自民党総裁選出馬に向け準備を進める意向を明らかにした。「党員100万人新規拡大構想」と銘打ち、「(新規党員の)100万人が『河野太郎』に入れてくれれば党員票で圧勝する」と説明した。「めげていてもしょうがない」とも語った。
何故総裁選で負けたのか理解したくないって事でしょうね。
化けの皮がはがれたってだけです。赤い洋平の子供は赤かったというだけの話でしょうね。

そんな中、自民党をおかしな方向に向かせていた売国奴が引退することになりました。
自民 河村元官房長官 衆院選立候補見送り引退の意向固める
衆議院山口3区での立候補を予定していた自民党の河村建夫元官房長官は、選挙区内での公認争いが続き党の分裂を招くことは避けたいとして、立候補を見送り、引退する意向を固めました。
衆議院山口3区では、自民党の現職の河村元官房長官と参議院議員を辞職した林芳正元文部科学大臣の2人による公認争いが続いていて、13日に遠藤選挙対策委員長が2人から話を聞くなど調整が行われました。
こうした中、河村氏は、みずからの立候補で党の分裂を招くことは避けたいとして衆議院選挙への立候補を見送り、引退する意向を固めました。
河村氏は当選10回の78歳。
山口県議会議員などを経て、平成2年の衆議院選挙で旧山口1区から立候補して初当選し、これまで官房長官や文部科学大臣などを歴任しました。
衆議院山口3区には、立憲民主党の坂本史子氏も立候補を予定しています。
林 元文科相「報道で承知しているだけ 努力続ける」
衆議院山口3区での立候補を予定している、自民党の林芳正元文部科学大臣は、所属する岸田派の会合に出席したあと記者団に対し「まだ報道で承知しているだけなので、私としては今までと同じように地道な積み重ね、努力を続けていきたい。経験を生かして、国政に貢献していきたい」と述べました。

河村は様々な韓国利権を持っていたのでしょうね。韓国を優先する姿勢がよく見て取れましたよね。
その人間が引退するって話です。

派閥争いで負けたって事でしょうね。
「二階幹事長のままだったら…」河村建夫・元官房長官「引退」で、二階派幹部が不満漏らす
 自民党の河村建夫・元官房長官(78)(衆院山口3区)が衆院選に出馬せず、引退する意向を固めた。山口3区では、参院からのくら替えを表明した同党の林芳正・元文部科学相が出馬予定で、河村氏の不出馬により保守分裂は回避される見通しとなった。
 甘利幹事長が13日に河村氏と会談し、出馬見送りを打診。河村氏は同日夜、遠藤利明選挙対策委員長に受け入れる考えを伝えた。党は河村氏の長男を比例選で処遇する方向で、林氏については当選後に追加公認する案が浮上している。
 河村氏が所属する二階派の二階俊博前幹事長らは、現職のいる選挙区へのくら替えは党の内規違反だと主張してきた。同派幹部は「二階氏が幹事長のままだったら、想像できなかった展開だ」と不満を漏らした。
 河村氏は当選10回で、文科相や党選対委員長を歴任。活字文化議員連盟の代表幹事なども務めた。

因みに二階派はよく候補者のいる選挙にて自民党同士を戦わせて公認争いをさせていましたけどそれは無効なのでしょうか?
自分たちが自民党をかき回していたという自覚はないのでしょうか?
自民党の市議や府議などが自民党にいるのに無所属と掛かれている理由の一端です。
自分たちのやってきたことが回ってきただけに過ぎませんよ。

さて、あまり目立たない岸田さん、衆議院選挙の第一声を上げる前に東日本大震災の被災地を訪れて慰霊の念を奉げたそうです。
そのような人格の持ち主を同じ自民党の議員はこのように表現します。
「岸田首相は8番セカンド」 世耕氏、野球のポジションで人柄たとえ
 「8番、セカンド岸田君」――。自民党の世耕弘成参院幹事長は12日の参院代表質問で、岸田文雄首相が高校時代に所属していた野球部でのポジションを引き合いに、首相の人柄を「目立たないがチームワークの要。みんなが頑張ることができる環境を下支えする」と持ち上げた。
 世耕氏は元同級生に聞いた話として、高校時代の首相について「3番でも、ピッチャーでもサードでもないが、岸田少年は黙々と練習を重ね、チームに貢献していた」と紹介した。首相は、新型コロナウイルスなどの難題を「国民の団結力」で乗り越えようと呼びかけており、世耕氏は「首相の精神は高校時代から育まれていたと感じる」と褒めたたえた。
 首相は「パフォーマンスが苦手」(岸田派関係者)とされ、世耕氏には「堅実な首相」をアピールする思惑があった模様だ。だが、野党幹部は「答弁を聞いても、首相は地味だ。国民の政治への関心が下がるのではないか」と話した。【小山由宇】

アピールよりもコツコツと仕事をする人間であることを期待します。

小池や小泉、河野、吉村、橋下、枝野、斎藤蓮舫、口先だけの人間ばかりがクローズアップされますが、
コツコツと仕事をしていく人の方が高い評価をしてもらわないと一般庶民が割を食います。
真面目に仕事をしている人を評価する社会にしてもらいたいものですね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
自民党 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2021/10/21 06:00

すぎやまこういち先生が逝かれました。

244662686_2121607994657897_4811002109968361869_n.jpg
すぎやまこういち先生が亡くなわれたそうです。
90歳との事、寿命なのでしょうというところなのですが非常に悲しいですね。
東京オリンピックで流れたドラクエの曲もすぎやまこういち先生の作曲でした。
すぎやま先生は様々な活動をなされており、一票の格差の問題や拉致事件の解決、政治家への様々な支援などを行ってきた方です。
すぎやまこういちさん、敗血症性ショックのため死去 90歳 『ドラクエ』音楽など
 人気ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズの音楽で知られる作曲家・すぎやまこういち(本名・椙山 浩一=すぎやま・こういち)さんが9月30日、敗血症性ショックのため亡くなった。90歳。7日、スクウェア・エニックス公式サイト内の『ドラクエ・パラダイス』で伝えられた。
 同サイトでは「作曲家のすぎやまこういち氏(本名:椙山 浩一)が、2021年9月30日、敗血症性ショックのため逝去されました。90歳でした」と報告。
 続けて「すぎやまこういち氏は長年にわたり、弊社ゲーム作品『ドラゴンクエスト』シリーズの音楽を手がけ、シリーズの発展に寄与されました。故人は『ドラゴンクエスト』シリーズの500曲以上に及ぶ楽曲のすべてをおひとりで作曲されており、制作中の『ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎』の作曲が最後のお仕事となりました」とすぎやまさんの功績を振り返った。
 その上で「これからも共にご制作いただきたく思っておりましたので、誠に残念でなりませんが、『ドラゴンクエスト』の音楽は永遠に皆様の記憶の中にあり、『ドラゴンクエスト』のゲームの世界でいつまでも生き続けてまいります。すぎやまこういち氏の生前のご功績に対する心からの敬意と感謝とともに、謹んで哀悼の意を表します」と偲んでいる。
 すぎやまさんは1931年4月11日、東京都生まれ。高等学校在学中より作品を書き始める。東京大学を卒業後、文化放送を経てフジテレビに入社し、ディレクターとして『おとなの漫画』『ザ・ヒットパレード』『新春かくし芸大会』などの番組を手がけ、同時に作曲家としての活動を始めた。『ドラゴンクエスト』シリーズ音楽のほか、「亜麻色の髪の乙女」「花の首飾り」「恋のフーガ」「学生街の喫茶店」など多くのヒット曲、CM、アニメ、映画音楽、東京・中山競馬場の発走のファンファーレ、マーチまで幅広いジャンルの音楽を手掛けてきた。
 『ドラゴンクエスト』の楽曲は、今年開催された東京五輪開会式の各国入場行進曲で「序曲:ロトのテーマ」が使用され、大きな話題を呼んた。


すぎやまこういち先生はゲーム曲や競馬のファンファーレなどで有名ですね。
惜しい人を亡くしました。

そのすぎやまこういち先生が応援していた国会議員が内閣府副大臣に就任されました。
内閣府副大臣を拝命 所管は拉致、地方、子供女性、孤独孤立、知財、クールジャパン、消費者、公取等
「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、「日々勉強!結果に責任!」をモットーとする参議院議員赤池まさあき(比例代表全国区)です。
 10月6日(水)、内閣府副大臣を拝命いたしました。
 午後、皇居において、新副大臣認証式が開催され、総理から官記と呼ばれる天皇陛下の御名御璽の入った任命書を頂き、天皇陛下の御前に進み、直接おことばを賜りました。
 天皇陛下のおことばを胸に刻み、内閣府の担当職務に全身全霊を尽くしたいと存じます。
 私が所管する内閣府の職務の概要は次です。
・拉致問題、拉致被害者支援
・地方創生、地方分権改革、まちひとしごと創生
・少子化対策、こども政策、子どもの貧困対策
・女性活躍、男女共同参画
・孤独・孤立対策、共生社会政策
・知的財産戦略
・クールジャパン戦略
・消費者および食品安全
・公正取引委員会
・公文書管理、公文書監察等々
・内閣官房及び内閣府の予算のとりまとめ

内閣府パンフレット2021-1 (cao.go.jp)
以上のように、大変幅広いものですが、内閣の重要政策に関して、企画・立案総合調整を担っています。内閣及び内閣総理大臣を助ける「知恵の場」が内閣府であり、大臣を支え、国家国民のために、副大臣として全力を尽くしたいと思います。

幅広い分野で活躍することを期待されているようですね。
元々行っていた拉致事件や知的財産戦略、地方創生などに加えて公正取引や公文書管理食品安全など違う分野での活躍も期待されているって事でしょうね。

共に戦ってきた赤池先生も悲しんでいるでしょうね。
すぎやまこういち先生の意思を次いで日本を良くしていきましょう。
それが追悼になることでしょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
自民党 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2021/10/12 06:00

冷や飯を食う覚悟があったのか?

243375229_3715773015315202_4626757010784741053_n.jpg
自民党総裁選が無事終了し、岸田さんが総裁となりました。
野党野合は枝野に投票するという話をしていますが、まず岸田さんが総理大臣になることでしょう。
創価学会が離脱して自民党の中に反発する奴がいない限りほぼ間違いありません。

さて、慰安婦合意を行った岸田さんが総裁になったことで韓国がにわかに動き出しました。
自民新総裁に岸田氏 韓国大統領府「未来志向の関係発展へ協力」
【ソウル聯合ニュース】自民党新総裁に岸田文雄氏が選出されたことについて、韓国の青瓦台(大統領府)高官は29日、記者団に「政府は新しく発足する日本の内閣と韓日の未来志向の関係発展のため引き続き協力していく」と述べた。
 青瓦台は未来志向の協力と歴史問題を分けて対応する「ツートラック」の姿勢を示してきた。
 文大統領は今年の光復節(日本の植民地支配からの解放記念日)記念式典で演説し、「両国は分業と協力による経済成長を共に成し遂げてきた。それが、今後とも両国が共に進んでゆくべき道」として、「対話の門戸を常に開いている。両国が知恵を集め、隣国としてふさわしい協力の模範を示せることを期待している」と呼び掛けた。
 自民党内で「ハト派」とされる岸田氏が新総裁に選出され、両国関係が前向きに転じる可能性があるとの期待も出ている。
 ただ、岸田氏は韓国の裁判所が強制徴用被害者と慰安婦被害者への賠償を命じた判決などを巡る立場が日本のこれまでの内閣と変わらず、画期的な関係改善は困難との慎重論もある。

二枚舌外交がどこまで通じると思っているのでしょうね。
そもそも日本人は韓国に対して良い印象を持っていない、嫌われている事が判っていませんね。
自分たちの行動を顧みてもらいたいものです。

さて、総裁選にてまけた河野太郎、自身の疑惑に対して言い訳しかできていません。
河野氏、親族企業による対中政策影響を重ねて否定
自民党総裁選(29日投開票)に立候補している河野太郎ワクチン担当相は26日のインターネット番組で、弟の二郎氏が社長を務める「日本端子」(神奈川県平塚市)が中国に複数の関連企業を保有していることが自身の対中政策に影響する可能性が指摘されていることに関し「何か特定のために政治活動をゆがめるつもりは全くない」と重ねて強調した。
河野氏は「中国との間で言うべきことはきちんというのは非常に大事だと思ってやってきた。中国寄りということはない」とも語った。
河野氏は中国に進出している日本の製造業が多数あることに言及し、「中国に出ているとみんな中国寄りかというと、そこは関係ないのではないか」と指摘。河野氏が「脱原発」を主張しつつ、日本端子が太陽光発電の部品も製造していることを問題視する声に対しては「太陽光関係の売り上げは微々たるものしかないのではないか。(同社が製造しているのは)端子やコネクターだからとにかく電気が流れるものなら、テレビから自動車から何から全部部品が使われている」と語った。
また、北朝鮮による日本人拉致問題をめぐり、被害者救出を願う「ブルーリボンバッジ」の着用については「(アトピー性皮膚炎のため)服にはバッジ類はつけずに皮膚が落ちてきたのを払えるように、気を使っている」として、普段からバッジ類はあまりつけていないと説明。「ブルーリボンバッジをつけているからやる、つけていないからやらないというわけではない」と述べ、拉致問題解決に向けて取り組む考えを示した。

中共の支配地にて商売している企業と関係が深いのは問題でしょうね。
誰も信用しませんよそんな言い訳って話です。

そして総裁選に負けた議員は冷や飯を食わされることになりました。
総裁選各陣営、人事にやきもき 河野氏側は冷や飯も
自民党の岸田文雄総裁は30日、党役員や閣僚の人事の検討を本格化させた。9月29日の総裁選後、岸田氏は挙党態勢の構築を強調している。ただ、人事権を握った者が自身を支持した議員は論功行賞として厚遇し、対立陣営の議員には冷や飯を食わせる場面は多い。各陣営はやきもきを続けている。
「30年ぶりに宏池会が総裁派閥となった。責任の大きさをかみしめなければならない」。30日、東京都内で開かれた岸田派(宏池会)会合に出席した岸田氏は拍手で出迎えた所属議員にこう呼びかけた。同派は高揚感に包まれているが、重要ポストの多くを、総裁選で支援を受けた他派閥に譲るとの見方が大勢だ。
最大勢力の細田派(清和政策研究会)では、すでに固まった人事のほかに塩谷立元文部科学相の起用が取り沙汰されている。総裁選終盤に事実上の岸田氏支持を決め、岸田氏優位を決定づけた旧竹下派(平成研究会)では、茂木敏充外相の続投や、待機組の初入閣を求める声がある。
高市早苗前総務相の陣営では政調会長に起用される高市氏以外の要職起用への期待感がある。総裁選の決選投票で「岸田-高市連合」を結成し、岸田総裁誕生に貢献したからだ。高市氏を支持した安倍晋三前首相に近い萩生田光一文科相や、選対本部事務局長を務めた木原稔首相補佐官を推す声がある。また当選3回の小林鷹之衆院議員が若手の有望株として浮上している。
決選投票で敗れた河野太郎ワクチン担当相の陣営は冷や飯食いが濃厚だ。石破茂元幹事長や石破派(水月会)の議員、佐藤勉総務会長らベテラン組、小泉進次郎環境相も重用されない見通しだ。野田聖子幹事長代行は党や国会関連の役職に就く可能性があるが、陣営の議員にポストが回るかは不透明だ。(沢田大典)

結果的に河野太郎は党内部での広報担当になりました。
大臣から外されたという見方がありますが、私は河野太郎を党内に下げて守ったという感じに取れます。
大臣だと追及されますが、党内ですと追及が少ないと思われますね。

そんな河野陣営ですがなんか内ゲバって感じです。
河野太郎氏の敗因は「小石河連合」 グイグイ前出る進次郎氏と石破氏止められず〝自爆〟
 自民党総裁選で、河野太郎行革相(58)は決選投票こそ進んだものの、岸田文雄氏(64)に大敗した。序盤は本命視されたものの、終盤にかけて失速。陣営では、小泉進次郎環境相(40)と石破茂元幹事長(64)が「〝戦犯〟だ!」との声も上がっている。
 敗れた河野氏は「私の力不足をおわび申し上げるとともに、ここまで支えてくださったことに、改めて感謝申し上げたい」とサバサバとした表情で、話した。
 1回目の投票では地方票で169票を獲得し、110票の岸田氏に差をつけたが、議員票では逆に岸田氏の146票に対し、河野氏は86票しか得られなかった。決選投票ではさらに議員票で差をつけられ、岸田氏の249票に対し、河野氏は131票に終わった。
 陣営関係者は「当初は石破氏と進次郎氏が支援を表明し、〝小石河連合〟ともいわれ、国民的人気をバックに一気に1度目の投票で過半数を得る計算でした。ところが総裁選を進めていく中で、とにかく石破氏と進次郎氏への党内での風当たりが強い。『なんであの2人が前に出てくるのか?』『河野さんが1人で前面に出た方がいい』となったが、石破氏と進次郎氏はやたらと前に出て、止めようがなかった。結果としては河野さんがかわいそうだった」と振り返る。
 総裁選最中にはこんなシミュレーションも飛び交った。
「河野氏が首相になれば、進次郎氏や石破氏が官房長官や幹事長に起用される可能性があった。衆院選では話題になるかもしれないが、実務的にはとても無理な話で党もまとまらない。当初、河野氏支持派の議員も次々と離れていった」(自民党関係者)
 進次郎氏は総裁選後、「完敗に近い。負けは負けだ。ルールの中でやって負けた」と素直に認めた。石破氏は「国会議員票が思うように伸びなかった。なんでこんな落差が生ずるのか。党全体として考えなければいけない」と述べたが、それぞれの支援がマイナスに働いた側面には気づいていないのか?

まあ、使えない人材を組み合わせても到底使えないって話ですよね。
それに気が付かいない奴らのたかが知れているって事でしょう。
こんな奴らが議員になっているという日本の政治界は改革が必要でしょうね。

そして批判しか出てこない小泉改革ですが、本人は気にしていないみたいです。
小泉環境相、着任からの2年を総括「間違いなく社会変革は起きた」
小泉進次郎環境相(40)が1日、菅政権の閣僚としては最後となる閣議後会見で、環境相に着任した19年9月からの2年間を総括した。
「環境庁設立から50年、環境省になって20年、東日本大震災から10年という大事な節目に環境大臣として仕事をさせていただいたことは大変光栄なこと。2030年、2050年に向けた土台を築いたこと、環境省という組織を持続可能なものに変えていくための流れを作ったことは今後に向けた財産だと思っています」と述べた。
その上で、次期環境相に向けても「誰が大臣であろうと、この流れを受け継いで、環境省が人の命と環境を守るとともに、社会変革のための政策を生み出す組織であり続けてほしい」と期待を寄せた。
就任時の疑問として、「なぜ世界のリーダーは国連の場や国際会合の場で、なぜ日本の総理は気候変動問題を話さないんだと、ずっと思っていました」と明かした。安倍晋三前首相から環境相の打診を受け、「日本の重要議題に気候変動対策を持ってきたい。それが次の時代の産業や雇用を開くことにつながる思いでやってきた」とも述べた。
現在は気候変動問題がG7、G20、日米首脳会談など、国際会合の主要議題となっているとして「菅(義偉)総理の揺るぎないサポートがあり、なんとか風穴をあけるべくともに戦ってくれた河野(太郎)さんもいて、環境省の職員もいて、間違いなく社会変革は起きた。そのような経験は自分の議員生活にも、人生にも大きな経験を与えていただいた」と振り返った。
自身の大臣としての去就はまだ正式に決まっていないが、進次郎氏は会見冒頭で、出席した記者たちを前に「大変お世話になりました」と述べ、頭を下げた。

大きな負債を残す結果となった小泉改革、窃盗が増えて環境破壊を推進し、エネルギー問題を低迷させたってだけでしたね。
一つの話題だけに注目して全体を考えれないパフォーマンスだけの人間であったという事です。

でまあ、石破はこんな事を言っています。
「小石河連合」今は「いけん」 自民・石破氏、総裁には引き続き意欲
 自民党の石破茂元幹事長(衆院鳥取1区)が1日、地元の鳥取県庁で記者会見した。党総裁選で自身が支援した河野太郎氏が岸田文雄氏に大敗した直後だっただけに、地元での会見自体が臆測を呼んでいたが、石破氏は引退や離党を否定し、今後の総裁選への立候補にも意欲を示した。
 石破氏は会見で総裁選について、鳥取県内の党員・党友の投票では河野氏が82%弱と、全国トップの得票率だったことにまず謝意を述べた。
 ただ、河野氏の全国での得票率は44%にとどまった。石破氏は「全国の党員・党友票で少なくとも半数を上回る支援をいただき、それを議員票に反映させるという当初の計画は十分な効果を上げず、残念な思いがある」と「誤算」を明かした。
 敗因として、河野氏の支援者に厳しい総裁選の経験が乏しかったことや、最終盤の世論調査で党員・党友の支持伸び悩みが報じられたことが、国会議員の動向に影響したのではとの見方を示した。
 記者に「今後どう闘うか」を問われると、石破氏は「河野さん、小泉(進次郎)さん、私が一致してやっても打ち破れない壁ってのはすごいんだなあと」としつつ、「それにびっくりしてくじけちゃどうにもならん。壁が厚いと認識したら、もっともっと頑張らないと」と述べた。
 河野氏、小泉氏との今後の連携については、「(次期衆院選で)新しい勢力分布が決まってから考えていくこと。今の時点で『小石河連合、新グループ結成』みたいな見出しが躍ることは、やっちゃいけんことではないか」と語った。
 一方で自身の引退や離党は否定し、次期衆院選については「私自身、自民党公認候補として12回目の選挙になるが、立候補して支援を得たい」と明言した。再び総裁選をめざすかとの質問にも、「全国からいまだに多くのご支持を頂いている者として、日本国のかじ取りをするということを私はもう未来永劫(えいごう)やりませんと無責任なことは言えない」と意欲を示した。
 自身が事実上率いてきた石破派(水月会)は最近も2人が離脱し、15人の勢力になった。派閥解散の可能性を問われると、「選挙を間近に控え、そんなことを考えるはずがない」と否定した。「多くのメンバーが河野さん支持で一生懸命やった。(次期衆院選で)一人残らず(当選して国会に)帰ってこられるようにするのが当面の話」と語気を強めた。(石川和彦)

そもそも総理としての実力が石破にはあるのでしょうか?そっちの方が気になるところです。
人気投票ではありません。厳しい政界を生き抜くために必要な力であり、日本を発展させる気概が必要なのです。
それが石破にあるのでしょうか?

人望もなく、人を導く気が居のない人間がトップに立つほど迷惑な事はありません。
しっかりとした人を選んでいきましょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
自民党 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2021/10/05 06:00

コロナ禍であって残した菅総理の実績

img_fac73ee1b62ff4f97a1f023de3aced1d792419.jpg
自民党の総裁選も無事終わり、岸田さんが新総裁になりました。
短い間でしたが、菅総理お疲れ様です。
この一年武漢ウイルスに依るコロナ禍の中、厳しいハンドリングを行えたのはやっぱり自民党であったからであり、菅総理であったからであると私は思います。
足を引っ張り、自分たちが目立つことを第一義としている東京都知事や大阪府知事などがいる中であって、仕事を進めるために様々な事を行ってきた菅総理
口を開けば批判だけである野党どもとも大違いな仕事人であったと思います。

菅総理の実績は以下となります。
・原発の処理水の海洋放流を決定
・携帯電話料金の値下げ
・種苗法の改正
・従軍慰安婦と言う用語を用いることは誤解を招くという閣議決定、教科書に反映
・反日学術会議のあぶり出し
・日米豪印のクアッドを推進
・ワクチンの国民全員分の確保
・接種スピード世界トップクラス
・台湾、ベトナム、タイ、マレーシア、フィリピンへのワクチン提供
・G7首脳会議にて台湾海峡明記
・邦人救出のためのアフガンへ自衛隊を派遣
・東京オリンピック成功
素晴らしい実績です。たった一年でここまでやったのです。

先月初めに菅総理が30日まで緊急事態宣言を伸ばした際の発言です。
「1年はあまりにも短かかった」 菅首相、任期を振り返り
 菅義偉(よしひで)首相は9日、記者会見し、新型コロナウイルス対策の「緊急事態宣言」について東京や大阪など19都道府県の期限を30日まで延長したことを発表した。
 同時に、自らの首相としての任期を振り返り「全てをやり切るには1年はあまりにも短い時間だったが、子どもや若者、国民のみなさまが安心と希望を持てる未来のために道筋を示すことができたのではないか。このように思っている。内閣総理大臣として最後の日まで全身全霊を傾けて職務に全力で取り組んでいく」と述べた。

コロナ対策「現場の声聞き、議論尽くした」
 会見冒頭で、菅首相は「私自身が内閣総理大臣に就任して1年が経つが、この間、まさに新型コロナとの闘いに明け暮れた日々だった。国民の命と暮らしを守る、この一心で走り続けてきた」と1年を振り返った。また「今日まで大変な尽力をいただいている医療・介護をはじめとする関係者、国民の一人ひとりの協力に心から感謝申し上げる。本当にありがとうございました」とも語った。
 さらに「救急車の音を聞けば、必要な医療が届いているのか。飲食店や観光業の皆さんの生業や暮らしは大丈夫か。そうした不安を何度も感じてきた。その度に現場の声を聞き、専門家の意見をうかがい、国民にとって最善の道はどれなのか、担当閣僚とも議論を尽くし、決断をしてきた」とも述べた。

「感染症対策」「デジタル庁」……
 菅首相は、1年を振り返り「これまでの一連の対応を通じ、感染症対策に関するさまざまな問題が浮き彫りになった。病床や医療関係者の確保に時間がかかる。治療薬やワクチンの治験や承認が遅く、海外よりも遅れてしまう。緊急時でも、厚労省を始め、省庁間の縦割りや、国と自治体の壁があって柔軟な対応が難しい。こうした課題を整理する」と踏み込んだ。
 菅首相は「国民のために働く内閣」をうたって2020年9月に発足。
 この日の会見でも菅首相は「国民にとって、当たり前のことを実現したい。この1年、そうした想いで長年の課題に挑戦してきた」と切り出すと、(1)2050年のカーボンニュートラル(2)デジタル庁の設置(3)携帯料金の引き下げ(4)不妊治療の保険適用に道筋(5)男性の育児休業の促進(6)国民投票法の成立(7)東京五輪・パラリンピックの開催――などこの自らの在任中に成し遂げたことをアピールした。

菅総理は人気を無事満了し、次の総裁選に出ない事を決定してコロナ禍に対応していく事を決めていました。
なので次の総理が困らないように自分の責任において期間を延ばしたのだと思います。

そしてコロナ禍による武漢ウイルスの陽性反応が減っている事により、ひとまず緊急事態宣言などを解除するそうです。
【速報】宣言・まん延防止“全面解除”を正式決定
菅首相、午後7時から会見 制限緩和や今後の感染対策などについて説明
 30日に期限を迎える北海道・東京・愛知・大阪・広島・福岡・沖縄など19都道府県への緊急事態宣言について菅総理は先ほど政府の対策本部で全て解除することを正式に決定しました。
 また同じく宮城・石川・香川・熊本など8県に出されているまん延防止等重点措置についても全て解除すると表明しました。
 これにより全ての都道府県での宣言・まん延防止措置が解除されることになりました。
 政府は酒類の提供などについて今後段階的に緩和する方針で菅総理が午後7時をめどに会見を開いて制限緩和や今後の感染対策などについて説明を行う予定です。
【緊急事態宣言・まん延防止等重点措置 対象都道府県 9月13日から9月30日】
■緊急事態宣言
▼北海道 群馬県 茨城県 栃木県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 静岡県
 愛知県 三重県 岐阜県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 広島県  福岡県
 沖縄県
■まん延防止等重点措置
▼宮城県 福島県 石川県 岡山県 香川県 宮崎県 熊本県 鹿児島県

政府としての宣言は終了したので今後の動きは各知事にゆだねられています。
というか、今回の宣言で本当に飲食店への制限が必要であったかの検証が必要でしょうね。
意味のない事をやらされていた感があり、お酒がやり玉に挙がっていた理由をしっかりと検証する必要があります。
法的根拠はあっても科学的にそれが効果があったか否かを検証しなければ専門家委員会の価値が損なわれますね。

そうしないとこのように暴走するだけの馬鹿がのさばることでしょう。
東京、酒提供「夜8時まで」 認証店は営業時間延長 「時短要請なし」の自治体も
 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が解除される方針を受け、対象自治体は10月1日以降の対応を相次いで発表した。
 東京都は対策本部会議で来月24日までの「リバウンド(感染再拡大)防止措置」を決定。感染対策を認証した9万余りの飲食店で、「同一グループ原則4人以内」の場合に酒類提供を午後8時まで認め、営業時間の短縮要請も同8時から9時まで延ばす。認証を受けていない店は、酒類提供の自粛を求め、営業時間も午後8時までを維持する。
 小池百合子知事は会議で「事業者には引き続き負担をかけるが、リバウンド防止のために理解と協力をお願いしたい」と述べた。
 政府は解除に当たり、認証店の時短要請は午後9時までを基本とし、酒の提供については知事が適切に判断するとの方針を提示。ただ、知事の裁量に委ねた部分が多く、地域によって対応は異なっている。
 大阪府は認証店に対し、午前11時~午後8時半の酒類提供を認め、午後9時までの時短を要請。非認証店は酒類提供の自粛を求め、営業時間も同8時までとする。いずれも「同一グループ原則4人まで」とする。
 一方、静岡県は、飲食店への休業や時短の要請を今月で終了する方針を明らかにした。感染状況が改善したことが理由。川勝平太知事は記者会見で「10月は社会経済活動の再開を見据えた過渡期と捉え、段階的かつ慎重に取り組みたい」と語った。
 飲食店向けに2種類の認証制度を設けている千葉県は、より厳しい基準を満たした「認証店」に限り、時短営業を要請せず、酒の提供も認める方針。基本的な対策を講じている「確認店」では、酒の提供は午後8時まで、営業時間は同9時までとする。 

科学的根拠はないが続けるという意味の分からない事をやっている知事達
いい加減にしてほしいところですね。

次に必要なのは第二類から第五類(インフルエンザ同等)に下げて初期治療を積極的に行える体制を構築することが求められています。
それが次の総理の仕事になることでしょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
自民党 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2021/10/03 06:00
 | ホーム | Next »