FC2ブログ

社会問題になっているUber eatsの悪行

img_c2fff24f91503b04a2cbbf08d66cb819648805.jpg
私は基本的に外食は外食でと考えて出前を取ることはありません。
友人を呼んだ際にピザを頼むくらいでしょうか?基本的には宅配などは使いませんね。
自分で作って食べるのが主流です。
なんですけど、飲食業界を助けるために出前を使うという考え方はよくわかります。
お持ち帰りにして家で食べる事はありますね。
しかし、まあ、宅配の人でもピザやその店舗にいる人が配達するというのであればわかりますが、無責任な企業が高い手数料を取って配達するのは勘弁願いたいですね。
横浜に住んでいた時、時々見ましたし実際に危ない目にあったりしていますが、ウーバーイーツとかいう企業は最低ですね。
信号無視は当たり前、スマフォ片手に走っているのを見ると近寄りたくありません。
片手で傘を持ちながら運転してはダメという教育を学生の時に学ばなかったのでしょうか?
同じような業態の出前館ではそんなに苦情は出ていませんが、ウーバーイーツが苦情鹿出ていませんね。
社員教育を行っている出前館と登録型の個人事業主に委託しているウーバーイーツでは苦情の処理も違うのでしょう。
第一、業務委託すれば支那の配達業者のような問題が出る事は判っていたはずです。
其れなのになんの対応もしないウーバーイーツ、いい加減な会社ですね。

それが元になって事故が発生して社会問題になっています。
Uber Eats配達員が意識不明の重体…交差点で配達中とみられる原付バイクと軽乗用車が衝突
 9日夜、金沢市の交差点で軽乗用車と原付バイクが出合い頭に衝突し、原付バイクの男性が意識不明の重体となっています。
 9日午後7時55分頃、金沢市横川三丁目の交差点で、久安方面から国道157号線方面に走っていた軽乗用車が、左から出てきた原付バイクと出合い頭に衝突しました。
 この事故で原付バイクを運転していた白山市日向町の会社員・南好徳さん(46)が頭を強く打ち、意識不明の重体となっています。
 警察によりますと、南さんはウーバーイーツの配達のアルバイトをしていたということで、現場の状況から配達中だったとみられます。
 現場は片側二車線の見通しの良い直線道路で、押しボタン式の信号がありましたが、南さんが走っていた道路側には車両用の信号はありませんでした。
 警察は軽乗用車を運転していた金沢市の大学生からも話を聞いて事故の原因をくわしく調べています。

原付バイクが一時停止での確認を怠ったようですね。片側二車線の車の方が優先です。
なんでそんなに急ぐのでしょうか?出前なんて30分くらいが普通なのではないでしょうか?

と思ったら無茶苦茶な事になっているようですね。
10分ルール、交通マナー…出前代行で続出するトラブル
 新型コロナウイルスの感染拡大により利用が広まった食事宅配サービスでトラブルが相次いでいる。人気店のメニューを自宅で楽しめる気軽さが好評だが、自転車などでの配達をめぐり、交通ルールの無視、配送不備といった苦情や相談が国民生活センターに寄せられているのだ。配達員への補償が不十分だとして労働組合も結成された。副業希望者らに注目されるサービスも、“おいしい”話ばかりではなさそうだ。(佐藤祐介)

コロナ禍で急成長
 「中身がこぼれていた」「配達員が家の近くまで来たのに届かず、一方的にキャンセルされた」
 食事宅配サービスをめぐり、国民生活センターが受けた苦情や相談の内容だ。同センターによると、「外食・食事宅配」に関して4~8月に寄せられた相談件数は341件。昨年同時期の153件と比べて2倍以上に増えた。
 相談急増の背景には、食事宅配サービスの需要増がある。
 国内で同サービス「ウーバーイーツ」を手掛ける業界大手のウーバージャパンによると、3月末時点でサービスを利用したことがある飲食店は約2万軒だったが、8月中旬に約3万7千軒に増加。これまで東京や大阪、京都、兵庫など27都道府県で事業を展開し、今月15日から新たに群馬県でも始める。
 ウーバーイーツは、専用アプリで注文された飲食店のメニューを配達員が店舗から受け取り、注文した利用者に自転車やバイクで届けるサービスだ。同様のサービスは出前館やディディフードなど複数の事業者が提供。配達員の登録手続きは比較的簡単で、コロナ禍で失業した人や副業希望者に人気という。

「受け取ってないのに…」
 急拡大するウーバー社側と利用者の間でトラブルの元になりやすいのが、「10分ルール」だ。
 効率的な配達のため、配達員が届け先に到着後、利用者と10分以上連絡が取れない場合に「キャンセル」扱いにできる、というもので、その際は利用者側の“落ち度”として、返金もされない。
 ウーバーイーツのサイトによると、配達員は到着後に利用者に連絡を試み「ある程度の時間」がたつまで待機。「所定の手順を実行してもご注文品をお渡しできなかった場合、配達が正常に完了しなかったことをお知らせする通知がアプリに表示」される。連絡を試みた履歴もアプリで確認できるという。
 利用者はアプリを通じて配達員の所在地をリアルタイムで確認できるが、10分ルールを知らない人も多く「受け取っていないのにキャンセルされた」との苦情も出ているという。
 国民生活センターの担当者は「比較的新しいサービスで、事業者からは、配達員と利用者のやり取りが見えにくい部分もある。利用者は利用規約などをよく見て注文するかどうか判断してほしい」と話す。
 同センターには、配達時の交通マナーに関する苦情も。自転車走行が禁止された高速道路のほか、一般道でスピードを出して走る配達員が目撃され、ドライバーや歩行者から「配達員の自転車とぶつかりそうになった」との声が複数届いている。
 ウーバーイーツをめぐっては昨年10月、配達員らの待遇をめぐる問題も表面化している。業務中の事故をはじめ労災に対する会社側の補償が不十分だ、というものだ。
 ウーバー社側は、配達中の事故で負傷した際に25万円を上限に見舞金を支払う制度を創設。一方の配達員らは労働組合「ウーバーイーツユニオン」を結成した。組合側は、「制度の中身が実態に合っているか検証が必要だ」とし、報酬に関わる配達距離の算出方法や、配達員の実績評価の妥当性についても説明を求めている。

ゲーム感覚の配達員?
 こうした現状をウーバー社はどうみるか。
 同社の担当者は取材に対し、トラブルが相次いでいる状況を認めた上で、専用アプリの評価機能を使い「悪質と判断される行為には、配達パートナーへの警告など必要な措置を取っている」と説明。配達員らの問題行動を防ぐことができるとしている。
 岐阜大の大藪千穂教授(生活経済学)は「利用者にとって、事業者と配達員の責任の所在が明確でない段階でコロナ禍となり、サービスが先行して広がったことがトラブル続出の一因だ」との見解を示す。
 また、「少しでも効率よく稼ごうと、ある種のゲーム感覚で配達員になる人もいる。配達員は自由に参入できる分、トラブルが起きた際は責任を問われる自覚を持つべきだ。それぞれの責任を明確にすることで、より便利で快適なサービスに改善される可能性がある」と話した。

よく歩道を爆走している例の箱を見ますよね。
自転車は車道を走らないといけないはずですし、歩行者優先に走らないといけません。
危ないったりゃありゃしません。こんなサービス使う人が本当にいるのでしょうか?

警察も問題視しているようでして愛知では2時間で16人も警告を受けたそうです。
ウーバーイーツ配達員の危険運転…警察がついに取り締まり わずか2時間で配達員16人に「警告」
 自転車の信号無視に、スマホを持ちながらの「ながら運転」…。最近街中で目にすることが多くなった、出前の代行をするウーバーイーツの配達員です。
 危険な目に遭ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。目に余る危険な運転をなくすため、ついに警察が動き出しました。
 イヤホンをしたまま道路を疾走、さらには信号無視も…。皆一様に、大きなつづらのような黒いリュックを背負っています。ウーバーイーツの配達員です。

(リポート)
「ウーバーイーツの配達員の無謀な運転を取り締まるため、ついに警察が動き出しました。目立たないところに警察官が立っています。自転車による危険な運転がないか目を光らせています」
 愛知県警は10日、総勢20人が出動し、名古屋市内2カ所で自転車の危険運転の取り締まりを実施。そのきっかけとなったのが…。

愛知県警東署の交通課長:
「先月に県民の方から、宅配業者さんの信号無視と、ちょっと速度が速いんじゃないかというようなご意見が寄せられまして」
 外へ出なくても、スマホ一つで出前ができると人気のウーバーイーツ。今、新型コロナの影響で飲食宅配のニーズが高まる中、相次いでいるのが危険な自転車の運転を指摘する通報です。
街の人:
「急に(自転車が)パッと来ても分からないことがよくある」
別の人:
「やっぱり危ない運転をされる方もいらっしゃると思うので」
また別の人:
「こういう道だとすごく狭いので、ぶつかりそうになったことは何回もある」
 ウーバーイーツの配達員は距離にもよりますが、名古屋での報酬は1件あたり300円から500円ほど。少しでも多くの稼ぎを得ようと、いつも時間との戦いです。
 そのためか、今年7月、東京・新宿区では自転車に乗ったウーバーイーツの配達員が、車道の真ん中を堂々と走り、前の車を避けるために車線を変更したタクシーと衝突するという事故も起きました。
 10日は、イヤホンをしたままの運転やスマホのながら運転、さらには信号無視まで…。わずか2時間の取り締まりで、警告を受けたのは52人、そのうち16人がウーバーイーツの配達員でした。

警告を受けた配達員:
「ウーバーイーツで配達中です。仕事が来たら(イヤホンから)音が鳴るから。仕事しながらイヤホンを使っているから、(これから)注意します」

愛知県警東署の交通課長:
「デリバリー業者さんは時間に追われた中での活動ですので、気持ちは分かるんですけど、自分は大丈夫という気持ちは持たずに、いつどこで自分が被害者・加害者になるかということを気を付けながら安全運転をお願いしたいと思います

因みにひき逃げ事件が多発しているようでして、個人を特定できないので基礎も出来ない状況に陥っているそうです。
このままだと自転車にもナンバープレートを付ける必要が出てくる可能性があります。
本当にそれでよいのでしょうか?少なくともあのバックに個人名や登録番号などを記載するイーツ側の対応が必要でしょうね。

それに比べて出前館は好調のようですね。
こんな話も出ているそうですが配達員の質が違いすぎるので無理でしょうね。
出前館が人気、ウーバーイーツ買収報道で規模拡大の期待 牧綾香
19日の東京株式市場で、コロナ禍で急成長するデリバリー大手の出前館が人気化している。ウーバーイーツに対し買収案を検討しているとの報道がきっかけで、出前館が圧倒的な国内シェアを獲得し事業規模をさらに拡大するとの期待が先行している。
  株価は一時18%高の2444円と急騰。3月19日に終値ベースで付けた安値の548円からは約4.5倍の水準。ウーバーイーツの買収案検討については、テレビ東京のワールドビジネスサテライトが18日深夜にウェブサイトで報じていた。
  デリバリー大手2社のアクティブユーザー数はここにきて拮抗している。アプリ調査会社アップトピアのデータを使いブルームバーグが集計したデータによると、出前館の月間アクティブユーザー数(MAU)は4月1日の約46万人から8月2日には倍以上の約103万人に達し、ウーバーイーツのユーザー数約113万人に迫る。4月時点でウーバーイーツのMAUが約92万人だったことを踏まえると、出前館の成長が加速していることがわかる。
  岩井コスモ証券の饗場大介アナリストは、人気化の背景を、合併となるとポジティブなインパクトがあると市場が判断しているためと話す。2社の合併が実現すれば、さらなる事業規模の拡大につながることで業績への寄与が期待されるという。

出前館は4月比で2倍に成長
  ただ、シナジー効果については疑問も残るという。出前館がデリバリーの拠点を設けて拡大する一方で、ウーバーイーツは配達員の持つスマートフォンなどを通じてシステム上でデリバリーの管理をするなど、両社の戦略やサービスに違いがあるためだ。
  出前館は3月、LINEとの業務資本提携を結び、中長期的に配達や持ち帰りなどを取り扱う飲食店の総合プラットフォームの構築につなげるとの独自戦略を掲げた。
  ウーバーイーツの買収報道について出前館は19日、「事実無根の内容」と資料で発表。同社広報担当者は電話取材で、過去にウーバーとそのような話があったことは事実だが、現在はそのような話はないとコメントした。ウーバーはコメントを控えた。

ウーバーイーツは評判が最悪ですからね。出前館の方が丁寧だと聞きます。
やっぱり無責任な企業と違うのでしょうね。
世界的には有名かもしれませんが、そんな変なやり方で日本に根を下ろすことは出来ないと言う事でしょうね。

まあ、私は自炊派なのであまり気にしていませんけどね(笑)
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



教育 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/09/15 06:00

武漢ウイルス対応に成功している日本

Efv0YxsVoAMM7UG-scaled.jpg
まだまだ残暑が厳しいですね。
連日30度を超える暑い夏、でも始まりが遅かったせいで野菜類がちと高いのが自炊している私にとっては厳しい台所事情となっています。
山に登っても暑すぎてなかなか前に進めない状況ですね。
海に行くにも一人だとね~この年だといけませんよ。釣りは暑いしね。

さて、熱中症の被害が広がっているそうです。
8月の熱中症死者数、東京23区で昨夏超える148人に
 東京23区内における8月の熱中症の死亡者が148人となり、昨年6~9月の夏季期間中(135人)を上回ったことが21日、都監察医務院への取材で分かった。17日には30人が死亡しており、都の担当者は「猛暑日が続けば体へのダメージも蓄積する。適切な冷房の使用や水分補給を心がけてほしい」と注意を呼びかけている。
 都監察医務院によると、今月2日から20日までの間に、23区内で40代以上の男女148人が熱中症により死亡。80代が54人、70代が50人で、高齢者の死亡が目立つという。
 死亡場所別では、屋内が140人と大半を占めていた。このうち、クーラーの不使用が64人、クーラーの不設置が59人に上っており、冷房機器を使用せずに熱中症に陥るケースが相次いでいるとみられる。
 都の担当者によると、新型コロナウイルス対策などでマスクを着用していると、のどの渇きを感じられず、「水分は足りている」と錯覚する危険性があるという。

武漢ウイルスだけにかまけていて熱中症で亡くなってしまうというのは如何なものかと思いますね。
こんな事で良いのでしょうか?小池は何を考えているのでしょう?
変なパフォーマンスするよりも家の中ではマスクを外すことを宣伝したほうが良いでしょうね。

さて、マスゴミの個人リンチに対抗する為に個人名を明かさないのは当たり前となりましたね。
一個人がマスゴミと言いう権力と対抗することは人生を掛ける必要がありますので公にしない事が求められています。
マスゴミは芸ノー人だけおっていればいいのですよ。
【独自】新型コロナ専門家会議の発言録入手 “検証”阻む黒塗りの壁
FNNは、分科会の前身で、政策決定に大きな影響を与えてきた専門家会議の発言記録を、情報公開請求で入手した。
現物は、ほとんどが黒塗りで、検証に課題が浮上している。

黒塗りばかりの文書。
これは、2020年2月の、政府の第2回専門家会議の速記録。
38ページ、1,352行にのぼるが、専門家の発言として開示されたのは、脇田座長が議題を伝えたことや、「ありがとうございます」といったあいさつなど、ごくわずか。
この会議の翌週には、政府は、全国一斉の臨時休校を政治判断として要請していて、この会議でも、何らかのやりとりがあった可能性もある。
少ない開示部分から、議題として、「学校におけるコロナ対策」が上がっていたことがわかったが、公表された箇条書きの議事概要にも関連する記載はなく、会議の内容がきちんと公表されていたかどうか、疑問が残るものとなっている。
黒塗りの理由について、内閣官房は「公表すると、率直な意見の交換が損なわれるおそれがある」としている。

「3密の回避」に「新しい生活様式」。
専門家会議は、政府の目玉政策を生み出していて、意思決定を専門家が行っているとの指摘も一時あった。
それだけに、議事録は、政策決定のプロセスを示す重要な記録となる。
しかし、会議の重要性とは裏腹に、議事録については、率直な意見交換をすることを優先し、初回の会議で概要のみ公表することを決めた。
今回、FNNでは、公開されている箇条書きの議事概要では、そのもととなった議論の詳細がわからないため、記録を情報公開請求した。
しかし、開示された速記録は、ほぼすべて黒塗りだった。
西村経済再生相「まさに歴史的緊急事態ということでありますので、記録をしっかりと残して、将来の検証、また、今後来るであろう、感染症対策にも備えていかなければいけない」
西村経済再生相は、速記録を将来的に公表する意向だが、国立公文書館に移す10年後となる見通し。
わたしたちがこの黒塗りの下を目にするのは2030年代になりそうで、歴史的事態をどう検証するのか、検討を続けることが求められる。

マスゴミが発言者を見つけてリンチを掛ける事が深刻な社会問題になっています。
亡くなった方のお葬式を荒らしていくマスゴミ達、公表すればそのような緊急事態を恐れて発言できなくなるのは自明の理です。
因みに欧米の方はそのような事をすると放送免許など取り上げられて膨大な訴訟を起こされマスゴミが潰されることが多々あるのでやりません、日本ではそのような防衛の仕組みがないのでマスゴミのやりたい放題です。
それを踏まえて考えてみてはいかがでしょうね。

最悪な状況は乗り切ったという見込みが出てきたそうです。
最悪シナリオ「可能性低まった」 新型コロナのシンポで専門家
 新型コロナウイルスに関する日本感染症学会のシンポジウムが20日、東京都内で開催され、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長らが感染拡大の現状などについて見解を明らかにした。
 尾身氏は「全国的に見ると(感染拡大は)だいたいピークに達したとみている」との認識を示した。同分科会メンバーの押谷仁・東北大教授も「大都市で数万人が死亡し、医療が崩壊するといった最悪のシナリオが起きる可能性は低まってきた」と指摘。ただ、接待を伴う飲食店を中心としたリスクについて、さらに低減させる必要があるとした。
 また尾身氏は、クラスター(感染者集団)の発生が続く中、どんなに注意しても現状では完全な感染予防は不可能だと強調。「こういった状況では不安が生じるが、心の持ちようや対処方法を考えておき、冷静に対応することが重要だ」と述べた。
 その上で「新型コロナの実態は、この半年でかなり分かってきた。クラスターが見つかることは不安ではなく、制御できる機会の発見で安心につながると考えてほしい」と提言。さらに国に対し、医療機関への人的、財政的な支援を迅速に行うことなどを求めた。
 押谷氏は今後の社会のあり方について「全ての場でリスクゼロを求めると、社会や経済の活動を著しく制限せざるを得なくなる。新型コロナを正しく評価し、どこまでリスクを許容するかについて社会のコンセンサス(同意)を得ていくことが必要だ」と指摘した。

不安をあおっていたマスゴミはどう考えているのでしょうね。
この提言にあるように安心を得る機会としての集団感染の確定と変えることが出来るのでしょうか?
それともいまだ日本を混乱に貶めるための工作を行うのでしょうか?
いい加減、人の道を外れた行為を止めてもらいたいものですね。

いまだ判っていない事の多い武漢ウイルス、変異を繰り返しているとか何とか早期発見による初期治療が効いているのかわかりませんが、死者は非常に少なくなっています。
西村担当相「新型コロナ弱毒化の証拠ない」
 西村康稔経済再生担当相は17日の記者会見で、新型コロナウイルスが変異によって危険性が下がる「弱毒化」をしているという説について「専門家とも議論しているが、いまのところ、それを示すエビデンス(証拠)はないということだ」と述べた。重症者の数が以前より少ないことから、インターネットなどで弱毒化が話題になっている。
 一方で西村氏は、医療現場から重症者への対応など治療法が定着しているという意見があることを紹介した上で「データで出てくればよいと思っている」と語り、専門家に整理・分析を依頼していることを明らかにした。
 西村氏はまた、政府の新型コロナ対策分科会を今月下旬に開催する方向で調整していることを表明した。分科会は感染状況を分析するほか、8月末まで維持する大規模イベントの人数上限を5千人とする制限や、ワクチン接種の在り方について議論する方針だ。

確かにいまだ確定的な情報はありませんね。でもPCR検査は止めましょう。
お金かかるし、特定の業者だけが儲けているだけの様に思えます。

コロナ禍についてこのような話もようやくマスゴミから出てくるようになりました。
新型コロナ、首都圏ほぼ全員“既感染”!? 日本の死者が欧米より少ない要因の一つに「集団免疫説」 専門家の新抗体検査で明らかに
 日本の新型コロナウイルス感染による死者や重症者が欧米に比べて少ない要因の一つとして浮上する「集団免疫説」。その解明に光明か。東京理科大学の村上康文教授らは、新開発の検査システムを用いた首都圏での抗体検査で、従来の結果を大きく上回る数値が出たと明らかにした。注目すべきは、陽性が出なかった例を含む検体のほとんどで、すでに何らかのコロナウイルスに感染している「既感染」を示す反応があったことだ。免疫を獲得している可能性があるというのだ。
 抗体定量検査システムは、村上氏が設立したベンチャー企業が、民間企業の協力を得て開発した。
 13日に東京都内で記者会見を開いた村上氏らによると、5~8月に東京など首都圏からボランティアで集めた10~80代から362検体を採取した。今回の検査では複数の抗原を用いるなどして精度を高めたところ、約1・9%で陽性の結果が出たという。
 厚生労働省が実施した抗体検査では、東京の抗体保有率は0・10%で、これに比べるとはるかに高い水準だ。東京の人口比でみると、公表された累計感染者数(13日時点で1万6680人)より大幅に多い約26・6万人が、すでに新型コロナに感染していると推測できる。
 だが、一般に「集団免疫」が成立するには少なくとも60~70%の抗体保有が必要とされる。2%弱程度では圧倒的に少ないようにも思えるが、村上氏は陽性の水準に届かなかったものも含めて、ほぼ全ての検体で抗体の反応があったと明かす。
 免疫グロブリン(Ig)と呼ばれる抗体には複数の種類があり、抗体検査の際、初感染では「IgM抗体」のシグナルが最初に上がり、遅れて「IgG抗体」が上がるとされるが、今回の検査では「ほぼ例外なく、IgMとIgGが同時に上がった」と村上氏。
 村上氏は、両者のシグナルが同時に上がった場合、「既感染(過去のコロナウイルス感染)」を意味すると説明。それが新型コロナウイルスによるものか、過去のコロナウイルスによる「交差反応」かなど、原因の解明については今後の課題としている。
 会見では、順天堂大学の奥村康(こう)特任教授(免疫学)もビデオメッセージで、今回の検査結果について、「微量の抗体でもポジティブに考えていいと思う」とコメントした。
 奥村氏は、免疫には、体内にある「自然免疫」と、ウイルスなど外敵と戦うことで構築される「獲得免疫」の2つがあるとしたうえで、獲得免疫を軍隊に例え、「集団免疫は軍隊の総力、抗体はミサイルにあたる。ただ、ミサイルはなくとも軍は訓練されている場合、測る指標はない。抗体が引っかからなくとも免疫はある」と強調した。
 前出の村上氏は今回の検査結果を踏まえたうえで、今後のとるべきコロナ対策についてこう提言する。
 「高齢者の場合、いったん重症化したら1カ月の入院になるので、病院が埋まってしまう。高齢者をどうしたら守れるかということに重点を置いて方策をやるべきだろうと考える」
 一方、会見に同席した九州大学の藤野武彦名誉教授(健康科学)は、「自然免疫」の観点から、ストレス不安と自然免疫の低下を媒介する「脳疲労」の概念を解説した。
 「ストレス不安があると自然免疫は低下し、ウイルスに感染しやすくなる。コロナ不安や経済危機自体が免疫を劣化させるので、臨機応変にコロナに対応しなければならない」と警鐘を鳴らした。

やはり最初から言われていたように高齢者と基礎疾患を患っている人への対応が必要ですね。
若者に対しては注意を呼び掛ける程度で良いと思います。
いい加減、無駄に怖がることは止めていきましょう。

世界中からは日本で死者が少ないことに関して様々な憶測が叫ばれています。
では、日本が回答すべきことは日頃からの手洗いうがい、清潔な環境、適切な食生活、規則正しい生活習慣、そして自然と共生する心と回答しておきましょう。
あ、一年一回の健康診断も忘れずにね☆(ゝω・)vキャピ
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
教育 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/08/26 06:00

人の命を軽んじている民主党たちパフォーマー政治家

95372842_694402118058839_4499818733300088832_o.jpg
最近暑い日が続きますね。
暑い日は食欲が失せます。なので美味しいものを食べようにも触手が伸びませんね。
そんな時は美味しい物でもいただくと言う事にしましょう、と言っても外食が難しいこの頃です。
なんせ日が落ちても30℃越えの日々、外に出たくありませんね。
と言う訳で鰯の油漬けでも使って料理を行いましょう。鰯はどのように料理しても美味しい食材であり、海洋国ではどこの国でも食べられているそうです。
私も大好きでありますが、足が速いのとあまり売っていないと言う事もあってなかなか食卓に並びませんね。
夏が過ぎても鰯はありますのでそこで頂くことにしましょう。

さて、武漢ウイルスに依るコロナ禍と民主党による増税によって日本のGDPが27%ほど減ったらしいです。
立民・逢坂政調会長「アベノミクス失敗示す」 4〜6月期GDP
 令和2年4〜6月期の国内総生産(GDP)速報値の発表を受け、立憲民主党の逢坂誠二政調会長は17日、コメントを発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で、実質の伸び率が年率換算で27・8%減となったことについて「アベノミクスが失敗に終わったことを示すものでもある」との見方を示し、臨時国会の召集を改めて求めた。
2020年4−6月期GDP速報値の公表について(コメント)
立憲民主党政務調査会長
逢坂誠二
 本日、2020年4−6月期GDP速報値が公表された。実質で前期比7・8%減、年率換算では27・8%減という数値は、リーマン・ショックを上回る戦後最大の落ち込みとなった。新型コロナウイルス感染が影響しているのは当然のことだが、アベノミクスが失敗に終わったことを示すものでもあり、政府は国民の命とくらしを守るため危機感を持ってあらゆる政策を総動員する必要がある。
 そもそも日本経済は、コロナ禍による影響以前に、既に1年半近く景気後退を続けていた可能性が高い。先月30日、内閣府の景気動向指数研究会は、2012年12月から始まった景気拡張期は、2018年10月に山を付けていた旨を認定した。実際のところ、昨年初め頃より、内閣府景気ウオッチャー調査や日銀短観は低下傾向を示すなど、景気の息切れは見て取れた。にもかかわらず政府は、その後も景気の「回復」を言い続け、昨年10月の消費増税が断行されることとなった。
 政府が、月例経済報告の基調判断から「回復」の表現を削ったのは、コロナ禍による影響が顕在化し始めた今年3月になってからである。しかしながら、景気の後退は、決して新型コロナウイルスの感染拡大が契機となったのではなく、既に2018年末頃から始まっており、昨年の消費増税や、今回のコロナ対策の不手際が、さらにその傾向に追い打ちをかけることとなったことは明らかである。
 かかる事態を受け、政府・与党においては、臨時国会を召集し、生活に苦慮している個人や事業者、さらに医療機関などに対する手厚い支援など、追加のコロナ対策を迅速に実施するとともに、失敗したアベノミクスの総括を行い、新たな経済政策のあり方についての議論に早急に開始し、実効性のある対策を講ずべきである。

因みにヨーロッパでは40%、アメリカは45%ほどの減少でしたっけ?
中共は経済を誤魔化すことが当たり前なので数字は覚えていませんが、食糧危機が発生しているし大洪水が二か月も続いている事に加えてバッタの被害が出ています。どこまで落ちているかを考えると非常に厳しいでしょうね。
その状況を踏まえて先進国で27%ほどというのは健闘していると言っても良いと思いますし、消費税増税による消費低減、下らん買い物袋有料化も考えると比較的軽微なのでしょうね。
このように世界情勢に疎い人間が政調会長と言うのは笑えませんね。
臨時国会で何を話すのでしょうか?通常国会で話したことを考えると時間の無駄と言っても過言ではありません。
実効性の高い対策を!というのであればその案を提示して話をしてもらわないと話になりませんね。

こんなデマがまた流れています。
安倍首相、慶応病院で7時間半の真実…吐瀉物に鮮血、ステロイド効かず新治療
因みにこの件で総理は名誉棄損かなんかで訴えたほうが良いと思います。
元々健康診断の再受診だったこの検査、お盆休みに受けることが決まっていました。
そして安倍総理は半年の間、武漢ウイルスの対応でろくに休んでいなかったとの事、ましてや馬鹿野党の下らない質問に丁寧に回答しているのです。疲労がたまっても仕方がなく、遊んでいる民主党などに言われたくないっていうのが正直なところだと思います。

このような無駄な話しかできない民主党の党首、国民があきれるのも無理はありません。
健康状態、国会で説明を 野党が安倍首相に要求
 健康不安が指摘されている安倍晋三首相に対し、野党からは19日、国会に出席した上で自身の体調について説明するよう求める声が上がった。
 立憲民主党の枝野幸男代表は党会合で「検査で病院に入ったということならば、国会に出てきてもらって健康状態も含めてきちんと説明してもらう必要がある」と強調した。
 共産党の穀田恵二国対委員長は記者会見で「健康に留意してほしい。復帰の第1ステージは(衆参両院予算委員会の)集中審議でどうか」と提案。社民党の福島瑞穂党首は「何も問題がないなら、国会をすぐさま開いて説明されればいい」と指摘した。 

あれだけ働いていれば疲労がたまるのが当たり前です。なんでそんな下らない事で国会を開いて説明するんでしょうか?
安倍総理は説明していますよね、納得しないというだけで国会を開くほど無駄な事はありません。
開きたかったら国会議員の三分の一を集めてからにしてもらえますか?
仕事してから不満を言えよな。だから使えないと言われるのですよ。

さて、武漢ウイルスに依る死者は1200名くらいになりましたね。
でも一月だけで御餅で亡くなった方の人数よりすくないです。そして熱中症で亡くなる方が大勢いるそうですね。
猛暑日 今年最多の300地点も 京都市39度予想
20日も、東北から九州の広い範囲で、猛烈な暑さとなっている。
20日は、猛暑日の地点が2020年最多となる可能性があり、熱中症に厳重な警戒が必要。
20日も、全国的に朝から気温が上昇し、岩手・釜石市では36度、大阪市では35.6度と、すでに各地で猛暑日となっているところがある。
福島駅前では「すでに汗だくなので、参っちゃいます」、「(この暑さ)結構耐えられない。早く秋になってほしいなと思います」といった声が聞かれた。
午後は、さらに暑さが厳しくなり、予想最高気温は、京都市で39度、福島市や群馬・前橋市で38度となっていて、猛暑日が2020年初めて、300地点に達する可能性がある。
東京都心も35度で、2020年9度目の猛暑日になる見込み。
都内では、8月に入ってから19日までに、2,941人が熱中症とみられる症状で搬送され、131人が死亡している。
こまめな休憩や水分補給を徹底するほか、室内では冷房を使用し、熱中症にならないよう、万全な対策が必要。
また、東京消防庁によると、消毒用のアルコールは、車の中など高温の場所に放置すると、可燃性の蒸気が発生して引火するおそれがあるということで、普段使用する物の取り扱いにも注意が必要である。

全国で10名前後亡くなる方がいる武漢ウイルスと比べて東京都だけで131名の人が亡くなる熱中症、どちらの方が危険かわかりそうなものです。武漢ウイルスが怖いと言って外に出ずに家で熱中症になる人が出ているとも聞きます。
いい加減、外ではマスクは必要ないでしょうね。理性的に考えていくことが出来ないのがおかしいと思います。

小池や吉村、民主党や共産党全般、維新の党、様々な政党がいたりしますが、もっと実用性のある政党が必要です。
指示されないけど粛々と政治提案をしていく政党がないと自民党だけに任せる政治になってしまいます。
様々な政党が出来ては消えていますが、政治対案の出来る政党と言うのは殆どありませんでした。
そのような政党が日本には自民党以外にも必要だと思います。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
教育 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/08/25 06:00

すべてを政府に任せる馬鹿ども達

69948505_1423087944509909_3042083661689126912_n.jpg
連日暑い日が続きますね。
今年のお盆休み、実家に帰省しましたでしょうか?
無駄なPCR検査でワイドショー化した情報番組に踊らされる人が多くて嫌になっちゃいますね。
そのおかげで高速バスはガラガラ、新幹線も在来線も空いている状況になっています。
これでは日本のインフラを支える交通網が疲弊してしまうのではないでしょうか?
その為の政策を政府は行っているもバカ騒ぎしているマスゴミの抵抗によって旅行すらままならない状況だと言われて移動を控える人が続出
新幹線の乗車率に表れているのでしょうね。
実際、東京や大阪などでは感染防止しながら人が生活しているのです。その事を忘れているか如く騒いでいるマスゴミ達
諸悪の根源と言えるでしょうね。

そんな中、安倍総理は終戦の日の全国戦没者追悼式にてこのような話をされました。
「戦争の惨禍、繰り返さない」 安倍首相の全国戦没者追悼式辞全文
 安倍晋三首相が全国戦没者追悼式で述べた式辞全文は次の通り。
 天皇、皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、戦没者のご遺族、各界代表のご列席を得て、全国戦没者追悼式を、ここに挙行いたします。
 あの苛烈を極めた先の大戦では、300万余の同胞の命が失われました。
 祖国の行く末を案じ、家族の幸せを願いながら、戦陣に散った方々。終戦後、遠い異郷の地にあって、亡くなられた方々。広島や長崎での原爆投下、東京をはじめ各都市での爆撃、沖縄における地上戦などで、無残にも犠牲となられた方々。今、全ての御霊(みたま)の御前にあって、御霊安かれと、心より、お祈り申し上げます。
 今日、私たちが享受している平和と繁栄は、戦没者の皆さまの尊い犠牲の上に築かれたものであることを、終戦から75年を迎えた今も、私たちは決して忘れません。改めて、衷心より、敬意と感謝の念をささげます。
 いまだ帰還を果たされていない多くのご遺骨のことも、決して忘れません。一日も早くふるさとにお迎えできるよう、国の責務として全力を尽くしてまいります。
 戦後75年、わが国は、一貫して、平和を重んじる国として、歩みを進めてまいりました。世界をより良い場とするため、力の限りを尽くしてまいりました。
 戦争の惨禍を、二度と繰り返さない。この決然たる誓いをこれからも貫いてまいります。わが国は、積極的平和主義の旗の下、国際社会と手を携えながら、世界が直面しているさまざまな課題の解決に、これまで以上に役割を果たす決意です。現下の新型コロナウイルス感染症を乗り越え、今を生きる世代、明日を生きる世代のために、この国の未来を切り拓(ひら)いてまいります。
 終わりに、いま一度、戦没者の御霊に平安を、ご遺族の皆さまにはご多幸を、心よりお祈りし、式辞といたします。

英霊の犠牲によって今の平和な社会が築かれていると言う事です。
それに対して反論はありませんよね。マスゴミの言う9条が平和を作ったわけではありません。
自衛隊などの防人が平和を維持してきたのです。その事を忘れないようにしていきましょう。

その安倍総理ですが働き過ぎなので休ませてあげたいという話が持ち上がっています。
甘利氏、安倍首相を「休ませて」 コロナ対応で疲労蓄積を心配
 自民党の甘利明税制調査会長は16日のフジテレビ番組で、新型コロナウイルス対応のため、連続勤務となっている安倍晋三首相の疲労蓄積を心配した。「ちょっと休んでもらいたい。責任感が強く、自分が休むことは罪だとの意識まで持っている」と述べた。甘利氏は首相側近。12日に1時間近く2人で会談している。
 首相は例年8月15日の全国戦没者追悼式に出席後、山梨県鳴沢村の別荘で静養に入るが、今年は東京都内の私邸に帰った。甘利氏は番組では「数日でもいいから強制的に休ませなければならない」と強調した。
 野党の臨時国会召集要求は「首相を引っ張り出すためなら意味がない」と指摘した。

以前も90日以上休みなく働いていた安倍総理、その総理に対して無駄な質問を投げつける愚かな野党ども
安倍総理休暇を取らせないと必死になって騒ぐ馬鹿達に対して私たち国民は何か言う事があると思います。
どうせ、お盆休みをしっかりと休んだ野党議員達です。
身を粉にして働ければいいのにねと思います。

西村大臣は帰省は問題ないという話をしているにもかかわらず正確に情報を流さずに恐怖をあおるマスゴミが雰囲気を作り出しています。
「家族旅行が悪いわけではない」 西村氏が重ねて強調
 西村康稔経済再生担当相は8日の記者会見で、お盆期間中の人の移動や全国で新規感染者数が増加するなかで観光支援事業「Go To トラベル」を継続することについて「(専門家から)家族で行く旅行が悪いわけでないという判断をいただいている」と述べ、問題視しない考えを改めて示した。
 そのうえで西村氏は「しっかりと感染防止策を講じれば、旅行者側も、受け入れる観光施設側も感染リスクは低い」と語り、旅行の際には感染防止対策を徹底することを呼び掛けた。
 一方、若者や高齢者の団体旅行、宴会を目的とした社員旅行などについては「リスクが高いので控えるよう提言をいただいている」と重ねて強調。「感染状況は日々変わるので、(新型コロナ対策)分科会の専門家の意見を聞いて判断していく」との考えを示した。

夜遅くまでどんちゃん騒ぎをしなければ問題ないという見解を示しているだけであり、意味のない自粛なんて必要ないという政府の見解です。
武漢ウイルスに感染しているかわからないPCR検査に右往左往するんではなく明確な指針を出して旅行を帰省を楽しんでくださいというだけの話です。

なのにこんな作り話を作って恐怖をあおるやつらがいます。
国は「GoTo」、自治体は自粛要請 板挟みの旅行者
シャッターを下ろす店が目立つ那覇・国際通り=2020年6月30日、那覇市久茂地3丁目
 夏の観光シーズン真っ盛りだが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、旅行をためらう人が相次いでいる。政府が観光支援策「Go To トラベル」を推進する一方、「慎重な判断」を求める県も多い。板挟みの人たちから戸惑いの声があがっている。
 「行っていいのか、だめなのか。どっちなんでしょうか」。千葉県柏市に住む会社員の女性(34)は、困っている。
 知人と3人で沖縄県に旅行に行こうと、7月30日に旅行会社でツアーを予約した。決め手になったのが、同月22日から東京都を除いて始まった「Go To」キャンペーンだ。代金が35%割引で、8月下旬に2泊3日で、飛行機やホテル代込みで3万円ちょっと。「こんな安値は今しかない」と、ダイビングや買い物を楽しみにしていた。
 しかし予約の翌日、玉城デニー沖縄県知事が、新型コロナの感染急拡大に対応するため、県独自の緊急事態宣言を出した。他県からの来県についても「慎重に判断していただくようお願いします」と呼びかけた。那覇市内の繁華街、国際通りは多くの土産店が休業し、テレビのニュースでは、他県からきた観光客が地元の人から冷ややかな視線を浴びせられていた。

慎重な判断を求めると言っても来ないでと公にホテルなどが言っているのでしょうか?
来てくださいでも正体不明なウイルスを持ってこないでと言っているのでしょうか?
自分の頭で考えたら?
本当にそんな下らない事で迷っている人がいるとは思えませんね。
行きたければ行けばいい、行って健全に遊べばそう簡単に感染しません。
無駄なPCR検査で一喜一憂するよりも外で山で海で遊んだほうがよっぽど健康的です。
そんな無駄な事を考えてストレスを積み上げて余計に病気になっているのではないでしょうか?
交通機関で感染が拡大しましたか?今ある感染拡大のルートはホストクラブのようなものと昼カラ、そして医療機関が多数です。
この事例から何を気にしていくべきなのか判らないのでしょうか?

自分の頭で考えて行動を行う、それが大人の第一歩です。
それが出来ない人が多すぎるのが問題ですね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
教育 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/08/21 06:00

勘違いしているものたち

10603653_341589752657946_6206324735091087405_n.jpg
最近、暑いですね。でもこれが普通の事なのでしょうね。
また暑い夏が始まった感じですね。
今年は山に行くことがなかなかかないませんね。仕方がないです。6月から関係者が整備を行ってようやく私たちが安全に山に入ることが出来るのですから仕方がない事です。
でも、残念ですね。

さて、暑い中馬鹿な記者が変な事を大臣に質問したそうです。
ミサイル防衛「なぜ中国の了解がいるのか」 河野防衛相
 河野太郎防衛相は4日午前の記者会見で、ミサイル防衛に関して「相手領域での弾道ミサイルなどの阻止」を盛り込んだ自民党提言が「中国や韓国の理解を得られる状況ではないのでは」と質問され、「主に中国がミサイルを増強しているときに、なぜその了解がいるのか」と語気を強めた。
 韓国についても「なぜわが国の領土を防衛するのに韓国の了解が必要なのか」と述べた。
 中国は急速な勢いで弾道・巡航ミサイル開発を進めており約2千発を配備。その多くが日本を射程に収めるとされ、日本は抑止力の抜本的な強化を迫られている。
 自民党は中国や北朝鮮の脅威の増大を踏まえ、「専守防衛の考え方の下」で「ミサイル阻止能力」の保有を検討するよう求める提言をまとめた。4日午後に安倍晋三首相らに提出する予定だ。

ミサイルを向けている中共に対抗する為にミサイルを増強させると言う事が判らないのでしょうか?
別に中共が領土的野心を持っていなければ何も起きようがありません。
でも、相手が撃つとなったら報復を行うためにミサイルを配備しているのです。
反撃されて痛い目を見させるために抑止力を持つために配備しているのですよ。
そんなことすら判らないのでしょうか?この記者は何を考えて質問しているのでしょうね。

本来日本の記者であればこのような反応になるでしょうね。
河野太郎よ、ありがとう! 我が国の領土防衛になぜ中国や韓国の了解が必要なのか
何も突拍子もない事を言ったわけではない
河野太郎防衛相がまたやってくれた!
自民党のミサイル防衛に関する提言が「相手領域内での弾道ミサイル阻止能力の保有」を明記したことについて、会見である記者が「中国や韓国の理解が重要ではないか」と質問した。
これに河野氏は「中国がミサイルを増強している時になぜ了解がいるのか」「なぜ韓国の了解が必要なのか。我が国の領土を防衛するのに」と強い口調で答えたのだ。
河野氏は何も突拍子もない事を言っているわけではなく、むしろ当たり前の事を言っただけ。
自国の領土防衛能力について、安保条約を結び日本国内に基地を置いている米国ならまだしも、領海侵入を繰り返す中国や、敵か味方かわからない韓国に「こんな防衛力持ってもいいでしょうか」とお伺いを立てるバカはいないだろう。
「中国や韓国の理解が重要ではないか」というのはおそらく日本だけでしか聞かれないタイプの質問だ。他の国でこんな質問したら、された方はたぶん意味がわからないだろう。敵に聞くんですか、と。

北朝鮮のミサイル攻撃は映画かマンガ?
ただ残念ながら日本ではこういう質問が普通に出て、政治家もそれにゆるーく答えるというのがメディアにおける当たり前の風景だ。だから毅然と答える政治家は「変人」と揶揄されたり、「保守強硬派」などと批判されたりする。
もしかしたら日本人は他国が攻めてくるなんて考えていないのではないかと密かに疑っていたら、なるほどという記事を見つけた。朝日新聞のインタビューに対し岩屋毅前防衛相がこう答えている。
記者が北朝鮮によるミサイルの飽和攻撃に言及したのに対し、岩屋氏は「そういう映画か漫画のような話をすべきでない。日米同盟に本気で挑戦するのは自殺行為だ。蓋然性は極めて低い」と答えているのだ。北の攻撃はマンガ?これが河野氏の前に防衛相だった人の認識なのだ。

ポスト安倍は平和ボケでない人を
政治家も記者も冷戦の「平和な時代」の癖が抜けていないのだろうが、現代の国際情勢は全くそうではないし、かなり多くの日本国民もそのことに気づいている。
河野氏は自民党総裁選への立候補に意欲を示しているが「まだ早い」との声も根強い。確かに政治家としてもう少し幅広く経験を積んだ方がいいかもしれないが、「平和ボケ」していない事は次の日本のリーダーとしてとても重要な資質ではないかと思うのだ。

平和ボケしていない人間を選ぶというのが必要だと思います。
今の創価学会大臣などはまさに平和ボケしていますね。旅行給付金を変な名前にしたり、自分だけが判る言葉を平気で公式な記者会見で述べたりする政治家が後を絶えません。
なんでそんな奴が人気になるのでしょうか?
勘違いしている人が多いんだと思います。
何を大切にしていくのかをきっちりと考えていきましょう。

さて、勘違いと言えば日本がなくては社会インフラすらなかった国があります。
【外信コラム】ソウルを洪水から守ってきたのに日本に補償を要求
 韓国も異常気象で例年になく雨が多い。南部はやっと梅雨明けしたが、人口の半分が住むソウル首都圏をはじめ中部や北部ではまだ雨が続いている。すでに大雨による被害が出ており首都ソウルでは都心を流れる漢江(ハンガン)の水位が上昇。公園や駐車場になっている河川敷は完全に水没し、洪水の危険も出ている。
 漢江の上流は北漢江と南漢江になっていて、北の方の最上流には昭陽江(ソヤンガン)ダムがあり、南の最上流には忠州(チュンジュ)ダムがある。いずれも超大型ダムで、首都ソウルを洪水から守ってきた。その両ダムが今回、長期の大雨で満杯となり、放流を始めたため漢江の水位が上がったというわけだ。
 ところで両ダムは1970年代から80年代にかけ日本の経済協力を得て完成したものである。特に韓国最大の昭陽江ダム建設は国交正常化(65年)の際、日本から提供されたいわゆる請求権資金を使った代表的プロジェクトの一つだった。
 韓国は当時、日本からの資金はそうした経済建設に使い、個人補償は韓国が受け持つと約束している。その結果、韓国は立派に経済建設を実現し、国民生活を豊かにしてソウル市民を洪水から守ってきたのに、今また日本に補償を要求しているのがいわゆる徴用工問題である。韓国内で処理すれば済む話ではないのか。(黒田勝弘)

地下鉄も日本の技術支援があって初めて作られたものでしたよね。
社会インフラのなん%が日本の技術が使われているのでしょうか?
技術は似るものですし、支援やパクりで物を作ることもあるので一概には言えませんが、韓国の場合、嫌いな国の支援がないと何もできない状況に陥っているっていうのがあれですよね(笑)

まあ、今回の河野太郎の発言はマスゴミがいかに馬鹿な発言ばかり行っているのか?がよくわかる事例だと思います。
その河野太郎はこのようにも話しています。
河野防衛相「自衛隊もしっかり行動したい」 尖閣周辺海域の中国公船活動で
 河野太郎防衛相は4日の記者会見で、沖縄県・尖閣諸島の周辺海域で中国公船が活動を活発化させていることに関し、「自衛隊としても海上保安庁と連携し、必要な場合にはしっかり行動したい」と述べた。
 日本側は海上保安庁の巡視船が中国公船に退去などを呼びかけているが、機関砲のようなものを搭載した船もある。河野氏は自衛隊の対応が必要な事態や対処方法については「手の内を明かせない」とした。
 尖閣周辺の接続水域では、4月14日~8月2日の111日間にわたり中国公船が確認され、過去最長となった。公船は2日に接続水域を離れた。【田辺佑介】

台風で船が離れていったという話ですよね。
この話をしている際に手の内を聞いた馬鹿記者がいるそうですが、そのような低レベルな記者に質問させないでもらいたいものですね。
聞いてよい事と悪いことがあります。日本の軍事行動を危険にさらす記者なんて必要ありません。

マスゴミは何処まで行ってもマスゴミ以外の何物でもありません。
そんな非常識な人々は無視していくことが必要でしょうね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
教育 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/08/14 06:00
 | ホーム | Next »