fc2ブログ

日本人の行動が羨ましい人々

日本とドイツ
先日、ワールドカップにてドイツと戦い勝利した日本
その勝利を称えてドイツのスーパーではこのような陳列があったそうです。
お互いの選手に対して敬意を払うというのは気持ちがよいことですね。
このようなスポーツマンシップは見ていてうれしいものです。

さて、そのような清い心を持たない人がいるという悲しいことがあります。
W杯日本の“クリーン活動”に「ただの自己満足」バカラで大金溶かした大王製紙元会長が私見
 ギャンブルによる巨額借り入れ事件で逮捕、刑期を終えて出所した大王製紙の元会長で、現在は実業家として活動する井川意高氏が24日、自身のツイッターを更新した。
 23日のFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会の1次リーグE組で、日本は優勝4度を誇るドイツに2―1で逆転勝ち。FIFA公式ツイッターは、整理整頓された試合後の日本代表のロッカールームの画像をツイッターに投稿し、「日本のサポーターはスタジアムのゴミを片付け、@jfa_samuraiblueは、このようにハリファ国際スタジアムの更衣室を後にしました。ピカピカ。Domo Arigato」とつづった。
 このFIFA投稿のまとめサイトを引用し、井川氏は「こういうの 気持ち悪いから やめて欲しい」「ただの自己満足 掃除人の仕事を 奪ってる」とツイート。その後にスタジアムでゴミを片付ける日本サポーターの動画を引用して「これもな 他人の 職を奪うな」とつづった。
 試合後は、現地ボランティアが「ここにいる日本のファンに感謝を伝えたい。アリガトウゴザイマシタ!!」と清掃に協力した日本サポーターに感謝を伝えるシーンもあり、国内外から称賛の声が上がっている。
 井川氏はバカラにハマり、会社の金を湯水のごとく使い続け、11年に巨額の使い込みが発覚。約106億円をつぎ込んだとして同11月に会社法違反(特別背任)の容疑で逮捕、起訴され、執行猶予なしの懲役4年で収監された。

ひねくれものってどこにでもいるもんですが、ここまでひねくれているってのもどうかと思います。
人の仕事を取るなって馬鹿ですね。自分たちが使用したものを気持ちよく返却するってだけの話では?
他人の行動にケチをつけるだけの小物ってことですね。

このようにいつも日本を貶めている新聞はこのように考えるようです。
「みんな、そんなにサッカー好きだった?」W杯ドイツ戦勝利でのお祭り騒ぎに戸惑う記者は考えた
 サッカーのワールドカップ(W杯)で、日本が格上のドイツに勝利し、世の中はお祭り騒ぎの様相だ。だが、サッカーを詳しく知らない人は、このにわかの雰囲気に戸惑ってしまうのでは。みんな、そんなにサッカー好きだったの…。突然の盛り上がりを考えた。(特別報道部・木原育子)
 「売り上げですか? そりゃもう…。ええ…ぐんっと伸びましたよ」
 25日、東京都心にあるスポーツ用品店「スーパースポーツゼビオ」東京御茶ノ水本店。マネージャーの相馬裕介さん(46)の顔がほころんだ。
 この店では、日本代表のレプリカユニホームやタオルを並べた専用ブースを初めて設置。23日のドイツ戦の後の売り上げは開幕前の9倍だという。
 相馬さんはひっきりなしに訪れる客に対応しながら、「今年は原材料の高騰のため、これまで以上にグッズも高額で心配していたが、ほっとしている」と胸をなで下ろした。
 ちなみに売れ筋のユニホームを聞くと…。「久保、南野…。試合後は三笘みとま、堂安どうあん選手でしょうか」
 今更聞けない読者に向けて、三笘薫選手(25)は川崎市出身で、現在イングランドのブライトン所属のMFだ。語源辞典によると、草冠の「三苫」姓は、福岡や大分に多く、竹冠の「三笘」姓はかなり珍しい。
 ドイツ戦で同点弾を決めた堂安律選手(24)はドイツのフライブルク所属のMF。プロのキャリアは海外のほうが長い左利きの実力派だ。
 活躍した2人が難読名字だったとはいえ、「カズ」「ヒデ」「ゴン」などの愛称で呼ばれるスターがいたころに比べ、今回の日本代表は知名度の低い選手が多い。しかもアジア予選では一時苦戦し、開幕前の注目度はいまひとつだった。
 「インターネット配信サービスが放映権を持っていることが大きいでしょう」と語るのは、スポーツライターの生島淳さんだ。
 今回の全64試合は、インターネットテレビ局のABEMAが生中継する。ドイツ戦も視聴者数が1000万を超え、過去最高に。生島さんは「地上波は3局しか中継しておらず、事前報道も少なかった。ただ、ドイツ戦に勝ったことで情報番組でもにわかに扱い始め、急にW杯一色に染まったように映ったのではないか」と話す。
 都市生活の調査分析をする公益財団法人「ハイライフ研究所」の藤原豊・専務理事は、コロナ禍や国際競争力低下などの閉塞へいそく感があったとみる。「突然降ってわいた明るいニュースに、多くの人が好感をもった。監督の大胆な采配などのストーリー性も受け入れやすく意外性があった」
 ちなみに、ドイツからはどう見えたのか。ドイツの専門紙「キッカー」特派員の安藤正純さん(69)は「ドイツが前半リードして負けたのは44年ぶり。負けたという事実より珍事として受け止められている」と率直だ。一方、「監督が悪かったなど負けた理由探しは起きていない」とも。
 その理由について「サッカー文化が真にドイツ社会に根付いているからだ。ドイツでは週末にサッカーの試合が必ずあり、サッカーを触媒にして地域社会が成り立っている。サッカーが日常の一部のドイツと、4年に1度の2週間だけ盛り上がる日本ではとらえ方が違う」とみる。
 にわかの盛り上がり。否定はしないが、日本社会の特性もあるのか。千葉商科大の常見陽平准教授(労働社会学)は「周囲が盛り上がっていると、その雰囲気に合わせようという日本特有の空気感はある」と指摘しつつ、投げかける。「熱狂は怖さをはらむ。熱狂の裏で、五輪の談合疑惑の捜査が進むなど忘れてはならない問題もある。盛り上がっている時ほど冷静な視点も大切だ」

ちなみに電通などがオリンピックでわいろを贈っていたことは当時から問題視されていましたが報道を行わなかったのがマスゴミたちです。
それを踏まえて何言ってんだこいつって感じですね。
日本が楽しい気分になるのが羨ましいってことでしょうね。

同じように考える人は多いようです。
ひろゆき氏 ゴミ拾いで世界から称賛受ける中で批判する人たちに言及「羨ましいの裏返しだと思います」
2ちゃんねる創設者で実業家の西村博之(ひろゆき)氏(46)が25日にABEMA「Abema Prime(アベプラ)」(月~金曜後9・00)に生出演。FIFAワールドカップカタール大会で試合後に日本人サポーターらがゴミ拾いをする様子や試合後の整頓された選手ロッカーが世界で称賛されてネットでは話題となっているが、一部から批判の声があることについて言及した。
 FIFAワールドカップカタール大会で試合後に日本人サポーターらがゴミ拾いをする様子や試合後の整頓された選手ロッカーが世界で称賛されてネットでは話題となっているが、一部から批判の声もある。この批判の声にひろゆき氏は「ゴミを拾って他の国からも“礼儀正しくてモラルがあっていいよね”というのは誰にも迷惑をかけてないけど、褒められてる人に苦言する人がいるのは日本人らしい」と話した。
 批判する人の心情についても「“ゴミ拾いぐらいで褒められやがって”という羨ましいの裏返しだと思いますね。良い事やってこういう事を言われるのは、めんどくさいから良い事をやらないのか確認してからやらないといけない萎縮した社会になるのもどうかなと思います」と持論を展開した。
 そして外国人から見ると珍しい光景であるという。「他の国の人からするとお金を払ってまで外国人が来て、掃除して帰るのは変わった行為なんですよね。スタジアムはかなりのお金を払うので、国でも上流階級の人が行く。そういう人たちはメイドがいるので掃除をしないじゃないですか。だからそういう所に来て、メイドがやるような事をやっているのは珍しいんだと思います」と称賛が出る理由を語った。

自分ではやらないけど賞賛を他人が受けているのは羨ましいってことでしょうね。
やらない善よりもやる偽善ってやつです。行動を起こせるか否かがその人の行動でしょうね。

実際には世界中で日本人の行動が賞賛させているようですね。
日本人がロッカールームや観客席を「清掃する文化」を世界中のメディアが紹介
強豪ドイツを破って世界を驚かせたサッカー日本代表だが、ピッチの外でも世界中に驚きを与えている。日本のサポーターのゴミ拾いをする姿や、代表チームがロッカールームをきれいに整頓して帰ったことなどが世界中のメディアに取り上げられているのだ。
本当に数多くのメディアで報じられているが、その一例を紹介しよう。米国のスポーツ専門メディアESPNは「素晴らしい試合後の伝統が再現された」として、ツイッターでもサポーターのゴミ拾いの姿を紹介し、「彼らは本当に完璧な観戦客だ」と締めくくった。
英メディア「BBC」は「スタジアムの観客席はふつう、食べ終わったトレイや空のカップが散乱している。しかし、サムライブルーがいるときは違う」とし、「日本では清潔さが文化の一部であり、幼い頃から浸透している」と紹介した。
シンガポール紙「ストレーツ・タイムズ」は「幸運と長寿の象徴である折り鶴をロッカールームに置いて帰った」「ロッカールームの美しさはファンに感銘を与えた」と伝えている。
そして、開催国カタールに拠点を置くアルジャジーラは「観客が後片付けをする姿に驚くかもしれないが、日本人にとっては当たり前のこと」だとし、アピールしているわけではないと伝えた。
さらに日本戦だけでなく、カタール対エクアドルの開幕戦でも、日本人のサッカーファンが試合後に清掃していたことを動画付きで報じ、こうした文化は本やテレビ番組でも世界に支持されていると紹介。片付けコンサルタントの近藤麻理恵氏が注目されていることにも触れている。

当たり前のことを当たり前の様に行うってだけの話です。
整理、整頓、躾、これは日本の教育に組み込まれていますし、生活する場所は美しくって話ですね。

日本人の行動は世界中で賞賛されています。海外旅行でも日本人の宿泊を歓迎する外国は多いのです。
その事実は過去からの日本人の行動が反映された評価ってものですね。
大切にしていきたいものです。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



教育 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2022/11/29 06:00

勝ちたくても全く届かない韓国

捏造慰安婦
新嘗祭が無事に終わり、いよいよ冬になってきましたね。
そろそろ巣ごもりの準備が必要になってきています。
そんな中、斜め上の国は悲惨なことになってきましたね。
梨泰院の事件では何故か政府の責任になりつつありますね。
頭の中で何を考えるとそのようになるのかが一切理解できません。
何が起きているのでしょうね。

そもそも若者の未来が絶望的っていうのが問題なのかもしれません。
梨泰院雑踏事故のトラウマと韓国2030世代の悲しき日常…借金・住宅高騰で10人中9人が貧困
目の前で友人が…
ハロウィーンを前に韓国ソウルの繁華街・梨泰院(イテウォン)で150人以上が亡くなった事故は、韓国社会に大きな衝撃を与えた。
事故当時、現場では必死の救助活動が展開された。その場にいた市民も救助に加わり心肺蘇生(CPR)を施す姿が随所で見られた。何とか命を助けようと懸命に友人の名前を呼び、手を動かしたものの、目の前で何人もの人が亡くなった。

現場では必死の救助活動が行われたが…
「助けられなくてごめん……」
生き残った若者たちの中には、自分が助かったことに罪悪感を抱く人も少なくない。また、通勤時の地下鉄など人が密集した場所を恐れるなど、多くの市民が事故のトラウマに苦しんでいる。
梨泰院近くやソウル市庁前広場に設けられた合同焼香所には、犠牲者の冥福を祈る市民の列が後を絶たない。
「梨泰院にいた娘が無事に帰ってきたときは嬉しかったが、子供を失った母親の気持ちを思うと胸が痛む」
「自分の孫のような若者たちが亡くなってとても辛い」
死者156人のうち、104人が20代だった
死者156人のうち20代が104人と最も多く、30代は31人、10代は12人と続く。未来ある若者たちを救えなかったことが、人々を一層苦しめている。
世界各国から人々が集まる多国籍な街・梨泰院だけに、外国人の死者も日本人2人を含む26人に達した。国籍もイラン、中国、ロシア、米国、フランス、オーストラリアなどさまざまだ。
梨泰院は多様性と自由を象徴する場所から一転、痛ましい惨事の現場として記憶されることになってしまった。

米軍基地の街から「梨泰院クラス」の街へ
筆者が韓国に留学していた1980年代半ば、梨泰院は米軍基地の街だった。
米国のファストフード店がまだ珍しかった時代、梨泰院に行けば、「ウェンディーズ」があり、ピザが食べられた。
韓国初のジャズクラブ「ALL THAT JAZZ」が有名で、韓国に居ながらアメリカっぽさを感じることができた。米兵相手のバーやクラブが軒を連ね、夜になると危険な雰囲気も漂い、一般の韓国人や若い女性にとっては近寄りがたい場所でもあった。
ソウルで企画・翻訳オフィスを運営するライターの伊東順子氏によれば、梨泰院が今のような一般の韓国人にも人気の街になったのは2000年代半ば以降だという。米兵が減った代わりに外国人観光客が多く訪れるようになった。さらに、イスラム圏の人々が多く暮らすようになり、街が多国籍化した。
また、2010年代に入ると若者の創業ブームが梨泰院にも波及し、比較的地価の安い路地裏に個性的な店が次々と誕生していった。そこには、性的マイノリティの人々も含まれていた。
日本でも人気の韓国ドラマ「梨泰院クラス」も、多様な価値観を受け入れ、それを楽しむことができる街として梨泰院を描いていた。海外にいる気分を味わえるきれいな建物、世界各国の多様な人種、誰もが自由に見える。世界の縮図のような街――若者にとっての梨泰院は、一発逆転を可能にするコリアンドリーム実現の舞台でもあった。

10人に9人が貧困経験…ソウルの若者達の苦悩
梨泰院でハロウィーンを祝う習慣が根付いたのは2015年前後からのようだ。体験を重視し、SNSにその写真を挙げて共有することを楽しむ20~30代の「MZ世代」が中心となり、毎年のイベントとして定着した。
韓国では1980年代半ばから1990年代初頭生まれの「ミレニアル世代」と1990年代後半から2010年生まれの「Z世代」を合わせてMZ世代と呼ぶ。デジタルネイティブで個人主義的な性向を持つMZ世代は、消費市場をけん引し、その動向は企業のマーケティングで最も重視されている。

「MZ世代」を中心に梨泰院でハロウィーンを祝う習慣が根付き、毎年のイベントに
経済的に豊かになった韓国に生まれ、恵まれた消費生活を存分に享受する世代とのイメージがある。だが実は、お金の心配をせずに消費活動を楽しめるのはごく一部の若者に過ぎない。
ソウル研究院が2022年8月に発表した「ソウル市青年の多次元的貧困と政策方向」報告書をみてみる。
ソウル居住の青年3000人(18~39歳)の貧困状態を▽経済▽教育・能力▽労働▽住居▽健康▽社会的資本▽福祉――の7つの領域(重複あり)で分析したところ、1586人(52.9%)が経済面で、1208人(40.3%)がうつや自殺願望を抱くなど健康面で、それぞれ貧困状態にあることが判明した。また、1122人(37.4%)が社会的に孤立したり人間関係がうまくいかなかったりする社会的資本の貧困▽1061人(35.4%)が失業や求職断念など労働面での貧困――などの状態にあり、「いずれかの領域で貧困状態にある」は実に85.9%に上る。
新型コロナウイルス感染によってこうした貧困の危険性は拡大・固定化する傾向にある。
景気の低迷、失業の増加によってMZ世代の債務者も増加した。2022年4月の時点で若者層(39歳以下)の多重債務の総額は39兆ウォン(約4兆500億円)を超えた。
住宅価格の高騰に伴い、「チョンセ」(毎月の家賃の代わりに家主に預けるまとまった額の保証金)を工面したり、少しでも所得を増やそうと株式や暗号資産(仮想通貨)などに投資したりするために借金をする若者も多かった。
しかし、株式市場は暴落、若者に人気の高かった韓国発の暗号資産ルナは破綻した。さらに、返済金利の上昇も加わり、若者たちは悲鳴を上げている。
ハロウィーンを楽しもうと多くの若者たちが梨泰院を訪れたが…
そんな苦しい日常を一時でも忘れ、久々にマスク無しのハロウィーンを楽しもうと梨泰院を訪れた若者たちを思うと胸が痛む。梨泰院雑踏事故を招いた「安全不感症」と同様に、若者の貧困問題は日本にとっても他人ごとではない。事故原因の究明とともに、日韓の若者が置かれた現状に目を向ける必要がある。

非常に厳しい日常を忘れようと思ってお祭りに来たがそこで事故にあったということでしょうね。
悲しいことかもしれません。

韓国の経済は危機に瀕しているそうですね。
韓国民の96%「わが経済は危機に直面している」…経済副首相「果敢な規制廃止で体質改善」
韓国民の96%は「韓国経済が危機状況に直面している」と考えていることがわかった。国民は特に急がれる課題として「低出産・高齢化問題」と「共生政治の回復」をあげた。
これにチュ・ギョンホ(秋慶鎬)経済副首相兼企画財政相は21日「わが国はかつてのような複合経済危機に直面するようになった」とし「あらためて汎政府的な努力が必要で、政府も非常な覚悟をもって生活物価の安定政策など民生経済の安定を推進していく」と語った。
チュ副首相はこの日、ソウルのホンルン・グローバル知識協力団地で開かれた “経済開発5か年計画60周年記念懇談会”に出席し、先のように語った。チュ副首相は「現在わが経済は再び、グローバル供給網の再編と技術覇権競争の深化、カーボンニュートラルのような新たな経済・通商課題の台頭、低出産・高齢化・過度な規制などによる経済活力の低下などの対内外的な挑戦要因に加え、高物価・高金利などの悪材料まで重なったことで、複合経済危機に直面するようになった」と強調した。
つづけて「果敢な規制廃止・企業課税体系の整備などを通じた民間中心の経済運用など、わが経済の生産性と成長潜在力を引き上げるための体質改善の努力を並行している」とし「来年の5月ごろに国内外の専門家を招き、わが経済におけるこの60年の成果と課題を深く分析し、大韓民国が進むべきビジョンと方向性について話し合う国際カンファレンスを開催する」と付け加えた。
韓国開発研究院(KDI)の院長代行がこの日発表した、この60年間の成果および今後の韓国経済の課題に関する国民調査の結果によると、一般国民の96%・経済専門家の97%が「現在わが国は危機状況に直面している」という意見を持っていることがわかった。今回の調査は、一般国民1000人と経済専門家405人を対象に実施された。
危機克服のための急がれる課題としては「低出産・高齢化問題に対する対応」(国民38%・専門家37%)と「陣営論理から抜け出した共生政治の実現」(37%・29%)があがった。
一方、この60年間において韓国が成し遂げた経済・社会的成果について、一般国民の73%・経済専門家の94%が「肯定的」に判断した。

不安要素が非常に多いですね。
少子高齢化は日本でも言われていますし、先進国ではよく問題視されています。
家庭が安定しないっていうのが最大の問題なのでしょうが、社会の安定しないってのも気になるところですね。

韓国の経済の柱である輸出がウォン安でも伸びていないというのも問題でしょうね。
韓国、「経済の柱」輸出が16.7%急減…今年の累積貿易赤字400億ドルに迫る
2カ月連続で輸出がマイナス成長する危機に置かれ貿易戦線に赤信号が灯った。年間貿易赤字が400億ドルに迫る一方、8カ月連続の赤字も目前にしている。
関税庁は21日、こうした内容の11月1~20日の輸出入動向資料を発表した。この期間に輸出は332億ドルで前年同期比16.7%減少した。昨年の16.5日から15.5日に減った操業日数を考慮した1日平均輸出額も11.3%減った。輸入は376億ドルで1年前より5.5%減少した。
輸入より輸出の減少幅が大きく貿易収支赤字は44億2000万ドルと集計された。年間累積貿易赤字は399億6800万ドルに増え400億ドル突破を目前にしている。これまでで最大の年間赤字を記録した1996年の206億2400万ドルの2倍に近い。4月から始まった月間赤字も8カ月にわたり続くことが確実視される。
韓国経済を支えた輸出が全般的に振るわないことが貿易収支の悪化をあおっている。先月の輸出額が5.7%減り2年ぶりにマイナス成長を記録したのに続き再び輸出減少が有力視される。月末までこの傾向が続けばコロナ禍初期である2020年3~8月以降で初めて2カ月連続の減少となる。
特に輸出主力商品である半導体が揺らいでいる。半導体輸出額は前年同期比29.4%急減し大きな打撃を受けた。輸出上位10品目のうち乗用車が28.6%、石油製品が16.1%増え体面を整えた。しかし船舶が71.4%減、無線通信機器が20.6%減、鉄鋼製品が18.8%減など、ほとんどが下り坂に立った。
米国向けが11%増えた以外、主要国向け輸出額もすべて減少傾向を見せた。最大の貿易相手国である中国への輸出が回復の兆しを見せていない。対中輸出額は1年前より28.3%減った。
これに対しエネルギー発の輸入リスクは着実に続いている。全輸入額は減っているが原油が19.1%増、ガスが21.2%増、石炭が2.2%増と3大エネルギー源輸入はいずれも増加傾向を示した。輸出入ともに警告灯が灯り貿易赤字はますます大きくなりそうだ。世界的な景気低迷による半導体需要鈍化と価格下落、中国の新型コロナウイルス封鎖にともなう景気回復不振などがかみ合わさり輸出の反騰は当分容易ではないからだ。
延世(ヨンセ)大学経済学部のキム・ジョンシク名誉教授は「いまは良くても貿易赤字がさらに増えれば経常収支への負担も大きくなるほかない。今後強力な緊縮よりは輸出を増やし景気のハードランディングも防ぐ側に政策的焦点を変えなければならない」と明らかにした。

ウォン安で輸出が増えてもおかしくないのですが、なかなか増えないってのも気になるところですね。
まあ、日本も円安になっているので日本製品が売れているのかもしれません。
多様な部品がなく、単一生産しかしていない韓国はさらに厳しいのでしょうね。

観光客は増えているようですね。
入国規制が緩和された韓国ソウルの今…目立つのは日本人より欧米人、雑踏事故後もデモは“密”
【奇妙?単純? 韓流の方程式】#104
 今月1日から韓国への入国規制が大幅に緩和された。日本人のビザなし入国を再開し、出入国の際のPCR検査も不要。それでも以前のような気楽さはない。事前にネットで「K-ETA」(大韓民国電子旅行許可)を申請して許可をもらう必要があり、現地での手続きを短縮するために「Q-CODE」(検疫情報事前入力システム)の登録も推奨されている。
 出入国の条件はどんどんアップデートされ、日本への入国も「MySOS」(入国者健康居所確認アプリ)が廃止され、「Visit Japan Web」のアプリに切り替わった。インターネットでの手続きが必要となり、空港では年配の女性が「難しくて自分ではできず、息子にやってもらった」とゲンナリ。帰国にはワクチン3回接種済み証明書も必要だ。
 こうして入国しても、金浦空港にかつてのような賑わいはない。空港から市内に向かうバスも今は運休したまま。空港案内所で確認したところ、まだ再開の予定はないという。そのため市内にはタクシーか電車で向かうことになる。
 空港からホテルに荷物を配送してくれるサービスも中断しており、ビザは不要でも根気と体力が必要になった。しかも円安に加えて、現地での物価も上昇。食事や買い物も以前ほどのお得感がない。

■東大門はかつての活力は感じられず…
 ソウルの街には観光客が戻ってきているように感じた。だが目立つのは日本人よりも欧米人で、観光地の明洞(ミョンドン)はメインストリートが賑わっているものの、路地に入ると空き店舗が多い。もともと家賃の高い地区だ。韓国メディアによれば、商業施設や店舗の空室率はなんと40%を超えているという。
 同じく観光スポットの東大門(トンデムン)も深刻で、長年、東大門で働く女性も「日本人の客足は当初期待していたほど増えていない」と嘆く。梨泰院の雑踏事故も影響してか、かつての活力は感じられなかった。
 一方、人気スポットの弘大(ホンデ)や合井(ハプチョン)は、観光客よりも韓国の若者たちで賑わっていた。夜になると人が増えていく。その光景を目にした韓国人女性は「事故以来、梨泰院から流れてきた若者も多いのではないか」と推測する。
 観光地の活気が失われても、週末に行われた数万人規模のデモだけは妙な熱気を帯びていた。市庁前広場では労組が、大統領執務室の近くでは保守系と革新系の双方が、デモを行っている。大勢の警察官も配備され、交通網は混乱。日本の羽田空港も同じく、入国する人々をうまく誘導できず密になっていた。梨泰院の雑踏事故からまだ1カ月もたっていないのに、いたるところで雑踏ができている。

デモが盛んな韓国って感じですね。
毎週毎週飽きもしないでソウルではデモが行われているって感じです。
ストレス発散って感じなのかもしれませんね。

未来に展望が見えない韓国社会
厳しい現実がそこに迫っているのでしょうね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
教育 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2022/11/25 06:00

いまだに続くハロウィンの惨事

真砂岳
もうすぐ冬ですね。
そろそろ冬支度が必要な時期です。
そしてお鍋がおいしい季節でもありますね。
新嘗祭の季節であり、収穫に感謝する収穫祭の季節でもあります。
街中がお祭りで賑わっていますね。
さて、その収穫祭で感謝する文化伝統を忘れて騒ぐようになった祭りがあります。
というか、日本はどこの国の祭りでも楽しめるからよい文化ですね。

でも、お隣の国で惨事となったようです。
ハロウィンはいかにして韓国の祭りになったのか
 29日夜にソウル梨泰院(イテウォン)で大規模な圧死事故を招いたハロウィンは、米国の代表的な秋祭りのひとつで、アイルランドに住んでいたケルト人が毎年10月31日に行っていたサウィン(Samhain)祭にルーツがあると伝えられる。
 古代ケルト人たちはこの日を、死者の魂が来世に旅立つ前に人間世界を訪れる日だと考えた。食べ物を並べて死の神に対して祭祀を行う一方、この時に開かれた地下世界の門を通って共に上がってきた悪霊が家の中に入って来ないように、家の扉の前に食べ物と酒を供えた。食事するだけで帰ってくれとの趣旨だ。また悪霊が自分を悪霊の一員だと考えるように奇怪な姿に扮装する風習があったが、これがハロウィンの原型だ。
 ハロウィンは、18世紀までは米国に移住した25万人あまりのアイルランドやスコットランドからの移民がニューイングランドとメリーランド、そして一部の南部地域で行う祭りにとどまっていたが、1840年代中盤のジャガイモ疫病から始まった大飢饉で100万人のアイルランド人が米国に渡ってきて定着したことで、ハロウィンも米国全域に広がった。生前に多くの悪行を犯したため天国と地獄のどちらにも行けなかった「けちんぼジャック」の魂が持ち歩いていたというカボチャの形をした提灯「ジャック・オ・ランタン」もこの時、共に広まった。これは大きなカボチャの中身をくり抜き、その中にろうそくを固定したもので、今日のハロウィンの象徴となっている。くり抜いたカボチャの中身はカボチャパイやスープの材料として使われる。
 ハロウィンになると、米国の多くの家庭では様々な形や色のジャック・オ・ランタンや、クモ、骸骨、魔女などのハロウィンを象徴する様々な装飾で家の内外を飾る。子どもたちは各種の怪物やフランケンシュタイン、魔女、ドラキュラなどに扮装し、ハロウィンの装飾がある家々を回ってキャンディーやチョコレートをもらうが、この時に叫ぶ言葉が「トリック・オア・トリート」だ。これは「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ」という意味。米国の代表的なスーパーであるコストコ、ホールフーズ、トレーダージョーズなどではハロウィンに先立って親子のために様々なチョコレートやクッキー、扮装道具などの記念商品を販売する。
 ハロウィンがいつ、どのようなきっかけで韓国に流入したのかははっきりしない。ただ、一部の文化研究者を中心として、米国のハロウィンが日本を経てコスチュームプレイ、すなわち「コスプレ」と結合し、その後、改めて韓国のソウル梨泰院(イテウォン)や弘大(ホンデ)などに伝わったという分析がなされている。時期的には2000年代半ば以降、梨泰院が急激に商業化される時期と一致する。
 特に最近では、保育所や英語幼稚園などでもこの日を記念してファッションショーやパーティーを開く雰囲気が急速に広がっている。ソウル蘆原区(ノウォング)に住むLさん(44)は「7歳の息子が通う小学校付設幼稚園では毎年ハロウィンイベントを開いているが、今年も子どもたちが参加するハロウィン・ファッションショーと、あらかじめ約束してある場所を回っておやつをもらうトリック・オア・トリート・イベントを行った」と語った。
 慶煕大学グローバルコミュニケーション学部のイ・テックァン教授は30日、本紙の電話取材に対し、ハロウィンの流行を「商業化」と「ソーシャルメディア」という2つのキーワードで説明した。イ教授は「米国の代表的な祭りといえるハロウィンが日本でコスプレと結びついて本格的に商業化の様相を呈し、韓国にはそのようなルートを通じて商業化したハロウィンが上陸した。その後、若い世代の文化として固定化した」とし、「特にインスタグラムなどのソーシャルメディアを通じて自己のアイデンティティを確認しようとする若い世代を中心に、最も強い効果を与えうるビジュアル的要素としてのハロウィンが脚光を浴びるようになった」と述べた。

なんか日本から来た文化で日本が悪いとなりそうな感じの記事ですね。

でもお祭りに良し悪しはありません。それに参加する人々の責任なのです。
【寄稿】ハロウィーンに罪はない
 「国籍不明の西洋のお化けごっこがそんなに好きだったのか?」。先月29日にソウル市内の繁華街・梨泰院(イテウォン)で発生した「ハロウィーン雑踏事故」。これは、ソウル中心部で起こった前例がほとんどない悲劇を目の当たりにして全国民が衝撃を受け哀悼の意を表す中、インターネット上に投稿された一部の人々のゆがんだ発言だ。
 私は、そうした発言はハロウィーンに対する無知に端を発すると考えている。現在のハロウィーンは、中世ヨーロッパのケルト人が冬を迎える祭り「サウィン祭」、古代ローマの死者の祭り「フェラリア祭」、さらにはメキシコとラテンアメリカで毎年10月31日から11月2日まで行われる「死者の日」と同じ日付だが、別物だ。現在のハロウィーンは特定の国や宗教圏の伝統的な祭りでは収まらなくなった。全世界の若者たちが共有するグローバルな大衆文化の祭りになっている。
 昨年のハロウィーン・シーズンを思い出してみよう。韓国ドラマ『イカゲーム』がネットフリックスを通じてブームになった。すると、全世界の若者たちが『イカゲーム』の中の登場人物に扮(ふん)して街に出て、楽しく過ごした。今年10月8日に朝鮮日報とインタビューした米国のポップアーティスト、マット・ゴンデック氏が言ったように、今の子どもたちは聖画ではなく漫画を見て育つ。現在のハロウィーンは宗教ではなく、大衆文化が中心となった新しいタイプの祭りだとみるべきだ。
 梨泰院ハロウィーン雑踏事故をめぐり、「西洋のお化け」うんぬんするのが正しくないのはこのためだ。犠牲者や現場に繰り出した人々はほとんどが20代前後の若者たちだった。彼らは8年前、小中高生の時に貨客船セウォル号沈没事故を目撃し、しばらく経って新型コロナウイルス流行で青春を「ロックダウン」された世代だ。3年ぶりに街に戻ってきた彼らを見て、誰が後ろ指をさすことができるだろうか。犠牲者を哀悼し、負傷者の全快を祈り、若者たちをいたわりつつ、事故の原因を把握し、同じことが再び起こらないように全力を傾けるべきだ。
 2022年の大韓民国でこのような事故が発生した原因は何だろうか。「数多くの人々が集まると予想できたはずなのに、警察官など規制のための人員が足りなかったからだ」という人もいる。現場の状況を撮影した動画などを根拠に、誰かが事故発生時、「押せ、押せ」と叫んでいたことを挙げ、「そうした危険に満ちた行動を取った常識以下の市民意識が原因だ」と言う人もいる。政権交代後、毎週末ソウルの中心地で行われている大規模集会やデモのため、警備が手薄にならざるを得なかった現実を指摘する声にもそれなりの説得力がある。
 問題は、災害と事故に対する韓国社会の議論に政治が過度に介入しているということだ。梨泰院事故発生直後の先月30日、野党・共に民主党のシンクタンク「民主研究院」の南英姫(ナム・ヨンヒ)副院長がソーシャル・メディアに掲載した文章を見てもそれが分かる。「百歩譲っても原因は全て(ソウル市)竜山の国防部にある大統領室に集中した警護人材のせいだ」「依然として(ソウル市瑞草区)瑞草洞のアクロビスタ(大統領私邸がある高層マンション)から出退勤する珍しい大統領、尹錫悦(ユン・ソンニョル)のせいだ」という南副院長の投稿は、あまりにも不適切であきれたもので、共に民主党の支持者たちからも非難され、現在は削除されている。
 まさにそのような態度が韓国社会を安全からいっそう遠ざけている。振り返ってみよう。2014年のセウォル号沈没事故以降、韓国社会で「安全」を呼びかける声が不足したことは一度もなかった。「安全のために涙する国民がただの一人もいなくなるようにします」。2017年4月、当時の文在寅(ムン・ジェイン)共に民主党大統領候補が「生命安全の目」というオブジェに書いた誓いの言葉だ。大統領になった彼は、行政自治部と国民安全処を統合して行政安全部を新設した。文前大統領は自ら先頭に立ってセウォル号を国民安全の象徴にした。
 ところが、その結果はどうだっただろうか。大韓造船学会と韓国科学技術団体総連合会が出てきて説明しても、社会的惨事特別調査委員会は現実性のない外部衝突説にこだわっている。セウォル号事故陰謀論で映画を作って一役買ったインターネット・メディアのジャーナリスト、金於俊(キム・オジュン)氏は今も毎朝、交通放送(TBS)のラジオ番組のマイクを握っている。災難を政治的に活用する「災難の政治化」を超えて、今や政治そのものが災難となる「政治の災難化」が進んでいるのではないか。
 ハロウィーンに罪はない。韓国社会がこのような悲劇に見舞われる原因は「西洋のお化け」のせいではない。「政治の亡霊」のせいだ。安全を政治の論理で振り回すようなことは二度と繰り返してはならない。そうすれば原因を正しく把握し、長期的に実効性のある対策を立てることができる。犠牲者とその家族に深い哀悼の意を表す。

安全を政治の責任にするのがそもそもおかしいのです。
一人一人の責任で安全を確保するのです。暴走する人が出たりしますが、それを押し留めるのも政治に任せるのではなく一人一人の考えなのです。それが判っていないということでしょうね。

でも、このような考え方になるのが朝鮮人の特徴なのでしょうね。
ソウル雑踏事故 韓国メディア、警察庁トップ「当時休日で、酒を飲み眠っていた」と報じる
 156人が犠牲となった韓国ソウル・梨泰院の雑踏事故からきょうで一週間となる。追悼の声とともに政府や警察への批判も高まっている。
 事故をめぐっては、警察庁トップの尹熙根庁長に一報が入ったのが発生の約2時間後だったとして、指揮の滞りが被害拡大の一因と指摘されていた。韓国メディアはきょう、尹庁長が事故当日、休日を利用してキャンプ場を訪れ、酒を飲んで眠っていたため連絡に気付かなかったと報じた。
 政府や警察の対策不備や事故後の対応に批判が強まる中、夕方にはソウル市内で大規模な「ろうそく集会」も予定されている。(ANNニュース)

そもそもトップがいないと何もできないわけでもないと思います。
なのに責任をトップに押し付けようとするのもおかしな話です。
休日だったのですよね。それは仕方ないことですし、連絡がなくても現場では救助活動がなされていたはずです。

阿呆臭いですね。
梨泰院惨事と日本の影響
韓国はキリスト教徒が多く、街には教会が目立つ国だが、ハロウィンが関心の対象になったのは近年のことだ。最初は幼稚園や小学生の英語教室などでお遊びとしてハロウィン・パーティーが広がり、それが年齢に関係なく繁華街の季節の風景になったのはこの数年のことだ。筆者の見方では日本の影響という感じが強い。
クリスマス時のクリスマス・ケーキ大売り出しやバレンタインデーのチョコレート交換など、日本ルーツで始まった宗教色抜きの商売的な季節イベントはそのまま韓国に伝わり楽しまれている。同じようにハロウィンも、近年の日本の東京・渋谷などでの若者風景が影響を与えたように思う。
日本のハロウィン人気はこの20年ほどのことで、日本的なコスプレ文化とあいまって街頭文化として定着傾向にあるが、韓国では元は米軍向けの基地の街で今も外国人が目立つ〝異国色〟の強い梨泰院(イテウォン)がハロウィンの中心になっていた。梨泰院には渋谷駅前のような広場はない。バス通りの左右の狭い路地に飲食店が密集し、そこに若者の群れが押し寄せ〝路地裏惨事〟になった。
そこで対応を怠った警察や街頭での対策に批判が集中し、渋谷警察のハロウィン対策など日本の経験が脚光を浴びている。あらためて「日本に学べ」の雰囲気である。(黒田勝弘)

日本では古来からお祭りで人が集まる行事が多く、それに伴い商工会議所や青年会、自治体などが交通整理や安全対策を行う文化がありました。
それが今でも続いているということですが、韓国は建国から70年程度ですし、その前の王朝はひどいものでしたのでなかなかそのような考えにならなかったのでしょう。
それが惨事を生んでしまった原因ではないでしょうか?

いい加減にこのようなニュースはけりをつけて安全対策を行える社会構築をしてもらいたいものです。
それが血に塗られた安全マニュアルなのです。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
教育 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2022/11/09 06:00

日本を超えたはずの韓国

ハローウイン
先日、韓国では痛ましい事件が発生しました。
ハロウィンのイベントで多くの人が亡くなったそうです。
いろいろと言いたいことがありますが、ご冥福をお祈りします。

さて、いろいろとありますがその韓国の経済に赤信号がともっているです。
韓国が「日本より暮らしやすい国」だって…? 「在日3世」の私が久しぶりの“日本帰国”でわかった「おかしな韓国」のヤバい現実
「在日3世」の私が久しぶりの日本帰国で感じたこと
今年の夏は、お盆を日本で過ごすため時期を少しずらし一時帰国した。
親はすでに亡くなっているので、大阪、今里の大叔父宅へ挨拶に行ってきた。コロナ禍もあり3年ぶりとなる帰国(在日3世で、いまは韓国に住んでいる韓国籍の私にとって、日本への「帰国」と言って良いかは別にして)は、親戚から友人、行きつけの店の店主までも喜んでくれたが、反面、質問攻めであった。
それもそのはず、ここ数年は文在寅前政権によって最悪の日韓関係が続いてきた中、追い打ちをかけるようにコロナ禍がやってきて、なかなか韓国の“生の声”が聞けなかったからだ。
質問の多くは「文政権下での韓国民への憂慮」と「在日として韓国での暮らしはどうか?」「本当に国民の半分は主体思想なのか?」というものが多かったが、私の書いている記事を知ってくれてる親戚、友人は「よくぞ!書いて訴えてくれた」と乾杯が夜通し続いた。
日本での一時帰国で日本滞在をしている最中はずっと、周りを見渡すと明らかに韓国に住んでいるときとの違いを感じる。
それは価値観というか、人間としてのマインドが違うと感じるのだ。

「韓国の生活レベルは日本より高い」って…?
そんな時にふと数年前のある記事を思い出した。
その記事の内容は米国の質問掲示板上で、「韓国は本当に日本よりも発展しているのか」という質問をして、これに対して、韓国のネットユーザーの多くが回答を寄せているというものだった。これに対して、日本のネットユーザのコメントはなかったという。
質問に対する韓国人のコメントによれば「韓国は日本よりも人類発展指数(HDI)が高い。これは、健康、教育、収入、寿命、識字率、1人あたりGDPなどから総合的に見た、各国の発展レベルを示す指標だ。韓国はすでに、わずかながらこの指標で日本を上回っている、韓国が17位で、日本は20位だ。韓国の生活レベルは日本より高いのだ」というのだ。
また、「韓国は世界でもっともイノベーション力を持った国。韓国にスティーブ・ジョブズはいないが、非常に大きな企業グループが存在して、新しい商品を開発、生産している」といった声から、「インターネットの速度で韓国は日本を遥かにリードしている。他にも、造船業や半導体、チップ製造技術も日本より強い」といった声もあった。
それだけではない。

「反日」という人災
「日本はアニメが世界的な強さを持っているが、韓国は音楽やテレビ文化で多くのファンを獲得している」といった声もあった。
さらには、「日本は地震や津波といった自然災害が多い一方、韓国ではマグニチュード6を超える地震は発生したことがない」とする声もあった。
確かに韓国は日本に比べて地震、津波と言った自然災害はないが、韓国は自然災害よりも被害の大きい「反日という教育被害」があるではないか……。私はその記事やコメントを読み切ったあとに、そんなことを思った。いったいどうして、ここまで日本という国と自分たちを比べて、なにもかも反日に結びつけようとするのだろうか、と。
韓国では政府ですらその「反日」を国家扇動の手段として使ううえ、さらにはそれを利用した市民団体という“人災”まで存在する。彼らが国益を、そして韓国国民の一般生活を危うくしていることにまったく気づいていないのではないかと、暗澹たる気持ちになったのだ。
今回、久しぶりに日本に帰ってきて、日本の友人や知人たちと話していて、安心した気持ちになったのは韓国で日々晒されているそうした露骨なマインドから解放されたからだろう。

この国の「正体」
私は日本に住んでいた時、朝鮮総連や朝鮮学校でのデモに強制参加して、そのデモの訴えに矛盾を感じていた。
韓国に移り住むと、そうした矛盾が日常茶飯事に目に付くようになって、さらに気が滅入ることがあった
韓国での市民活動は、慰安婦、徴用工問題をめぐるものが有名だろうが、それだけではない。ソウルではどこに行っても、観光地でさえ、市民団体のデモは行われている。その中には、弱者の見方を装いながら、みずからの“食い扶持”のために活動をしている人たちがいる。本当に社会をよくしたいなどという思いもなく叫んでいる人たちがいることを、私はよく知っている。だから、絶望するのだ。
学生時代、外人登録書の指紋押捺反対デモを何度も何度もした。民団も韓国も指紋押捺を犯罪者扱いするのかと叫んでいた。方、現在、韓国では印鑑証明を作るのに指紋押捺させられる。住民カードを作るとなると、10本の指の指紋を2回押捺させられる。朝鮮学校で強制参加させられた指紋問題デモは、いったい何だったんだろうか。
この夏、日本に滞在しながら、こういう国が日本より暮らすやすい国だなんて、どうしていえるのだろうかと思わざるを得なかった。

まあ、そんなもんなのかもしれませんね。
日本でも共産党や新鮮組のシンパがよくデモや暴動を行っていますので似たような精神性なのでしょうね。
そんなもんでしょうね。

ちなみに韓国は日本と違い企業が短期債務を抱えています。
韓国企業の短期借入金、史上最大53兆円
韓国企業が1年以内に返済しなければならない短期借入金の規模が、史上最大の532兆ウォン(約53兆円)に達することが分かった。23日、韓国政府が50兆ウォン(約5兆円)以上の流動性を緊急供給することにしたが、資金市場を巡る不安要因は依然として残っているという評価が出ている。
24日、韓国銀行の資金循環表によると、韓国非金融企業の短期借入金(短期貸出金·短期債権)は6月末に532兆5193億ウォンで歴代最大だった。昨年末より54兆3447億ウォン(11.36%)増えた。関連統計を作成した2008年以後、半期基準で歴代最大増加幅だ。細部的には銀行貸出など短期貸出金が490兆3709億ウォン、社債·企業手形(CP)など短期債権が42兆1484億ウォンに達した。
韓国企業は、江原道のレゴランドの資産流動化企業手形(ABCP)不渡り事態で難題に直面している。機関投資家たちは、信用度が高い大企業の社債まで投資をためらう雰囲気が広がっているためだ。今月に入って、ハンファソリューション、LGユープラス、韓進などが相次いで社債発行に乗り出したが、投資家を見つけられず、未売却となっている。保守的な資金運用でよく知られているロッテグループ系列会社まで資金源がこじれる状況に置かれた。ロッテ建設は、短期借入金の返済が困難となり、グループ系列会社から7000億ウォン(約700億円)の資金を緊急輸血した。
韓国政府が、前日50兆ウォン以上の流動性供給プログラムを稼動することにしたが「金脈硬化」の解消は難しいという分析が多い。米国中央銀行(Fed)と韓国銀行が並んで基準金利引き上げを予告した状況で、市場流動性がますます厳しくなる可能性が高いためだ。 機関投資家が相次いで今年の債権帳簿を締め切って投資をやめる「ブッククロージング」に乗り出す点も調達市場に否定的な影響を与えている。
同日、短期資金市場は依然として不安な様子を見せた。CP金利(A1等級、91日物)は、前取引日より0.12%ポイント上がった年4.37%で取引を終えた。2009年1月20日(年4.43%)以来の最高値だ。
ロッテ建設は最近、グループ持株会社のロッテ持株に資金運用状況を毎日報告している。短期借入金の返済に困難をきたすなど資金源がこじれてからだ。ロッテグループ系列会社だけではない。SKグループ系列会社であるSKエコプラント、暁星グループ系列会社である暁星化学·暁星重工業なども公募社債発行が難しくなり、8~9月信用保証基金の保証を受けてやっと資金を調達した。政府が一歩遅れて資金市場に流動性を供給することに決めたが、不安感は消えていない。企業の短期借入金(満期1年未満)が530兆ウォンを上回っている上、景気悪化で営業活動を通じたキャッシュフローも悪化しているためだ。
24日、韓国の投資銀行(IB)業界によると、SK·ロッテ·暁星·武林グループ系列会社は8~10月、信用保証基金のプライマリー債権担保証券(P-CBO)を通じて資金を調達した。P-CBOは、信用保証基金などが資金調達に困難を来たしている企業の社債と貸出債権に保証を提供して発行する証券だ。中小企業や資金事情が劣悪な企業が好んで使う資金調達方式だ。保証がなくても資金調達に困難がなかった大企業がP-CBO発行に乗り出したのは、それだけ資金市場が厳しいという意味だ。
暁星化学(900億ウォン)をはじめ、コリアセブン(800億ウォン)、大宇建設(700億ウォン)、麗川NCC(500億ウォン)、プルムウォン食品(300億ウォン)、ヒュービス(700億ウォン)、ロッテ建設(1000億ウォン)などは8月26日、P-CBOを通じて資金を調達した。先月30日には暁星重工業(700億ウォン)、SKエコプラント(600億ウォン)、ダウデータ(500億ウォン)、大宇建設(200億ウォン)、コリアセブン(100億ウォン)などがP-CBOで資金を調達した。27日にはムリムペーパー(500億ウォン)、コスマックス(200億ウォン)、ハンシン建栄(150億ウォン)などがP-CBOで資金を拡充する。LGグループの農業化学系列会社であるファームハンノン、コーロンインダストリーもP-CBOを通じた資金調達を検討している。
ロッテグループ系列会社も、今月に入って外部資金調達が容易ではなかった。ロッテ建設は20日、短期借入金償還などのために系列会社ロッテケミカルから5000億ウォンを緊急調達したのに続き、来月18日には2000億ウォン規模の有償増資を行う。レゴランド発の余波が、ロッテをはじめ大企業に「金脈硬化」を起こしている。ある証券会社の企業金融部門役員は「先週の資金市場は非常に緊迫した状態に戻った」として「ロッテのように財務構造が優秀な企業まで資金源が絡まったとすれば他の会社はどんなに大変だっただろうか」と話した。
韓国政府は23日、資金市場が冷え込んだことを受け、従来の市場安定措置に加え、50兆ウォン以上の流動性供給プログラムを稼動すると発表した。しかし、資金市場をめぐる企業の環境は良くない。6月末現在、非金融企業の短期借入金は532兆5193億ウォン(約53兆2519億円)に達した。市場金利が高止まりを続け、借入金の借り換え(再調達)環境も悪化している。 3年満期「BBB-」等級社債平均金利は年11%台で二桁を維持している。
社債市場が冷え込み、企業の代替資金調達通路として浮上した銀行貸出金利は日々急騰している。韓国銀行によると、預金銀行の8月の企業向け融資の平均金利(新規取扱額基準)は年4.46%で、前月より0.34%ポイント上昇した。2014年7月(年4.54%)以来、8年1ヵ月ぶりの最高値だ。 今月は年5%台を超えたものと推定される。
泣き面に蜂で、企業の稼ぎも芳しくない。第3四半期実績発表シーズンに入った中で「アーニングショック」を発表する企業が増えている。サムスン電子の第3四半期の営業利益は108兆ウォンで、市場コンセンサス(証券会社推定値平均)より9%少なかった。ポスコホールディングスも第3四半期に9000億ウォンの営業利益を出し、コンセンサス(1兆4763億ウォン)比39.0%下回った。コクドケミカルは、コンセンサス(480億ウォン)に比べて72.85%低調な130億ウォンの営業利益を発表した。

まあ、頑張れやって感じですね。
どこの国の景気もよろしくありませんね。だからこそ踏ん張るしかないのです。
日本は手を差し伸べることはないでしょう。約束守らないからね。

政府債務も急激に増えているそうです。
韓国の政府債務、恐ろしいほどの速さで増加… 5年間で主要国の2.5倍
 韓国でこの5年間の政府債務の増加ペースが主要国平均の2.5倍に達するほど速いことが分かった。国際通貨基金(IMF)の「財政モニター報告書」によると、韓国の国内総生産(GDP)に対する一般政府債務の割合は今年末54.1%になるとみられているとのことだ。一般政府債務とは、国家債務(中央政府と地方自治団体の負債)に非営利・公共機関債務を合わせた広義の政府債務を意味する。
 韓国のGDPに対する一般政府債務比率は2017年の40.1%から2021年には54.1%になり、5年で14ポイントも上昇した。一方、同期間の先進35カ国(韓国を含む)は71.6%から77.1%へと5.5ポイントの上昇にとどまった。
 債務比率は依然低い方だが、債務増加幅は先進35カ国平均の2.5倍に達する。IMFは韓国の一般政府債務比率が5年後の2027年には57.7%に達すると予想している。
 2060年には政府債務比率が今年の3倍を超えるという国内外機関の見通しもある。経済協力開発機構(OECD)は先月、韓国経済報告書で、2060年の一般政府債務比率が150.1%になると予測した。韓国開発研究院(KDI)と国会予算政策処は2060年に国家債務(中央政府と地方自治体の負債)の割合だけそれぞれ144.8%、161%に増えると見込んでいる。
 企画財政部は23日、急速に増える政府債務を中長期的に管理するため、今週から「財政ビジョン2050」作成に着手すると発表した。これまで5年だった中長期財政運用計画を30年へと期間を増やして財政の健全性を点検し、対策を設けるということだ。企画財政部関係者は「来年1月ごろ発表できるだろう」と話している。

全然だめですね。日本と違い債権を持っていない韓国は稼ぎがないとすぐに外貨が出ていきます。それをさせないための外貨準備金が不足しているのでしょうね。
目の前のことだけやっていてはどうしようもありません。
10年、20年先をしっかりと考えましょうね。

ある意味、先進国入りしている韓国
「韓国経済は成長がほぼストップ」、海外メディアの報道に韓国ネット「大統領が変わっただけなのに」
2022年10月25日、韓国・京響新聞によると、「輸出の伸びが鈍化し金利が上昇したことで、今年7~9月期の韓国経済は成長がほぼストップしたとみられる」とロイター通信が報じた。
記事によると、ロイターは約20人の経済専門家の見通しを総合し、上記のように伝えた。今年7~9月期の韓国経済は0.1%の成長にとどまり、今年4~6月期の0.7%から低下した。専門家の3人は「完全な萎縮」、2人は「停滞」と予想した。
年間単位で見ると、国内総生産(GDP)に対する約20人の専門家の中央値は2.8%成長で、今年4~6月期の2.9%を下回った。ある専門家は「今年7~9月期のGDP成長率は今年4~6月期に比べ鈍化した可能性が大きい。主に消費の鈍化が原因となっている」「世界経済の見通しが悪化したことで、輸出と製造業の生産劣勢は続くものとみられる」と話した。
今年9月の韓国の輸出はここ約2年で最も低い成長率を記録した。世界景気低迷への恐怖が高まり、最大貿易相手国である中国の経済悪化に対する懸念が深まっているため、さらに低下するものとみられるとロイターは説明。インフレ抑制のための基準金利引き上げの動きも経済に負担を与える要因になっていると指摘したという。
またロイターの別の調査によると、韓国の経済成長率は今年の2.6%から来年は1.9%になると予想されている。
韓国のネットユーザーからは「尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領が就任してから、韓国の経済・安保・外交は奈落の底に落ちた」「尹大統領の作品。うまくいっていた韓国経済を全て崩壊させた」「尹政権がやることといえば、前政権の弾圧と国の恥さらしだけ。そんな国が正常に回るはずがない」「経済だけでなく民主主義もストップしている」「経済は何とか止まれているが、政治は数十年後退した」「大統領が変わっただけなのにここまで落ちぶれるとは」「今すぐに大統領を変えたい」など、現政権への厳しい声が数多く寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

まあ、なんでしょうね。この国は?
10年に一度経済破綻しているような気がしますね。
でも経済成長率だけは先進国並みです。(笑)

何がしたいのかさっぱりな韓国
まあ、頑張ったら~って感じですね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
教育 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2022/11/01 06:00

無責任なマスゴミ

マスゴミ
無責任なマスゴミたち
ナメクジの様に嫌われているマスゴミたちは自分たちの利益のために他人の不幸を喜んでいます。
そのような腐った人間たちが増産されているマスゴミ業界、なんでそんな業界が出来てしまうのでしょうね。
ユーチューバーも最低な人間が多いですよね。それと同じなのでしょう。
志ではなく、金のために人の心を踏みにじる奴らの集団、それがマスゴミってことでしょうね。

安倍元総理や夫人、そして菅前総理を馬鹿にしたコメンテータが謝罪もしないで炎上しているそうですね。
玉川徹氏が15日ぶりテレビ出演 別室からの“謝罪スタート”に「かわいそう」「痩せてたな」集まる同情
 10月19日、テレビ朝日社員の玉川徹氏が、コメンテーターを務めていた『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に15日ぶりに出演した。
 9月28日の放送で玉川氏は、安倍晋三元首相の国葬での菅義偉(よしひで)前首相の弔辞について、「当然これ、電通が入ってますからね」と、広告代理店が関与していると発言。さらに「僕は演出側の人間。テレビのディレクターをやってきましたから。そういうふうに作りますよ。政治的意図がにおわないように」とも語った。しかし翌日、玉川氏は同番組で、この発言が事実誤認であったとして、謝罪した。
 それでも問題は収まらず、玉川氏はテレビ朝日より10日間の謹慎処分を受け、番組に出演はしない状態が続いていた。歯に衣着せぬ発言が話題となる玉川氏は、番組の人気の原動力ともなっており、謹慎期間中には、番組復帰を心待ちにする“玉川ロス”と呼ばれる声も多く呟かれた。そんな中での番組出演は、大きく注目を浴びた。
「通常の回で流されるオープニングテーマは、この日、流れることはありませんでした。番組冒頭、司会の羽鳥慎一さんが、スタジオで玉川さんの謹慎処分と番組復帰に触れ、『玉川さんの10日間の謹慎処分が昨日で終わりました。ここで玉川さんからあらためて説明、おわび、今後についてです』とバトンを渡しました。
 玉川さんが登場したのは、これまで彼がコメンテーターとして数々の厳しいコメントを語っていたスタジオではありませんでした。モニターなどが置かれた別の場所から出演し、約2分にわたり、一連の問題について謝罪しました。紺のスーツに黒ネクタイといった格好で、やややつれたような印象でした」(芸能記者)
 玉川氏は「私の事実誤認のコメントにより、ご迷惑をおかけした電通、及び菅前総理大臣に対し、あらためてお詫び申し上げます」「(発言の背景に)慢心とおごりがあったからだと反省いたしました。申し訳ございませんでした」とコメントした。今後はコメンテーターとしての出演はせず、自ら取材に赴き、報告するという形で番組に携わっていくという。
 この“スタジオ外謝罪”の様子を熱心に視聴していた“玉川サポーター”も多かったようだ。玉川氏の様子を見た視聴者からは、放送直後から、同情を寄せる声が次々と聞こえた。
《別に好きでもなんでもないけど、玉川さんの謝罪する姿がなんかかわいそうやったなぁ。好き勝手言いたい放題やったのに惨め過ぎる》
《玉川さん、降板じゃないのね。よかった げっそり痩せてたな》
《観ていてちょっとかわいそうに思えるくらいだったが、玉川さんの思いは視聴者にしっかり伝わったと思うので、これからも頑張って下さい。応援します》
 一時は「降板説」まで報じられた玉川氏。スタッフとしては“続投”という形での幕引きとなった。これからは、慢心、おごりのない発言をしていってほしい。

菅前総理に謝罪してないんだけどね。何やってんでしょうね。
そんなことでよいとでも思っているのでしょうか?相変わらず最低な人間であるってことでしょう。
夫人と菅前総理に謝罪してからにしてください。

でも、人を人と思わないマスゴミ業界では好評らしいですね。
最低な奴らです。
玉川徹氏が番組復帰 “別室謝罪”に他局幹部が「なかなか考えられた演出」と感心する理由
「慢心と驕りがあった」
神妙な面持ちで謝罪する玉川氏
 まさに異例ずくめの「謝罪」というべきだろう。情報番組のコメンテーターの発言がこれほど大きな波紋を呼んだことはもちろん、テレビ朝日の“一社員”に過ぎない玉川徹氏(59)の謝罪が、同局の看板番組において約2分半にわたって報じられたこともまた、前代未聞である。
 10月19日放送の「羽鳥慎一モーニングショー」の冒頭、いつものスタジオから報道フロアと思しき別の場所に画面が転じると、そこには直立不動の玉川氏の姿があった。まもなく、玉川氏は神妙な面持ちで次のように語り始めた。
<おはようございます。今回の、私の事実誤認のコメントにより、ご迷惑をお掛けした電通および菅前総理大臣に対し、改めてお詫び申し上げます。このような事実に基づかない発言をテレビでしてしまったという、それは、私の慢心と驕りがあったからだと反省致しました。申し訳ございませんでした>
 事の発端は、9月28日放送の同番組での玉川氏の発言だった。安倍晋三元総理の国葬を扱ったコーナーで、レギュラーコメンテーターを務めていた玉川氏は、菅義偉前総理が友人代表として読み上げた弔辞についてこう発言している。
<まぁ、これこそが国葬の政治的意図だと思うんですよね>、<国葬というものがありました。あの時には、ああいう風な胸に刺さる言葉がありました。そういう風な形で既成事実として残るんですよ>、<僕は演出側の人間ですからね。(中略)政治的意図がにおわないように、それは、制作者としては考えますよ。当然、これ、電通が入ってますからね>
 この発言がネットを中心に批判の集中砲火を浴び、玉川氏は翌日の同番組内で事実誤認を認めた上で謝罪することに。だが、それでも“玉川発言”に対する非難の声が止むことはなく、テレビ朝日から出勤停止10日間の“謹慎”処分が下されることとなった。

ギリギリ合格点の落としどころ
 その間も“降板説”や“BPO案件に”といった報道が続いたことで、謹慎が明けると同時に“2度目の謝罪”へと追い込まれたわけである。19日の放送で玉川氏はこのように続けている。
<謹慎の10日間、私は事実確認の大切さ、テレビで発言することの責任の重さを考え続けました。そして、事実確認こそが報道の根幹である、その原点に立ち返るべきだと考えました。これまで私は、スタジオで様々なニュースに対しコメントを続けてきましたが、これからは現場に足を運び、取材をし、事実確認をして報告する。その基本にもう一度、立ち返るべきだと考えました。そして、その結果は、この「羽鳥慎一モーニングショー」でお伝えする。そういう風な考えに、私は今回、至りました>
<この間、報道局幹部とも話し合いを続け、このような私の考えを理解してもらいました。視聴者の皆さまにもご理解頂けると有難く存じます。今後、このような形で仕事を続けて参りますが、ご支援のほどよろしくお願い致します>
 玉川氏の謝罪を受けて、司会の羽鳥氏は、<基本に立ち返るというのは玉川さんの思いであり、テレビ朝日の考えであり、私も同じ思いです。これから玉川さんは現場に足を運びまして、取材をして、玉川さん独自の目線で取材、そして、分析をして、番組で報告するという形を取らさせて頂きます。番組をご覧頂いている皆さまの信頼を回復できるように、これからもしっかりと番組作りを進めて参りたいと思います。どうそよろしくお願い致します>と述べている。
「番組での謝罪が繰り返された以上、玉川さんの発言に対する世論の逆風が、テレビ朝日の想像以上に大きかったことは間違いありません。ただ、19日の放送は、番組を守るために“これしかない”という意味で、ギリギリ合格点の落としどころだったと思います」
 そう指摘するのは民放幹部である。

謝罪と番組本編を切り分ける
「普段の『モーニングショー』はオープニングのテーマ曲に乗せて、番組のタイトルロゴが大写しになってからスタートします。しかし、19日の放送ではその演出が割愛されていました。つまり、玉川さんの謝罪シーンと、番組本編を完全に切り分けているわけです。しかも、前回とは違って、今回は玉川氏をスタジオではなく、別の場所で謝罪させていました」(同)
 そこに込められた意図とは何なのか。
「スタジオ内で玉川さんが謝罪すると、同席した羽鳥さんや他のコメンテーターの表情がバッチリと映し出されてしまう。あえて見解を述べなくても、他の出演者がこの謝罪について怒るべきか、許すべきか、静観しているのか、視聴者に迫られる格好になる。そうした“画面”になることを避けたかったのだと思います。あえて番組と切り離し、玉川さんのワンマンショーにすることで、番組や羽鳥さんや他の出演者が巻き添えにならない形で切り抜けようとした。なかなかに巧妙な演出だったと思います」(同)

「モーニングショー」と玉川氏の今後については、
「『モーニングショー』の高視聴率が、攻めの玉川さんと、守りの羽鳥さんの両輪で支えられていたのは事実。ただ、まだ石原良純さんや長嶋一茂さんといったメンバーが残っているので、玉川さんがスタジオを離脱しても大崩れはしないと思います。今回の“謝罪”は最大の正念場でしたが、番組を存続させるための最低限の“禊”にはなった印象です。玉川さんについても、全面的に謝罪させながら、降板はさせず、今後に期待を持たせることができた。もちろん、これに納得しない人たちは少なくないと思いますが、熱心な視聴者が番組離れを起こすことはないと感じます」(同)
 日本中の注目を集めた“謝罪”を乗り切った玉川氏。還暦を目前に控え、再起はなるか。

馬鹿みたいな話です。
本人に謝らないで謝罪って何考えているのでしょうね。
あきれてものが言えません。最低、最悪な番組であり、人の心を失った人間たちってことでしょう。
葬儀を邪魔していた奴らの本性ってことでしょう。

結局、本人たちに謝罪もせずに捏造ばかり繰り返すマスゴミたちです。
玉川徹氏「羽鳥慎一モーニングショー」出演継続へ…19日朝に15日ぶり生出演で謝罪と経緯説明
 安倍晋三元首相の国葬についてテレビ朝日系情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)で失言し、謹慎していた同局コメンテーターの玉川徹氏(59)が、今後も出演を継続する方向であることが18日、分かった。19日の同番組に15日ぶりに生出演し、謝罪の上、自らの口で経緯を説明する。
 同局関係者によると、社内では降板を求める声も多かったものの、これまでの玉川氏の功績を評価する意見も。6日には、早河洋会長や有識者からなる「放送番組審議会」が開かれたが、降板という結論には至らなかった。
 玉川氏は9月28日の同番組で、国葬で菅義偉前首相が読んだ弔辞が国民に絶賛されていることについて「僕は演出側の人間。テレビのディレクターをやってきましたから。そういうふうに作りますよ。政治的意図がにおわないように」と発言。その上で「当然これ、電通が入ってますからね」と指摘した。
 玉川氏は翌29日の番組で「事実ではありませんでした」と謝罪。だが社内外で怒りの声が噴出し、局では玉川氏を10月5日から10日間、出勤停止する謹慎処分に。番組責任者もけん責処分とした。
 玉川氏は同局の社員ながらも、同番組でレギュラーコメンテーターを務める。歯に衣(きぬ)着せぬ発言で注目を集めており、番組は同時間帯では民放トップの視聴率を誇る。同局関係者も「玉川さんは自ら進んで悪役をやってくれるので、番組が作りやすく重宝する存在。本来は物静かな人なのに、番組では身内の批判も平気でするから社内でも隠れシンパが多い」と明かす。
 番組関係者によると、玉川氏は今回の件を「かなり反省している」という。一度は出演継続となっても、世間の風向き次第で状況が変わる可能性もある。19日の発言に注目が集まる。

反省していても謝罪をしないコメンテータ
結局無責任なのですよね。
そんな業界が社会に通用している実態が癌だと思います。

だからこのような捏造を繰り返すのでしょう。
TBS「報道特集」が大炎上 安倍元首相へのデジタル献花と旧統一教会との関係で「印象操作」か 「だまし撃ち」的な取材の疑いも浮上
TBS系の報道番組「報道特集」に対する疑問・批判が噴出している。今月15日の放送で、安倍晋三元首相へのデジタル献花について、「デジタル献花に信者が影響?」と取り上げたため、放送を根拠に「旧統一教会が関係していた」という虚偽情報がネット上に拡散したのだ。最終的に取材対象者全員が関係を否定したが、「信者が影響?」というテロップを入れ続け、取材過程を伝える番組内容だったこともあり、視聴者の誤解が広まったようだ。番組スタッフによる「だまし撃ち」的な取材の疑いも浮上し、テレビ放送に詳しい識者は「印象操作に近い」「許されない取材手法では」などと指摘している。
報道特集は15日、デジタル献花が「祝福二世が発案・実行」したとするメッセージが信者間で出回っていて、旧統一教会との関係の有無を探る内容を放送した。発案者とされる人物や、旧統一教会の信者らに献花を呼びかけるメールを送ったとされる男性、デジタル献花プロジェクトの実行委の男性を取材したが、全員が関係を否定した。
結論としてデジタル献花と旧統一教会との関係はなかったが、約8分間の放送中、画面右上には「デジタル献花に信者が影響?」というテロップが表示され続けた。
この放送後、SNSでは、番組を引用して「やっぱり旧統一教会が絡んでいた」などデジタル献花について否定的な内容の投稿が殺到した。放送行政を担当する総務省にも、番組内容の真偽を確認する問い合わせが寄せられた。
ネット上の騒ぎを受け、デジタル献花プロジェクト実行委は16日、公式ツイッターで、《昨日#報道特集が「デジタル献花に信者が影響?」と題して、旧統一教会の方々にデジタル献花との関係を問う取材をしていましたが、彼らは実行委員会のメンバーで無いことを断言します。「立案者が信者」も事実ではありません。このような発信をあえてしないといけないことが残念です。》と声明を出す事態にまで発展した。
夕刊フジの取材に応じた実行委の中心メンバーの男性は、「(番組が)両論併記でやっていても事実、誤解される方が多数いたのは残念」と話し、番組スタッフの取材手法について、次のように証言した。
男性によると、番組スタッフから今月6日、取材依頼のメールが届いた。そこには、聞きたい項目として「国葬を終えてプロジェクトをどう思うか」「(安倍)昭恵夫人に集まった声をどう渡すのか」などがあったが、旧統一教会に関する内容はなかった。
ところが、11日の取材当日、番組のスタッフは突然、献花と旧統一教会との関係を質問してきた。予定されていた質問はわずかで、ほとんどが旧統一教会に絡む内容だった。
番組の取材に対し、男性は「虚偽が分かったわけなので、報道しない方がいい」とTBS側に伝えたという。案の定、放送された結果、虚偽情報が広がり、男性は「非常に残念だ」と悔やむ。
TBSなど放送各局でつくる日本民間放送連盟の「報道指針」には、取材手法について、「人を欺く手法や不公正な手法は用いない」と定められている。
夕刊フジは、TBSに対して、①今回の報道に問題はなかったか②デジタル献花プロジェクト実行委に対する取材手法の真偽―などについて質問状を送った。
同社社長室広報部は文書で、「番組では『デジタル献花プロジェクトは祝福2世が発案・実行』というメッセージが、信者の間で流れていたという事実について取材を行った」と趣旨を説明した。そのうえで、取材対象者全員が否定したことを放送したと回答した。
取材手法については言及がなかったため、再度確認をしたが、「回答文書がすべて」と返答してきた。

識者はどうみるか
元NHKアナウンサーである自民党の和田政宗参院議員は「デジタル献花プロジェクトの実行委が完全否定しても、さも信者が中核に関わったかのような流れで放送され、角度がついている。否定も肯定も補強する証拠を示さず、結論も明示せず、意図的に不十分な内容にしたかのようだ。デジタル献花について誤解をする人を増やした責任は大きい」と語った。
テレビ放送は、国民の共有財産である電波の使用免許を得ておこなっている。電波はテレビ局の私物ではない。
作家でジャーナリストの門田隆将氏は「デジタル献花について視聴者に悪い印象を植え付け、貶める目的の印象操作に近いのではないか。公共の電波を使って、一定の方向に持っていこうとしたとすれば大問題であり、放送倫理・番組向上機構(BPO)が扱う案件だと思う。(実行委に取材依頼した際)本来の取材趣旨を言わないことが事実ならば許されないことだ」と語った。

結局、人をだまして嘘を吐いて捏造して炎上させる。
マスゴミたちはこれしか出来ないのでしょう。
それを面白がっている人もまた同罪でしょうね。

この程度の低俗な人間たちを作っているマスゴミ業界、つぶれてもいいのではないでしょうか?
感想はいりません。記事を淡々と流してください。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
教育 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2022/10/24 06:00
 | ホーム | Next »