「伝えよう!祖国復帰の真実、語り合おう!その志」 

18446876_1475420629198177_9208710381466336322_n.jpg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    〜45年目の沖縄県祖国復帰顕彰〜
  5.20沖縄県祖国復帰45周年記念靖國集会
 「伝えよう!祖国復帰の真実、語り合おう!その志」 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
https://www.facebook.com/events/602722289917703/
 
◎日時
  ◇受付:12 時半  ◇開会:午後1時 ◇閉会:3時半
 
◎場所:靖國会館2F(靖国神社境内内)
 
◎参加費: 1,000円
 
◎参考動画(是非御覧ください)
 <当法人PV>

 
※集会後、第一鳥居前から神田公園まで祝賀大パレードを開催します。(午後4時第一鳥居前集合)
 
------------<プログラム>------------
 
■奉納芸能
  ◎琉球舞踊 「かぎやで風節」 兼次映利加
  ◎琉球民謡 「谷茶前」
         八重山古典民謡保存会 慶田盛宏研究所]
(沖縄県指定無形文化財保持者)
 
■主催者挨拶  
  ◎吉田康一郎
   (前東京都議会議員,一般社団法人日本沖縄政策研究フォーラム理事)

■来賓挨拶
  ◎藤岡信勝氏(新しい歴史教科書をつくる会副会長)
  ◎その他、調整中
  
■伝えよう!祖国復帰の真実>
  <45年目の沖縄県祖国復帰顕彰(ビデオレポート)>
   「祖国復帰を一日でも早く!」
    沖縄返還協定批准貫徹県民大会上京陳情団の活動とその意義

   ◎(沖縄返還協定批准貫徹実要請上京団取材ビデオ)
 
  <沖縄県祖国復帰45周年記念大会(沖縄)に参加して>
   ◎仲村洋子氏(ニコ生「あっぱれ沖縄」キャスター)
   ◎知念章氏(護佐丸リラーニングサポート・元防衛省職員)
  
■語り合おう!その志
  <若者の提言>
   ◎川端隆拓(キャリアコンサルティング)
   ◎椛島明美(全日本学生文化会議 事務局長)
   ◎町田理華(キャリアコンサルティングメンバー)
 
  <活動提言>
   ◎仲村覚(一般社団法人日本沖縄政策研究フォーラム理事長)
 
■決議文朗読・採択
   ◎嘉手苅毅(キャリアコンサルティングメンバー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
講演会 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/05/20 06:00

第12回「昭和の日」記念式典

16298738_1344119278996022_3711925337396450931_n.jpg
私たちが祖先から受け継いできた日本精神と共に、人類の至宝ともいえる万世一系の皇統が健やかに受け継がれ、神代の物語の時代から未来へと通じる皇運を扶翼していく機会へと繋いでまいりましょう。

◆第十二回「昭和の日」記念式典 基調講演・音楽会

◆ 第一部
基調講演
- 日本は天皇の祈りに守られている -

講師 
松浦 光修 先生
皇學館大学文学部国史学科教授
國學院大學神道学博士

◆ 第二部
昭和の小さな音楽会
- 陛下と共に日本を彩った昭和の音楽と唱歌 -

◆ 式典会場
大阪市立歴史博物館 四階講堂
大阪府大阪市中央区大手前4丁目1−32
地下鉄谷町線・中央線「谷町4丁目」駅「9番出口」をでてすぐ。

◆ 開場12:00 開演13:00 終了16:00

※ 周辺に駐車場がございますが混雑が予想されます。公共交通機関のご利用をおすすめします。
※ 博物館樣の「常設展示階(9階~5階)」への 「入館」は「有料」です。ご来場の際、お間違えのないよう、よろしくお願いいたします。
※ 当日、館内1階総合受付付近に、博物館樣側でご用意いただきます「式典会場直通」の「専用エレベータ」で4階の式典会場へお越しください。
※ 博物館樣の展示をご覧になられた上で会場へお越しの方は、博物館樣展示順路に設けられております「各階連絡エスカレーター」の4階降り口より、式典会場へご入場することも可能です。

◆ 主催
「昭和の日」実行委員会

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
講演会 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/04/29 06:00

今年中にすべての被害者の救出を!国民大集会

997085_711914798899782_1176096342671663164_n.jpg

今年は横田めぐみさんらが拉致されて40年目、家族会が結成されて20年目となります。15年前に被害者5人が帰国して以来拉致被害者は一人も帰国していません。家族会・救う会は今年2月の合同会議で新たな運動方針を協議し 、「政府に対し、拉致問題を最優先とし今年中に拉致被害者を救出することを強く求める」ことを決め、総理、大臣等に強く要請しました。 北朝鮮は、昨年2回の核実験の暴挙を行い、さらに20数発のミサイルを発射しました。今年もミサイル発射を続けており、関係国に脅威を与え、国際社会の制裁を敢えて無視する態度に出ています。 家族会・救う会は、北朝鮮に対する国際社会の制裁強化や北朝鮮の外貨不足の状況に鑑み、むしろすべての拉致被害者の帰国に向けての実質的な協議の環境が整いつつあると見ています。しかし、拉致を理由にかけた独自制裁は、国連制裁以上に厳しいものです。私たちはこれを交渉の手段として使ってほしいと要請しました。 金正恩は、実の兄金正男をテロで暗殺しました。北朝鮮が協議に応じないならば、国際テロ組織を支援することを違法とする「国際テロ組織支援禁止法」のような法律を作り、北朝鮮をテロ支援国と指定し、そのような国家への送金や技術移転などを全面的に禁止し、わが国国内の教育においても、そのような国家の政権やリーダーを称賛する各種学校は認可禁止、公的資金での補助金を禁止するよう求めました。お知り合いの皆様にもお声掛けをしていただき、奮ってご参加ください。

と き
平成29年4月23日(日)午後2時から5時まで

開 場
午後1時(先着順)

ところ
砂防会館別館1階、シェーンバッハ・サボー
東京都千代田区平河町2-7-4 TEL:03-3261-8386
地下鉄永田町駅(有楽町線・半蔵門線・南北線)4番出口徒歩1分
5番出口(都道府県会館前)はエレベーターあり
赤坂見附駅(銀座線・丸ノ内線)が永田町駅に接続

登壇者
安倍晋三総理大臣(要請中)、加藤勝信・拉致問題担当大臣
家族会・救う会役員、拉致議連役員、知事の会代表、地方議連代表、
各党代表、調査会役員と同家族

参加費
無料(会場カンパ歓迎)

以上
もう今年で終わりにしたいものです。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
講演会 | コメント:(3) | トラックバック:(0) | 2017/04/23 06:00

〜45年目の沖縄県祖国復帰顕彰〜

17862775_1437668019640105_8137447696413495643_n.jpg
【最重要イベント・拡散・シェアをお願いしますm(__)m】
 結論から申し上げますと、日本国民を揚げて、沖縄県祖国復帰記念日を祝うことにより、日本を揺るがすような様々な沖縄問題は、雲散霧消するように解決いたします。
なぜなら、日本民族の聖戦である沖縄の戦いと、日本民族の奇跡である、沖縄県祖国復帰の誇りある歴史を取り戻し、分断工作の隙を与えることの無い、強い一丸となった日本国を取り戻すことができるからです。
5月20日は、是非ご一緒に、皆様と靖國神社にて、沖縄戦の英霊皆様に、
「皆様が命をかけて守った沖縄が、沖縄県に祖国復帰して無事45週ね経過いたしました。これからも皆様の志を引き継いで、決して沖縄を再び他国に渡すことのないように守り抜きます!」
とお誓い申し上げたいと思っております。
是非、拡散ご協力の上、ご参集をお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    〜45年目の沖縄県祖国復帰顕彰〜
  5.20沖縄県祖国復帰45周年記念靖國集会
 「伝えよう!祖国復帰の真実、語り合おう!その志」 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://www.facebook.com/events/602722289917703/
◎日時
  ◇受付:12 時半  ◇開会:午後1時 ◇閉会:3時半
◎場所:靖國会館2F(靖国神社境内内)
◎参加費: 1,000円
◎参考動画(是非御覧ください)
 <当法人PV>
 https://youtu.be/_gviAJY6xEM
※集会後、第一鳥居前から神田公園まで祝賀大パレードを開催します。(午後4時第一鳥居前集合)
平成28年1月靖国 
------------<プログラム>------------ 
■奉納芸能
  ◎琉球舞踊 「かぎやで風節」 兼次映利加
  ◎琉球民謡 「谷茶前」
         八重山古典民謡保存会 慶田盛宏研究所]
(沖縄県指定無形文化財保持者)
 
■主催者挨拶  
  ◎吉田康一郎
   (前東京都議会議員,一般社団法人日本沖縄政策研究フォーラム理事)

■来賓挨拶
  ◎藤岡信勝氏(新しい歴史教科書をつくる会副会長)
  ◎その他、調整中
  
■伝えよう!祖国復帰の真実>
  <45年目の沖縄県祖国復帰顕彰(ビデオレポート)>
   「祖国復帰を一日でも早く!」
    沖縄返還協定批准貫徹県民大会上京陳情団の活動とその意義
   ◎(沖縄返還協定批准貫徹実要請上京団取材ビデオ)
  <沖縄県祖国復帰45周年記念大会(沖縄)に参加して>
   ◎仲村洋子氏(ニコ生「あっぱれ沖縄」キャスター)
   ◎知念章氏(護佐丸リラーニングサポート・元防衛省職員)
  
■語り合おう!その志
  <若者の提言>
   ◎川端隆拓(キャリアコンサルティング)
   ◎椛島明美(全日本学生文化会議 事務局長)
   ◎町田理華(キャリアコンサルティングメンバー) 
  <活動提言>
   ◎仲村覚(一般社団法人日本沖縄政策研究フォーラム理事長)
 
■決議文朗読・採択
   ◎嘉手苅毅(キャリアコンサルティングメンバー)


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
講演会 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/04/16 06:00

櫻井よしこ先生の「憲法改正を学ぶ講演会」を開催します。

o0629088713894188150.jpg
朝鮮有事が迫っておりますが、日本はいまだ対応できる法体制になっておりません。
安倍総理はミサイル発射に対して以下の指示を行いました。
【北朝鮮弾道ミサイル発射を受け安倍総理指示】
1.情報収集・分析に全力を挙げ、国民に対して、迅速・的確な情報提供を行うこと 
2.航空機、船舶等の安全確認を徹底すること 
3.不測の事態に備え、万全の態勢をとること

しかし、これだけの事が出来るのでしょうか?自民党はやる気はあっても民進党や共産党などが邪魔をしかねません。
そのような状況を起こさないためにも憲法改正が必要ではないのでしょうか?
憲法改正は足掛かりです、その後帝国憲法に戻すも良いし、自主憲法制定でもよいでしょう。
私は時代に合った自主憲法制定を行っていきたいと考えています。

今日、山梨県で憲法改正の講演会が開かれます。
是非、話を伺ってみてください。
以下、赤池先生のブログをパクります。
「国づくり、地域づくりは、人づくりから」参議院議員(全国比例区)の赤池まさあきです。
 今年は、現行憲法施行70年目の節目に当たります。昨年夏の参院選に勝利して、改憲が政治日程に上がってきているはずなのですが、国会での議論はどうかというと・・・
安倍総理は今年1月の施政方針演説で次のように発言しています。
 「自らの未来を、自らの手で切り拓く。その気概が、今こそ、求められています。
 憲法施行七十年の節目に当たり、私たちの子や孫、未来を生きる世代のため、次なる七十年に向かって、日本をどのような国にしていくのか。その案を国民に提示するため、憲法審査会で具体的な議論を深めようではありませんか。
未来を拓く。これは、国民の負託を受け、この議場にいる、全ての国会議員の責任であります。」
 http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement2/20170120siseihousin.html
 安倍総理の呼びかけは、残念ながら一部消極的な野党のために、実を結んでいません。
衆参両院に設置された憲法審査会での議論は、参議選後も、活発とは言い難い状況です。内容も、基本的なことばかりで、改憲条項の絞込みには程遠い状況です。

 衆議院 前国会2回+今国会1回=3回 今週2回目が開催予定
 http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kenpou.nsf/html/kenpou/index.htm
 参議院 前国会1回+今国会0回=1回 開催予定が経っていません。
 http://www.kenpoushinsa.sangiin.go.jp/

 私が所属する参議院での議論が、衆議院に比べても開催できないのは大変残念です。一部消極的な野党を動かすためにも、改めて国民の力が必要です。各地では、憲法改正に向けての国民運動が展開されています。
 美しい日本の憲法をつくる国民の会 https://kenpou1000.org/

●山梨で櫻井よしこ講演会
その一環でもあり、憲法改正に向けて、山梨県甲府市で櫻井よしこ先生の講演会を開催致します。ぜひ多くの方のご入場をお待ちしております。
日時:平成29年4月13日(木)午後5時開場 午後5時30分開会
会場:コラニー文化ホール http://www.yamanashi-kbh.jp/map.php
   〒400-0033 山梨県甲府市寿町26-1
主催:美しい日本の憲法をつくる山梨県民の会、自民党山梨県連等

●私の憲法への意見
 現在の憲法改正条項の絞込みについて、緊急事態条項や教育無償化、地方の統治機構等、様々な主張がなされています。私は、現行憲法の問題はいくつかある中で、一番の課題は、戦争放棄を定めた憲法9条だと思います。戦後一貫して指摘されてきましたが、近年安全保障環境が厳しい中、国家国民を守ることが十分できないことを憂慮するからです。特に、戦力不保持、交戦権を否認した9条2項を改正して、自衛隊の役割を明確化し、国民の国防の義務を明記する必要があると思っています。
 皆さんはどうお考えでしょうか。 

●参考資料
憲法制定過程について 「日本国憲法の誕生」国立国会図書館編http://www.ndl.go.jp/constitution/index.html
自民党の憲法の考え方は 憲法改正推進本部http://constitution.jimin.jp/
経済団体連合会 憲法の考え方http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2005/002/honbun.html#part4
私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」をモットーに、全ては国家国民のために、日々全身全霊で取組みます。


権利や自由だけが記載されており、大切な義務の事が書かれていない憲法、これは排除していかないといけないと思います。
憲法改正まったなしです。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
講演会 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/04/13 06:00
 | ホーム | Next »