FC2ブログ

今年も参拝してきました。

令和二年8月15日 大鳥居前
今年は暑い日になりましたね。
8月15日、終戦の日に靖国神社に参拝してきました。
まあ、別に靖国神社でなくても良かったのですが、気分的にはね。
地元の護国神社には14日に参拝させていただきましたので上京してきました。
朝早くの高速バスで行きましたので多摩御陵に寄ってからの参拝です。
朝一で国会議員や地方議員の会が参拝することが判っていましたので混乱を避けるためにお昼前の11時に参拝しました。
と思ったら今年の参拝客は非常に多くなっており、なかなか大変な事態になっていました。
遊就館にて特別展示を見つつ参拝客が減るのを待っていましたが、なかなか動かない( ^ω^)・・・
嬉しいのですが、炎天下で待つのはつらかったですね。
これなら国会議員と一緒に参拝すればよかったかな?と思わなくありません。
その後、チャンネル桜の日の丸街頭行進に参加して、靖国神社を後にしました。
反天連を見たかったのですが今年も迫力ありませんでしたので気が付かなかったというべきなのでしょうね。チャンネル桜の街宣の方がよっぽど人が多かったですし、好意的な雰囲気でした。
警護していたのが機動隊ではなく普通の警察官、しかも女性まで駆り出されていたのは申し訳ないです。
炎天下の中、警察の方々には頭が下がる思いですね。
今年の靖国神社の参拝客は例のコロナ禍の影響もあって少なかったそうですが、その分東京都の人がお見えになっていたようです。
如何にテレビなどが下らない事で騒いでいるかを目のあたりにしたことでしょう。先人の思いを大切にしていきましょう。

さて、国会議員の参拝は必須だと思いますが、地元に帰っている人は地元の護国神社に参拝されています。
靖国神社だけではなく各地方の護国神社も同じように先人を祭る神社です。
この日に参拝することがステータスチックになっているのはあれかもしれませんが、参拝しないよりも参拝したという思いが世界を動かすこともありますね。
今年は閣僚の内4人が参拝したそうです。
衛藤担当相 靖国参拝「中韓からいわれることではない」 記者に反論
 衛藤晟一領土問題担当相は終戦の日の15日、東京・九段北の靖国神社を参拝した。閣僚の参拝は4年ぶりで、記者団の一部から「中韓からの反発が予想されるが」と質問されると、衛藤氏は「われわれの国の行事として慰霊を申し上げた。中国や韓国からいわれることではないはずだ。そういう質問のほうが異常だ。こういうことを七十何年間続けてもしようがないのではないか」と述べた。
問題にならないところで問題にしたいというマスゴミの思いがよくわかる記事ですね。
外交問題にしたのは朝日新聞です。中共や韓国は一切そんなこと言っていませんでしたが、日本人が問題化させた事例として長く語り継がれることでしょう。

石原さんは陛下にも参拝していただきたいという思いを語っています。
石原元都知事が靖国参拝「首相と天皇陛下は参拝を
 元東京都知事の石原慎太郎氏が15日、東京・九段北の靖国神社を参拝した。参拝後、拍手で迎えた参拝者らに向けて「首相は当たり前だけど、天皇陛下に参拝していただきたい。なぜ参拝してもらえないのか」と訴えた。
 石原氏は、靖国神社に近い日本武道館で全国戦没者追悼式が営まれていることに触れ「一足伸ばして、天皇陛下と首相はなぜ参拝しないのか。何で遠慮してるんだ」と主張すると、参拝者らから「その通りだ」などの声があがった。

気持ちは判らなくありません。参拝していただきたいという思いは判ります。
でも御親拝ですよね。
その為にも馬鹿な事で騒いでいるマスゴミへの反撃が必要だと思います。
視聴率と金の奴隷であるあいつらに思い知らせる必要があるでしょうね。

因みに中共は日本を敵に回したくない様でまだ何も言っていませんね。
中国、日本の4閣僚の靖国参拝を速報
 【北京=三塚聖平】中国メディアは15日、日本の小泉進次郎環境相ら4閣僚が靖国神社を参拝したことを相次ぎ速報した。
 国営新華社通信は、終戦の日の閣僚参拝は4年ぶりで、4人の参拝は第2次安倍晋三政権発足後で最多だと詳細に報じた。また、安倍首相が全国戦没者追悼式で述べた式辞について、「『戦争の惨禍を、二度と繰り返さない』と表明したが、アジアの国への加害責任には言及しなかった」と指摘した。
 中国外務省は15日夕までに談話などを発表していない。
 新華社は14日に配信した記事で、安倍政権に対して「日米防衛協力の強化や、平和憲法改正を推進するなど、戦後の国際秩序に挑戦する一連の振る舞いをしている」と牽制(けんせい)した。

小泉進次郎が参拝していたんですね。知りませんでした。
赤池先生や衛藤さんなどが参拝していたことは知っていましたけど初耳ですね。
誰も相手にされていない環境大臣なんてそんなもんでしょうね。そりゃまあ、麻生さんや安倍総理などが参拝していればニュースになっているでしょうが小泉程度では話題にもなりませんね。
で、中共はなんも言わなかったと言う事ですね。

で、韓国は馬鹿な話をしてきています。
日本閣僚が靖国神社参拝 韓国政府「深い失望と憂慮」
【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は15日に報道官論評を発表し、日本で終戦の日を迎え閣僚4人がA級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社を参拝し、玉串料を奉納したことについて、深い失望と憂慮を表明した。
 論評は、靖国神社が「日本の過去の侵略戦争を美化し戦争犯罪者を合祀している」とした上で、「日本の責任を担う指導者たちが歴史を直視しながら過去の歴史に対する謙虚な省察と反省を実際に行動で示してこそ未来志向的な韓日関係を構築し、ひいては周辺国と国際社会から信頼を得ることができる」と指摘した。
 日本の閣僚が終戦の日に参拝したのは4年ぶり。4閣僚の参拝は第2次安倍内閣発足後で最多となる。安倍晋三首相は参拝しなかったが玉串料を奉納した。

まあ、ほっておきましょう。話題を提供するだけの存在です。

みんなが当たり前のように参拝できる環境を作ることは国家議員には出来ません。
出来るのは国民の意思です。それを再認識する場でもありました。皆さんが普通に参拝できる環境を作っていきましょう。
それが私たち国民の出来る事だと思います。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



神社 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/08/20 06:00

令和二年 靖国神社参拝

1511237_573464479394577_1384448553_n.jpg
さて、今年も暑い夏が又来ましたね。
令和二年八月十五日 昭和天皇の御聖断より75年が経過しました。
今の日本をみて勇敢に戦われた英霊の皆様はどのように感じているのでしょうか?
平和になったと言って喜んでいるのか?それとも人としてどうかな?と言う人が増えたねと残念がっているのか?
私にはわかりません。別に靖国神社に参拝しなければならないという話をしているわけではありませんし、例大祭こそ神社の重要な祭りごとです。
でも、心情的には総理や国会議員は靖国神社を参拝していただきたいものです。

さて、勘違いしている国がありますね。
自分たちへの注文は内政干渉とか言っているくせに他国の内政干渉を平気で行う二枚舌の国があります。
安倍総理が参拝するかしないかは総理が決定する事であって他の国、組織が口を出してよいものではありません。
首相の靖国参拝は「首相が適切に判断」 菅官房長官
 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は11日午前の記者会見で、安倍晋三首相が今月15日の終戦の日に靖国神社を参拝するかどうかに関し「首相が適切に判断する事柄だ」と述べるにとどめた。菅氏は自身の参拝についても「同様だ」と語った。終戦の日の閣僚の参拝は、平成29年から昨年まで3年連続で見送られている。
 首相は参拝を見送り、例年と同様に自民党総裁として私費で玉串料を奉納するとみられる。

総理の参拝は総理が決定する事であって私たちの意見は意見でしかありません。
様々な要素が絡まって行ける行けないの判断になるのであって、行かないから売国奴扱いする人や行くから戦争を望む総理というレッテルを張る人にはわからない事です。
立場が人の行動を制限する。社会に出ると当たり前の事であり、出来る出来ないを検討する必要が出てくるのです。

それが判っていないので一宗教組織が政教分離の観点からもあり得ない手紙を出してくるのです。
首相が靖国神社公式参拝しないよう要請文 真宗教団連合が郵送
 浄土真宗の10派でつくる「真宗教団連合」(事務局・京都市下京区)は、安倍晋三首相や閣僚が靖国神社(東京都千代田区)を公式参拝しないよう首相に要請文を出した。
 例年は自民党本部を訪れて直接提出しているが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため4日に郵送した。要請文では「国民を代表する首相および閣僚が公式参拝することは、憲法に定められた信教の自由、政教分離の精神に背く行為であり、容認できない」としている。

このような手紙を出されても宗教の自由並びに政教分離の観点からも賛同できません。
人として大切な事を忘れた宗教組織に何の意味があるのでしょうね。
一言、日本人を馬鹿にしている宗教組織って事でしょう。
誰にも相手されないのでマスゴミが相手になっているだけでしょうね。いい加減な奴らです。

一方、武漢ウイルスの感染防止の観点から集団での公式参拝は行わないらしいです。
靖国一斉参拝、議連が中止 感染拡大防止で
 超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久元参院副議長)は4日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、15日の終戦の日に合わせた靖国神社(東京・九段北)の一斉参拝を中止すると発表した。尾辻氏と議連事務局長で日本遺族会会長の水落敏栄参院議員の2人が代表して参拝する。
一斉に参拝することを辞めるだけで参拝しないとは言っていません。
申し合わせて参拝することを辞めるだけですね。私は変わらず参拝する予定です。

日本人として当然の権利であり、国会議員として当たり前の義務と言える日本の為に戦った英霊へお礼を言うだけの行為
靖国神社参拝、誰に遠慮する必要もありません。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
神社 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/08/15 06:00

GHQの負の遺産 自民党も返上しよう

78082977_1226012227583996_5133639542640738304_n.jpg
こちら元防衛大臣です。
彼と現防衛大臣の間に余計な人が入りましたが、彼のような国士がいて自衛隊が本来の姿に、国軍としての名誉を取り戻すことが出来そうな今日です。
しかしながら旧来の自民党の考えの人もいて、そのような人が日本の足を引っ張っているのが現状です。
その足を引っ張っている旧来の自民党の代表ともいうべき小沢一郎、それとほぼ同期である河村や二階
この自民党の膿を出し切らない事には日本の再生は遅れる事でしょう。

その悪しき自民党の代表たる二階はこんな見識の持ち主であり国会議員である資格を失っているようです。
二階氏「男女平等社会を考えれば結論出る」、女性・女系天皇の見解問われ
 自民党の二階俊博幹事長は26日の記者会見で、女性天皇と女系天皇についての見解を問われ「男女平等、民主主義の社会なので、それを念頭に入れて問題を考えていけば、おのずから結論は出るだろうと思っている」と述べた。
このように人道的にも科学的にもおかしな話をしているのが二階と言う事になりますね。
そもそもなんで男系にしているかの理由も考えたことがないのでしょうか?
家庭の幸せ、女性の幸せを無視したこのような発言、何故か人権団体や女性の権利を訴える団体は抗議しませんね。
まあ、繋がっている組織が反日だからかもしれませんね。

このように不勉強で不見識な国会議員に対して常識を持ち合わしている議員は警告を発しています。
波紋広げる自民幹部の女系天皇「容認」発言 重鎮「不勉強だ」
 皇位継承のあり方をめぐって、自民党幹部から「女系天皇」容認論が飛び出し、波紋を広げている。政府は来春以降に安定的な皇位継承策の検討を本格化させる方針だが、女系天皇の容認は長年の伝統を無視し、天皇の正統性を失わせることにつながる。「女系」と「女性」天皇の違いなどについて国民の理解が深まっているといえない状況で、党幹部の発言は混乱を招きかねない。(広池慶一)
 「男女平等、民主主義の社会を念頭に入れて問題を考えればおのずから結論は出るだろう」
 自民党の二階俊博幹事長は26日の記者会見で、女性天皇と女系天皇への見解を問われこう述べた。二階氏は平成28年にも「女性尊重の時代に天皇陛下だけ『そうならない』というのは時代遅れだ」との考えを示している。
 甘利明税調会長も24日のテレビ番組で「男系を中心に順位を付け、最終的な選択としては女系も容認すべきだ」と発言した。
 女性天皇は過去に「中継ぎ」として10代8人存在したが、126代にわたって皇位は常に男系で継承されてきた。
 安倍晋三首相は国会答弁などで、皇位継承に関しては、男系の重みを踏まえるとの認識を重ねて強調している。党内でも岸田文雄政調会長は25日の会見で「皇室の長い歴史や伝統を考えた場合、女系天皇は慎重に検討すべきだ」と発言。6月の会見でも「男系天皇の存在は長い間、歴史・伝統を守り続けてきた点で大きな重みを持つ」と述べた。
 こうした中で、党幹部から女系容認論があがったことに対し、ある党重鎮は「女系になったら皇室が全く別ものになってしまうことを知らないのか。不勉強だ」と苦言を呈す。
 もっとも、皇位継承に関し、党の公式見解は定まっていない。「男系維持」を訴える声が根強いものの、議論が紛糾すれば国論を二分する危険性もあるだけに、表だった党内議論には慎重になっている。
 ベテラン議員は「議論を始めれば『女性・女系』対『男系』の論争に発展するリスクがある」と警戒。若手議員も「党の見解をまとめれば、各党と対立し、政局に利用されかねない」と懸念する。
 一方、世論調査では女性天皇と女系天皇の違いなどについて十分知られていない現状も浮き彫りになっている。皇位継承議論の本格化に向け、国民の理解を深めるための啓発も今後の課題となる。

知識的に違いが判っていない事に対して周知していかないといけないのにテレビなんかは女系を推進して日本を破壊しようと必死になって男系を攻撃しています。
そもそも全く異なる話であり、関連性のない話を男女平等だからと言う馬鹿理論で展開しているこの見識のなさが日本を駄目にしているのでしょうね。

そのほかにも二階はこんな問題発言をしています。
二階氏「国賓待遇は当たり前」 中国国家主席来日
 自民党の二階俊博幹事長は26日の記者会見で、来春に予定される中国の習近平国家主席の国賓としての来日について「国賓待遇でそういう立場の人をお招きするのは当たり前だ」と述べた。尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺への領海侵入や邦人拘束の問題が解決していないため、党内から習氏を国賓として迎えることに反発の声が出ている。
媚中派と言われる二階、観光協会の会長にもなっているそうですね。
それだけあって中共からの支那人観光客が減ることは非常に嫌がるって事でしょうけど、日本人は特定亜細亜の観光客を嫌っており、観光被害と言う言葉が出来るくらいです。
そして習近平は現社会に於いて最大の虐殺者です。
ウイグル・チベット・モンゴルで行われていた虐殺、民族教育を名に行われている思想教育、混血児を強制させる政策を行っているそうですね。
そしていま香港では未来を掛けて中共の圧政に立ち向かっている若者が多くいます。
その状況を見ていて習近平を国賓として呼ぶのでしょうか?
前の天安門事件、世界から批判を浴びた中共ですが、天皇陛下の御意向によって批判を間逃れました。
天皇陛下の政治利用とはこのことではないのでしょうか?
マスコミは一切反対をしていません。いつもは反対反対と声高々に言うのにです。

常識を持ち合わしている自民党の国会議員連から反対の声が上がっています。
中国主席の国賓来日に反対 自民有志「護る会」の決議全文
 自民党の保守系有志議員のグループ「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」(代表幹事・青山繁晴参院議員)は13日、国会内で会合を開き、中国が尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺海域への公船の侵入行為や香港市民に対する弾圧姿勢を改めない限り、来春予定される習近平国家主席の国賓としての来日に反対する決議文をまとめた。
 青山氏は会合後、記者団に「尖閣や香港の問題をなかったかのように習氏を国賓として迎えるのは国としておかしい」と強調。「中国が日中間に横たわる問題や香港などで基本的人権(の侵害問題)を改善すれば、国賓来日は歓迎する」とも述べた。
 青山氏らは同日夕、首相官邸を訪れ、岡田直樹官房副長官に決議文を手渡した。
 岡田氏は、決議文の内容を安倍晋三首相と菅義偉官房長官に伝えるとした上で、「自民党の反対論や国民の中にある賛成できないという気持ちを無くせるよう、官邸一体となって努力する」と語ったという。

 全文は以下の通り。

 政府は、日中関係は完全に正常な軌道に戻ったと繰り返し、表明している。来春には、習近平国家主席の訪日も予定されている中、こうした関係改善を印象づけるメッセージは、外交辞令としては理解するものの、真の日中関係を表しているとは言い難い。
 例えば、わが国固有の領土である尖閣諸島周辺海域への中国船の度重なる侵入、中国軍機の領空侵犯は日常茶飯事となっている。
 また、香港市民の民主的政治行動に対し、強権によって弾圧する姿勢は、自由・民主主義・法の支配という現代社会の普遍的価値に照らして、断じて許されない。
 さらに先般、中国側の招聘(しょうへい)によって出向いた北大教授が不当に拘束される事件が発生したように、理由もわからず捕らえられ、自由を奪われている邦人は十数人とも言われ、中国において、わが国の尊厳と邦人の基本的人権が尊重されているとは、到底言えない状況が続いている。
 このような現状は、日中関係が「正常な軌道」にあるとはいえないことを意味している。
 1919年に、日本が世界で初めて国際会議において人種的差別撤廃提案をしてから今年で100年となるが、中国によるチベット・ウイグル・南モンゴルへの人権弾圧が行われ、中国国内で不法不当な臓器移植が疑われるなどの事例が世界中で取り沙汰されている。
 日本の尊厳と国益を護る会は、自由・民主主義・法の支配という国際社会の普遍的価値観に基づく正しい日中関係構築のため、これらの問題に関して習主席来日までに中国政府が具体的で明確な対応をとることを求めるよう政府に対し強く要望すると共に、これらの諸懸案に改善がない場合は、習近平国家主席の国賓としての来日に反対する

連日、武器を伴って日本の領海に侵攻してきている中共、その指導者を国賓として呼ぶなんてありえませんね。
なんでそんな常識のないことを平気で行うのでしょうか?

このようなGHQの悪しき影響を受けた国会議員を排除していくことが日本の正常化に近づくのだと思います。
選挙で投票するときには考えていきましょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
神社 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2019/12/11 06:00

令和元年 靖国神社御霊祭り

67387539_1376433372508700_8989817346000420864_o.jpg
今年も盛大に行われました平和の社である靖国神社の御霊祭り
若者がたくさん集まっていましたね。
私的には屋台は必要ありませんのでどうでもいいのですが屋台が増えたことによって参列する人が増えているのは事実なのでしょう。
今日の平和な日本を築くために命を奉げられた英霊の皆様に感謝を申し上げます。

さて、御霊祭りに関して産経がこのような記事を書いていました。
拉致解決願い 有志が靖国神社にちょうちん献灯
 北朝鮮による拉致被害者の奪還を目指して活動するグループらの有志が、靖国神社(東京都千代田区)に早期の問題解決への願いを込めたちょうちんを献灯、13日から同神社で始まった「みたままつり」で掲げられている。
 有志が奉納した計26灯の大型のちょうちんは、第二鳥居の手前に並ぶ。1文字ずつ言葉が記載されており、つなげると「御英霊とブルーリボンに日本国の安寧を祈誓する有志の会」となる。ブルーリボンは、拉致被害者の救出を求める国民運動のシンボル。
 有志の1人で、インターネット上で拉致問題に関する動画配信を手がける月本櫂琉(かいる)さん(51)は「まつりには若い人も多く訪れる。ちょうちんが拉致を考えるきっかけになり解決の一助になれば」と話した。
 みたままつりは毎年、7月のお盆に当たるこの時期に開催。境内には大型と小型を合わせて約3万灯のちょうちんが並び、夜には幻想的な光景を見せる。16日までで、時間はいずれも午前6時~午後9時半。

67076193_1376434785841892_3508549545627746304_o.jpg
私は9時過ぎに参列しましたのっで人が減ってきていましたが、それでも多くの人が参列されていました。

当然、私たちも献灯を行いましたが、前に所属していた団体は献灯を辞めたみたいですね。
所詮商売保守だったと言う事でしょうか?商売保守を否定するわけではありませんが、その口先だけではなく行動で示してほしいところですね。
67025728_1376431469175557_5675736137054814208_o.jpg

私たちは素人集団であり、働いている人が多数いる団体です。出来ることは限られており、私に至っては出張三昧です。
御霊祭り、戦争展、8月15日の靖国神社参拝、天長節、参加できることには参加していこう、というのが私たち素人が出来る事です。
出来ることからやっていきましょう。人間それしかできません。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
神社 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2019/07/22 06:00

北海道護国神社

北海道護国神社①
大寒波の来ていた北海道に先日行ってきました。
所在地は北海道の旭川の中心街からバスで15分程度、歩いて45分と言ったところです。
大寒波が来ており、積雪が私の腰ぐらいまでありました。
朝早かったので関係者しかいませんでしたし、節分と相まって総出で雪かきを行っておりました。
静かでよい護国神社です。
もし、旭川に行かれた際には寄ってみるのも良いかもしれませんね。
旭川の自衛隊基地のすぐ近くです。

北海道護国神社の由来は以下になります。
http://www.hokkaido-gokoku.org/?page_id=102
本神社は遠く明治35年5月5日時恰も日露の風雲急なる最中に旧第七師団長大迫尚敏氏主祭の下に練兵場に小祠を設け北海道に於ける国事殉難者並開拓に殉じた屯田兵の招魂祭典を挙行したのに始まる。
日露戦争勃発するや我が北鎮師団は旅順の功撃奉天の大会戦に参加し、勇名を謳はれたが、その戦歿者は無慮4,500名に及び戌辰、西南、日清の諸役の戦歿英霊に加えて五千柱に垂んとするに至ったのでここに社殿創建の議が興り、明治43年時の第七師団長上原勇作並北海道長官河島醇両氏の発起の下に道内有志の賛助を得て、現在地に社殿を建築し之等英霊を祀り爾来毎年6月5、6日を例祭と定め、師団長、長官交互に祭主となり軍官民挙げて盛大な祭典を執行し来った。
かくて昭和時代に入るや境内狭隘を告げ、社殿亦腐朽して本道随一の招魂場として遺憾の点尠からざるため、昭和10年師団長杉原美代太郎氏長官佐上信一氏等全道68名の要路の人々が発起の下に道内より浄財を募りよく所期の目的を達成し昭和10年4月26日北海道招魂社として内務大臣より指定され神徳いよいよ遍くするに至った。昭和14年4月1日官制の改まる処により北海道護国神社と改称し、更に社頭の整備を進め、茲に全道の英霊の総祀社として名実を兼備するに至った。
昭和6年満州事変以来支那事変はもとより、昭和16年12月8日大東亜戦争の勃発するや、北鎮の将兵は或は極北のアッツ島に或は灼熱の大陸の曠野に、或は南海の孤島に、或は洋上に、大空に勇躍征途に上って祖国防衛の任に当り、第二次世界大戦の最終戦争たる沖縄の玉砕に至るまで実に55,000柱の尊い身命を祖国に捧げられたが、英魂は永遠に故郷のこの御社に鎮まり給うた。
昭和20年8月15日大東亜戦争の終結を見るや占領政策の然らしむる処により神社の存立すら危殆に瀕する悲運に際会したが祀職並関係者命を堵して之を護持し祭祀遂に一日も滞ることなく国家独立の後は道民崇敬の至誠は澎湃として興り、その例大祭の如きは今や全道の一大祭典として盛大を謳はるるに至った。然るに終戦後合祀する英霊は実に戦前の12倍に及び樺太関係英霊の合祀者も数を増し、社殿の狭隘年次その度を加えるに至ったので昭和35年4月造営奉賛会を結成し町村金五氏(知事)を総裁に再び全道市町村より浄財を募り茲に社殿の大改築をなし昭和40年4月完工した。
平成23年には御創祀110年を記念し、その事業として5ヵ年を懸けて御本殿以下屋根銅板の葺替工事を完工し、現在に至る。

北海道護国神社②

そういえば、丁度本日より旭川冬まつりが執り行われるそうです。
旭川冬まつり
旭川駅と北海道護国神社の丁度中間に位置します。
近くに上川神社もあり、観光にはよさそうですね。
是非お立ち寄りください。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
神社 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2019/02/06 06:00
 | ホーム | Next »