靖国神社無差別爆破テロ事件の判決が軽すぎます。

平成28年1月靖国
今年はまだ靖国神社に参拝できていませんので去年の写真です。

韓国の横暴により、国民の怒りに火が付きそうなこの頃ですが、火に油を注ぐ事態がまた出てきました。
皆さんもご存知なように七五三で子供が賑わう靖国神社の南門付近の公衆トイレに爆弾が仕掛けられた事件がありました。
殺傷能力も高く、実際にトイレの天井に穴が開きました。しかし、運に恵まれたのかそれとの御祭神のご加護があったのかはわかりませんが、誰一人怪我もなく未遂に終わった事件です。
しかし殺意があり、元韓国軍の人間であったと言う事から重罪であることは間違いありません。
今国会にて議論されている共謀罪なんかよりもはるかに明確な犯罪です。
何のも関わらず判決は4年の懲役だそうです。軽すぎます。
2審も懲役4年 「人的被害出なかったのは偶然」 東京高裁
 靖国神社(東京都千代田区)の爆発音事件で、火薬類取締法違反罪などに問われた韓国籍の無職、全昶漢(ヂョン・チャンハン)被告(28)=1審東京地裁で懲役4年の実刑=の控訴審判決公判が7日、東京高裁で開かれた。弁護側は量刑を不服として控訴していたが、藤井敏明裁判長は「1審の量刑は妥当だ」として控訴を棄却した。
 弁護側は「愉快犯的な犯行だったのに、1審はテロ行為と実質的に位置付けた量刑を下しており、不当だ」と主張していた。
 しかし藤井裁判長は「犯行は危険かつ悪質で、人的被害が出なかったのは偶然にすぎない。テロ行為と位置付けなくても1審の量刑は導かれる」と指摘した。
 判決によると、全被告は平成27年11月23日、靖国神社のトイレに金属製パイプや火薬などを使った装置を設置。タイマーで点火してパイプを推進させ、トイレの天井を壊すなどした。

弁護士の顔が見てみたいものです。誰が見ても無差別爆破テロ事件です。愉快犯と言っている人間の気が知れません。
人的被害がなかったことの幸運が分からないのでしょうか?
無罪ではないとはいえ、罪状が軽すぎます。日本以外であれば死刑が適応されていてもおかしくないと思います。
このような無差別テロ事件が二度と発生しないように重罪にすることも司法は検討すべきだと思います。

このような事件を未然に防ぐために共謀罪、テロ準備罪が必要です。
その国会審議において、実際に適応されていないのに事例を出せとする無茶ぶり野党が馬鹿な事を言い出しています。
もっと厳格にスパイ防止法などを組み入れた議論が必要だと思います。
因みに緒方林太郎は「純粋に政治上の基づくテロもテロ準備罪の対象になるのか!」とかほざきました。
民進党は「政治上のテロは純粋」だからテロと思ってないようです。
流石は二重国籍が率いる政党な事で

つい最近、朝鮮人が窃盗した仏像を韓国司法が返却しないで良いとする判決を出したりしています。
このような人間がいる限り日本の治安は良くなりません。
査証の復活が求められています。
是非、復活させましょう。不逞外国人を日本に入れさせないためにも、犯罪者が大手を振って歩けないような社会を作っていきましょう。
以上、宜しくお願いします。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
神社 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/02/13 06:00

平成29年 初お伊勢参り

15871611_753813761437334_4852196752771635955_n.jpg
今年は人生初で三が日に伊勢神宮へお参りしてきました。
二日目と言う事で一日に比べればはるかに少ない人入りであり、ゆっくりと参道を歩くことが出来ましたね。
とはいえ、境内が広いからゆっくり感じるだけでのようでして、駐車場は満車で、バス専用レーンも相当混雑しておりました。
始発に近い時間で乗ったのが功を奏したのでしょうね。
近鉄五十鈴川駅から徒歩30分で内宮の鳥居まで行くことが出来ました。
朝8時前後の時間であっても参拝する人の波は途切れることなく、快晴の天気も相まって最高の参拝日よりです。
15781710_753814418103935_1610718279437211156_n.jpg
正宮まえもさほど混乱もなく、皆ワイワイと言いながら参拝されておりました。
これを見ると何の規則もないのに皆が皆一人でも多くの方が不十分なく参拝できるように少しずつ遠慮していることが分かります。
さして混乱もなくお神酒をいただき内宮を後にしました。

今回はいつもとは順番を逆にして内宮から参拝しましたが次に外宮を参拝しました。
こちらはお昼前の時間と言う事もあり内宮よりも多くの人でにぎわっておりました。
15781150_753875641431146_2447277159575886990_n.jpg
こちらもさほど混雑もなく、入る人と帰る人とで左右に分かれて整然と参拝されていました。
これだけ多くの人がいるのに混乱がないというのもある意味すごいことだと思います。
日本人は神様の前で騒ぐ文化はお祭りだけってことでしょうね。
正宮まえではこちらも整然と列を作り横入りすることなく粛々と参拝
15826875_753875621431148_5134941102728099278_n.jpg

今年も良い一年となりますようにと参拝してきました。
現実を見ると相当きな臭く、朝鮮半島有事も現実的になってきております。
せめて日本の安全を守れるような政策をしてもらいたいものです。
テロリストへの共謀罪、準備罪を罪として問える法案の準備も行われていますし、自衛隊法の改正や憲法改正も必要です。
スパイ防止法の制定や脱税を防止するための法案、防衛費の増額、自衛隊の強化、朝鮮有事の際に来るであろう朝鮮半島からの移民の防止策、様々な準備が必要です。

今年も様々な事が起きることでしょう。
宜しくお願いします。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
神社 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2017/01/10 06:00

外国人による日本文化破壊工作

15095038_727730267379017_5782912091668179877_n.jpg
先日、11月23日は新嘗祭です。
五穀豊穣に感謝するお祭りであり、「新」は新穀、「嘗」はご馳走という意味です。
今年の新しいごちそうに感謝する、その恵みをもたらしてくれた神々:自然に感謝をする、そしてその五穀豊穣を行った百姓に感謝する意味を持つお祭りになります。
最近では勤労感謝の日という名前になっておりますが、一般的には新嘗祭として全国各地で祭事が行われております。
新嘗祭の歴史は古く、日本書紀には飛鳥時代には国家行事として行われていたと記されており、祭り自体は稲作の始まった時代には原型があったとのこと
自然に感謝し、共に生きる事を選んだ日本民族らしいお祭りですね。

さて、その新嘗祭の中心となる神社、仏閣に対して朝鮮人による悪質な放火事件が全国的に行われています。
前回は犯人を特定したも、外国人であるが故日本から逃げ出しいまだ逮捕されていないようですが、朝鮮人による油かけ事件がありました。
彼らの言い分は日本の神社仏閣がうらやましいのか、清めるために油をかけたと供述しておりますが、古くから続く日本の伝統文化がうらやましいから行ったと言われております。

そして今回滋賀県や京都、奈良にて同様の事件が発生しました。
神社の鳥居に「日本死ね」 滋賀で器物損壊事件
滋賀県彦根市尾末町の滋賀県護国神社の木製鳥居に「日本死ね」と彫り込まれていることが15日までに分かり、彦根署が器物損壊事件として調べている。
 同署によると、傷は一文字10数センチ四方。同市内の神社や地蔵尊など13カ所の木製の扉や柱などにも鋭い金属などで同じ言葉を刻みつけた傷があり、9月から被害届が相次いでいるという。いずれも文化財の指定はないが、同署がパトロールを強化している。

護国神社とは日本の為に戦ったご英霊に対し慰霊と顕彰を奉げるために存在する神社ですね。
それに対し、『日本死ね』という器物破損を行うことは人として許されませんし、日本人の犯行とは思えません。
日本では誰しもが神社、仏閣に敬意を表しており、教会やモスクに対しても寛容な民族です。
が故に宗教弾圧が発生しないのです。もし差別されている宗教があるというのであればそれはオウム真理教のようなカルト集団か、創価学会などのような政治に口を出し政教分離を行っていない宗教でしょう。
概ね国民は他人の宗教に対してなんの差別も持っていません。

今度はお寺にも被害が出ております。
奈良 興福寺 国宝の仏像などに液体
奈良市の興福寺で国宝の仏像などに液体が付着しているのが見つかり、警察は、何者かが意図的に液体をかけたとみて、文化財保護法違反などの疑いで調べています。
20日午後2時ごろ、奈良市の興福寺で「仏像などに液体がかけられている」と警察に被害の届けがありました。
警察が調べたところ、興福寺の境内にある国宝館に保管されている国宝の「華原磬」という奈良時代の楽器や、国宝「千手観音菩薩立像」の台座、それに、東金堂にある国宝の「持国天像」の台座など5点に液体が付着しているのが見つかったということです。
警察によりますと液体は無色、透明で、いずれの仏像も見学者が立ち入ることができる場所の近くにあり、20日午前9時に寺の関係者が見回ったときには異常はなかったということです。
警察は、何者かが意図的に液体をかけたとみて、文化財保護法違反などの疑いで詳しい状況や液体の成分などを調べています。

国宝館など拝観中止
興福寺のホームページによりますと、仏像などに液体が付着しているのが見つかった「国宝館」と「東金堂」では20日午後から拝観を中止しています。21日も「国宝館」と「東金堂」では拝観を中止するとしています。

文化財への液体被害 過去に相次ぐ
寺や神社で仏像などの文化財に液体がかけられる被害は、去年の3月から5月にかけて奈良県や京都府、それに千葉県など16の都府県の48の寺や神社で相次ぎました。
奈良県内では、奈良市の東大寺や桜井市の長谷寺など全国の都府県で最も多い、19の寺や神社が被害を受けましたが、当時、興福寺では被害はありませんでした。

以前の事件の犯人である朝鮮人たちは疑惑をなくすためにも一度入国禁止処分にした方が良いとおもいます。
マナーあなっていない人間達であり、犯罪発生率も高確率で安定しています。
そのような民族たちは入国禁止や査証の復活が望まれています。
観光立国と言っても観光資源をつぶそうとしている人間達がいる限り、うまく行かないことは明確です。
日本の伝統・文化を守るためにも犯罪者には厳格な姿勢で臨んでいただかないといけません。

そして、我が国の建国の地である橿原神宮にもその魔の手が伸びてきました。
奈良・橿原神宮でも液体 さい銭箱や石灯籠などに… 器物損壊容疑で捜査
 21日午前8時40分ごろ、奈良県橿原市の橿原神宮でさい銭箱などに液体がかけられているのが見つかった。県警橿原署は器物損壊容疑で調べている。
 橿原署によると、液体はさい銭箱や、絵馬を掛ける柱、石灯籠などにかけられていた。液体は無色で、点状の染みなどができていた。
 神宮関係者が見回り中に発見した。20日午後6時半ごろに警備員が確認した際はなかったという。

橿原神宮は日本建国の地であり、八紘一宇の建国の理念を神武天皇が神々に対し誓った場所でもあります。
そのような日本国の発祥の地にこのような事をすることは感覚としておかしいです。
時々、とち狂ったテレビのコメンテーターがたっしょんくらいするだろうとか言いますが、目の前に鳥居があると粗相は出来ない民族です。それくらい心の底から穢れや畏怖に対する感覚が備わっている伝統文化を持っています。
いや、常識ですね。長年培われた感覚をもってそのような行為は行わないのです。

他国の文化である宗教は守るが日本の文化を守らないというのは通用しません。
日本文化は日本文化として守っていくことが必要です。
守っていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
神社 | コメント:(2) | トラックバック:(0) | 2016/11/28 06:00

不敗の誓い 慰霊と顕彰を

平成28年8月14日 靖国神社
今年は仕事だったので15日に靖国神社へ参拝することはかないませんでしたが、その前日である14日に参拝してきました。
多くの人々が我が国のために戦ってくださったご英霊の皆様に夏のあいさつを行っておりましたね。
40度近い気温の中、混乱もなくただひたすらに感謝の念を奉げておりました。
静かな時間が流れておりました。この状態が普通の神社の風景なのですね。

15日は非常に多くの人々が参拝に来られたようですね。拝殿へ参拝する人の行列が後を絶えなかったと聞きます。
8月15日、終戦の日となります。昭和天皇の終戦の玉音放送により我が国の戦闘行為が終了しました。
玉音放送の口語約は以下になります。
 私は、深く世界の大勢と日本国の現状とを振返り、非常の措置をもって時局を収拾しようと思い、ここに忠実かつ善良なあなたがた国民に申し伝える。
 私は、日本国政府から米、英、中、ソの四国に対して、それらの共同宣言(ポツダム宣言)を受諾することを通告するよう下命した。
 そもそも日本国民の平穏無事を図って世界繁栄の喜びを共有することは、代々天皇が伝えてきた理念であり、私が常々大切にしてきたことである。先に米英二国に対して宣戦した理由も、本来日本の自立と東アジア諸国の安定とを望み願う思いから出たものであり、他国の主権を排除して領土を侵すようなことは、もとから私の望むところではない。
 ところが交戦はもう四年を経て、我が陸海将兵の勇敢な戦いも、我が多くの公職者の奮励努力も、我が一億国民の無私の尽力も、それぞれ最善を尽くしたにもかかわらず、戦局は必ずしも好転していないし、世界の大勢もまた我国に有利をもたらしていない。それどころか、敵は新たに残虐な爆弾(原爆)を使用して、しきりに無実の人々までをも殺傷しており、惨澹たる被害がどこまで及ぶのか全く予測できないまでに至った。
 なのにまだ戦争を継続するならば、ついには我が民族の滅亡を招くだけでなく、ひいては人類の文明をも破滅しかねないであろう。このようなことでは、私は一体どうやって多くの愛すべき国民を守り、代々の天皇の御霊に謝罪したら良いというのか。これこそが、私が日本国政府に対し共同宣言を受諾(無条件降伏)するよう下命するに至った理由なのである。
 私は、日本と共に終始東アジア諸国の解放に協力してくれた同盟諸国に対しては遺憾の意を表せざるを得ない。日本国民であって前線で戦死した者、公務にて殉職した者、戦災に倒れた者、さらにはその遺族の気持ちに想いを寄せると、我が身を引き裂かれる思いである。また戦傷を負ったり、災禍を被って家財職業を失った人々の再起については、私が深く心を痛めているところである。
 考えれば、今後日本国の受けるべき苦難はきっと並大抵のことではなかろう。あなたがた国民の本心も私はよく理解している。しかしながら、私は時の巡り合せに逆らわず、堪えがたくまた忍びがたい思いを乗り越えて、未来永劫のために平和な世界を切り開こうと思うのである。
 私は、ここに国としての形を維持し得れば、善良なあなたがた国民の真心を拠所として、常にあなたがた国民と共に過ごすことができる。もしだれかが感情の高ぶりからむやみやたらに事件を起したり、あるいは仲間を陥れたりして互いに時勢の成り行きを混乱させ、そのために進むべき正しい道を誤って世界の国々から信頼を失うようなことは、私が最も強く警戒するところである。
 ぜひとも国を挙げて一家の子孫にまで語り伝え、誇るべき自国の不滅を確信し、責任は重くかつ復興への道のりは遠いことを覚悟し、総力を将来の建設に傾け、正しい道を常に忘れずその心を堅持し、誓って国のあるべき姿の真髄を発揚し、世界の流れに遅れを取らぬよう決意しなければならない。
 あなたがた国民は、これら私の意をよく理解して行動せよ。

如何に昭和天皇が平和を愛し、求めていたかわかりますね。
戦争自体を忌み嫌っていた昭和天皇、戦争に負け国民が飢えに苦しんでいた時に命を奉げてでも食料を確保しようとした昭和天皇、崩御なされるまで沖縄のことを気に掛けていた昭和天皇
まさに国の代表です。

そのような昭和天皇や今上陛下に対して無礼を行う団体が8月15日に靖国神社近くの九段下にて街頭行進を行いました。
失礼極まります。陛下に対し無礼を行う反天連という組織たち、これが思想の自由とかいうもので済まされるとする警察や弁護士は恥を知りなさい。我が国の象徴が侮辱されているのです。それはすなわち我が国を侮辱し、敷いては国民を侮辱する行為となります。
馬鹿げた理論は必要ありません。間違っていることは間違っています。
我が国を侮辱する勢力に対し断固とした姿勢を取らなければなりません。
特定アジアが調子に乗って我が国を侮辱します。
中共は内政干渉を行い総理の靖国参拝を辞めさせようとします。韓国は竹島に行ったそうですね。
もはや口先だけでは何もなりません。経済制裁を検討する必要がありますy。
人の交流を制限しビザを復活させる必要があるでしょう。
我が国の平和と安全を守るためにも必要なことをおこなうべきです。

反天連の人間たちは陛下を侮辱しています。戦争責任という戦後作られた言葉をよういて陛下を侮辱するのです。
戦争を始めた責任は世界中の指導者にありますし、所謂太平洋戦争開催の責任はルーズベルト大統領にあります。
昭和天皇にはありませんし、日本が仕掛けた戦争ではありません。アメリカから仕掛けられた戦争です。

我が国の兵士は勇敢に戦いました。大東亜共同宣言にもあるように亜細亜を白人の植民地支配から解放しようと勇敢に戦ったのです。結果は現代を生きる人々がご存知のように亜細亜から植民地がなくなり民族独立を果たしております。
その戦いにてはてた兵士は世界中から参拝する人々が訪れる場となっております。
敵として戦ったアメリカ兵も靖国神社に参拝されています。
敵視しているのは我が国と戦わなかった朝鮮と中共だけです。
そのような例外を標準扱いしないで行きましょう。

靖国に眠られている英霊の皆様に感謝の誠を奉げましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
神社 | コメント:(2) | トラックバック:(0) | 2016/08/18 06:00

靖国神社 御霊祭り

13735761_655535344598510_902599012693727352_o.jpg
7月も最終日となりました。
東京では都知事選挙の投票日ですね。
良い東京都知事が誕生することを願っております。

さて、7月13日~16日まで東京の靖国神社では御霊祭りが開催されていました。
冒頭の写真はその光景です。
靖国神社は明治天皇が国の為に戦った人々に対し、慰霊と顕彰の為に建立された神社です。
基は東京招魂社と呼ばれており、全国にある招魂社、護国神社の大元になります。
合計二百四十六万六千五百八十四柱の英霊が眠りについております。
13668920_655535587931819_1247839684385681800_o.jpg
今年は露店が一切ないので静かに参拝できました。
露店があり活気に満ちた御霊祭りも良いですが、このような形で鎮魂を行うのも良いものです。
ご英霊の方々はお盆には帰ってくるのでしょうね。靖国神社の明かりがその目印なのかもしれません。
13698195_655535517931826_147449817192005885_o.jpg
ご英霊の方々には今の日本人はどのように見えているのでしょうね。
物質的には満ちていても精神的には飢餓に苦しんでいるように見えるかもしれません。
殺人鬼が夜の街を徘徊し、自分の事だけを考える人が多数いたりします。公共に尽くすという考えがなくなり、自分の喜びは他人の役に立つことという考えも聞かなくなりました。
何のために生き、何のために死ぬのでしょうか?
これからの時代を考えていかなくてはなりませんね。
13765917_655535534598491_6940068933667300415_o.jpg
新しい歴史教科書をつくる会でも出しておりました。
歴史教科書、自虐史観に満ち溢れ日本がいつまでも悪いとするために子供を洗脳する教科書と言われております。
日本人が自信を持てなくなった理由の一つにこのような教科書がある事が指摘されています。
それでも特定アジアと比べるとはるかに真実を教えている教科書と言われたりしていますが、正しい歴史を取り戻さなくてはなりませんね。
13724017_655535467931831_144330272175312846_o.jpg
私たち平成・美しい日本を護る会でも毎年出させていただいております。

このような活動は何もできないと嘆くよりもなんかできないか?と問いかけていくことが大切ではないでしょうか?
何もかもできる人なんていやしません。皆、他の方々と手を取り合い助け合って生きているのです。
個人の価値観よりも公共の価値観を優先していきたいと思います。皆で公共の場であり、私たちの生きている国『日本』を未来に伝えていきましょう。
そのためにも我が国の伝統・文化で育まれた価値観を大切にしていきましょう。

それが私たちの生きる意義なのかもしれません。
(ブラッキー)
東京都民は都知事選挙の投票に行きましょうね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
神社 | コメント:(2) | トラックバック:(0) | 2016/07/31 06:00
 | ホーム | Next »