止まらないマスコミの偏向報道

maxresdefault.jpg
マスコミに偏向報道が止まりません。先日も北朝鮮が日本に向けてミサイルを発射した際に野党は一斉に黙りました。
自民党は盛んに北朝鮮の暴発を非難していたのですが、民進党、共産党などはそのことに触れることはありません。
街頭演説のことに触れていただけで即座に北朝鮮への非難決議も出せないような軟弱な政党であることが発覚しています。
唯一、代表選挙を戦う二人が日本外国特派員協会で話だけにすぎません。
現代表の二重国籍はどこにどこに雲隠れしたのでしょうか?いまだ代表である自覚がないのでしょうか?
本当に使えない民進党代表村田ですね。

さて。核マル派の枝野や背乗りの前原のことは置いておきますとして、
マスコミの偏向報道が止まりません。
「とにかく安倍をたたけ」の大号令 新聞業界の「不都合な真実」
 「いま、社内は安倍(晋三首相)を叩(たた)くためなら、どんなことでもするという空気になっている」。作家の門田隆将さんは最近、知り合いの毎日新聞記者からこう聞いたと、26日発売の月刊誌『Hanada』(10月号)で明かしている。朝日新聞記者にも同様のことを言われたという。
 ▼学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題をめぐり、内閣支持率が下落した安倍内閣を、この機に打倒しようと盛り上がっているということか。門田さんは7月23日付小紙朝刊の新聞批評欄で、そうした新聞を「倒閣運動のビラ」と呼んでいた。
 ▼そういえば、民進党を離党した長島昭久元防衛副大臣も5月に、自身のツイッターに記していた。「昨日たまたま話した朝日新聞のある幹部の表情には、社運を賭けて安倍政権に対し総力戦を挑むような鬼気迫るものがありました」。
 ▼実は小欄もかつて知人の東京新聞記者から、こんな打ち明け話を聞いたことがある。「上司に『安倍なんか取材しなくていいから、とにかくたたけ』と号令された」。同僚記者も、別の東京新聞記者から同趣旨のことを聞いている。
 ▼悲しいかな、これらのエピソードは新聞業界の「不都合な真実」を示す。事実をありのままに伝えることよりも、自分たちの主義・主張や好みを広めることに熱心な習性があるのは否めない。「権力の監視」を隠れみのにしつつ、時に暴走を始める。
 ▼マスコミは、行政・立法・司法の三権と並ぶ「第四の権力」とも呼ばれる。政治家からは、真顔で「本当は第一の権力だろう」と指摘されることも多い。ならば、自制心と自浄作用を失ったマスコミ権力は誰が監視するのか。国民の常識と良識が働き、一定の歯止めとなることを期待するしかない。

政治家は国民から選挙という洗礼を受けますが、マスコミは誰もそのようなものを受けておらず国民の代表を名乗る資格すらありません。国民をだまし、障碍者を騙し、弱きをくじき強きを助ける存在がマスコミといっても過言ではないでしょう。
権力の暴走とか言いながら自分たちが暴走していることが分かっていないのでしょうか?

しかし、前の加計学園の偏向報道にはひどいものがありました。
民主主義破壊するメディア 安易な「報道しない自由」の行使
 22日付の産経新聞と読売新聞に、民間団体「放送法遵守を求める視聴者の会」による意見広告「異常に歪んだテレビ報道 視聴者の知る権利が奪われ続けています」が掲載されていた。ご覧になった読者も多いだろうが、そこに示されていた数字は、寒気すら覚えるものだった。マスメディアの現状を考えるうえで、非常に重要なポイントなので、改めて紹介したい。
 広告は、学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題をめぐる7日10日の国会閉会中審査について、テレビがどのように報じたかを検証している。
 それによると、テレビ各局は10日から11日までにこの問題を計30番組で合わせて8時間36分23秒間、報じた。問題なのは、その内訳の極端な偏りである。
 各局は、国会に招かれた参考人のうち「首相官邸によって行政がゆがめられた」と主張する前川喜平・前文部科学事務次官の発言については、計2時間33分46秒にわたり取り上げていた。ところが、前川氏に反論した加戸守行・前愛媛県知事の発言はわずか計6分1秒、原英史・国家戦略特区ワーキンググループ委員の発言はたったの計2分35秒しか放送しなかった。
 加戸氏は実際に加計学園を誘致した当の本人であり、かつては前川氏の上司でもあった。原氏は獣医学部新設の是非を議論、審査した当事者である。
 にもかかわらず、「岩盤規制にドリルで穴を開けていただいた。ゆがめられた行政が正された」との加戸氏の訴えや、「規制改革のプロセスに一点の曇りもない」との原氏の証言は、テレビでは事実上なかったことにされた。テレビ東京に至っては、加戸氏と原氏の発言を一切報じなかった。
 まさに「歴史上最悪に属するとみられる偏向報道」(視聴者の会事務局長で経済評論家の上念司氏)だといえる。放送法4条は次のように定めているが、守る気はさらさらないようだ。
 「政治的に公平であること」
「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」

 もっとも、これはテレビ局だけの問題ではない。放送法の縛りは受けないものの、7月10日の閉会中審査における加戸氏の発言に関しては、朝日新聞と毎日新聞も、記事本文中では1行も触れなかった
 テレビも新聞も、事実や読者・視聴者が考えるための材料をありのままに提供することよりも、自分たちの主義・主張に都合のいいことだけ熱心に伝えている。前川氏の意見と加戸氏らの反論のどちらに軍配を上げるかは本来、情報の受け手自身が選ぶべき話である。そんな当たり前のことが、前川氏の見解だけしか報じないメディアによって妨害されている。
 今回、テレビ報道の偏向を調べた一般社団法人日本平和学研究所の理事長で文芸評論家の小川榮太郎氏は、筆者も同席したインターネットの「言論テレビ」番組(4日放送)で、こう指摘していた。
 「報道機関の社会における存在意義は、報道による情報を基に国民が判断する(という)民主主義の根幹を担っていることだ。その情報がこんなに極端な虚報に彩られ、何カ月も是正されないとなれば、これはデモクラシーそのものが否定、毀損されていると言っても過言ではない」
 マスメディアは今、率先して民主主義の根幹を壊している。そして、安易な「報道しない自由」の行使によって、自らの存在意義も失おうとしている。(論説委員兼政治部編集委員)

マスコミの偏向報道により日本の民主主義が脅かされているという事です。
この話は10年以上前から問題視されておりますし、改善することなくむしろ悪化しているといっても過言ではありません。
それだけ中共のスパイが入り込んでいることと、日本の教育レベルが低くなってきている証拠のように思えます。

このような状態では学校の開校が危ういともいわれておりますが、加戸さんは人生をかけてこの問題に取り組むようです。
加戸守行前愛媛県知事「けしからん話だ」 獣医学部設置認可保留判断を批判 「仮につぶれたら人生をかけて戦う」
 加戸守行前愛媛県知事は25日、ジャーナリストの櫻井よしこ氏が主宰するインターネット番組「言論テレビ」に出演し、学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部設置認可が大学設置・学校法人審議会(設置審)の判断で保留となったことについて「けしからん話だ」と批判した。
 加戸氏は、設置審の獣医学専門委員会に私立大教授の委員がいることを指摘した上で、「既得権益で少ない教員数で水増し入学して、経営のために貢献している人が日本獣医師会、政治連盟の指示を受けて、いやがらせをしたというのだろうか」と嘆いた。
 設置審が10月下旬にも改めて認可の可否を判断することについて「さんざんいちゃもんをつけるが、認可するだろう」との見通しを示し、「仮に(認可が)潰れるようなことがあったら野党などの追及のため残る人生すべてをかけて戦う」と強調した。

結局、民進党と獣医師会の既得権益を守るためにつぶそうとしたってことでしょう。
他の国では正当な行為であっても日本でそのような行為を行うと嫌われるってことが分かっていない民進党や獣医師会、
既得権益を守ろうとする腐ったマスコミなどがこの問題を大きくしたがっているとしか思えません。

マスコミは既得権益をなくせとか言って公共事業を滅茶苦茶にしましたが、自分たちの既得権益、敗戦利得者としての地位を保ちたいようですね。
このような理由から行われている偏向報道、いい加減に信用するのをやめていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/09/02 06:00

捏造される関東大震災

平成28年11月12日 慰安婦?
さまざまなデモが発生している韓国国内、何故か北朝鮮を違反するデモは開催されていないのか?報道されることがありません。
自分たちに直接影響のある休戦中の国、北朝鮮
それを糾弾することなく、本来味方である日本を攻撃する韓国市民たち、背後に北朝鮮や中共がいてもおかしくありません。

そのような状況下で共産党体制に移行するのではないか?という懸念点が浮き上がっているそうです。
日本から見放され…共産主義体制という究極の「HELL KOREA」へ舵を切った韓国 朝鮮近現代史研究所所長・松木國俊氏
 朴槿恵(パク・クネ)氏が「親の七光」で大統領になったのが、韓国の不幸の始まりだった。海千山千の政治家や官僚に太刀打ちできるはずもない。たちまち引きこもり「深窓の大統領」と化した。(夕刊フジ)
 めぼしい「実績」と言えば、中国の習近平国家主席との「蜜月関係」構築ぐらいだろう。それも昨年1月の北朝鮮の核実験で吹き飛んだ。中国は助けてくれなかった。
 誰も信じられなくなった朴氏は、最後は「神頼み」となり友人でシャーマンの崔順実(チェ・スンシル)被告にのめり込んでいく。彼女のためにあらゆる便宜を図り、ついに自分の行為が非合法であることさえ分からないほど、判断力がマヒしてしまった。
 非力な朴政権のもとで、財閥オーナーは一族の利益ばかりを追求し、社会格差が絶望的なレベルまで拡大した。庶民の大部分は、大学を出ても正社員に採用されず、ワーキングプアとして薄給に甘んじている。
 「恋愛」「結婚」「出産」「親からの独立」「人付き合い」、さらに「夢と希望」まで捨てた「七放棄」という言葉が飛び交う。多くの若者が自暴自棄になって、「HELL KOREA!」(韓国は地獄だ!)を叫び始めた。
 その一方で、韓国経済そのものが失速した。
 鉄鋼業や造船業、石油化学工業は中国製品の安売り攻勢にあって瀕死(ひんし)状態である。頼みのサムスン電子も、スマートフォン「ギャラクシーノート7」の連続爆発で致命的打撃を被り、成長エンジンを失った韓国経済は、今や墜落寸前である。
 これまでは、韓国が危機に陥るたびに日本が救ってきた。しかし、慰安婦問題での日韓合意であえて10億円を払っても、慰安婦像を撤去しないばかりか、韓国は慰安婦を世界遺産に登録すべく狂奔している。
 「反日韓国には何をやっても無意味だ」
 そのことにようやく気が付いた日本人は、これ以上韓国の面倒を見るつもりはない。
 絶体絶命となった韓国では、ここぞとばかり左翼が国民を扇動し、国中に「朴槿恵よ退陣せよ」の怒声が渦巻き、朴政権は事実上崩壊した。政界も経済界も大混乱を極めるなか新しい大統領が決まるだろう。有力候補はほとんどが「親北・反日」だ。国全体をガラガラポンしたい民衆の支持を集めて、急進左翼勢力が政権を握る可能性が極めて高い。
 そうなれば、米軍は朝鮮半島から撤退し、韓国は北朝鮮にのみこまれる恐れがある。
 2017年は、日本から見放された韓国が、共産主義体制という究極の「HELL KOREA」へ舵を切った年として、歴史に刻まれるかもしれない。

新北の勢力が政権を担う、反共の防波堤としての韓国の立ち位置がなくなってしまい、北朝鮮にょって統一される朝鮮半島、果たして今後どうなるのでしょうか?
仕事でよく韓国に行く私としては気が気ではないです。
いったい何時になったら安定した国政が行われるのか?日本にとって良い政権で安定してほしいところですね。

さて、北朝鮮がミサイルを韓国に落とす日も近づいているのではないでしょうか
北朝鮮にとっては親類のいる国ではありますが、アメリカに従う敵国としての韓国が存在します。
そして朝鮮戦争は休戦中であり、いつ再発してもおかしくない状況下になりました。
その場合、日本は日本から韓国に行っている邦人をどのようにして助けるのでしょうか?
北朝鮮寄りのマスコミを抱える歪な日本の放送業界は戦争が勃発するとまず日本政府を叩くことでしょう。
日本の国益というものを全く考えずに一時のお金だけで何とかしている放送業界、歪な業界です。
しかし、韓国に旅行で行く人はともかく、仕事で行っている人々は救出しなければなりません。
そのためにもガイドラインを整備し、自衛隊法を改正し、憲法を改正しなければなりません。
人の命は地球より重いというのであれば当然のことですよね。
一応、テレビはソウルの避難所の情報を集めたそうです。
日本人の退避計画 独自入手
北朝鮮のミサイル発射をめぐり、緊迫した状態が続く中、不安を募らせているのが韓国に滞在する日本人。もしものとき、どこへ逃げ、どう助け出すのか。日本政府の計画が、FNNの取材で明らかになった。
北朝鮮メディアが23日、報じたのはICBM(大陸間弾道ミサイル)を生産する研究所を視察する金正恩(キム・ジョンウン)委員長の姿。
金委員長の動静が伝えられるのは、8日ぶり。
朝鮮中央テレビは「(金委員長は)固体燃料エンジンとミサイルの弾頭を量産すべきだと指示した」と報じた。
さらに、写真に写っている展示物の中には、水中戦略弾道弾「北極星3」と書かれたものがあるのがわかる。
2016年8月と2017年5月に発射された中距離弾道ミサイルの改良を進めているのか。
笹川平和財団の小原凡司特任研究員は「アメリカがいかに北朝鮮に圧力をかけようと、北朝鮮は核兵器の開発を諦めることはないのだというシグナル。(ミサイルを)増産させるということは、配備するミサイルをより増やすという意味」と話した。
23日午後2時すぎの韓国・ソウル市内。
かすかに聞こえるサイレンの音。
23日は、全国民を対象に韓国全土で行われる、北朝鮮による攻撃などを想定した大規模避難訓練の日。
ソウル市民は、「(サイレンは)聞こえませんでした。食堂でご飯食べていて」、「(訓練は)知らなかった。海外から戻ってきたばかりで知らなかった」などと話した。
訓練に慣れてしまったのか、韓国の国民には、危機感がほとんど感じられなかった。
一方、朝鮮半島の有事に危機感を募らせているのが、ソウル市内にある児童およそ420人が通う日本人学校。
この日、校内で行われたのは、抜き打ちの避難訓練。
休み時間の子どもたち。
すると、サイレンが鳴り始め、指示を受けて速やかに移動する子どもたち。
今、ソウルの日本人学校では子どもたちが体育館への一斉避難を始めた。
ソウル日本人学校では、朝鮮半島の有事に備え、全校生徒を対象にした避難訓練を定期的に行っている。
先生の誘導で、子どもたちが向かったのは体育館。
小学校に上がる前の幼児たちも、先生に連れられ、1列で体育館に移動した。
避難を指示する放送が流れてから、体育館に全校生徒が集まるまでかかった時間は、およそ5分。
ソウル日本人学校の田中栄一校長は「皆さんの命を守るための訓練です。いいですか」と話した。
学校側は、子どもたちに「自分勝手な行動はとらない」、「先生の指示に従う」の2つを守るよう指導しているという。
田中校長は「(北朝鮮の有事の際というのは心の中にある?)そうですね。いつも危機感は持っています」と話した。
危機感を募らせる声は、そのほかの在留日本人からも。
韓国に住む日本人は「リュックサックを持っていけるように、荷物をまとめている。(備蓄はしている?)水とかは、あった方がいいと言われている」と話した。
こうした中、朝鮮半島有事に備え、日本政府が検討を進める退避計画が、FNNの取材で明らかになった。
観光や仕事で韓国に滞在している日本人は、およそ5万8,000人。
北朝鮮による韓国への大規模攻撃など、危険レベルが最も高くなった場合、避難する場所は、地下鉄の駅の構内など韓国全土におよそ1万8,000カ所あるシェルター。
駅の構内には、日本の駅には見られないものも。
救急用品が入った保管箱。
ソウル地下鉄「二村駅」のパク・チュオ次長は「この中にマスクと2リットルの水、タオルがあります」と話した。
銀色の袋に入った、火災用緊急退避マスク。
日本政府は、事態が沈静化するおよそ72時間を目安に、ここで身を守るよう促している。
しかしその後、在留日本人をどう韓国から脱出させるのか、課題が残っている。
小原特任研究員は「自衛隊は、韓国領土内で邦人保護にあたることは、ハードルが高い」と話した。

関東大震災の折の朝鮮人による略奪、暴動などを見ているといったいどれだけの人が非難で過ごせるのでしょうか?
入れさせてくれるとは到底思えません。食料や水などの荷物を奪われて捨てられる未来しか見えてきません。
日本人ほどの関係を期待することは出来ないでしょう。所詮『ウリ』と『ナム』の関係なのです。

朝鮮有事に際し、自衛隊はいったいどこまで活動できるのでしょうか?活動できるような体制をそれまでに取ることが出来るのでしょうか?
いろいろと考えさせられます。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
歴史 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2017/08/30 06:00

あきれてくる韓国の対応

5000隊
こちらソウルの中心街だそうです。
そこでは世界慰安婦デーとかいう売春婦の祭典の出し物として慰安婦像のミニチュアが500体並べられたとかなんとか、何考えているのか理解できませんが、事実だそうです。
ソウルに500人分のミニ少女像 「世界慰安婦の日」で
 韓国で元慰安婦を支援する市民団体は14日、ソウルなど各地で少女像の除幕式や記者会見などを相次ぎ開いた。市民団体は、1991年に元慰安婦が初めて名乗り出た「8月14日」を「世界慰安婦の日」に位置づけている。
 ソウル中心部の清渓川(チョンゲチョン)広場では、市民団体が南北朝鮮などに在住していたとする元慰安婦500人分の少女像のミニチュア像を展示した。
 文在寅(ムンジェイン)韓国大統領は14日、大統領府で独立運動などにゆかりのある214人を招いて昼食会を開いた。大統領府は「献身と感謝のための意思疎通の場」として、元慰安婦と元徴用工4人も特別に招いたと説明した。
 この日はまた、ソウル市内を循環する151番バスの座席に、慰安婦問題を象徴する少女像のプラスチック製レプリカが設置された。朴元淳(パクウォンスン)市長も同日朝、バスに乗って視察した。(ソウル=牧野愛博)

昭和20年に戦争が終結して平成4年に慰安婦が名乗り出たというものおかしな話ですね。
終戦後の日韓基本条約では韓国政府が個別賠償を拒否し、政府が一括して管理する、その分すべて韓国政府に賠償しろと言っていましたよね。慰安婦が名乗り出ても日本政府は関係ありません。
慰安婦500名の代わりにミニチュアを置いたとか言っておりますが、韓国がわめいている慰安婦は20万人だったはずです。19万5000人はどこに行ったのでしょうか?独立運動とか言っていますが、だれがどこでどのように独立運動を行ったのでしょうか?
韓国のよくわかりませんね。

バスの乗客を押しのけて慰安婦像を乗っけるっていうのも理解不能です。
ソウルで慰安婦像乗せた路線バスの運行開始 強化プラスチック製 座席に固定
 韓国・ソウル市の中心部と北部を結ぶ路線バスが14日、慰安婦像を乗せて運行を始めた。9月末まで、同路線の5台の座席に強化プラスチック製の慰安婦像を固定。市民団体などが8月14日を慰安婦問題の記念日と位置付けていることから、運行会社社長が企画した。
 運行する民間企業「東亜運輸」(ソウル市)の林真●(=火へんに日の下に立)社長は「個人的な企画で、ソウル市の事業と無関係」としている。ただ、朴元淳市長は14日朝、慰安婦像を乗せたバスに乗り、慰安婦問題に積極的に取り組む姿勢をアピールした。
 このバスはソウル市中心部にある日本大使館公報文化院近くを通過する際、慰安婦を描いた昨年の韓国映画「鬼郷」の一場面の音声を流すという。
 この路線は日本人観光客が多く訪れる南大門市場やロッテ百貨店なども通る。(共同)


こんな人形を作って何になるのでしょうか?慰安婦問題はすでに韓国国内の問題となっております。
合意内容を守らないというのであればそれは韓国の問題であって日本は守れというしかありません。
日本から譲歩するなんてありえませんし、約束を守らないに民族という事を宣伝しているだけにすぎません。
韓国政府として合意したのですから、日本政府としては韓国が合意を破棄したいというのであれば10億円を返却してもどの状態にしてもらうしかありません。もちろん、大使館前の慰安婦像は撤去してもらいましょうね。

さて、このように韓国国民及び韓国政府は日本に対して恫喝を繰り返しておりますが、日本の対応はこれだけです。
「ゴールポスト動くことは絶対にあり得ない」日韓合意めぐり安倍晋三首相
 安倍晋三首相は15日、首相官邸で河村建夫元官房長官と面会し、韓国内で慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した日韓合意を見直す動きが出ていることを念頭に「またゴールポストが動くことは絶対にあり得ない」と述べ、見直しを否定した。面会後、河村氏が記者団に明らかにした。
 河村氏は超党派の日韓議員連盟の幹事長を務めており、近く議連役員がソウルを訪問し、文在寅大統領と面会する見通しを伝えた。

はっきり言って乞食の相手は必要ありません。日本はもう解決しているという姿勢であり、韓国内政問題なので日本は何もしないだけです。

様々な恫喝や脅迫、暴力を使いつつある韓国勢力、日本は毅然と立ち向かっていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/08/24 06:00

訳の判らないことを言う韓国の大統領

f411bb72.jpg
過去に竹島に不法入国を行った韓国の大統領
彼の歴史認識、政治家としての適性はいかがなものなのでしょうか?
本来、国家間の条約は一方的に破棄できません。必ず何らかの保証が必要になりますが、なんの根拠もなくこのような話をぶち上げています。
韓国の文在寅大統領が演説 徴用工で「強制動員の南北共同調査を」 日韓合意では再交渉に触れず「日本の指導者の勇気ある姿勢が必要」
 【ソウル=名村隆寛】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、日本の朝鮮半島統治からの解放72年に当たる「光復節」の記念式典で演説し、「強制動員の苦痛は続いている」と徴用工などの問題に言及した。「被害規模の全ては明らかにされておらず、十分でない部分は政府と民間が協力し、解決せねばならない。今後、南北関係が改善すれば、南北共同での被害の実態調査を検討する」と述べた。
 文大統領は日本との関係について、「北朝鮮の核、ミサイルの脅威に共同で対応するために両国関係を強化しないわけにはいかない」と語った。
 一方で文氏は、「歴史問題にけじめをつけたときに両国間の信頼がより深まる」と強調。「これまで日本の政治家や知識人らは過去と日本の責任を直視しようと努力し、韓日関係の未来志向的な発展に寄与してきた。こうした歴史認識が日本国内の政治状況によって変わらないようにしなければならない」と語った。
 その上で、慰安婦と徴用工の問題に触れ、「解決には人類の普遍的価値や国民的合意の上での被害者の名誉回復と補償、真実究明と再発防止の約という国際社会の原則がある」とし、「日本の指導者の勇気ある姿勢が必要だ」と訴えた。
 慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した2015年の日韓合意の再交渉について、これまで文氏は「国民の大多数が受け入れられない」との立場をとってきた。今回、合意や再交渉には触れなかったが、問題解決に向けた日本政府の努力を求めた。
 北朝鮮問題については、緊密な米韓同盟関係を強調しつつ、「朝鮮半島で二度と戦争があってはならない。誰も韓国の同意なく軍事行動を決定できない」と断言した。北朝鮮に核実験やミサイル発射の中断を要求し、韓国主導で問題の平和的解決を図る姿勢を強調した。
 文氏の同式典での演説は5月の就任以来初めて。

日韓基本条約で解決済みなんですが、わかってないのかな?朝鮮半島で二度と戦争があってはならないとか言っていますが、終結していない朝鮮戦争はどのようにするのでしょうか?休戦中ですよね。北と南は
さて、一向に友好的な話を韓国は日本に持ってきませんね。少なくとも北朝鮮に対する圧力を一緒にかけてほしいところではあります。
それとも北と一緒に日本を攻撃するのでしょうか?以前、原子力潜水艦を求めていたとかいうニュースがありましたね。
韓国が潜水艦を持っても運用できないことは過去の事例からわかっています。敵とは陸でつながっていますし、北朝鮮に潜水艦を有効的に使う技術も装備もないことは判明しています。何をやりたいのでしょうか???

大統領の歴史認識についてこんな話があります。
光復節:「韓国建国は1919年」 文大統領発言が波紋
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、光復節(日本による植民地統治から解放されたことを記念する日)の祝辞で、「2年後の2019年は大韓民国臨時政府の樹立から100周年を迎える年だ」と述べた。前日(14日)に大統領府(青瓦台)で開かれた独立功労者との昼食会に続き、1919年の臨時政府樹立を「大韓民国建国」と見なすべきとの立場を明確にした格好だ。
 保守陣営とリベラル陣営で論争となってきた「建国記念日」問題で、今回も政界の反応は割れた。共に民主党と国民の党は文大統領による「1919年建国」発言を擁護したが、48年の政府樹立を「建国」と見なすべきだと主張してきた自由韓国党は「牽強付会だ」と文大統領を批判した。
 「建国記念日」問題は10年間にわたり、政界、学界、市民団体の間で論争が続いている。保守陣営の多くは韓半島(朝鮮半島)唯一の合法政府である大韓民国のアイデンティティーと船出の意義を明確にするため、1948年8月15日を大韓民国政府樹立を「大韓民国建国」と見なすべきだと主張した。過去の市民運動勢力の歴史観に対する反省から生まれた「ニューライト」運動がそうした流れを主導し、李明博(イ・ミョンバク)、朴槿恵(パク・クンヘ)の両政権もその基調に従った。自由韓国党は最近発表した党革新宣言文に「1948年大韓民国建国」を盛り込んだ。
 一方、リベラル陣営と一部の独立功労者団体からは、保守陣営の主張が「大韓国民は3・1運動と大韓民国臨時政府の法統を継承する」という憲法前文に反し、臨時政府の正統性を損ねるものだとの声が上がる。文大統領の側近で民主党政党発展委員長を務める崔宰誠(チェ・ジェソン)元国会議員は14日、フェイスブックを通じ、韓国党の「48年建国」論について、「(韓国党は)分断によりやむを得ず南韓(南半部)だけでなされた政府樹立を(光復節よりも)大きな国の慶事だと考えている。独立運動の努力で成し遂げられた光復と民主政府の歴史には、親日を土台とする彼らグループの立つ瀬がなかったからだ」と批判した。
 文大統領は祝辞で、「2019年は大韓民国建国と臨時政府樹立から100周年に当たる」と述べたのに続き、「来年の8月15日は政府樹立70周年だ」と述べ、1919年を「大韓民国建国」、48年を「政府樹立」と表現した。
 民主党と国民の党は大統領の祝辞内容を擁護した。民主党の白恵蓮(ペク・ヘリョン)広報は論評を通じ、「(野党は)憲法の精神を無視した『48年建国論』を主張するなど、無意味で無責任な政治、政争をやめ、発展的な批判と協力を通じ、時代の挑戦に共に対処してもらいたい」と呼びかけた。国民の党の朴柱宣(パク・チュソン)非常対策委員長は記者団に対し、「大韓民国の建国日は当時(1919年)だ」とした上で、「我々の憲法にもそういう規定があり、それが正しいと思う」と付け加えた。
 一方、韓国党の柳錫春(リュ・ソクチュン)革新委員長は記者会見で、「国家が成立するためには、国民、領土、主権がなければならないが、その基準で1948年の建国が自明だ」と述べた。その上で、「文大統領本人も第19代大統領を名乗っている以上、1948年に就任した李承晩が初代大統領である事実を認めていることになるが、1919年建国というのはつじつまが合わない。牽強付会であり、1919年を建国だというのは行き過ぎた拡大解釈だ」と主張した。柳委員長はまた、臨時政府による活動の重要性に言及し、「人間で言えば、大韓民国は1919年に妊娠し、48年に誕生したものだ」とも語った。韓国党の崔海範(チェ・へボム)革新委員もフェイスブックを通じ、「金大中(キム・デジュン)政権も1998年に建国50周年を大々的に広報し、『第2の建国』をモットーにしていた」と振り返った。
 正しい政党は文大統領の発言について、「国論分裂を引き起こす行為だ」と批判した。同党のイ・ジョンチョル広報は「1919年建国と1948年建国が鋭く対立する状況で、大統領が光復節で行った最初の行動は国民を二分し、明らかに予想される対立と葛藤をさらにあおるもので、本当に残念だ」と述べた。

金九が臨時政府を上海に作ったことが国の起こりというのですかね?
領土の領民も法律も何もない建国ってあり得ませんが、レジスタンス政府ってことですか?
朝鮮半島で独立戦争は発生しておりませんし、保護国として保護してほしいといってきたのは朝鮮の方ですよ。
第一、アメリカに独立させてもらった李承晩は金九のことを嫌っていましたし、金九は金九で李承晩を嫌っていましたよね。
自分自身で独立できなかった悔しさはあるのはわかりますが、むちゃくちゃですね。
そもそも光復って自分の力でなしえていませんし、独立門は清からの独立の際に作られた記念碑です。
確かに日本の建国の日、年も定かではありません。そもそも古すぎるってのもありますが、建国記念日:紀元節ははっきりと定めています。
韓国はそのようなことすら論争になるくらい新しい国ってことでしょうね。

韓国は歴史を作るうえで事実は関係ないというかもしれません。
願望だけで政治をしているように見えます。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/08/23 06:00

失敗したプロパガンダ

20543633_1430761537004893_8909539623938276069_o.jpg
【FAKE movie !!!】#Southkorea 【Share Free】

As we notified before, the movie called「Gunkan jima(Battleship island)」which is the Korean propaganda movie featuring popular Korean movie stars.
以前にもお伝えしましたが、韓国人気スターを前に押し出した韓国プロパカンダ映画「軍艦島」
The movie has started to be released in many coutries in Asia and Europe eccept Japan.
この映画は日本を除くアジア、ヨーロッパのたくさんの国々で封切が始まりました。

The film director admits this particular movie is a complete fiction and 'not' made based on the historical fact.
この映画は史実に基づかない完全にフィクションであると製作者も認めています。
This movie is nothing but the huge fabrication which is made for the Korean bringing the
Japanese into another contempt.
韓国人が日本人を貶める為に作られた捏造映画です。
Those who made this movie are trying to spread it as the historical fact and at the same time, they're trying to get compensation for the Korean workers.
この映画を史実として広め、日本人から「労働者への賠償金」を得る事を目的としています。

Do not accept whatever this movie shows as the truth
こんな映画を真実と思わないで下さい。

と、まあ失敗したプロパガンダですね。
公開を楽しみにしていたのに残念だったとか、親日朝鮮人が慰安所を経営していたので反日ではないとか様々なことが言われておりますが、当時の軍艦島には朝鮮人向け慰安所があったり、エアコンが完備された宿舎であったり、ボーリング場があったりと最先端の施設があったことが判明しています。
仕事は大変だったというのはありますが、それでも人気殺到の仕事だったとのこと、なんでも強制といえば許されるとでも思ったのでしょうか?

それに関係もない米軍が出てきたり、その時代背景に関係ない蝋燭が出てきたり、存在していなかった朝鮮人特殊工作員なんかを出していたそうでして、意味のない映画になっていたそうです。
炎上ネタが満載 話題の韓国映画「軍艦島」は本当に「反日ではない」のか
 2015年に世界遺産に登録された長崎県端島(はしま)に「強制動員」された朝鮮人たちを描き、注目を集めていた映画「軍艦島」が、7月26日に韓国で公開された。

〈朝鮮人には、生きては出られなかった地獄島〉
 そんな刺激的なコピーの同作は、初日97万人動員という歴代最高記録を打ち立て、公開後5日間で400万人を突破している。
 もっともこの数字には、ちょっとしたカラクリがある。

「軍艦島」は初日、全国に約2700あるスクリーンの実に7割超を“独占”して公開されたのだ。これには他の映画の上映機会を奪う行為として、韓国国内でも批判が殺到。同作の柳昇完(リュスンワン)監督さえ「観客には様々な映画を選択する権利がある。非常に申し訳ない」と謝罪したほどだ。
 肝心の内容は、強制労働の事実を隠蔽するため、日本軍が朝鮮人徴用工を炭鉱に閉じ込め、爆破しようとし、数百人の朝鮮人が脱出を試みようとする荒唐無稽なもの。監督は「事実をもとにした創作物」と“予防線”を張っているが、朝鮮人女性を遊郭に売り飛ばしたり、朝鮮人の特殊部隊員を潜入させたところに米軍が空爆を行うなど、思わず首をかしげてしまうような場面の連続だ。
 映画の評価を巡ってはインターネットで熱い論争が繰り広げられているが、興味深いのは、「これは反日映画ではない」と評する声が多いことだ。劇中で最も悪い役で登場するのは、日本人の手先となって同族の朝鮮人を虐げる「親日派の朝鮮人」だから、という理由だ。
確かにこれまでの反日映画では、朝鮮人は一方的な被害者として描かれてきた。加害者としての姿が描かれるのは珍しいが、慰安婦役で出演した女優が、「日本が無条件に悪い、としてないのがよかった」と発言すると、“歴史の勉強をしてないのか”と、たちまちネットで炎上してしまった。
 主人公が親日派を断罪するときのセリフ「民族の名で君を処断する」も話題だ。日本のアニメ、セーラームーンの「月に代わってお仕置きよ!(韓国では「正義の名で君を許さない!」と訳されている)」を連想させると冷笑を買っているのだ。
“炎上ネタ”には事欠かない映画であるのは確かだ。

まあ、広告で使用していた写真の鉱夫が筑豊炭鉱で働く日本人だったりしていますからね。
捏造していても朝鮮人には本当のことだと思ってしまうところがあります。ファンタジーと言われる教科書を使用している弊害とでももうした方がよいのでしょうか?

・・・日本も反省した方がよいことだってあります。
a9b4b756.jpg
端島のゆるキャラらしいですが、これは悪乗りしすぎだと思います。
もう少し何とかならなかったのでしょうか?と思います。

いずれにせよ、日本はこの映画はファンタジーであり、事実とは無関係なものであることを訴えていきましょう。
もしかしたらそれが狙いでゆるキャラが出来たのかもしれません。(笑)
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/08/14 06:00
 | ホーム | Next »