岡崎トミ子さんが亡くなわれました。

A5yFtAA.jpg
先日、3月19日に民進党(民主党?)岡崎トミ子さんが亡くなわれました。
岡崎トミ子氏死去 国家公安委員長など歴任
元国会議員で、民主党の副代表や国家公安委員長などを務めた岡崎トミ子氏が19日未明、仙台市内の病院で亡くなりました。73歳でした。
岡崎氏は福島市出身で、民放のアナウンサーを経て平成2年の衆議院選挙で旧宮城1区から当時の社会党の候補として初当選し、その後、平成8年に旧民主党の結成に参加しました。
そして、平成9年の参議院宮城選挙区の補欠選挙で当選し、参議院議員を3期務めました。
平成22年の菅改造内閣で国家公安委員長と消費者・少子化担当大臣を務めたほか、民主党の副代表などを歴任しました。
そして、平成25年の参議院選挙で落選し、去年2月まで民主党宮城県連の役員を務めていました。
岡崎氏は体調を崩し、仙台市内の病院に入院して治療を受けていましたが、19日午前1時37分、肝機能障害のため亡くなりました。73歳でした。

いろいろと言いたいことがありますが、ひとまず合掌します。
お悔やみ申し上げます。

彼女は元国家公安委員長という座についておりましたが、反日活動家としてのほうが有名であり慰安婦問題の先駆けとも言われております。
国会議員としてソウルの在韓日本大使館に対して抗議を行うという国会議員にあるまじき反日活動を行った経歴の持ち主です。
このことは国会でも当然取り上げられ売国奴の名前をほしいままにしました。
当時、2002年には戦時性的強制被害者問題解決促進法案とかいう法案が民主党・共産党・社民党3党から提出されており、提案者を代表して趣旨説明を行った。慰安婦に名乗りを挙げている宋神道の書いた手紙をそのまま読み上げ、日本政府を糾弾していました。
その岡崎トミ子が落選したのは平成25年7月21日 第23回参議院議員通常選挙です。
約5000票の差で対立候補:和田政宗議員が勝利しました。
参議院議員三期務めた左翼の重鎮が新人の愛国議員に負けたのです。
この衝撃は大きかったと思います。

北朝鮮や核マル派などと関係の深い人間が国家公安委員長となり、左翼暴力団などの公安情報が犯罪者集団に流れ、少子化問題担当大臣として離婚ビジネスが多くなり、売国奴政権を支えたことでしょう。
そのような売国奴が死亡したのです。
当時売国議員のインタビュー

これが正体です。日本人の屑です。自分を育ってくれた国を売る、誰がそのような事を考えるのでしょうか?

死ねば仏になる。これは日本人の文化であり伝統です。
鬼であってもそれは変わりません。しかし、私は許せそうにありません。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(2) | トラックバック:(0) | 2017/03/23 06:00

二重国籍:民進党代表に未来はあるのか?

17016946_126166024721http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170312/k10010908351000.html4499_6724840677563303795_o.jpg
先日、民進党の党大会があったそうです。
民進党は今まで原発ゼロを掲げ、労働組合に猛反発を食らっていましたが、どのように盛り込むのか?どのような姿勢で与党と政権運営をしていくのかが非常に気になりますね。

その模様をNHKが取材していたみたいです。
民進 蓮舫代表「政治人生かけ政権交代を」
民進党の蓮舫代表は、東京都内で開かれた定期党大会で、「政治人生のすべてをかけて、政権交代を実現したい」と述べ、次の衆議院選挙に臨む決意を示しました。一方、焦点となっていた原発稼働をゼロにする目標時期については、2030年代としていた従来の目標の前倒しに意欲を示しました。
民進党は、去年3月の結党後初めてとなる定期党大会を東京都内のホテルで開き、党所属の国会議員や全国の都道府県連の代表ら、およそ800人が出席しました。
この中で、蓮舫代表は次の衆議院選挙について「まさに正念場であり、極めて厳しい、強い危機感をもって臨みたい。民進党は私の政治人生のすべてであり、仲間と何としても、二大政党制の実現を目指したい。政治人生のすべてをかけて、政権交代で、共生社会をしっかりと実現していきたい」と述べました。
また、蓮舫氏は、焦点となっていた党の新しいエネルギー政策について「原発依存からの脱却が前倒しで実現可能になるよう、きたる衆議院選挙に向けて、『原発ゼロ基本法案』を作成していく。再稼働まっしぐら、原発依存に逆戻りの現政権とは違う未来を描いていこうではないか」と述べ、「2030年代に原発稼働ゼロを目指す」としていた従来の目標の前倒しに意欲を示しました。
党大会では、ことしを政治決戦の年と位置づけ、野党連携の強化を加速して、安倍政権の強大化に歯止めをかけるとともに、衆議院選挙の候補者の擁立や共産党などとの連携については、当選者の数を最大化する視点で総合的に判断する、などとした、今後1年の活動方針を採択しました。
一方、来賓として出席した、最大の支持団体、連合の神津会長は、「支持率が急上昇する奇策はない。目先の状況だけにとらわれずに政権構想を練り上げ、地道に国民に訴えることで、働く人や生活者の不安を解消することが次の衆議院選挙の勝利につながると確信している。私たちにとっては民進党しかない」と述べました。
党大会後の記者会見で、蓮舫氏は「衆議院選挙があった時には、しっかりと候補者として臨む。その方向は変わっていない」と述べ、次の衆議院選挙に立候補する考えを示しました。

連合 神津会長「現実に立脚したエネルギー政策議論を」
連合の神津会長は、記者団に対し「エネルギーの問題は、福島での事故を発端に、当時の民主党政権で、議論に議論を重ねて1つの考え方をまとめており、そのことが起点だ。これしかないと予断をもって議論するのではなく、しっかりと現実に立脚した政策議論を期待したい」と述べました。

蓮舫代表「原発ゼロ 目標時期前倒し目指したい」
民進党の蓮舫代表は、党大会のあと記者会見し、「実現可能な『原発ゼロ基本法案』の中身を探り、そのうえで、原発稼働をゼロにする目標時期の前倒しが実現可能となることを目指したい。次の衆議院選挙までにという大きな目標は掲げているが、常在戦場で、いつ総選挙になるかわからないので、とにかく作業を急いでもらう」と述べました。

さて、結局あいまいな表現で終了していますね。
政権交代に政治生命をかけるとか宣っていますが、二重国籍が代表になってから民進党の支持率はどんどん下がっており、現在は6%と公明党や共産党と並んでおります。
安倍政権の前は民進党政権であったことを考えると急落しておりますね。
これもひとえに二重国籍やガソリーヌなどが自分自身の疑惑に対して回答せずに自民党を批判しているからではないでしょうか?
しかも批判している内容に関しても一切証拠がない、原因は民進党政権の時の政権運営とあっては支持率が上がるわけありません。
そこまで国民もバカではありません。

味方である朝日新聞からもこんな記事が出されています。
蓮舫氏、求心力低下止まらず 民進党大会で衆院転出明言
 民進党が12日、東京都内で開いた初の定期党大会で、蓮舫代表は当初めざした原発の「2030年ゼロ」表明について、反発する連合に配慮して断念し、「原発ゼロ基本法案」を次期衆院選までにつくるとした。大会後には参院議員からの衆院選転出も明言した。しかし、「守りの姿勢」は否めず、求心力低下は歯止めがかかりそうにない。
 冒頭、来賓の神津里季生・連合会長がエネルギー政策について「責任ある対応を引き継ぐことが国民の期待につながる。個々の政策をバラバラに示しても民意を取り戻せない」とクギを刺したのが象徴的だった。
 蓮舫氏は当初、原発ゼロを旗印に党大会を安倍政権への対立軸をアピールする機会と位置づけていたが、「30年ゼロ」表明断念で狙いはあえなくしぼんだ。辛うじて言及したゼロ基本法案作成についても、「原発依存からの脱却は、前倒しで実現可能となるよう」「一日も早く」との表現にとどまった。「脱原発」で足並みをそろえる他の野党各党党首は招待もしなかった。

味方が何処にもいないことを証明していますね。
野党野合による与党打倒を行おうにも共産党を党大会に呼ぶと連合が来ない、連合を立てると朋友であり共産党を呼べない。
愉快な仲間たちを呼んだところで反発しか起きない、社民党のような消滅の危機にある党を呼んでも存在感が全くないということでしょうね。
この状態でどうやって政権交代を行うのでしょうか?
政権交代を行いたいのであれば何でも反対の国会運営を何とかしてもらいましょう。暗黒の民進党政権では何の姿勢も示せなかった国会運営を国民は覚えています。

二重国籍に対して日本の心を大切にする党の代表:中山恭子先生はこのように話します。
蓮舫氏は代表辞任を 日本のこころを大切にする党・中山恭子代表激白「二重国籍は国家の独立を脅かしかねない」
日本のこころを大切にする党は、「二重国籍」問題で国民にウソをついた民進党の蓮舫代表の代表辞任や議員辞職を要求し、国会議員の二重国籍を禁止する「蓮舫法案」への賛成方針を打ち出している。その真意は一体何なのか。中山恭子代表に聞いた。
 「国会議員は、その国に100%の忠誠を誓わなくてはいけません。国家の方向性を決める責任があり、国民の生命や財産、国土や自然、伝統や文化を守る義務があるからです。二重国籍でないことは国政に携る者の最低限の義務であり、有権者への礼儀です

 中山氏はこう語った。
 台湾籍だった蓮舫氏は1985年に日本国籍を取得したが、台湾籍を残した「二重国籍」のまま2004年に参院議員に初当選し、10年には行政刷新担当相になり、今月15日、民進党代表に就任した。
 「父に任せていた」として“過失”と主張しているが、キャスターやタレント時代のインタビューでは、「私は、二重国籍なんです」「自分の国籍は台湾なんですが」などと語っていたことが発覚している。
 中山氏は「国会議員の二重国籍の問題は、民主主義や国民主権と密接な関係があり、国家の独立を脅かしかねないほど重大なものです」といい、続けた。
 「蓮舫氏は当初、二重国籍をかたくなに否定しながら、その後、発言が二転三転しました。わが党は、中野正志幹事長名で15日、『議会政治の政党代表者たる資格はない』として、代表辞任を要求しました」
 「加えて、二重国籍が発覚しながら、蓮舫氏を代表に選んだ民進党にも強く抗議するとともに、民主党政権時代に蓮舫氏を閣僚に選任し、国政の中枢に置いた責任をも問いました」
 日本のこころは臨時国会で、国会議員の二重国籍を禁止するため、日本維新の会が国会に提出した、公選法改正案などの法整備に取り組むという。
 ところで、同党は21日、参院会派名を「日本のこころ」に改称した。覚えやすくするだけでなく、中山氏らのこんな思いが込められている。
 「日本人は昔から『日本のこころ』を持っていました。それは、ウソ偽りがなく、卑怯(ひきょう)なこととは無縁である心です。私たちの国の歴史を形成し、伝統や文化を育んできたものです。こうした、日本人の美徳が1人でも多くの人々に伝わってほしいのです」 (ジャーナリスト・安積明子)

国家に忠誠を誓い、その国の国民となることは国会議員として、公務員として当然の義務です。それを差別とかいう人間の気が知れません。
当たり前のことを当たり前として言えるようにしていく必要があります。
最低限、自民党の議員のように選挙前に国籍離脱の手続きを行い戸籍謄本を開示することが議員には求められます。

現在国会では下らないことが議論?されております。森友学園のような問題は本来府政の問題であり国会で議論するものではありません。そのことが分かっていない民進党議員たち、これこそ金の無駄ですね。
国会運営は一日当たり3億円が掛かるといわれております。そのお金を無駄にしている野党野合連合、万死に値します。
二度とこのような二重国籍のような馬鹿を国会議員にしないようにしましょう。

議員を選び、国の行く末を決める責任が国民にはあります。
しっかりと見定めていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/03/17 06:00

この期に及んで嘘ばっかり

21544a37-s.jpg
本日は東日本大震災が発生した日になります。
亡くなわれた方へご冥福をお祈りしております。
さて、東日本大震災という天災の中で福島原発という人災が発生しました。
原因は民進党の菅直人、北朝鮮の団体に献金を行っていた事が発覚している極悪人です。
しかし、追及されるもテレビなどが報道しない為か全く一般に浸透しておりません。
菅直人が海水の注入を止めさせたことに安倍総理が指摘したら菅直人総理(当時)が裁判をおこしたという異例の事態にも安倍総理は事実を伝える必要があると思ったのか、その裁判に立ち向かいつい最近勝利しました。
菅直人が福島原発事件を引き起こしたことを裁判所も認めたともいえるかもしれません。

さて先日、二重国籍の国会審議がありましたが見るに堪えるものではありませんでした。
議論が出来ない、提案が出来ない提案型政党(笑)、テレビや新聞などで編集しない限り勝ち目のない議論を振りかざして国益を損なっている政党の党首であります。
いい加減、近畿財務局の問題であり、民進党が引き起こした問題である問題に対して政府としてなにもする必要がないのにいまだ騒ぎ立てているのはおかしいと思いませんか?
そんな民進党が原発ゼロという馬鹿げた政策を掲げております。
「原発ゼロ法案に」中長期に議論
 民進党の野田佳彦幹事長は6日の記者会見で同党が目指す「原発ゼロ」について「議論していることを最終的に法案にまとめる」と述べた。蓮舫代表は12日の党大会で「原発ゼロ基本法案」(仮称)の策定を表明する意欲を示しているが、党内で異論が強いため、中長期的に議論を続ける考えを示した。
 これと関連し、蓮舫氏は6日の参院予算委員会で「新しい道を歩むべきだ」と述べ、引き続き脱原発を目指す考えを表明。その後、記者団に「しっかり旗を掲げるべきだという思いは変わっていない」と語った。
 蓮舫氏は質疑で、東京電力福島第1原発事故の賠償費を賄うため、2.4兆円を上限に送電網の利用料(託送料)に上乗せする政府方針に対し「(原発を推進した)政府や電力会社の賠償責任を追及すべきだ」と主張。これに対し、世耕弘成経済産業相は「提案の党ならば、2.4兆円をどう回収するかの対案も出してもらいたい」と述べるにとどめた。【朝日弘行】

トラストミーと言いながら原発を30基運用して二酸化炭素の削減を掲げた政党が言う話なのでしょうか?
自ら何を言っていたのか?わかっていませんね。
しかもこの審議の際に捏造したデータをもって説明しようとしたから驚きです。

半年前に「批判から提案の民進党に」と宣言したのに、提案を求められて逆ギレしてしまった。
すでに発生してしまった問題を自民党が何とか解決に向けて動かそうとしているのに、蓮舫率いる民進党がやたらとケチをつける。そこで世耕大臣が「そんなに文句を言うなら対案を出してほしい」と真っ当な主張を行ったというわけだ。
批判から提案の民進党に生まれ変わると高らかに宣言した蓮舫にはもちろん素晴らしいアイデアがあるのだろう。しかし、蓮舫が発した返答は耳を疑うものだった。
蓮舫「我々に提案しろと投げないで下さい(ブチ切れ)」
回答はたったこれだけ。同じ日本の政治を動かすものとして提案を求められて拒否するとはいかがなものか。以前から蓮舫の発言は何か正しい理念に基づくものではなく、とにかく安倍総理率いる自民党の足を引っ張ろうとする姿勢に問題があると言われていた。
状況に応じてその場しのぎで発言を変えるのでいずれブーメランが突き刺さることになる。今回もその典型であろう。

この審議で使われたデータが捏造されたデータです。
蓮舫代表が世耕経産相にグラフの間違いを指摘された上「間違ってるパネル下げろ」と叱られる
これは蓮舫代表が総発電電力量だとして用いたグラフを使って「2012年に立てた2030年目標が15年前倒して2015年に達成されていた」と発言した際に使ったグラフについての出来事で、蓮舫代表がこの主張を元に原発発電量の半分を節電や再エネ増加分で賄ったことになるとしてこの傾向を更に加速させ「自然立国を目指そう」との論をぶった際に起きていました。
答弁に立った世耕経産相は「このグラフはちょっと誤解があると思いますよ?」と指摘すると、何が間違っているのかを説明。それによると蓮舫代表のグラフは「総発電量」と「大手電力会社10社の合計値」を混同しているというのです。世耕経産相は「同じベースで比較しないとおかしいですよね」と語ると、蓮舫代表に「(同じベースで比較するとどうなるのか)逆に教えて頂きたい」としつつ「もう私答えわかってますから」と皮肉交じりに「まだ野田内閣の目標には達してません」と蓮舫代表の論の前提となっていた部分を否定してしまいます。
すると蓮舫代表は指摘された点には触れずに岡山のバイオタウン構想の話を始め誤ったデータだとされた点をスルーしていましたが、その後再び答弁に立った世耕経産相は自分が間違いだと指摘したグラフのパネルを出し続けているとして「あの、お答えする前にそのパネル下げて頂けない間違ってますんで。データが。すいません」と少々苛立った様子を見せていました。

捏造したデータをもって審議するなんていい加減なことを行う民進党代表二重国籍
二重国籍は日本の為に政治を行わないという証拠ですね。
いまだ戸籍謄本を開示しない二重国籍、このような人間は国籍をはく奪すべきだともいます。

どこの国に忠誠を誓っているかわからない二重国籍、選挙で落としていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/03/11 06:00

支援者が消えていく民進党

17098701_1570450719635182_4648565307013921923_n.jpg
安倍政治を許さないというビラを問題視しないで、自分たちへの批判は差別として区分する民進党率いる野党野合
民共社とゆかいな仲間たち、平気で「日本死ね」という人間を国会議員なんかに選んでしまった国民の選択は大いに間違っていると思います。
何故なら普通の教育を受けていれば自らの育った家庭、街、地域を愛すのは当然の事、そこに歪な教育がなければ好意的になるのは当たり前の事です。
しかし、その集合体である国「日本」は嫌いだがそれ以上の集合体である地球は好きというのは普通の人間では到達できない感情ではないでしょうか?
受け入れられない者同士が喧嘩して分かれていったのが国なのです。
インドとパレスチナの関係を見れば自明の理だと思いますが、その考えが見いだせない人が居ると言う事でしょうか?
私にはその考えが分かりません。

さて、そんな民進党ですが、無茶無策の政策を掲げ、支持母体である連合からそっぽ向かれています。
原発ゼロ目標前倒しめぐりボロボロの民進・蓮舫執行部を、自民が「相変わらず学ばない政党だ」と冷笑している
 民進党の蓮舫代表が「2030年代」としている原発ゼロ目標の前倒しについて、3月の党大会での年限表明を先送りする考えを示した。次期衆院選の公約として「30年」を掲げることを検討してきたが、党内の意見集約や支持団体との調整が難航。自民党との対立軸を示すはずが、蓮舫氏自ら求心力を一層低下させ、かえって自民党を利する結果となった。
 「年限より中身にこだわりたい」
 蓮舫氏は2月27日、福島県飯舘村で記者団にこう答え、党大会で前倒しの年限を示すのを先送りする考えを正式に表明した。
 党執行部は「30年代」としてきた原発稼働ゼロの達成目標を、最大9年の前倒しとなる「30年」に繰り上げる方向で検討を進めてきた。次期衆院選で脱原発の姿勢を強調し、自民党との対立軸を明確にするのが狙いだ。早期の衆院解散は遠のいたとの認識から、3月の党大会で前倒し年限を示せないか模索していた。
 蓮舫氏の意向を受け、党エネルギー環境調査会の玄葉光一郎会長は2月2日の幹部会合で、省エネ化の進展などを踏まえて原発ゼロ目標を「30年」に前倒しし、「原発ゼロ基本法案」の策定を検討すると表明。党内の意見集約や支持団体との調整に乗り出したが、いずれも難航している。
 エネルギー環境調査会が設けた党内議論では、脱原発派から「さらに高い目標が必要だ」(近藤昭一元環境副大臣)と一層の前倒しを求める声が出た一方、労組出身者らは「いつから重要な政策を一部の幹部だけで決める政党になったのか」(大畠章宏元国土交通相)と真っ向から反対。調査会としての方針は依然、まとまっていない。
 民進党最大の支持団体である連合も「『30年代原発ゼロ』ですら相当にハードルが高い」(神津里季生会長)などと公然と批判。連合傘下の電力総連幹部は党大会での年限表明にこだわっていた蓮舫氏と面会した際、党大会で「30年ゼロ」を掲げた場合は衆院選で民進党候補を推薦しない方針まで伝えた。
 一方の自民党は、民進党の原発政策見直しに向けた動きに脅威を感じるどころか、自ら内輪もめを起こして求心力を低下させた蓮舫氏の対応を余裕綽々に受け止めている。
 エネルギー政策に詳しい自民党議員は「『30年代』から『代』の1字を取ったところで有権者へのインパクトは小さい」と述べ、「30年原発ゼロ」を掲げる意味を根本から疑問視する。ある党幹部は「仮に民進党が『30年ゼロ』でまとまったとしても自民党にとって脅威にはならない」とどこ吹く風だ。
 また、党内の賛否が割れていることや連合との関係悪化が報じられたことで、民進党内のガバナンス力のなさが改めて浮き彫りになったことにも「党内がまとまらないことで政権を失ったのに相変わらず学ばない党だ」と冷ややかな笑いを浮かべる。
 民進党の支持率は昨年9月の蓮舫氏の代表就任以降も低迷が続いている。「批判ばかりしている」との指摘を踏まえ「提案型」を打ち出したものの、支持率の推移を見る限り「選んでもらえる政党」には程遠い。自民党からは「蓮舫氏が代表でいるかぎり安泰だ」とまでささやかれている。指導力にみそを付けた蓮舫氏に、起死回生の一打はあるのか-。

結局、何の提案もせずに、自ら反省することもなく暴走列車のように着き進んだ結果が民進党支持率8%という結果を生み出したにすぎません。自ら糺さない限り前に進まない、進めない民進党
果たして二重国籍にその覚悟はあるのでしょうか?
安倍総理は自らの批判に対してきちんと反論を行ってきました。
例の森友学園の件に対しても最初から拒否していたことを話していましたが、共産党や民進党は納得せずに印象操作とレッテル張りを行い追い詰めたつもりになっています。
本来は近畿財務局の瑕疵であるにも関わらず執拗に攻撃し、学園の入園式すら危うくなっているそうです。
民進党やTBSなどのマスゴミにそれを是正する覚悟は、責任を負う覚悟はあるのでしょうか?
子供の未来を犠牲にしてまで攻撃する必要性が見いだせません。

自民党はそのような野党野合をみて笑っているかのようです。
安倍晋三首相「民共は無責任勢力、絶対に負けない」 自民党全国幹事長会議で挨拶
 安倍晋三首相(自民党総裁)は4日の党全国幹事長会議で、次期衆院選をめぐり選挙協力を進める民進、共産両党を批判した。「両党は基本的な政策で大きく違う。無責任な勢力に、絶対に負けるわけにはいかない」と述べた。
 衆院解散・総選挙の時期を念頭に「来るべき戦いにおいて常在戦場の気持ちで頑張らなければならない」と強調。7月の東京都議選も踏まえ「さまざまな地方選挙が全国で行われる。各地域で戦い抜こう」と呼び掛けた。
 政権の経済政策に関連して、地方創生を進めることに意欲を表明し「経済政策のあたたかい風を全国津々浦々に広げていきたい」と訴えた。農政改革についても引き続き取り組む姿勢を示した。

当たり前です。
何をとっても一緒にできる可能性はありません。民進党と共産党は安倍政権打倒という小さな話を元に野合しているだけにすぎないのです。
そんな人間達に何が出来るのでしょうか?ちいとは考えてもらいたいものです。

これからの民進党の新劇(笑)は続くでしょう。
二重国籍すら問題視できない政党の末路がみえてくるかもしれません。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/03/07 06:00

金正男暗殺事件の新展開

16864210_781158455369531_4741831004492955370_n.jpg
金正男が暗殺されてしばらくたちますね。
実行犯は北朝鮮の人間のようです。
ですがその犯人たちは日本人を名乗っていたそうですね。
マレーシアの人から見ればわかりにくいのでしょうか?
日本のTV番組撮影と依頼か…金正男氏殺害
 北朝鮮の金正男氏がマレーシアで殺害された事件で、逮捕された女が先月、家族に「日本人を名乗る男に仕事を依頼された」などと話していたことがNNNの取材で分かった。
 マレーシア警察は17日夜、正男氏殺害に関与した疑いで北朝鮮籍のリ・ジョンチョル容疑者(46)を逮捕した。韓国メディアは18日、リ容疑者が警察署に入る写真を報じている。地元メディアによると、リ容疑者はマレーシアに複数回、出入国していたという。
 一方、すでに逮捕されているインドネシア国籍のシティ アイシャ容疑者(25)をめぐり、新たな証言が得られた。シティ アイシャ容疑者は先月、実家に戻った際、家族に、日本人を名乗る男に仕事を依頼されたなどと話していたという。
 シティ アイシャ容疑者の義姉「誰に頼まれて仕事しているの?と尋ねたら、『日本人だ』と言った。実家にいるときも、よく男から電話があった」
 シティ アイシャ容疑者は「日本で放送するテレビ番組の撮影のため、お金持ちの男性にソースをかけるように依頼をされた」などと話していたという。
 シティ アイシャ容疑者の義姉「相手のほおを両手で触ったり、腕をつついたり、ソースをかけたりするイタズラをすると話していた。(男から)高い金を払っているのだから、放送される番組を見ようとするなと言われたと話していた」
 先月、インドネシアのショッピングモールでも、「イタズラをする撮影をした」などと話していたという。その際、男から日本円にして、およそ8500円を受け取ったという。

日本のメディアの低俗さが海外にも知れ渡っている様ですね。こんな番組ばかり作っている報道局は猛省してもらわないといけません。
しかし、この女性はアルバイトで人の殺害をした、手伝ったことになりますが一生の傷にならなければよいのですがどうなのでしょうね?
こずかい稼ぎに物を運ぶ仕事をして爆弾を運ばされテロの片棒を担がされた人間だっています。
共謀罪及びスパイ防止法が必要ですね。日本国内でこのような事が発生しないようにしていかなくてはなりません。

さて、この暗殺ですがVXガスが使われていたとの話が入りました。
アルバイトした女性の命は大丈夫なのでしょうか?
VX検出とマレーシア警察 毒殺確定 顔などに付着か
 【クアラルンプール=岩田智雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、マレーシア警察は24日、遺体から猛毒の神経剤VXが検出されたと発表した。これにより、正男氏が毒殺されたことが、ほぼ確実になった。
 カリド・アブバカル警察長官の発表によれば、検査を行ったマレーシア政府の化学物質分析機関が暫定結果を提出。それによると、VXは遺体の目の粘膜と顔から検出された。
 警察はこれまでに、インドネシア人とベトナム国籍の女2人を実行犯として逮捕しており、女らが、毒物と認識しながら液体を手で正男氏に塗りつけたと発表していた。
 VXは1950年代に英国、米国で開発された化学兵器用の神経剤。皮膚から容易に吸収され、呼吸困難、意識障害、縮瞳(しゅくどう)などの症状を引き起こす。日本のオウム真理教が殺人、殺人未遂事件で使ったことで知られる。正男氏の殺害事件では、専門家から液状のVXをクリームに混ぜて使った可能性が指摘されていた。
 一方、在マレーシア北朝鮮大使館は22日、クアラルンプール市内の大使館前に集まった報道陣に声明を文書で配布し、「マレーシア政府は監視カメラの映像や、女性容疑者らが犠牲者の顔に手で毒を塗ったとの妄想に基づき捜査を行っているが、女性容疑者はどうして生きていられるのか」と疑問を呈し、「いたずらで顔に塗った液体は毒ではなく、死亡の原因はほかにあるということだ」と主張した。

毒ガスではなく別の方法で殺害された可能性が出てきたそうです。
怖いですね。監視カメラにも出てきていませんし、いつ何をされたのか非常に気になります。
もしかすれば女性は囮で本命がどこかにいたのかも知れません。謎は深まります。

さて、日本の北朝鮮の工作機関では金正男の殺害に対してどのように教えているのでしょうか?
「朝鮮学校では金正男氏のことを教えていない」 在日コリアンが語る″暗殺事件″
 金正男氏の殺害をめぐる日々の報道に、困惑している人たちもいる。今回、匿名を条件に証言してくれたのは、朝鮮学校を卒業した在日韓国人女性のAさんだ。
 Aさんによると、朝鮮学校において金正男氏に関する教育を受けるということは「私の知る限りでは聞いたことがない」とし、在日韓国人の間でも、噂レベルの情報しかなかったという。むしろ、今回の事件をきっかけに「この人はこういう生い立ちや人となりなんだということがわかったという人も多いと思う」ということだ。
 すでに"5世"も生まれている時代。子どもたちへの影響も懸念するAさんは断定的な報道が増えたことで「在日のコリアンたちもひとくくりにされて、学校の前に街宣車が来るなど、大変なことになっているという話も聞く」と話す。
 「在日の方たちは北朝鮮で生まれたわけではなく、日本に住んで、北朝鮮を大切な祖国と思いながら頑張っているので、色眼鏡で見ないで、見守っていただきたいなと思います」と訴えた。(AbemaTV/AbemaPrimeより)

知らされていないということですね。日本に住んでいて北朝鮮のために生きるのは結構だがたからないでくださいね。
あなた方は国民ではなく外国人であるという認識を持ってください。当然国籍による差は出てくることでしょう。
当たり前のことです。朝鮮学校という私塾に対する補助金はないのが当たり前、日本の教育方針に則らないのであれば補助金はないのが当たり前です。
色眼鏡で見ないでくださいというよりも色が違うのが当たり前との認識を持ってください。
私たち日本人と外国人では差ができるのは当然であり、拉致問題での活動拠点となった朝鮮学校が憎まれるのは当たり前のことなのです。

さて、追い込まれた北朝鮮に中共、これからどうなるのか考えていかなくてはなりませんね。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/02/28 06:00
 | ホーム | Next »