【拡散希望】 頑張れ日本! 緊急アピール 不当警備が日本を滅ぼす!

7,21 街宣

一体ここは日本なのか?!過剰警備が日本を滅ぼす!
                             
【緊急アピール 頑張れ日本!全国行動委員会】

今、日本の首都東京で恐るべき事態が進行しています。

それは、国民に知らされること無く、国民が気づかぬうちに、民主党政府の誰かが決め、「警備のため」と称し、秘かに推進されて来ました。
日本国民が、日本の国土で、日本の公道で日の丸の旗を掲げることが禁止される事態が起きています。日本国民が、日本の国土、公道で、半ば強制的に手荷物検査や身体検査を受けさせられる事態が公然と行われ始めています。

一体、誰がこのような「恐怖政治体制」のごとき「警備命令」を発したのでしょうか。
これはまさに、国民の政治的思想信条の自由に対する挑戦であり、抑圧です。
「政治弾圧」と言ってもよいでしょう。今、日本で、東京で、許すべからざる「表現の自由」と「政治的自由」への抑圧行為が、警察によって実行されつつあります。
国民は、このような言論抑圧体制を黙認してはなりません。この危険で恐ろしい現実に、後から後悔してでは遅すぎるのです。
これは自由と民主主義の国日本の根幹を揺るがす全体主義と恐怖政治への第一歩です。
私たちはこのような事態を絶対に許してはなりません。
 
7/21、草の根国民運動組織「頑張れ日本!全国行動委員会」は、韓国、ロシア、中国の各大使館に対して、領土の不法占拠や侵略行為に抗議するため、街頭宣伝活動とデモ行進を行いました。参加したのは約三百名のごく普通の日本国民でした。
 しかし、各大使館から数百メートル離れた場所で街宣抗議活動を終えた頑張れ日本!全国行動委員会の人々は、大使館門前の抗議に向かおうとして、警備の警察官(四谷署・麻布署)から、驚くべき条件を提示され、強要されました。

警察署から提示された驚くべき条件:下記警察官職務執行法と比較すれば その異常性が分かる。
尚 第1条では その適用の濫用を戒めている。

1> 大使館門前には、5人1組づつしか向かえない。
2> 日の丸の旗と旗竿は、5人のうち一人のみ許される。他の者は許されない。
3> 大使館門前に行く前に、凶器を所持していないか、身体検査を行う。
4> 同じく所持しているカバンやバッグの所持品検査を行う。
5> これらの検査を衆目の中、公道上で行う(飯倉交差点路上や笄こうがい公園前路上)。
6> 「任意」の協力をお願いすると称しながら、実際には、身体検査と手荷物検査を認めなければ、大使館前の公道に抗議に行く事を認めない。
7> 警察官の中には、当人の了解も無いまま、勝手に無断で背中のリュックやバッグを開け、中身を覗くなどの違法行為が多数強行された。

(参考)警察官職務執行法 第2条 (質問)
   第二条  警察官は、異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して何らかの犯罪を犯し、
若しくは犯そうとしていると疑うに足りる相当な理由のある者又は既に行われた犯罪
     について、若しくは犯罪が行われようとしていることについて知っていると認められる者を
     停止させて質問することができる。
   2  その場で前項の質問をすることが本人に対して不利であり、又は交通の妨害になると
認められる場合においては、質問するため、その者に附近の警察署、派出所又は駐在所に
     同行することを求めることができる。
   3  前二項に規定する者は、刑事訴訟に関する法律の規定によらない限り、身柄を拘束され、
     又はその意に反して警察署、派出所若しくは駐在所に連行され、若しくは答弁を強要されることはない。
   4  警察官は、刑事訴訟に関する法律により逮捕されている者については、その身体について凶器を所持しているかどうかを調べることができる。

今、日本の国土で、日本の公道で、日本国民が、国旗「日の丸」を掲げた旗竿を持つことが許されない状況が生まれているのです。 一体、ここは自由と民主主義の国日本なのか、全体主義国家中国や北朝鮮でも行われないような国民の国旗使用制限と政治的自由の圧殺が行われているのです。

このようなファッショ的警備行為を、一体、誰が決め、誰がこんな憲法違反、法律違反の命令を行ったのでしょうか。 「頑張れ日本!全国行動委員会」が抗議活動で使用している日の丸を掲げた旗竿は、ソフトなプラスティック製の細い棒であり、凶器になどなり得ないものでした。
頑張れ日本!全国行動委員会の人々は、これまでも日の丸を掲げたデモや街頭宣伝でも、日の丸の旗竿を使った乱暴な行為など、一度たりともしたことがありません。プラスティックの旗竿が危険だというのなら、当日は雨模様でしたが、傘の方がはるかに危険でしょう。

このような「警備」の名を借りた正当な言論、政治的表現活動への嫌がらせや抑圧は、政治的弾圧、言論表現活動の封殺と言われても仕方ありません。このような憲法の保障する基本的人権に反する「警備」活動によって、抗議運動の参加者は、正統な権利である韓国、ロシア、中国大使館に対する抗議活動を妨害され、充分な主張や抗議の声を届ける事が出来ませんでした。 特に、前記の条件を警備担当者に強要され、韓国大使館前に、誰もいけない状況が生じたのでした。

私たち頑張れ日本!全国行動委員会は、これまでも、デモ行進や街頭宣伝活動など、日本一といっても良いほど、整然と統制が取れた形で、日本国民としての誇りと道義に基づく国民行動を行ってきました。警備当局に対しても、日本の治安を維持する任務を高く評価しながら、常に相談し合い、互いの立場を認め合いながら、国民運動を進めてきました。草の根の国民運動組織として、違法行為を為した事は一度たりともありません。

しかるに、今回の警備当局の為した行為は、日本国民の誇りを深く傷つけ、憲法に保障された基本的人権を無視し、破壊する「犯罪」とも言える行為でした。
何よりも、日本国民が、日本国土内において、日の丸を掲げることを制限させられるという、許しがたい反国家、反日行為を警察警備担当者が行ったことに、満腔(まんこう,身体全体の意)の怒りをもって強く抗議するものです。

これは過剰警備などといった小さな出来事ではなく、日本の自由と民主主義に対する挑戦と冒涜であり、私たちは見過ごす事や黙認することは絶対出来ません。
一体、このような国の根幹を危うくする「警備」と称するファッショ的政治弾圧行為が、どうように生まれたか、あるいは計画され、実行に移されたのか、この責任者を徹底的に追及し、責任の所在と責任者に対する厳正な処置を取るべきだと考え、決意しています。

私たち頑張れ日本!全国行動委員会は、法的手段、都議会、国会における追求、そして何よりも国民的抗議運動の展開等々、あらゆる方法を使って、日本の自由と国旗日の丸の名誉と誇りを守り抜く決意であります。

間もなく、8/15がやってきます。私たちを先祖たちが見守り、未来の子孫たちが私たちの姿を、私たちの行動を見守っています。
どうか、自由を愛する日本国民は、共に起ち上がり、共に日本を守り抜かんことをお願い申し上げます!  全ての草莽の民は、日本の自由を守り抜くために、草莽崛起せよ! 
            
    頑張れ日本!全国行動委員会   会 長  田母神俊雄
                             幹事長  水島 総
                            事務局長 松浦 芳子
                                 平成24年7月

<<<<< ここで不当警備の実態がご覧戴けます >>>>>

警察不当警備の実体 7/21領土不法占拠侵略阻止 国民行動 H24.7.23
http://www.youtube.com/watch?v=GHzVDvVjmyU&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg&index=3&feature=plcp

「警察不当警備」 問題提起 「桜新聞」号外での告発  H24.7.26
http://www.youtube.com/watch?v=itDEFhoZ9UM&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg&index=8&feature=plcp

「一体 ここは日本なのか」 国旗を掲げられない東京  H24.7.27
http://www.youtube.com/watch?v=_WtmXZ-ebes&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg&index=0&feature=plcp


<<<<<<< 抗 議 先 >>>>>>>

麻布警察署・・・・TEL:03-3479-0110
四谷警察署・・・・TEL:03-3357-0110

*****************************************************************************************

頑張れ日本!全国行動委員会事務局
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-16若草ビル
TEL :03-5468-9222 FAX :03-6419-3826
E-mail info@ganbare-nippon.net

以上、今回の件は相当頭に来ています。
(ブラッキー)
スポンサーサイト
街宣 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2012/07/31 22:55

土屋たかゆきのテレフォンリレートーク

平護会マーク
平成24年7月27日 (金) 午後8時~9時 番組紹介を致します

是非皆様 ニコニコ動画(my日本チャンネル)をご覧になってください

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■  

    週間ラジオやまと新聞 × 土屋たかゆきのテレフォンリレートーク

      放送日:平成24年7月27日(金) 午後8時~9時

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□  



第5回放送プログラム

 放送日:平成24年7月27日(金) 午後8時~9時
 ニコニコ動画 my日本ちゃんねる
 http://ch.nicovideo.jp/channel/ch800


 ◆日 本 再 発 見
  ~出演:拓殖大学名誉教授 井尻千男~
   聞き手:やまと新聞社/坂口清香 my日本/大江繭子

 ◆土屋たかゆきのテレフォンリレートーク
  ゲスト:齊藤祐子さん
  「南京の実相を理美容室に普及する会 代表
  平成・美しい日本を護る会 本部役員、関東支部所属(平護会・へいごかい)

  ホスト:東京都議会議員 土屋たかゆき

 ◆万葉の恋歌
  ~出演:四宮政治文化研究所代表 四宮正貴~
  聞き手:やまと新聞社/坂口清香

─────────────────────────────────────・

番組の内容は予告なしに変更される場合があります。

・お問い合わせについては、jimu@mynippon.jp へご連絡ください。

────────────────────────────────────

─発 行: 株式会社my日本(http://mynippon.jp/) 

やまと新聞社(http://www.yamatopress.com/)

未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2012/07/27 19:00

オリンピックと沖縄

ロンドンオリンピックが始まり、日本勢の戦いも始まっております。
ぜひとも善戦して戴きたいと思います。

少し前に石原都知事が東京オリンピックをもう一度行いたいとの話からオリンピック招致の働きかけを行っており、もし行うことが出来れば、経済効果はものすごいものとなるでしょうね。

今、国防の面から沖縄から尖閣及び台湾、支那大陸へ直接飛ぶことの出来る飛行体『MV-22:オスプレイ』(CV-22と間違えないでね)の話題がマスコミや反日団体で叫ばれていますが、前回の東京オリンピックの際に沖縄で行われた努力に付いてどれだけの方が知っているのでしょうか?

その説明に丁度良い動画がありました。



現在では信じられないことかもしれません。
沖縄教職員達が日の丸を掲げる運動を積極的に進め、琉球新報が正確に報道する。

状況は変わっているかもしれません。
支那、中共の脅威はどんどん大きくなっています。
ですが、そのときに沖縄全土で日本への復帰を望んでいたのでしょう。
今は、支那人や朝鮮人などの反日勢力が数多く入り込んでおりマスコミは乗っ取られているのかもしれません。
でも、沖縄は日本の領土であり、中共の属国ではありません。

今一度、日本の国籍の重み、日本人である誇りを思い出す必要があります。
誰にでも牙を剥けばよいのではありません。
節度を護り、護らなければならないものは護る。

そのことを胸に生きたいと思います。

(ブラッキー)
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2012/07/27 06:48

富士山登りました。

去る7月14日の夜に富士山に登ってきました。

富士宮浅間神社

先ず、富士吉田のある浅間神社へとお参りに伺い、無事降りてくることを誓います。そして本日の運勢を占います。
・・・末吉、今年入ってから引いたおみくじはすべて末吉、しかも三連続!今年の運勢は変えられないようです。
しかも自分が悪いのではなく他人から邪魔をされて運勢が悪くなるとの予測、気が滅入ります。

富士宮浅間神社門

気分を変えて、一路水ヶ塚公園駐車場へ移動します。
現地の天気は大雨・・・しかも霧が濃くこのままでは登れません。
とりあえず、様子を伺うために登山バスに乗ります。

新五合目に到着すると霧は晴れ、雨も止んでいました。
上を見ると頂上付近は晴れています。
此処は覚悟を決めて登ることにしました。

新五合目~新六合目:楽に登れました。
新六合目~新七合目:非常に気楽に登れました。
新七合目~七合目:風がきつくなってきました。
七合目~八合目:風がきつく、時折立っていられません。
休み休み進みますが、風の為体力の消耗が激しく手も悴んできます。
八合目で30分くらい休みますが、風が強くてなかなか休めません。
自動販売機でホットコーヒー(400円)を飲み体を温めます。

七合目

八合目~九合目
風は収まりません、時より横から雨と共に吹いてきます。
雲の中に入ったようでライトがないと前がまったく見えません。
一歩ずつ確実に進みます。

九合目~九合五勺目
五里霧中、雲の中に入ったらしく眼鏡が曇ってしまいまったく前が見えません。一メートル先がやっと見えるくらいです。
道を示しているロープを伝って、登っていきます。
自分がどこを歩いているかわかりません。
本当に登っているのか疑問に思えてきます。
山小屋の光も見えません。先が見えません。
こけた瞬間にストックが曲がりました。
体が重たいです。
目の前に石垣がありました。ようやく山小屋に到着!

胸突山荘に午前0時到着、3時間休憩を取ります。
風がきついです。体温が戻らないため寒いです。
両足の内股が攣り動くことが出来ません。
山小屋のポンプ室で休ませて貰いました。
ありがとうございます。

体力が戻りましたので元気に登り始めます。
途中、ヘッドライトの電池が切れてしまいました。
どおりで光が薄いわけです。
約一時間掛け頂上に到着、感動で前が見えません。
明るくなるまで待機します。4時半を超えても明るくなりません。
雲の中のようです。
今年もご来光を見ることは叶いませんでした。(´;ω;`)ブワッ

浅間神社奥社

失意と共に下山、富士宮口は登りと下りが同じ道であるために渋滞となります。
しかもツアー客とも一緒になったため大渋滞です。大渋滞が九合五勺からず~と続きます。
新五合目に到着したのが9時、9時半のバスに乗ることが出来ました。

そして温泉にて本日の汗を流します。
その後休憩室で寝てしまい気がついたらお昼を回っていました。

今回は大変厳しい富士登山となりました。
お疲れ様でした。

・・・富士宮浅間神社に無事の報告をするのを忘れてた~

(ブラッキー)
続きを読む
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2012/07/25 06:24

7/21 領土不法占拠侵略阻止 街宣報告

7,21 g街頭行進
先日東京で行われた、領土不法占拠侵略阻止街宣の報告です。
今回の予定は、午前11時30分から韓国大使館前で、午後1時30分過ぎからはロシア大使館前で、街頭演説と抗議行動。午後3時から六本木の三河台公園で集会。4時から六本木通りを笄(こうがい)公園までデモ行進。午後5時過ぎから8時までは、チャイナ大使館への抗議行動になります。

韓国大使館への街宣開始時には20名ほどでありましたが、時間が進むにつれ少しずつ増え最終的には50名ほどの方が集まりました。
此処では水島さんと赤池先生が街宣を行い、不法占拠や不法滞在、現在の売春婦ビジネスの問題について訴えました。
7.21 韓国前

そして韓国大使館への抗議を行うこととなっていましたが、警察から妨害を受けました。事前の打ち合わせにより5人一組で議活動を行う事になっていましたが、外交上の問題で国旗を掲げるのは一本だけにしてほしいと要請がありました。『ふざけるな!』ですね。その場で何故と聞きましたが現場の人は理由はわかりません。現場管理者である署長からの命令のようです。
このことに対しては、水島さんから表現の自由ならびに国旗国家法案の観点から国会や裁判所に訴えていく事になると話されていました。
おかげで韓国大使館への抗議活動をする時間がなくなりましたので道路を挟んで韓国大使館前を通り、地下鉄で神谷町まで移動します。
7,21 ロシア前

次はロシア大使館です。
こちらから山本へるみ前港区区議が参加されました。
へるみさんはロシア大使館(当時はソ連)への抗議行動みて育ったそうです。
昔から、取られた領地を取り戻せないことに対して憤りを覚えていたとの事、
領土を取り戻さない、国民を取り返さない、国益を護らない議員は必要ない!
私達には売国議員を落とす権利があるし、国士を当選させる力を持っています。
周りの方にも声をかけて広めてください。と訴えました。
こちらでの抗議活動の際には荷物検査まで受けさせられ、国旗は一旗だけ棹に立て残りの人は手で掲げるという変則的は方法で大使館前での抗議を行いました。 
世界中でこれだけ警察に規制されて、抗議行動を行わなければならないのは自由主義国家の中で日本だけでしょうね。警察は私たちの行動をこれだけ規制するのに、官邸前の脱原発デモや、経産省の敷地内でのテント村などは、野放し状態です。一体この違いは、何なのでしょうか。腹が立ちます。

7,21 ロシア前2

7,21 街宣

そして中共大使館への街頭行進です。
松浦さんや三輪さん、小山さんなど数多くの方々が街頭行進前の挨拶を行います。
街頭行進の時には約200名の方が集まり、六本木を囲むように街頭行進を行います。
更新前の一言、頑張れ日本は国会議員などの公的機関に対して行動を呼びかける運動として始まりましたが、いまや最前列で行動する運動となっています。この前の中共国旗を揚げた台湾船が尖閣に近づいた件もそうですが、今までの抗議活動に対する圧力が通じなくなっているので相当脅威に思われているとの事です。草の根国民行動組織皆で頑張っていきましょう。
7,21 街頭行進

特に妨害もなく、街頭行進が終了しました。やはり昔と違いチラシを受け取ってくれる人、見てくれる人が多くなっていると思います。
此処から中共大使館への抗議活動へと移りますが、私は用事がありますので此処で終了。

 韓国大使館は四谷警察署で、ロシア・チャイナ大使館は、麻布警察署の管轄であり、両方とも同じ対応ということは、所轄レベルの判断ではなく、上層部である警視庁の意向が反映しているのでしょう。大使館への国民の抗議行動になぜそこまで神経質になるのか、まったく理解できません。三島由紀夫先生が言われていましたが「警察は政体を守り、軍隊は国体を守る」という言葉を思い出させるような事態でした。

以上、お疲れ様でした。

(ブラッキー)
街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2012/07/23 07:19

土屋たかゆきテレフォンリレーートーク

土屋議員

7月20日 (金) 午後8時~9時 番組紹介を致します

是非皆様 ニコニコ動画(my日本チャンネル)をご覧になってください     

 週間ラジオやまと新聞 × 土屋たかゆきのテレフォンリレートーク      

 放送日:平成24年7月20日(金) 午後8時~9時

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□  

第4回放送プログラム 

放送日:平成24年7月20日(金) 午後8時~9時 

ニコニコ動画 my日本ちゃんねる

 http://ch.nicovideo.jp/channel/ch800   

◆日 本 再 発 見 

 ~出演:拓殖大学名誉教授 井尻千男~   聞き手:やまと新聞社/坂口清香 my日本/大江繭子

 ◆土屋たかゆきのテレフォンリレートーク  

ゲスト:木間ゆりさん

人権侵害救済法案反対 全国陳情プロジェクト 副代表  

 ホスト:東京都議会議員 土屋たかゆき

 

◆万葉の恋歌 

 ~出演:四宮政治文化研究所代表 四宮正貴~ 

 聞き手:やまと新聞社/坂口清香

─────────────────────────────────────・

番組の内容は予告なしに変更される場合があります。

・お問い合わせについては、jimu@mynippon.jp へご連絡ください。

─────────────────────────────────────

発 行: 株式会社my日本(http://mynippon.jp/) 

やまと新聞社(http://www.yamatopress.com/)

++++++++++++++++++++


(ねえ)
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2012/07/20 12:20

富士山に登ろう!

富士山 山中湖


古来から信仰の対象になってきた富士山

日本一標高の高い山です。また、山容の美しさにおいては世界でも有数の名山として知られています。しかし一方では、時として噴火によって災害をもたらす大変恐ろしい山でもありました。それゆえ、太古より神の住む霊山として人々に崇められていました。

そして浅間神社が建立されたと聞きます。

http://fuji-hongu.or.jp/sengen/history/index.html

朝廷・武家からも篤い尊崇を受けており、

朝廷からは仁寿3年(853)従三位、永治元年(1141)には正一位を授与されています。

源頼朝公は、建久4年(1193)富士山麓において巻狩りを行った際、当大社に参拝、流鏑馬を奉納されており、武田信玄・勝頼親子は神領の寄進、社殿の修造などを行いました。

徳川家康公は、関ヶ原の戦いに勝利した御礼として、本殿・拝殿・楼門をはじめ30余棟を造営し、境内一円の整備を行い数多くの方々に尊崇を受けております。

その富士山に一生に一度は登ってみませんか?


(ブラッキー)
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2012/07/18 20:03

《全国の同志の皆様へ嬉しい報告をさせて戴きます》

.本屋
※写真は7月9日から7月15日までの紀伊國屋書店新宿本店、週刊単行本ベストセラー第1位になった『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』です。


●超拡散《全国の同志の皆様へ嬉しい報告をさせて戴きます》


■『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』が、紀伊國屋書店新宿本店の週刊単行本ベストセラーランキングで第1位になりました。また、全紀伊國屋書店週刊単行本ベストセラーランキングで第13位になりました。

いずれもマンガ本を含めてのランキングですので、凄いことになりました。これは、全国の同志の皆様方の様々な活動の賜物であり、地殻変動を感じます。この状況が1ヶ月続けば、石原東京都知事が「捏造された歴史を見直し、日本人の誇りを取り戻そう。資料は事実を語っている」と、推薦していただいたことが実現することになります。


そして昨日、文科大臣を務められ、ゆとり教育を廃止し、平成の教育改革に大鉈をふるわれた中山成彬先生から、「日本人がこれを見れば自信を持って主張するようになるでしょう。一部のどうしょうもない反日分子を除いて。是非国民が一冊ずつ持つ愛読書になってほしいと願っています」と、皆様へ激励のメッセージをいただきました。


また、全国の同志の皆様方から様々な活動のご報告をいただき、日本人がとうとう本気になって動き出したと感動しております。


【その一部を紹介させて戴きます】

★〈周囲に紹介したり配ったりするほか、親戚の子供にも送りつけることにしました。


自虐史観から身を守る盾にもなるはずです。
こんな誇らしい方々の子孫なんだと思えば、それだけで勇気が出ると思います。

ツイッターや、人気ブログのコメント欄を借りてこの本の紹介をしていますが、私以外にも紹介文を載せている同志が複数、いらっしゃいます〉


★〈私の知人も、早々に、早く図書館にリクエストして!して!と矢の催促メールをあちこちに送っていました〉


★〈帰省する際には早速地元の美容院(知人夫妻経営)や知人に進呈したいと思います。


待ち望んでいたせっかくの本が手元に届いたにもかかわらず、私はざっと目を通すだけにしています。


本当は本当はじっくり読みたいのですが…(涙)


その理由は・・・わざと(カバーは付けず)電車の中で読むことにしたからなのです。

席に座ることができる場合、カバーを付けず、膝の上におかず、敢えて顔の前に持ってきて目線の高さにして読むことにしました。(意外と腕が疲れますが(笑))


そうすることで、対面に座っている人たちの目の中に嫌でも『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実 石原慎太郎氏推薦!』という文字が飛び込んでくるからです。

そうなると、「石原都知事の推薦? あの本、いったい何だろう?」と興味を持つ人も必ずいると思います。


何となく日本がおかしい状況になっていると気が付いていても、何をどうしていいのかわからない人も多いからです。


電車やバスの中などで、隣の人や目の前の人が夕刊紙や週刊誌、など目立つものを読んでいる場合、意外と気になってしまうという経験などから、今回こちらの本でもそれを実行してみることにしました。特にネットをあまり使わない世代には、まずは「嫌でも目に飛び込んでくる」状況、要はごり押しに近い状況(笑)を作って、水間様渾身の一冊の存在を知らしめる一助になればと思っております。私が電車の中で相手の目線に入るような形で、本書を読むことで、不特定多数の方たちの目に入り、それらの方が書店でこの本を買い、事実を知ってくれることを願ってやみません。


もし、隣の人に「この本、どういう内容ですか?」「どこの書店にありますか?」などと聞かれたら、丁寧に教えるつもりです!〉


★〈この本は素晴らしいですね!という第一印象です。

これは、毎月買い、毎月配っていきたいと思います。
『もし感銘をうけたなら、この本は「是非この人に」という人に譲り、自分の分を買い直して頂けると幸いです。』とのメッセージを添えて。」〉


★上記以外にも、毎日のように50枚以上、同書のチラシを作っていただき、ポスティングされてくださってる方もいらっしゃいます。


以上の皆様方の活動の輪が、拡散されることになると、間違いなく地殻変動が起きると思っております。この二十数年間夢見ていたことが、現実になりつつあり、日本を諦めず信じていたことに嬉しさが込み上げてきます。


皆様方の様々な活動の結果は、形となって現れてきており、今年の夏は特別「熱い夏」になりそうです。

頑張れ日本!


■やまと新聞の記事:12-07-04 17:58 配信http://www.yamatopress.com/c/21/172/5285/


■ニコニコ動画【石原都知事推薦】『ひと目でわかる 日韓・日中 歴史の真実』 http://www.nicovideo.jp/watch/sm18283836

■YouTubeに「ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実」の動画 http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=2TS-8rZNkT4


★『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』は、地方紙の週刊書店ベストセラーランキング入りを目指し、札幌・新宿・梅田・福岡紀伊國屋書店本店並びに各紀伊國屋書店や紀伊國屋書店のWEBで優先的に購入をしていただければと思っております。


【紀伊國屋書店のWEB】http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4569806864.html


★こちらからの嫌がらせで、アマゾンを利用されていらっしゃる方は、アマゾンでもと思っております。

http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?ie=UTF8&a=4569806864&at=toscana04-22&dl=1&lc=msn&uid=NULLGWDOCOMO


■【読み終えた皆様へのお願い!】

『ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実』は、一冊丸ごと情報戦の武器としてまとめたものですので、読み終えましたら是非、皆様の親しくなさっていらっしゃる歯医者さんや理美容室、喫茶店などのブックスタンドに置いていただけるようにお願いしていただければと、切に願っております。それは、発行部数1万冊でも数ヶ月後には、一気に200万人以上が歴史の真実に目覚めることになると確信してますので、宜しくお願い致します。


(ねえ)
続きを読む
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2012/07/18 06:58

みたままつり in 靖国神社

みたままつり ポスター

7月13日から16日まではみたままつりです。

 皆で行ってきました。
 お清めをして、お参りします。
 人出の割に、並ぶこともなくすぐにお参りできました。

 いつもと同じ、英霊に感謝をささげ、今日本を護る最先端、“尖閣を護る”ことを見守って下さることをお願いしてきました。
 みたままつりは夏祭りの位置付けでしょうか、若い方が大変多く、かならずしも敬虔な雰囲気ではありませんが、これほど大勢の若者が靖国神社に参集することは、結構なことと思いました。
御民祭り 田母神閣下

 一緒に早めの夕食をとり、再び靖国神社に戻りぼんぼりや各界の著名人の色紙など拝見し、もう一度献灯をゆっくり見ました。
御霊祭り 伝統と創造の会

 たちあがれ日本や平沼赳夫氏、稲田朋美氏などを見つけました。

 私達の会のも見つけました。
 そよ風さん、がんばれ日本全国行動委員会さん、新しい歴史教科書をつくる会などと隣り合っています。
御霊祭り 私達
うれしい限りです。

目的は違えど靖国神社に違和感なく参拝できるようになるのは非常にうれしいです。
本来ならば英霊に感謝する場所なのですが、祭り=奉るの意味があるように皆でお祭りを行い、英霊の方々を歓迎するのも良いことかもしれません。
みたままつり 正面
今年も多くの方がこられました。
来年もお祭りに行きたいと思います。

さて、神奈川県でも第一回のみたままつりが開催されていました。
神奈川県みたま祭り

英霊に感謝する機会が増えていくのは良いとだと思います。

(写真:ごまめのはぎしり、文:ブラッキー)
神社 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2012/07/17 06:00

花時計 7/12街宣ご報告&お知らせ(今夜8時、岡真樹子出演!)

渋谷駅ハチ公前で12時から13時30分まで慰安婦問題周知街宣を行いました。
雨がポツポツ降っていましたが、始まる12時には雨がやみました!
途中、降ってきましたが中止になるほどの雨ではなくなんとか最後まで行えました。
沢山の方に応援に来て頂き、時間も30分オーバーしてしまいましたが富山から旅
行で来ている男子高校生や学校の用事でたまたま通りかかった女子高校生などが
聞いてくれていました。

ニコ生視聴も前回は1600でしたが、今回は2000を超えました!
ありがとうございました。

また街宣が始まってしばらくすると通りすがりの年配の方が声をかけてきて
「本当の事言ってくれてありがとう、こういう活動してくれてありがとう、もう
涙がでそうだ。どうやって言っていいかわからないけど、嬉しい、ありがとう。」
と言われました。

声をあげないけれど、心では嫌な思いをしている人が沢山いるのだなと思いました。

参加してくれた皆様、
告知、拡散してくれた皆様、
ニコ生から応援してくれた皆様
聴衆として来てくれた皆様
川柳を投稿してくれた皆様
本当にありがとうございました。

今後も一人でも多くの人に今の日本の状況をわかってもらえるように色んな方法
で活動してきます。
どうぞ今後ともご協力よろしくお願いいたします。

昨日の街宣動画
http://www.youtube.com/watch?v=ZrBX4806vcM




~お知らせ~
今夜8時のニコニコ動画(my日本チャンネル)に岡真樹子が出演します!
街宣ではマダムとよばれ、スピーチはわかりやすいと好評の岡真樹子と
正義をつらぬく熱い男、東京都議会議員の土屋たかゆき議員とのトークをぜひご
覧ください。

土屋たかゆき議員のリレートーク
http://live.nicovideo.jp/watch/lv99946374


----------------------
愛国女性のつどい花時計
hanadokei2010@gmail.com

(ねえ)
街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2012/07/14 19:00

第十五回日本の歴史文化研究会「中国に侵略された南モンゴルの真実」

第15回チラシ

第十五回日本の歴史文化研究会「中国に侵略された南モンゴルの真実」

主催「平成・美しい日本を護る会」
共催「my日本」
後援「兵庫県教育再生協議会」

定員になり次第、締め切らさせていただきます。
お早目のお申し込みを。

平成24年7月15日(日)
第十五回日本の歴史文化研究会 「中国に侵略された南モンゴルの真実」
受付13:00 講演会 13:15-16:30
「サンシビック尼崎」
http://www.aspf.or.jp/suncivic/
〒660-0868 尼崎市西御園町93-2
TEL 06-6413-8171
阪神尼崎駅から徒歩5分
定員 50名
会費 500円

内容
「南モンゴルの歴史と弾圧の実態」
対談と講演=オルホノド・ダイチン

懇親会 17:30-20:00
個室郷土めぐり 和花の宝石箱 尼崎店
http://r.gnavi.co.jp/ka7c306/
〒660-0884 兵庫県尼崎市神田中通2-27-47 阪神ONOビル5F
阪神本線尼崎駅 徒歩2分
TEL 06-6417-7650
会費 3,500円 + α


万象繰り合わせの上、是非ご参加ください。

講演会 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2012/07/13 06:25

7・5ウルムチ虐殺三周年抗議デモ

昨日行われました「7・5ウルムチ虐殺三周年抗議デモ」に参加してきました。

当日の天気は又雨・・・

それでも参加者の熱気は冷めませんでした。

ウルムチ 有楽町


ウルムチ残虐について少し説明します。

wikipedia参照

http://ja.wikipedia.org/wiki/2009%E5%B9%B4%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%83%AB%E9%A8%92%E4%B9%B1

2009年ウイグル騒乱(にせんきゅうねんウイグルそうらん)は、2009年7月5日に、中華人民共和国新疆ウイグル自治区ウルムチ市において発生した騒乱事件。

ウイグル人住民が、漢族住民および武装警察と衝突し、中国当局の発表(2009年7月19日現在)では、死者197名、負傷者1,721名に上る犠牲者が出たとしている[1][2]。 新疆における騒乱事件としては、2008年3月のホータン市での抗議デモ以来の事件であり、1997年に起きたグルジャ市での大規模な官民衝突に匹敵する犠牲者を出した。

下記URLは写真付き(残虐な写真もありますのでご注意ください)

http://dogma.at.webry.info/200907/article_3.html



支那による民族浄化の一環として行われた大虐殺のことを意味しているようです。



それから三年が経ちましたが、いまだ解決には至っておりません。

五月には世界ウイグル会議が日本で行われたこともあり抗議の声を上げるべく街頭行進が行われました。

イリハムさん


街頭行進では雨にも拘らず日本ウイグル協会の代表であるイリハム・マハムティさんがマイクを取られ、街頭宣伝を行います。

・ウイグル人を殺すな

・子供たちに未来を

・・・etc



街頭行進の最後にはこのようにも話されていました。

「素晴らしい日本と日本の皆さんにはウイグルの様になってほしくない。今のウイグルは、そう遠くない未来の日本の姿かも知れない」

「この危機意識を多くの人にもっと伝えて欲しい。そして気付いたなら私たちを助けて欲しい」

心からの訴えです。

イリハムさん 挨拶


今回の行進には日本ウイグル地方議員連盟に所属している議員も5,6名参加されていました。

ウイグルの現状を明日の日本にしてはいけません。

そのような話しで今回の街宣は幕を閉じました。



お疲れ様でした。


(ブラッキー)
続きを読む
街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2012/07/12 00:35

7月1日 【赤池まさあき君の国政復帰を期する会】

昨日の日曜日は甲府アピオにて開催されました、
赤池まさあき君の国政復帰を期する会のお手伝いをしてきました。
当日の天気は雨、赤池先生の始めての政治資金パーティーどれだけの人が集まるか不安でしたが、用意していた160名の座席はすべて埋まり約200名弱の方に参加していただきました。

開演は17:30分からでしたが、17時から集まりだし開演10分前にはほとんどの人が席に座り開演を待っていました。日頃からの山梨時間とは大違いです。(日頃は時間どおり集まりません)

開催に先立ち、天野山梨後援会会長よりこの一年の経緯説明があり、その後山梨自民党県連の皆川幹事長より開会の挨拶、臼井県議から如何に自民党のだめっぷりや何をしないといけないか、どのように山梨県を企業が考えているかの話しがありました。





そして、杉山こういち赤池まさあき全国後援会会長のお話しが始まりました。
相変わらず、コミカルでわかりやすい話です。
輿石の様相をドラゴンクエストの腐った死体に例えた時には会場から笑いの声が聞こえてきました。
国を思う在野議員の会の会長もしており、其の中で赤池先生の後援会会長をしていただけるのは非常にありがたいことです。
http://kuniomou.com/


赤池先生の自己紹介とギャグ・・・

真剣に→信玄に・・・
そして、改めて赤池先生の決意表明を行いパーティー会場へ

非常に楽しいパーティーでした。
が、係りはなかなか忙しいです。

赤池先生と皆さんの集合写真、集合写真を取り終わった方から自己紹介を行い会場を回ります。
すべてのテーブルを回り、ようやく息をついて記念撮影
7月1日 赤池
井尻先生が居たりもします。
井尻先生は前回の衆議院議員選挙のときに赤池先生の選挙対策をされていました。
そのときの苦い思い出を話されていました。

おつかれさまでした。

(ブラッキー)
自民党 | コメント:(2) | トラックバック:(1) | 2012/07/08 05:14

西郷南州翁

鹿児島と言えば、西郷さん!!

DSC_2622.jpg



DSC_2625.jpg

私は、20才の頃に、九州旅行をした時、日程の関係で,鹿児島を素通りしました。
で、西郷さんとご対面出来なかったのですが、

何十年ぶりかに、今回、やっとご対面することが叶いました。
嬉しかったです(^-^)


DSC_2648.jpg

                            南州神社

南洲神社(なんしゅうじんじゃ)は、鹿児島県鹿児島市上竜尾町に鎮座する神社です。

西郷隆盛命を祭る。

西郷隆盛を祭る神社が建てられ、大正十一年から南洲神社と呼ばれるようになりました。
大東亜戦争(太平洋戦争)では焼けましたが、昭和三十二年に再建されています。

毎年九月二十四日に例祭がもたれています。
南洲墓地の北隣にあります。


DSC_2650.jpg

                              南洲墓地

西南戦争での西郷軍方の戦死者が埋葬される。

墓地は正面に西郷隆盛、右手に篠原国幹、左手に桐野利秋などの墓が並び、
墓地全体では七四九基の墓石があり、二千二十三名もの人々が眠っています。

桐野は通称「人斬り半次郎」として有名。
村田新八の墓もありました。

西郷隆盛の墓には献花が絶えることがない。


DSC_2651.jpg

上を見上げたら、青い空に映えてとても綺麗でした。


DSC_2394.jpg

                              西郷隆盛洞窟


城山展望台から下る坂の中腹にある、西郷洞窟は、

西郷隆盛が最後の5日間を過ごしたといわれる場所です。

バスの中からの撮影で、上手くいかなかったですが、観光のシティバスの運転手さんの説明では

「この洞窟で、自刃したと言われているけど、違います。もう少し下った所にある、樟の木の所です。」
との事でした。
                                                                                                                                                


で、20才の時に、鹿児島で、西郷さんとご対面出来なかった私は、
帰ってから、すぐに、東京都上野公園に西郷さんに会いに行きました。
                                                

 10925R1046956_thumb.jpg
             
 東京都上野公園の西郷隆盛像(ネットからお借りしました。)                                 

上野の西郷さんは、ゆかた(着物)?に犬を連れていました。
私は長い間、このイメージでした。

デモ、今回、鹿児島でお目に掛かった西郷さんは、凛々しい軍服姿でした。

普通は、銅像というと、きちんとした正装ですよね。
で、何で?と疑問を持って調べました。                                                                               
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京都上野公園に建っている西郷隆盛像は、高村光雲の作〔高村光太郎の父)
除幕式は西郷隆盛の死後21年を経た1898年(明治31年)12月18日に行われた。

散歩している姿ではなく、愛犬をつれ、腰に藁の兎罠をはさんで兎狩りに出かける姿である。

この姿は大山巌がガリバルディのシャツだけの銅像から思いつき、
西郷隆盛の真面目は一切の名利を捨てて山に入って、
兎狩りをした飾りの無い本来の姿にこそあるとして発案した.。

連れているのはお気に入りの薩摩犬であった雌犬の「ツン」

当時故人を顕彰する銅像の多くが正装で威厳に満ちたものだったのに対し、
西郷隆盛の銅像は明治維新の元勲のものとしては、あまりに庶民的に過ぎるものである。

上記大山巖の言い分も、まだ西郷への反感を持つ政治家が多かった時代、
明治政府の官位による正装をさせるわけにはいかなかった事情が背景にあったと考えられる。
                                                
しかし、西南戦争で、朝敵にはなって、死後、賊軍の将とされたが、

西郷隆盛の人柄を愛した明治天皇の意向や、黒田清隆らの努力があって
明治22年(1889年)2月11日、大日本帝国憲法発布に伴う大赦で赦され、正三位を追贈された。

そして、明治31年の除幕式には時の総理大臣、山県有朋、勝海舟、大山巌、東郷元帥等や
800名が参加して盛大に行われた。
                                                                                                

DSC_2623.jpg
                                                

鹿児島市の鹿児島市立美術館近くに立つ、西郷隆盛の銅像は軍装(陸軍大将)である。

郷土の彫刻家・安藤照が1937年(昭和12年)に作成した。

明治より時代が下って鹿児島市に建てられた銅像が、

陸軍大将の正装で直立不動の姿勢であるのは、西郷の名誉回復という観点からすれば、

未亡人が本来期待した姿に近いと考えられる。                                                                                                                           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

以上です。

やっと謎が解けました。
銅像一つにしても、意味があるのですね。                                                                            
(追) 鹿児島の西郷隆盛像を作成した、安藤照氏は、
渋谷の「忠犬ハチ公像」を作成された方でもあるそうです。                                              

(スカーレット)

歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(1) | 2012/07/06 00:09

決められない政治屋

小沢一郎とそのシンパが離党届を提出しました。
政治家として従えないことに対する意思表示としては問題ない行為だと思います。

ですが、一部の議員から苦情が出ているようです。

以下、毎日新聞引用
離党届に含まれていた階猛、辻恵両衆院議員は離党を拒否し、撤回した。
http://mainichi.jp/select/news/20120702k0000e010169000c.html?inb=yt
以上

離党届を人に預けるのはその人についていくという意思表示でまだわかる気はしますが、離党届を預けていて実際出されると拒否をする。
信じられないくらい駄目な政治屋ですね。
このような人間が多く議員になっている我が国はどうすればよいのでしょうか?

早く解散総選挙をしてもらいたいものです。
野田第二次内閣

(ブラッキー)
続きを読む
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(1) | 2012/07/04 07:00

【救う会】6/24 署名活動ボランティア

この署名運動に参加してきました。
 横田早紀江さん、飯塚さん、増岡さん、西岡さんら救う会の方々が沢山見えて居ました。
 参加者は、およそ30人程で、良くお見かけする方々もおいででした。
 総数は1000筆あまり、2時間で良く集まりましたと挨拶していましたが、私には、一段と無関心が進んだような気がしました。
 JRの意向でしょうか、地下広場は使えないことになったそうで、地上の歩道で行いました。
 丁度、台湾フォーラムの永山さん等が街宣を行っていました。
 多分、これは互いに邪魔にならず、むしろ相乗効果があったのではないかと感じました。
 こちらに署名してくれた人が、むこうにも署名していたのを見かけました。
 前回は寒い雨の日でした。今回は、暑いくらいの日差しでした。
 私のカウントは、前回24筆、今回17筆でした。
 たったこれだけ・・・なのか、それでもこれだけ・・・なのでしょうか?
 こんなことは言うべきではないかんもしれませんが、街行く人々がますますよそよそしくなったように感じました。
 このところ、TVも新聞も殆ど見ない生活が続いていますのでよく判らないのですが、マスコミの黙殺が続いて居るのではないでしょうか?

台湾フォーラムの永山さんのブログから転載させて戴きます。
 
■「南京大虐殺はウソだ」との台湾人の言葉に沈黙 

ところが何度私が「台湾が中国の一部かどうか」へと話を戻そうとしても、それには乗らず、ただ台湾と中国の問題に日本人が口をはさむことは中国人には不愉快だと言った話ばかりをする。「なぜ日本は中国を侵略したのに台湾を応援するのか」などとも。
「南京大虐殺を認めるだろう。証拠はたくさんある」と聞いてきたので、はっきりと「認めない」と答えると、言葉を詰まらせていた。横で聞いていた私の仲間の台湾人が「南京大虐殺はウソだ」と口を挟んだので、この話は終わった。
男はどちらかと言えば、まじめな好青年という感じで、私が真剣に話を聞いていることに「感謝している」と言っていた。だが、その横にいた女は一言も発さず、冷たい表情でこちらを睨んでいた。もう一人の男は後方でニヤニヤしながら私たちの写真(動画か)を撮影し続け、その後ネットに何かを書き込んでいるような仕草を続けた。
やがて私は演説の順番が回ってきたためにその場を離れ、会話は台湾人が引き継ぐことに。中国の台湾への横暴な姿勢を批判しようとしたようだが、男はそれを遮っては、「台湾では多くの人が自分を中国人と思っている」(事実ではない)だとか、「現在台湾は中国から経済的恩恵を受けているのを認めるべき。台湾経済は中国がつくった」などと一方的に話していたそうだ。「恩知らずの台湾人め」という顔をしながら。

■ウソには「ウソだ」で中共の情報戦に反撃しよう 
そして「こんな活動は日本ではなく、中国でやればいい」と言ってきたので、「(言論の自由がない)中国でできるはずがない」と台湾人が返すと、「いや、できる」と反論。その馬鹿馬鹿しさに台湾人が笑い出すと、男は首を横に振りながら、仲間とともに立ち去った。
「議論に勝てないと、相手の話を遮り、関係ない話を次々と持ち出していた。そのような訓練を受けているようだった」と言うのが台湾人の感想であるが、実際に「死んでも自分の誤りを認めない」のが中国人の民族性だ。たとえ「好青年」に見えても、その性格からは免れ得ないのだろう。
中国人特有のあの「捲し立て」は、ウソで組み立てられた自分たちの言説への自信のなさを隠すためのものである場合が多い。それが相手に通用しないと見るや、このように逃げて行くわけである。
こんな身勝手な民族性に発する中共の恫喝外交攻勢に屈服し、文科省は日本の子供たちに「台湾は中華人民共和国の一部」との有害なフィクションを押し続けているのだ。
かくして台湾は「中国の一部」「中国の一部であるべきもの」との誤解を扶植された子供たちは、「中共の台湾侵略に反対しない日本人」になって行くのである。
ウソには「ウソだ」と断固言おう。それは我々が進める「一つの中国」宣伝打破運動の基本的姿勢でもある。
我々の写真撮影に夢中の中国人留学生との対話

これからも長い戦いが待っていることでしょう。
あきらめないで頑張っていきます。

(原文:ごまめのはぎしり、加筆・編集:ブラッキー)
街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(1) | 2012/07/01 07:30
 | ホーム |