安倍内閣改造

だいぶ遅いような気がしますが、先週安倍政権の内閣が改造されました。
あまり目玉となる人事はなかったように見えますが個人的には喜ばしい人事がありました。
10410301_696478860438803_2771645526550835978_n.jpg
「慰安婦は合法」発言の女性議員を政調会長にした安倍首相
政調会長とは日本の与党・自民党で政策・法案に関する最高意思決定機関「政務調査会」の運営を担当する重要な役職だ。このため、政調会長は「政策通のベテラン議員」が担ってきた。これまでも甘利明氏や与謝野馨氏など、主に経済・政策の専門家が務めている。
 しかし、安倍晋三首相は政策通ではなく極右傾向のある女性議員を相次いで抜てきしている。今回の内閣改造で政調会長から総務相になった高市早苗氏(53)と行政改革相から政調会長になった稲田朋美氏(55)は戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社を参拝している。2人は旧日本軍が強制動員した慰安婦の存在はもちろん、侵略戦争を断罪した東京裁判も否定しており、自民党内でも「極右強硬派」に分類されている。
 安倍首相が前例のない人事を相次いで行った背景には「戦後70年を来年迎えるに当たり、日本の過去の行いを反省した河野談話・村山談話を修正したい意向があるのでは」という見方もある。閣僚が日本の過去を反省する談話の修正論を唱えれば、韓国・中国はもちろん米国も含め外交的な反発を招く可能性がある。こうした点を考慮した安倍首相は、自民党政務調査会が多数の議員の意思だとして修正論を主張し、仕方なく内閣がそれにつられていく形にしようという意図があるわけだ。高市氏は政調会長の最後の役割として、慰安婦強制動員を認めて謝罪した河野談話の修正を政府に提案したし、稲田氏の政調会長就任の第一声も河野談話の修正だった。慰安婦問題=女性の人権問題という国際的な非難を、女性議員を前面に押し出して突破しようという計算も見え隠れする。
 早稲田大学法学部出身の弁護士である稲田氏は、自己紹介文に「『正論』を読んで歴史問題に目覚めた」と書いている。極右傾向が強い産経新聞社系列の「正論」は安倍首相も読んでいる月刊誌で、日本の侵略戦争を美化する内容にあふれている。政界進出の直接のきっかけは南京大虐殺時に虐殺に加担し、裁判にかけられ処刑された旧日本軍遺族らが2003年に起こした名誉回復訴訟に参加したことだった。稲田氏は訴訟で「南京大虐殺は捏造(ねつぞう)された」などと極端な主張を展開して一般に知られるようになり、2005年に自民党の公認を受け総選挙に出馬した。11年8月には「竹島(韓国名:独島)は日本領土」と主張するために韓国に入国しようとしたが拒否されるなど「行動派の極右政治家」として有名だ。
3選にすぎない稲田氏が、ベテラン議員の務める自民党政調会長に抜てきされたのは、安倍首相に「忠誠」を誓っているからだともいえるだろう。同氏は「日本を救える人は安倍氏以外にはいないと考えた」「(安倍氏の)演説を聴いていると、まさに神の言葉のようだった」などと恥ずかしげもなく発言している。産経新聞は稲田氏抜てきについて「政治家として成長させたいという狙いがある」と分析した。
 政調会長として根気強く反省談話の修正論を提起、総務相に抜てきされた高市氏は、NHK掌握を念頭に置いている。総務相はNHKを管轄しているからだ。NHKを通じ、侵略戦争の美化を本格化する可能性もある。高市氏は昨年5月、植民地侵略を謝罪した村山談話について「侵略という文言を入れているのはしっくりきていない」と語った。経済学教授出身の極右論客として有名な高市氏は、1995年の村山談話に関連し「少なくとも私自身は、(戦争の)当事者とはいえない世代だから、反省なんかしていない」とも述べた。
 2人は、今回入閣した有村治子行政改革相(43)、山谷えり子(63)拉致問題担当相と共に「安倍ガールズ」と呼ばれている。有村氏と山谷氏も極右傾向の強い政治家だ。

初めて聞く言葉が多いですが、何を言いたいのかなんとなくわかるような気がしないでもありません。
当時の法律では慰安婦は合法であった、売春は当たり前にありました。その当たり前のことを言うことがいけないのでしょうか?日本を守るために戦った英霊に対して参拝されることが問題なのでしょうか?
私も時間があれば参拝しているほうです。いい加減に常識をわきまえてほしいです。
韓国の新聞だから日本の常識が通じないのはわかりますが、所謂戦犯という人は日本にはおりません。
すべからず公務死となっております。日本のテレビなども嘘を垂れ流しておりますが、日本に戦犯という人間はいないという事実を知っていただきたいものですね。

それともう一人、長年応援していた赤池まさあき先生が文部政務官に就任なされました。
長年『国づくり、地域づくりは、人づくりから』という言葉を合言葉に山梨県で活動しており、山梨県自民党とも戦い続けていた赤池先生の文部政務官就任、大変喜ばしいことです。
こちらが記者会見の映像です。

教育改革は待ったなしです。
日本が奪われた教育の精神、教育勅語の心、皆で守る道徳心をはぐくむ教育、子供の天国であった江戸時代末期、家庭・地域で行う教育、子供だけで作る社会秩序そしてルールを守ること
たくさんのことが失われているようにも見えます。
きちんと古来より続いている日本の歴史、文化に沿った教育を行っていただきたいものです。
10382654_309392492599366_3252638599326693099_n.jpg
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
自民党 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/09/11 06:00
コメント:

管理者のみに表示