国を守るために、国民を守るために自衛隊は存在している。

13979_513369542131974_2415658200817943950_n.jpg
われわれ楯の会は、自衛隊によって育てられ、いわば自衛隊はわれわれの父でもあり、兄でもある。その恩義に報いるに、このような忘恩的行為に出たのは何故であるか。

かえりみれば、私は四年、学生は三年、隊内で準自衛官としての待遇を受け、一片の打算もない教育を受け、又われわれも心から自衛隊を愛し、もはや隊の柵外の日本にはない「真の日本」をここに夢み、ここでこそ終戦後ついに知らなかった男の涙を知った。ここで流したわれわれの汗は純一であり、憂国の精神を相共にする同志として共に富士の原野を馳駆した。このことには一点の疑いもない。われわれにとって自衛隊は故郷であり、生ぬるい現代日本で凛冽の気を呼吸できる唯一の場所であった。教官、助教諸氏から受けた愛情は測り知れない。しかもなお、敢えてこの挙に出たのは何故であるか。たとえ強弁と云われようとも、自衛隊を愛するが故であると私は断言する。
 われわれは戦後の日本が、経済的繁栄にうつつを抜かし、国の大本を忘れ、国民精神を失い、本を正さずして末に走り、その場しのぎと偽善に陥り、自ら魂の空白状態へ落ち込んでゆくのを見た。政治は矛盾の糊塗、自己の保身、権力欲、偽善にのみ捧げられ、国家百年の大計は外国に委ね、敗戦の汚辱は払拭されずにただごまかされ、日本人自ら日本の歴史と伝統を涜してゆくのを、歯噛みをしながら見ていなければならなかった。 

われわれは今や自衛隊にのみ、真の日本、真の日本人、真の武士の魂が残されているのを夢みた。しかも法理論的には、自衛隊は違憲であることは明白であり、国の根本問題である防衛が、御都合主義の法的解釈によってごまかされ、軍の名を用いない軍として、日本人の魂の腐敗、道義の頽廃の根本原因を、なしてきているのを見た。もっとも名誉を重んずべき軍が、もっとも悪質の欺瞞の下に放置されて来たのである。自衛隊は敗戦後の国家の不名誉な十字架を負いつづけて来た。自衛隊は国軍たりえず、建軍の本義を与えられず、警察の物理的に巨大なものとしての地位しか与えられず、その忠誠の対象も明確にされなかった。われわれは戦後のあまりに永い日本の眠りに憤った。自衛隊が目ざめる時こそ、日本が目ざめる時だと信じた。自衛隊が自ら目ざめることなしに、この眠れる日本が目ざめることはないのを信じた。憲法改正によって、自衛隊が建軍の本義に立ち、真の国軍となる日のために、国民として微力の限りを尽すこと以上に大いなる責務はない、と信じた。
 四年前、私はひとり志を抱いて自衛隊に入り、その翌年には楯の会を結成した。楯の会の根本理念は、ひとえに自衛隊が目ざめる時、自衛隊を国軍、名誉ある国軍とするために、命を捨てようという決心にあつた。憲法改正がもはや議会制度下ではむずかしければ、治安出動こそその唯一の好機であり、われわれは治安出動の前衛となって命を捨て、国軍の礎石たらんとした。国体を守るのは軍隊であり、政体を守るのは警察である。政体を警察力を以て守りきれない段階に来て、はじめて軍隊の出動によって国体が明らかになり、軍は建軍の本義を回復するであろう。日本の軍隊の建軍の本義とは、「天皇を中心とする日本の歴史・文化・伝統を守る」ことにしか存在しないのである。国のねじ曲った大本を正すという使命のため、われわれは少数乍ら訓練を受け、挺身しようとしていたのである。
 しかるに昨昭和四十四年十月二十一日に何が起ったか。総理訪米前の大詰ともいうべきこのデモは、圧倒的な警察力の下に不発に終った。その状況を新宿で見て、私は、「これで憲法は変らない」と痛恨した。その日に何が起ったか。政府は極左勢力の限界を見極め、戒厳令にも等しい警察の規制に対する一般民衆の反応を見極め、敢えて「憲法改正」という火中の栗を拾はずとも、事態を収拾しうる自信を得たのである。治安出動は不用になった。政府は政体維持のためには、何ら憲法と抵触しない警察力だけで乗り切る自信を得、国の根本問題に対して頬かぶりをつづける自信を得た。これで、左派勢力には憲法護持の飴玉をしやぶらせつづけ、名を捨てて実をとる方策を固め、自ら、護憲を標榜することの利点を得たのである。名を捨てて、実をとる! 政治家たちにとってはそれでよかろう。しかし自衛隊にとっては、致命傷であることに、政治家は気づかない筈はない。そこでふたたび、前にもまさる偽善と隠蔽、うれしがらせとごまかしがはじまった。
 銘記せよ! 実はこの昭和四十四年十月二十一日という日は、自衛隊にとっては悲劇の日だった。創立以来二十年に亘って、憲法改正を待ちこがれてきた自衛隊にとって、決定的にその希望が裏切られ、憲法改正は政治的プログラムから除外され、相共に議会主義政党を主張する自民党と共産党が、非議会主義的方法の可能性を晴れ晴れと払拭した日だった。論理的に正に、この日を境にして、それまで憲法の私生児であつた自衛隊は、「護憲の軍隊」として認知されたのである。これ以上のパラドックスがあろうか。
 われわれはこの日以後の自衛隊に一刻一刻注視した。われわれが夢みていたように、もし自衛隊に武士の魂が残っているならば、どうしてこの事態を黙視しえよう。自らを否定するものを守るとは、何たる論理的矛盾であろう。男であれば、男の衿がどうしてこれを容認しえよう。我慢に我慢を重ねても、守るべき最後の一線をこえれば、決然起ち上るのが男であり武士である。われわれはひたすら耳をすました。しかし自衛隊のどこからも、「自らを否定する憲法を守れ」という屈辱的な命令に対する、男子の声はきこえては来なかった。かくなる上は、自らの力を自覚して、国の論理の歪みを正すほかに道はないことがわかっているのに、自衛隊は声を奪われたカナリヤのように黙ったままだった。
 われわれは悲しみ、怒り、ついには憤激した。諸官は任務を与えられなければ何もできぬという。しかし諸官に与えられる任務は、悲しいかな、最終的には日本からは来ないのだ。シヴィリアン・コントロールが民主的軍隊の本姿である、という。しかし英米のシヴィリアン・コントロールは、軍政に関する財政上のコントロールである。日本のように人事権まで奪はれて去勢され、変節常なき政治家に操られ、党利党略に利用されることではない。
 この上、政治家のうれしがらせに乗り、より深い自己欺瞞と自己冒涜の道を歩もうとする自衛隊は魂が腐ったのか。武士の魂はどこへ行ったのだ。魂の死んだ巨大な武器庫になって、どこかへ行こうとするのか。繊維交渉に当っては自民党を売国奴呼ばはりした繊維業者もあったのに、国家百年の大計にかかわる核停条約は、あたかもかつての五・五・三の不平等条約の再現であることが明らかであるにもかかわらず、抗議して腹を切るジエネラル一人、自衛隊からは出なかった。
 沖縄返還とは何か? 本土の防衛責任とは何か? アメリカは真の日本の自主的軍隊が日本の国土を守ることを喜ばないのは自明である。あと二年の内に自主性を回復せねば、左派のいう如く、自衛隊は永遠にアメリカの傭兵として終るであらう。
 われわれは四年待った。最後の一年は熱烈に待った。もう待てぬ。自ら冒涜する者を待つわけには行かぬ。しかしあと三十分、最後の三十分待とう。共に起って義のために共に死ぬのだ。日本を日本の真姿に戻して、そこで死ぬのだ。生命尊重のみで、魂は死んでもよいのか。生命以上の価値なくして何の軍隊だ。今こそわれわれは生命尊重以上の価値の所在を諸君の目に見せてやる。それは自由でも民主主義でもない。日本だ。われわれの愛する歴史と伝統の国、日本だ。これを骨抜きにしてしまった憲法に体をぶつけて死ぬ奴はいないのか。もしいれば、今からでも共に起ち、共に死のう。われわれは至純の魂を持つ諸君が、一個の男子、真の武士として蘇えることを熱望するあまり、この挙に出たのである。
 三島由紀夫


三島由紀夫はそのように思っていました。
現在の自衛隊は三島由紀夫の行為に対してどのような思いを持っているのでしょうか?
私は自衛官ではないので想像しかできませんが、少しは変わっているのでしょうか?
先日発生しました広島県での災害派遣については皆さんがご存知のように自衛隊も大活躍しました。
広島土砂災害で人命救助!陸上自衛隊「奮闘20日」感動秘話
無慈悲な集中豪雨により甚大な被害を受けた集落。発災後、現地で活動する陸上自衛隊「第13旅団」の精鋭に密着!!
8月20日、広島県広島市安佐南区において、豪雨による大規模な土砂災害が発生した。
実は、土砂崩れが発生する午前3時頃までに、多くの通報が寄せられていた。
「大雨が車のボンネットをたたく金属音が気になり、眠れなかった。様子を見に行こうと思ったら土砂が流れてきた」(30代男性住民)
広島市は、前日に大雨洪水警報等は出したものの、避難勧告は行っておらず、それが後の惨事を招いたと指摘されている。
午前6時30分。広島県知事は広島の海田市(かいたいち)駐屯地に司令部を置く陸上自衛隊第13旅団長に対して、人命救助に係る災害派遣要請を出した。
もちろん、自衛隊はこの派遣要請が来るまで手をこまねいていたわけではない。
「情報収集を専門に行う第2部の隊員たちが集まり、災害派遣がかかった場合に備えて、被害状況の把握を行いました。第13旅団では、常に大雨警報が出た時点で準備を進めています」(第13旅団幕僚)
派遣された第13旅団は、東日本大震災のときに福島県に派遣された部隊。原発事故により隊員の被曝(ひばく)も懸念される中、今回の土砂災害で最初に派遣された第46普通科連隊が、原発から20キロ圏外ギリギリの相馬市内で行方不明者の捜索を行っている。
今回、まず30名の人員が、現地の偵察任務で駐屯地を出発したのが午前7時40分。目の前に現れたのは想像以上の惨状だったという。
9時30分。ヘリTV(テレビ中継システム)を装備したUH-1が離陸。その映像は、第13旅団司令部だけでなく、防衛省にも中継された。
10時15分、60名の人員、車両15両が出発。続けて10時30分、人員60名、車両10両が出発。
その後も陸続と駐屯地を車両は出発していった。
「先に現地に入った部隊から、人海戦術では埒(らち)が明かないことが報告されたため、重機を多数保有する第13施設隊もすぐさま派遣されました」(防衛省関係者)
また12時17分、海上自衛隊呉基地からも人員が派遣されることが決まり、東日本大震災のときのように、"オール自衛隊"でこの災害に立ち向かうことが早々に決断された。
時間とともに、増援部隊は次々と送り込まれて、一時は総勢800名という陣容となった。その活動は、発災から2週間以上を経ても続いている。
現場は、山陽自動車道の広島ICから下りて、国道54号線を上ってすぐのエリア。国交省や警察、消防、そして自衛隊が指揮所として使用していたのが同エリアにあったスロット店の駐車場だった。
その店は現在、営業をしており、店内は多くの客でにぎわっている。
しかし、国道54号線と並行して走るJR可部(かべ)線の線路を越えたとたん、景色は一変する。アスファルトは土砂で汚れ、山から流されてきた大きな石がそのまま転がり、民家の1階部分には、車が突っ込むように挟まっている。
「私は八木地区に部隊として初めて入り、行方不明者の捜索に当たりました。線路を一歩越えるだけで、腰まで土砂につかるような悲惨な状況でした……」(第46普通科連隊第3中隊長・清水洋平3佐)
清水3佐の部隊は、県営住宅の捜索に向かうように指示されたという。
「土砂でなかなか進めず迂回路を探していたら、住民から助けてと声をかけられました。建物の2階等で孤立してしまった人を発見したんです。付近を調べてみると、15名の住民の方が、避難できない状況となっていました」(前同)
そこで救助活動を実施。
「おばあさんや、7歳のお子さんもいらっしゃいました。1階や道は土砂が堆積(たいせき)して危険だったので、隊員がおぶって救助しました」(梅本浩史3曹)
行方不明者の捜索が続く24日10時30分。広島県知事より、今度は入浴支援の要請があった。そこで第13後方支援隊が派遣され、19時から、三入(みいり)小学校で最初の入浴支援を行った。
部隊の"お守り"になった手紙
入浴支援部隊を指揮したのは、第13後方支援隊補給中隊長・田中孝幸1尉だった。
「私は新潟中越地震、そして東日本大震災にも派遣されており、今回で3回目の入浴支援となります。発災から避難所生活を送られている人には、これが初めての入浴という方も多く、"久しぶりにゆっくり眠れそうです" "気持ちよかった"などとおっしゃっていただきました」
三入小学校で入浴支援を行っていた隊員が、小学校低学年の女児から、封書を受け取ったという。ピンク色の封筒には流行のアニメ『妖怪ウォッチ』のキャラクターのシールで封がしてあった。中を開けてみると2枚の便箋が入っていた。
〈じえいたいのみなさんへおふろを作っていただきましてありがとうございました。はやく人達をたすけてください。まだ土でうまっているかもしれません。はやく人達をみつけてください〉(原文ママ)
2枚目をめくると、自身の姿だろうか、子どもが敬礼をしているイラストが描かれていた。この女児の手紙は自衛官の胸を打ち、部隊のお守りになったという。
26日からは梅林小学校での入浴支援も開始された。
1日平均80名が入浴するという。自衛隊のお風呂は至ってシンプルな構造だ。まず鉄パイプで形を作り、そこにビニールシートを張る。
これが浴槽となる。ここに張る水の量は4トン。水温は38度から40度くらいと、若干ぬるめに設定する。
ボイラーを担当する大場亮典士長は、「適温になるまで1時間半ぐらいかかります。温度計を見たり、入浴している人に湯加減はどうですか、と声をかけて、温め直していきます」浴槽の脇にはシャワー付きの洗い場も用意され、男湯と女湯に分かれている。
東日本震災時にも実施された自衛隊による入浴支援。最愛の家族を失い、絶望の淵にあった東北の被災者は、この"自衛隊風呂"で「生き返った気がした」と言ったという。
9月3日時点で、広島土砂災害の行方不明者の数は2名。用水路の水や土砂を抜くなどして、捜索範囲を広げている。自衛官と警察官が協力し合い、泥まみれになりながら、土砂をかき出していた。隊員たちのヘルメットには「百万一心」と書かれたステッカーが貼られている。
これは中国地方を統一した戦国大名・毛利元就が吉田郡山城の築城の際に、人柱に代えて埋めた大石に刻んだ言葉だ。1日1日を一人一人が力を合わせて、心を一つに協同一致して事を行うという意味で、第13旅団のスローガンとなっている。
隊員たちは安佐北区スポーツセンターの体育館で寝泊まりをしている。その体育館には自衛隊を応援する寄せ書きが書かれていた。
「私の友達をすくってくれてありがとう」という子どもの文字から、「S(昭和)47県北で、95年神戸で私は2度も助けていただきました」というものも。
陸自が開設しているツイッターには、被災者以外からも自衛隊への激励コメントが殺到している。特筆すべきは、東日本大震災、阪神・淡路大震災、新潟中越地震の被災者からのエールが目立つことだ。
前出の田中1尉が、こうつぶやいた。
「本当は、我々が活躍しなければならない状況は、少ないほうがいいんです」
事に臨んでは危険を顧みずそう宣誓した23万自衛官は、このたびの広島土砂災害でも、その言葉どおりに奮闘していた。

本来の姿ではないかもしれません、しかし国民を守るために組織された自衛隊が活躍し、国民と一体となることは必要なことです。
これから先中共の脅威がますます高まることが予想されます。
そのためにも自衛隊が出動するための法律、そして国民を守るために出撃する自衛隊をマスコミなどの反日組織などから守れるような世論を作っていかなくtれはならないのではないでしょうか?尖閣 妨害
平和は私たち国民の努力によって作られていくものです。安易に外国に任せるものではありません。
その点では沖縄の米軍撤退理論はわかるような気がしますが、米軍を今撤退させても自衛隊が沖縄を守ることができないのであれば本末転倒です。
平和を守るために命を懸けているのは自衛隊だけではありません。我々国民もきちんと考えていかなくてはならないのです。他人任せにしていてはいけないのです。
自衛隊が戦えない組織であるのであればきちんと戦えるようにしていくというだけのことです。
難しく考える必要はありません。やるべきことをきちんとやっていくというだけのことです。
泥棒や不法滞在犯罪者、カルト教団などに対しては警察官が対応しますが、他国に対しては警察は何もできません。
自衛隊が、軍隊が対応できるのです。そのことをきちんと覚えておくことが必要です。

自由は大切だという人がおりますが、他人の身を危険にしてまで大切にする自由はありません。命を奪った者には人権はありません。きちんとやるべきことをやる人間だけが権利を主張できるのです。
そしてその権利を主張する際に他人に目を向けることができる様にしていかなくてはならないのです。
自由や個人主義は日本には合いません。個人を優先して崩れていっているのが日本的価値観ではないでしょうか?
日本では昔から個よりも公を重んじてきました。
個とは私のことです。公を重んじ、秩序を第一に考えて暮らしてきました。
みんなが暮らしていけることを目標としてきたのです。戦争に負けてから個人主義がはびこり公共の心を置いてきてしまったのかもしれません。
取り戻していきましょう。日本的な考えを世界に広めていきましょう。
世界平和の為に
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
国防 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/09/23 06:00
コメント:

管理者のみに表示