北朝鮮の横暴を許せるわけがありません。

10492196_1499876220247144_1688218418497956107_n.jpg

最近、中韓の汚染がひどい学習院から秋篠宮佳子内親王殿下が東京基督教大学を受験なされるそうです。
【皇室】秋篠宮佳子様、学習院大学を中退 国際基督教大学を受験へ
秋篠宮ご夫妻の次女の佳子さまは、来月、姉の眞子さまが卒業された国際基督教大学のAO入試を受験されることになりました。
これを前に、佳子さまは、これまで通っていた学習院大学を中途退学されたということです。関係者によりますと、佳子さまは、来月、姉の眞子さまがことし春に卒業された東京・三鷹市の国際基督教大学教養学部のアーツ・サイエンス学科を、AO入試で受験されることになりました。
AO入試は、ペーパーテストではなく出願書類や作文、それに面接などで合否が決まる入学試験です。
佳子さまは、去年の春、東京・豊島区の学習院大学に入学し、小学校の教員を育成するため昨年度から新たに設けられた文学部の教育学科で学んできましたが、国際基督教大学を受験するのを前に、中途退学されたということです。
佳子さまは、去年、高校を卒業する際、「これからもさまざまな経験をしていきたい」と述べられ、 秋篠宮ご夫妻は「今後もさまざまな事柄に接しながら、自身の関心を深めていってほしい」と述べられていました。

学習院の教育学科の外国語必須科目として第一外国語に英語、第二に北京語か朝鮮語のどちらかを選ばないといけないそうでしてそれに嫌気がさしたのでしょうか?
そこらへんはよくわかりませんが、学問は自由にしていただきたいものですね。
我々国民には自由がありますが、御皇室には自由がないと聞きます。これくらいは問題ないでしょう。

さて、東京基督教大学というばこちらの方、西岡先生が北朝鮮の約束破りに対してこのように話しております。
北の約束破りを許してはならぬ 東京基督教大学教授・西岡力
 またしても北朝鮮の約束破りである。7月に活動を始めた特別調査委員会は「夏の終わりから秋の初め」に最初の調査結果報告を行うとしていた。だが、9月の3週目に入っても音沙汰がなく、日本側が問い合わせると、「調査は全体で1年程度を目標としており、現在はまだ初期段階にある。現時点で、この段階を超えた説明を行うことはできない」というわけの分からない説明をしてきた。

 ≪報告先延ばしは見返り狙い≫
 特別調査委は4つの分科会を持つ。(1)日本政府認定の拉致被害者を調査する「拉致被害者分科会」(2)未認定の拉致被害者を担当する「行方不明者分科会」(3)引き揚げ者などの遺骨を取り扱う「日本人遺骨問題分科会」(4)戦前から北に住む日本人や帰国在日朝鮮人の配偶者などに関する「残留日本人・日本人配偶者分科会」である。
 (1)は12人、(2)は約900人(拉致の可能性ありと警察発表)、(3)は約2万人、(4)は7千人以上が対象だ。人数からしても、「初期段階」の調査で(1)と(2)の調査結果は出せるはずだ。そもそも菅義偉官房長官が明言しているように、北朝鮮は拉致被害者の現況を把握しているのだから、(1)と(2)は改めて調査する必要などない。にもかかわらず、約束を違(たが)えて最初の報告を先延ばししたのは、拉致という国家犯罪を行った側の取るべき態度ではない。強く抗議する。
 北朝鮮はなぜ約束を守らなかったのか。10日に平壌で記者会見した宋日昊・朝日国交正常化交渉担当大使の発言を検討すると、理由がよく分かる。宋大使は、すでに調査報告はできているものの日本側が伝達してほしいと言ってこないので渡さないだけだと強弁しつつ、信頼醸成のため日本側のさらなる措置が必要だなどと述べた。調査結果がほしければ、追加で制裁解除をせよというわけだ。
 日本の態度次第で調査期間が延びるかもしれないとも脅した。日本政府は最初の調査結果を約束通りに伝えてくるよう求めていたのだから、宋発言は虚構なのだが、彼が日本のメディアを通じて言おうとしたのは、最初の報告前に見返りを寄越せということだ。

 ≪総連継続使用と万景峰入港≫
 水面下の交渉で北側は、最初の調査結果報告の見返りに朝鮮総連中央本部の継続使用を保証し万景峰号の日本入港を認めるよう求めてきたという情報がある。日本側が、前者は司法手続きに入っていて時間がかかると説得したため、焦点は後者になったという。
 北朝鮮は、日本が入港を約束したから、カネをかけてロシアの技術者を呼び入港基準に合うよう改造まで行ったとして、万景峰号受け入れを迫った。日本側はそのような約束はしていない、調査結果を見ないうちに制裁を追加解除できないと突っぱねたという。
 19日に伊原純一・外務省アジア大洋州局長から説明を受けた拉致被害者家族会のメンバーは口をそろえて、「焦らないでほしい、毅然(きぜん)たる姿勢を貫き、全被害者の救出を実現してほしい」と語った。調査結果を小出しにして、その都度、制裁解除や人道支援を引き出そうとする北の狙いに乗せられてはならない、と政府に忠告したのだ。時間の経過に誰よりも焦りを感じているはずの家族会メンバーの冷静さには頭が下がった。
 安倍晋三首相も「形ばかりの報告には意味がない。北朝鮮は誠意を持って調査し全てを正直に回答すべきだ」「北朝鮮がどういう対応をするかは誰よりも知っているという自負があります」と、家族会とは歩調を合わせている。

 ≪テロ国家との交渉の覚悟を≫
 大切なのはこれからだ。安倍政権は北朝鮮との交渉に当たり、(1)拉致問題最優先(2)被害者の安全確保(3)拉致問題の一括解決-というもっともな3方針を定めた。
 北が行うという調査は、2002年に金正日総書記が行ったウソの説明を覆す手段としてだけ意味がある。なぜなら、拉致被害者の名簿は既に後継指導者、金正恩第1書記の手中にあるからだ。
 北朝鮮は今、日本の世論の動向を見極めているのだろう。拉致被害者を何人、どのような形で返せば、手に入れたい制裁解除、総連からの送金復活、人道支援などにつながるのか計算している。
 何人か帰ってきたら、「行動対行動」原則で見返りを与えるべきだとの論者も一部いる。しかし、そうするかどうかを決めるのは、全ての拉致被害者に関する調査結果が出た後でなければならない。数人が帰国できたとしても、他の被害者が再び証拠もなく「死亡」とされたりするなら、誠実な回答とは言えない。最悪の場合、被害者を殺害して死亡の証拠とすることもやりかねないテロ国家を相手に、被害者全員の帰還交渉をしているとの緊張感が不可欠だ。
 足して2で割るような通常の外交交渉の手法を取ったら、必ず失敗する。拉致を実行し未(いま)だに被害者を抑留し続けている「テロ犯」との被害者解放交渉である。
 全ての被害者が無事に助け出されなければ、交渉は成功とは言えない。その点で、妥協の余地はないことを強調しておきたい。(にしおか つとむ)

1932467_286488341503214_75005615_n.jpg
西岡先生はよい話をしてくれました。
拉致被害者を返さない限り交渉の余地はありません。
北朝鮮の狙いは日本から帆預金を引き出すことにあります。
その手に乗ってはいけません。きちんと拉致被害者を返却することがかなわない限り経済制裁の解除などあり得ません。
時々変な政治家が犯罪者の口を開かせるために補助金を渡そうと言い出す人間がおります。
そのような人間にとって日本の主権は軽いものなのでしょうか?
先日、河村という自民党の選対委員長がこのように話しております。
 【ワシントン時事】自民党の河村建夫選対委員長は23日、米ワシントンで講演し、改善の兆しが見えない日韓関係について、「まず(従軍)慰安婦問題を処理すべきだ。元慰安婦の方々にこれまでやってきた形のことができないか」と述べ、かつてアジア女性基金が行っていた「償い金」の支給を再開すべきだとの考えを示した。
 同基金は村山内閣が1995年に設立。国民の募金を原資に、首相の謝罪の手紙を添えて元慰安婦に償い金を渡してきたが、受け取りを拒否する元慰安婦も多く、基金は2007年に解散している。 
 日韓議員連盟幹事長を務める河村氏は「来年は日韓基本条約締結50年、第2次世界大戦終了70年という大きな節目。年内に日韓首脳会談ができる環境をどうつくるかにすべてを結集する」と強調。「これまでの(償い金支給の)形を取っていけば解決の糸口はある」と指摘した。(2014/07/24-08:40)

嘘偽りを元に作られた事が判明している今、このようなことを言い出す自民党の選対委員長は何を考えているのでしょうか?自分たちのやった間違いに対して反省することはないのでしょうか?
自浄努力すら自民党にはなくなったのでしょうか?
河野洋平の国会招致、加藤や山崎も同じでしょう。朝日新聞も呼びつける必要があります。前例がないのであれば作ればよいだけのことやらなければならないことをやりもしないのにまた国民の税金を投入するなど許されるものではありません。自民党には期待していますが、自民党内部にもわけのわからない人間が多すぎます。きちんと糺してもらいたいものです。

このようなニュースを見ていると日本にいながら、日本の恩恵を受けていながら日本に対して敵対する人間が多すぎるのが問題だと思います。責任をきちんと負い、義務を果たしたのちに権利を主張するのが当たり前であった日本、最近は権利ばかり主張する人間となってしまった日本、人間としての質がだいぶ失落しているのではないでしょうか?
戦前の方がよいという話もあるようですが、すべてに対して私はそのように思えません。教育に対しては戦前の教育のほうがはるかに良かったでしょう。先にある仕事を見据え、きちんと能力のあった人間だけが大学などに進学することが出来ました。現代のようになんちゃって大学に進学して勉強ということはなかったと思います。

戦前の体制であれば北朝鮮に国民が拉致されることもありませんでした。北朝鮮がそのようなことをすれば必ず日本が報復を行っていたことでしょう。今の日本は牙を錆びつかせています。きちんと研いでいき外圧に対して反抗できるようにしていきましょう。

日本が弱かったから北朝鮮が拉致を行った、日本が弱いのが悪いというのは簡単です。
であれば、日本が強くなることができるように考えていきましょう。
そのための安倍外交であり、自衛権の設定であり、憲法改正であると考えます。
きちんと考えていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
国防 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/09/26 06:00
コメント:

管理者のみに表示