~大阪どないすんねん~

先日13日に新しい教科書を作る会大阪の総会の際に加地先生による講演会が開催されましたので参加してきました。
その報告です。

『日本のこれから ~大阪どないすんねん~』
本日は南木さんから招かれて講演を行いことになりました
私が講演を行う際には必ず一人二人はスパイがいます。きちんと報告してもらいたいものです。
加地先生

さて、朝日新聞の謝罪会見は皆さんnご存知ですね。
朝日新聞はあの会見できちんと逃げ道を作っておりますね。
あの会見は左飛新聞の読者には謝罪しておりますが、日本国民に対しては謝罪しておりません。彼らは日本全体の不利益な問題であるという視点はありません
おそらく来週くらいには読者の声の特集を行い、『読者は謝ったから許そう』と言っていると絶対に言います。
第三者機関を作って検証と言っておりますが、第三者を選ぶのは朝日新聞です。どこが第三者なのでしょうか?作る会からも入ればいいのですが、そのようなことは
絶対にしません。
毎日新聞も同罪ですがどのように転ぶかが見ものですね。
慰安婦問題を人権問題として朝日は扱うことに決めたようです。これからどのようにするのでしょうか?

さて、本日は大阪の話です。
昭和28年ごろの大阪と東京の力関係は1対3くらいでした。大体25%程の力があったので発言力もそれなりにありました。
しかし、今では1対20と差は歴然としています。この現実をまず知るべきではないでしょうか?

大阪をどのようにして復興させていくか?まずは具体的な案を提示していきましょう。
まずは大阪から東京に逃げて行った本社を呼び戻すことから始めましょう。大阪から逃げて行った会社に対してお土産を付けてでも戻ってきてもらわないといけません。
出て行った会社に手ぶらで戻ってきてくださいと言っても帰ってくるはずがありません。きちんと戻ってきたら優遇を行うと言う事をしなければなりません。
多少色を付けても本社が戻り税金が入るようになったらそんなもんすぐに取り戻せます。
とにかく大阪に呼び戻すことが必要です。
しかし、大阪だけでは無理があります。その状況を打開するためにも京阪神が一丸となって取り組むことです。
東京ではできない事をやっていきましょう。

京都に於いては京都に秋篠宮家にお住まいになっていただければ如何でしょうか?歴史のある京都ならではの事を行いましょう。

大阪では三流官庁を大阪に呼ぶ運動を行いましょう。たとえば文部科学省、出張所ではなく本省に来てもらいましょう。
文かという看板を大阪に呼ぶのです。
もう一つ農林水産省なんかどうでしょう。21世紀は食糧問題が発生します。その農林水産省を呼びましょう。
役人は反対するでしょうが、首相が賛成すれば問題ありませんね。

神戸は理化学研究所を大きくして世界最先端の研究所を作り先端科学の本拠地にしましょう。

それを成功させるには京阪神の喧嘩を止めさせないといけません。
その為にまずは新幹線を大阪駅に乗り入れさせることです。東京駅を見てください。東北新幹線の終点は上野ではありません。東京駅です。
東京は発言力があるから実現できています。大阪はなんですか、新大阪なんて僻地ではなく大阪駅に新幹線を持ってきましょう。
そして、そのまま三ノ宮まで新幹線を引きましょう。すべて地下を掘ればできないわけがありません。これも公共事業です。
そして既存の線路は通勤列車を走らせて京都駅、新大阪駅、新神戸駅各15分の30分の通勤列車にしましょう。
しかも格安で運営を行い、人を行き来させるのです。
その為にのお金は策がありますから心配しないでください。全国から労働者を集めましょう。東京オリンピックが出来ないくらいの人を募集しましょう。
仕事で募れば絶対に集まります。

最近の大阪の良くないところとして、商売が下手になりました。詰込み型やマニュアル型などになっており、お客さんを大切にしなくなっています。
応用が出来なくなっており、値引きも出来なくなっていますね。これはコミュニケーションが取れなくなっているともいえます。
市場が無くなり、規定化されたスーパーやコンビニが増えている事が要因かもしれませんね。

京都はさすがですね。錦のような市場が残っています。こちらでは昔のような景気の良い掛け声が聞こえてきます。
阪神百貨店の地下にも市場がありますね。これは阪神百貨店の社長が残すようしたから残っているのです。
市場の復活を行わないといけませんね。昔、お豆腐さんを買いに行ったとき、お豆腐屋さんのおばちゃんが一番大きいものを私に選ばせてくれました。
当時は機械ではなく人間が切っていたので多少の大きさの違いがあり、その違いでお得感が出ることもありましたね。
そのように対面で人の目で選べるような市場の復活を行わないといけません。

各都市での商売の特徴を話しましょうか
大阪では煎餅屋が今日300枚の煎餅が売れたとすると次の日には400枚販売します。それも完売すると500枚と次々に増やしていきますが、もし600枚仕入れても300枚しか売れなければ商売が成り立ちません。
これが京都だと300枚売れれば店じまいをして次の日にも300枚と一定数しか販売しません。下手に拡大しないのです。その事により信用を増やしてブランドを築き上げるのです。
世界中が不況になっても京都はブランド化している為、対応していきます。
大阪は謂わば成長型の商売モデルであり、ちょっと多く売れた人間が上に立ち威張っているとなりますが、京都では一番長く商売をしている人間(老舗)が一番の信用となります。
それに比較して名古屋ではある業界トップと一緒に商売を行う信頼関係でつながっており、他の会社が拡大・参集しにくくなっています。いわば一強にぶら下がり助け合っていく構造になっています。
東京は謂わずと知れた多種多様な価値観で動いており、一概には言えませんね。
この話だけでは大阪は絶望的ですね。
大阪は農林水産省を引っ張ってきてその周りにオフィスを集中させる計画が必要でしょう。
そうすると周りの古いオフィスに空きが出来ますね。水産農業の場とすればいいのです。農家は土地を売りませんが
オフィスであれば確保は容易です。そして大阪発の農産物を輸出していけばいいのです。
カジノなんかやめときましょう。
エネルギーは?と聞く方がおりますがきちんと手はあります。
大阪湾にて海流発電を行うのです。これは後で話しますね。

大阪を復興させるための提案として
1.大阪の財政を考えた際に大阪府債を発行しましょう。
  普通の国債などと違い100年債として発行することが重要です。そしてその府債は現金と同じように使えるものを日銀の名の元に作ってもらいます。
  その府債は一万円分を9500円+税金200円の値段で販売を行います。そして府債は相続税の対象から外すのです。
  そうすれば絶対にお金持ちは購入しますね。
  府債ですが、現金と同じように流通するので銀行で回収・破棄が可能です。100年あればすべて回収可能ですね。

  その府債で出来たお金で研究者を大阪に引っ張ってきます。10人の研究者を呼びその下に50名の部下を配置して研究させます。
  それだけの研究者が一往に集まれば海流発電なんてすぐに作れます。

2.外国人から国防税というものを取っていきましょう。金額は50万くらいですかね。スイスなどではそのような事をしています。
  50万は言い過ぎかもしれませんので10万くらいでいいでしょう、300万人の外国人に対して10万円だから3000億円くらいですね。
  もちろん払わないに人は国外退去処分です。永住許可者も関係ありません。

3.若者が結婚できない理由の一つに住居の値段が高いからというのがあります。なので格安の住宅を作りましょう。
  現在学校には必ず校庭があります。それを潰して高層マンションを立てるのです。
  下の階に教室や体育館などを作り上に住居を作ります。小学校の子供のいる家庭に格安で貸します。一ヵ月5000円くらいの格安物件です。
  その物件には子供が小学校に行っている人以外は禁止、エレベーターで通学できるので危険はありません。校舎からでないので不審者の心配もありません。
  夜は塾にでも貸して教育すればよいと思います。
  クラブ活動を行いたかったら近くの大きな公園で出来るようにしていけばいいのです。わざわざ小学校だけで作る必要はありません。
1780682_1532555413645891_1978105679918509375_n.jpg

これからの教育を考えるに当たり文部科学省系以外の学校も必要になってくるでしょう。
今の学校は知識だけを教える学校になっています。知識人になりなさいというのは駄目です。
知識を踏まえて道徳も合わさった素晴らしい人間が必要なのです。教養人と呼ばれている人が必要なのです。
教養人を増やす学校と知識人を増やす学校が必要になります。どんどん作っていかなくてはいけないのです。

以上
いつも聞いている講演とは趣が異なり、違った視点から見ることが出来ましたので大変良い講演でした。
すべての機能を東京だけに一点集中させずに分散化させる、これは日本強靭化計画にも入っておりましたんね。
減災という考えからも各省庁、機能を分散させるというのは効果的ですし、東京は集まっているだけでろくな特徴のない町とも言われております。
精神異常者などからお子さんを守ることもお父さん、お母さんには重要なことですね。
精神鑑定で無罪というのはいけませんね。精神異常者でも人を自分の欲望の為に殺したのであれば死刑が相当でしょう。加害者、犯罪者の人権なんかよりも被害者の人権を重んじるのが当たり前です。
しかし、今の世の中の人権派弁護士というものは犯罪者の人権ばかり主張します。
そのような弁護士はボランティアで人の大切さ、命の大切さの教育を行わないといけませんね。

話がそれました。
東京だけではなく大阪も、名古屋も、福岡も、北海道も、仙台もいろいろな町で特色を生かしたまちづくりを行っていくことが必要なのでしょうね。
皆さんも考えていきませんか?
よろしくお願いします。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
講演会 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/09/29 06:00
コメント:

管理者のみに表示