「いまこそ日本人は自信と誇りを」

先日、李登輝先生が来日されたことは皆さんご存知だと思います。
李登輝先生は京都大学に通っていた方であり、台湾の民主化に力を注いだ方でもあります。
その李登輝先生が大阪にて講演を行いました。

李登輝・元台湾総統が示した日本精神 自立・憲法改正・武士道「いまこそ日本人は自信と誇りを」
 「いまこそ日本人は自信と誇りを取り戻さなくてはなりません」。9月20日に大阪で行われた李登輝・元台湾総統の講演は、日本への愛情、そして励ましに貫かれていた。
10696371_580450842082050_7812877653791142863_n.jpg

独立の精神訴え
 会場のグランキューブ大阪には1600人を超える聴衆が詰めかけた。20代とおぼしき若い人たちの姿も見られ、李元総統が世代を超えて日本人から支持されていることをうかがわせた。
 登壇した李元総統は、91歳とは思えないほど肌につやがあり、声にも張りがあった。
 「一人の友人としてみなさんにお話ししたいと思います」
 冒頭部でそのように語りかけ、混迷する世界情勢を分析しながら、日本がいかに対処していくべきか、持論を展開した。アメリカが世界で指導的役割を果たすことは限界に来ている、戦国時代が到来しているとして、こう訴えた。
 「(日本は)アメリカに守ってもらうというような態度ではいけません。より密接で対等な日米関係でなくてはならないのです」
 「日本はアメリカから独立した存在になるとともに、アメリカの側に立って中国と対峙(たいじ)していかなければならないのです」
 国際協調とともに、独立不羈(ふき)の精神を、かつて日本人として精神を形成した李元総統は訴えるのである。

憲法改正し自立を
 李元総統は日本統治下の台湾に生まれ、日本の思想家や文学者の本を熱心に読みながら成長した。京都帝国大学に学び、学徒出陣で召集。戦後は台北市長などを歴任し、1988年から2000年まで台湾総統を務めた。
 講演に戻る。日本がアメリカから独立した存在になるために李元総統は、憲法改正を訴えた。
 「憲法を改正して、日本を真の自立した正常な国家とするべきなのです」
 その趣旨は次の通りだ。現在の憲法はもともと英語で書かれたもの、アメリカが押しつけたものである。9条は戦力の保持を禁じ、そのため日本はアメリカに安全保障を委ねることになった。憲法改正に触れることは長い間、タブーとされてきた。しかし現実から目を背け、憲法問題を放棄することは、日本という国の安全を著しく脅かす。歴史は移り変わる。時代が変化し、日本が置かれている状況も異なっているにもかかわらず、国家の根源である憲法を放置していては、日本は遠からず衰退を強いられるのではないか。武力を持つことは戦争を意味するのでない。日本が再生し自立した国家として歩むことは、アジアの平和と安全につながる--。
 そこに一貫してあったのは、日本が自立することへの応援であり叱咤だっただろう。日本が戦後のアメリカ依存を脱し真の独立国となること、その上で国際協調の道を歩むことへの応援であり叱咤であると、筆者は受け止めた。

武士道築いた民族の血
 講演は終盤、戦後日本の偏向にも及んだ。当欄で戦後日本の左傾と呼んでいるものであり、戦争への反動から終戦までの日本を一方的に罪悪として見る見方である。
 「日本のみなさんにエールを送りたいと思います。いまこそ日本人は自信と誇りを取り戻さなくてはいけません」
 今の日本、特に若い人がかわいそうなのは、むかしの日本がアジアを侵略した悪い国だったと一方的な教育を受けていることだ--そう李元総統はいった。日本の学校教育では、日本は台湾を植民地にして人民を搾取し苦しめてきたと教えられているようだが、それは真っ赤な嘘だ。多くの能力ある日本人が台湾のために働いた。そのおかげで現在の台湾がある--。
 「戦後の日本人が価値観を180度変えてしまったことを、非常に残念に思っています。日本のみなさんは一刻も早く、戦後の自虐的価値観から解放されなければなりません」
 「そのためには、日本人がもっと自信を持ち、かつて武士道という不文律を築き上げてきた民族の血を引いていることを誇るべきです。日本人としてのアイデンティティを持つことで初めて、日本は国際社会における役割を担うことができるのです」
 かつての日本の精神が台湾で受け継がれていることを、まざまざと見る。講演で語られたのは、まぎれもない日本精神だった。左傾した思潮、自虐的な風潮に長らく支配されてきた戦後の果てに、くっきりと現れてきたこの日本精神は、力強く美しかった。
 講演のさなか、何度も聴衆の間から拍手が起こった。講演が終わるとスタンディング・オベーションとなり、拍手はしばらく鳴り止まなかった。筆者も、講演から自信と誇りをもらった1人である。お礼申し上げたい。

戦争にて日本人が変わってしまったというのはよく聞く話です。
日本は亜細亜の解放の為に戦った、そして戦争に負けはしたが目的は果たし、昭和50年にはすべての国が独立を果たしました。
白人の植民地であり、300年以上も支配されていた亜細亜、それをただ一度の戦いにて覆した、この衝撃は欧米諸国には大きかったようです。
そのため、占領憲法を押し付けられ報道機関を支配され、日本の文化を破壊され、歴史も悪改されております。
しかし、まだ日本は日本のすべてを壊されたわけではありません。
何とか踏みとどまっていると思っております。
2600年の長きに渡る歴史を持つ日本、そう簡単につぶされていません。
亜細亜の諸国が望んでいるように日本は日本として立ち上がろうではありませんか!
日本を狙う国はたくさんあります。アメリカ、中共、韓国、ヨーロッパ連合、それこそ国連の主要国が敵にまわっているともいえるこの状況で戦っているのは日本が大東亜戦争でたった一国であれだけの戦いを起こしたからの他ならないと思います。
日本は世界を相手に戦いを行いました。
それこそ、帝国ロシア、清、イギリス、フランス、オランダ、そしてアメリカ・・・
世界の列強と戦ってきました。その気概を忘れてはなりません。
ちょうど秋季例大祭が開催されています。
皆さんも如何でしょうか?
平成26年 秋例大祭

国会議員111人が靖国神社に参拝
超党派の国会議員でつくる「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の衆参両院の国会議員111人が、17日、秋の例大祭が行われている靖国神社に参拝しました。
「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」は、毎年、春と秋の例大祭と8月15日の「終戦の日」に東京・九段の靖国神社に参拝しています。
17日は、会長を務める自民党の尾辻元参議院副議長や民主党の羽田参議院幹事長ら、自民党や民主党、維新の党、次世代の党、みんなの党などの衆参両院の国会議員111人が午前8時に靖国神社の本殿に昇殿し、そろって参拝しました。
安倍内閣からは小里環境副大臣らが参拝しました。
このあと尾辻氏が記者会見し、「国会議員が国のために命をささげた方々に感謝の誠をささげるのは自然なことだ」と述べました。
また、尾辻氏は、安倍総理大臣が今回の秋の例大祭に合わせた靖国神社参拝は行わない見通しとなっていることについて、「安倍総理大臣のご判断であり、私どもが何か申し上げるものではない」と述べました。
17日は、衛藤総理大臣補佐官も午前中に靖国神社に参拝しました。

臆することはありません、遠慮することはありません。堂々と参拝しましょう。
日本の礎となった方々に感謝の念をささげていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
講演会 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/10/20 06:00
コメント:

管理者のみに表示