中共に弾圧されている人々の活動

中共の膨張主義、植民地支配により弾圧を受けている国はたくさんあります。
その中でも東トルキスタンは国を滅ぼされているといっても過言ではないかもしれません。

来週の11月12日は東トルキスタンの二回の独立記念日となっております。
この二つの国は共に短命に終わっておりますが中共からの圧政を受けているウイグル人にとっては象徴的な日となっております。
11月12日を記念して日本ウイグル協会では11月8日に講演会、11月9日には抗議行動を行う予定になっているそうです。
皆さんも参加しませんか?
宜しくお願いします。

【2014年11月8日】東トルキスタン独立記念講演会のお知らせ
 11月12日は、かって東トルキスタンが独立を果たした記念すべき日です。1933年と1944年の11月12日に、二つの東トルキスタン共和国は独立宣言をしました。この二つの東トルキスタン共和国はどちらも短命で終わりましたが、中国の圧政下にあるウイグル人にとっては、今でも民族の象徴的な存在であり続けています。
 今年2014年は、11月8日、この日を記念した日本ウイグル協会主催の記念行事を行います。
 今回は、同じく中国政府の植民地支配を受けている南モンゴルの方々との連携をめざし、日本でこれまで持続して南モンゴルの人権問題や民族自決権を訴えてきたオルホドノ・ダイチン氏をお迎えし南モンゴルの現状と、ウイグル運動との連携を訴える講演会を開催します。
中国共産党の支配から脱却するためには、各民族の連帯が不可欠です
 皆様方のご参集及び報道機関の方々のご協力をよろしくお願いいたします。
大陳さん

オルホノド・ダイチン氏プロフィール
1966年生まれ。1989年、内モンゴル師範大学モンゴル文学学部卒業後、高校教師を務める。2000年11月に来日。2006年12月、同志とともにモンゴル自由連盟党を結成して、中国共産党政府の圧迫を受けている南モンゴルにおける自由、人権、平等を訴える活動をしている。

2014年東トルキスタン独立記念講演会
日時:11月8日(土)午後2時開場 2時半開会
講師:オルホノド・ダイチン(南モンゴル自由民主運動基金 モンゴル自由連盟党 http://lupm.org)
場所:TKP神田ビジネスセンター ANNEX カンファレンスルーム3A
(東京都千代田区内神田1-14-10 内神田ビル)
http://kanda-kc.net/annex/
参加費:1000円

主催:特定非営利活動法人 日本ウイグル協会
HP:http://uyghur-j.org
MAIL:info@uyghur-j.org

中国大使館前抗議活動のお知らせ
集合時間:11月9日 14時30分 15時より抗議活動を行います。
集合場所:東京都は幕麻生税務署前
141109c抗議活動告知

日本ウイグル協会では様々な中共の問題を題材にして講演会が開催されております。
皆さんも一度行かれてみてはいかがでしょうか?
「東南アジアの難民と人権問題 現場からの報告を聴く」報告
 10月20日、東京四谷の会議室にて、日本ウイグル協会学習会「東南アジアの難民と人権問題」が開催されました。最初にイリハム・マハムティ会長より、今後、中国では最早ウイグル人がウイグル民族の伝統や信仰を守って生きていくことは中国政府の弾圧により出来なくなるかもしれない。その時は難民が出現する可能性もある、その事を踏まえて、現実に東南アジアで難民を救援している方々のお話を今お聞きしたいと述べました。
 まず、タイの人権活動家、チェリーダ・タジェロエンスック氏が登壇。彼女はタイにてピープルズエンパワーメントという団体を立ち上げ、長く難民問題に取り組んできました。

 チェリーダ氏は、東南アジアで今大きな難民問題として3つの例を挙げました。
 第一にロヒンギャ難民(ミャンマー)。80年代、ビルマ政府(当時)は、彼らの存在を認めないという決定を行い行き場を失うことになり、それ以後国内外で弾圧を受けている。90年代以後はボートピープルも出現した、しかし、彼らの存在は多少国際的に認められるようになったので、ここでは簡単に紹介するにとどめますとチェリーダ氏は語りました。
※ロヒンギャ難民についてさらに知りたい方には、以前のものですがアムネステイの下記リンク先をお勧めします。
 第二にベトナムのクメール・クロム。南ベトナムに住むカンボジア系住民のクメール・クロムは、人権弾圧からしばしばベトナムを脱出、タイに難民として出てきているが、国連が彼らを難民として認定するのは困難で、10年、20年間をそのまま法的には不法滞在者のまま過ごしているのが実情だとチェリーダ氏は述べました。
 第三にラオスからのモン族難民。彼等はベトナム戦争の時にアメリカ側の支援を受けて戦った歴史があり、現在ラオス政府によってCIAのスパイという嫌疑がかけられ、戦争が終わってこれだけの年月が経つのに未だにそうきめつけられている、タイ国内には何千人というモン族が今も定住しており、彼らのリーダーは最近第3国に移住できたが、今現在も数百人のモン族が弾圧されることが分かっているのにラオスに強制送還されていると述べました。
 その上でチェリーダ氏は、本来東南アジアで主体的な役割をなすべきASEAN(東南アジア諸国連合)は、このような難民問題に対してほとんどちゃんとしてシステムを持ちえていないと指摘し、彼らの個々の人権は侵害され、滞在も不法状態のまま不安定であること、今の出た3つのケースだけでも難民問題は大変深刻で、一国単独で解決できる問題ではなく、ASEANの中で国家間の人権・難民問題を取り扱うセクションが必要だと述べました。しかし、現実のASEAN各国の姿勢からすぐにそのような国家間の連携は難しく、私たち個々人が、市民の立場からどのような連携と救援体制を作れるかを考えていく必要がある。一人一人の行動と意識が大切であり、各自がアイデアを出していかなければ、今各国の入国管理局の拘置所で、希望も自由もなく、人権も奪われている難民を助けることは出来ないと述べました。
 そして、ロヒンギャ族について一言。彼らはイスラム教徒であり、タイの拘置所内では、悪意はないのだけれど、食事に豚肉を入れてしまったりすることがあったり、彼らのイスラム教の礼拝の習慣を知らずにその信仰を傷つけたりすることがある。また、難民には子供たちも多く、子供の権利とは教育を受けることと、のびのび自由に遊び心を健康にすることなのに、それが奪われているのが現状だと述べました。
(後略)


亜細亜の治安を乱しているのは日本ではありません。中共なのです。そして支那の強欲なのです。
日本もたくさんの被害を受けております。亜細亜の平和の為にきちんとした姿勢で中共と対峙しましょう。
日本の覚悟が試されています。日本は一刻も早く自衛隊を強化して敵に対して圧力をかけれるように頑張っていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
講演会 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/11/07 06:00
コメント:

管理者のみに表示