自民党 福田峰之

とうとう選挙も最終日です。
最後に我が選挙区の候補を紹介しましょう。

と言っても二年前に引っ越してきてから初めての衆議院選挙です。
自民党の候補者の名前は知っていても政策などを全く知りませんでした。
丁度、講演会が開催されるとの事ですので参加してきました。
福田峰之さんの政策は水素エネルギーの推進です。
その理由などを話してもらえるのかな?と期待していましたが蓋を開けてみると全く違いました。
良い意味で裏切られたという感じですね。

水素エネルギー社会というのは備蓄でき、劣化もしない水素にてエネルギーを貯めて使うというものです。
水素を作るためにプラントを作るのではなく、必要以上に発電したりした際に捨てたり、発電しなかった電気を
エネルギー効率は少し悪いが蓄電ならぬ備蓄できるエネルギー(水素)にして蓄え、必要があるときにそれを使うという政策だったと思います。
エネルギーの多様化という面では素晴らしい政策です。それに加え水素を使ったエネルギーは水しか出しませんので自然への負荷が少なくなります。
それに陶器の中に封じ込める技術も確立していることから安全に且つ素早く供給することが可能です。
ガスや水道の様に配管が引けない場所にはより良いでしょう。山小屋や離島の派出所などで有効ではないでしょうか?
と、そんな話かな?と思っていました。

福田さんの話は何故、政治家を目指したかという話です。
最初に亀井さんの秘書を8年間していたそうでして、その時に『政治家は太陽でなくてはならない』と教わりその答えを模索していたそうです。
最近わかってきました。太陽はだれにでも等しく照らさなければなりません。大きな壁や大木があればその下には光が注ぎません。政治家はそのような壁などを打つ砕くために働くのです。
私は良く水素エネルギー社会、社会インフラの話を行います。しかし、私が本当にやりたいのは児童虐待を失くすことです。しかし何をするにもお金が必要です。
なので経済政策を訴えるのです。
虐待を受けた子供は本来、一番信用できる両親から虐待を受けるので一番愛情を注がれる人から虐待を受けてしまった子供達、これを大人が救わなければなりません。
元々そのような施設は戦争で両親を亡くした子供などが入っていましたが、最近は7割が児童虐待を受けた子供達が入っているのです。
私もそのような場所に行き、子供達と一緒に遊んだりします。遊んでくれる大人に子供は寄ってきて一緒に楽しく遊びます。その場では楽しいのでしょう。ですが目はこのように言っています。
『もう二度と此処には来ないでしょ』と、あの眼は忘れられません。一度捨てられた子供は大人を信用しません。一番信用していた大人(父親、母親)に見捨てられた子供は大人を信用しません。
そして他人を信用しません。そのような子供達が大人となり子供を産んだ時に自分が受けたことを繰り返すことがあります。そして施設に入る子供が出てくるのです。
そのような社会は、壁は壊していきましょう。

私は一度自民党から政党助成金を切られたことがあります。この選挙区で自民党は勝てない、なので運動をしても無駄だと判断されたのです。
全国で3人の支部長が助成金を切られました。その内の一人が私なのです。選挙の時には応援演説を頼んでも来てくれませんでした。誰も来てくれなかったのです。
今回の選挙は違います。11月30日には安倍総理に直接言われました。党首に勝って来いと、今回の選挙では数多くの方々が応援してくれています。
先ほど菅官房長官にも言われました。党首に勝って来い、13日の最終日菅官房長官が応援演説に来てくださいます。
先人の方々もこういいます『野党党首に勝って来い』、比例復活で勝つのと正々堂々と正面勝負で野党の党首を打ち破るのでは印象が違います。
この選挙区に於いて今回のチャンスを逃して自民党の勝利はありません。ここで負けるようであればこの先この選挙区では自民党は絶対に勝てません。
あと少しのところまで来ております。わずか1%差とも言われております。1%、5000人~6000人でひっくり返るのです。
残りはわずかな時間しかありません。もう綺麗ごとばかり言っていられません。人と会いに行くのです。どぶ板戦術、人と人との人間力勝負しかありません。
皆さんにお願いします。少しでも私の政策を広めてください。
敵は強大です。いつもテレビに出ており知名度が大変高い方です。
その方を打ち破り永田町に帰りたいと思います。
10562742_831366916905109_8925660255440776743_o.jpg

ふくだ峰之のいいたいこと ~6つの政策
テーマ1 経済対策 アベノミクスを続ける。
安倍内閣の経済政策=アベノミクスは今の日本に必要な政策です。私はアベノミクスのけん引者となり、国民生活が豊かになるように務めていきます。
テーマ2 エネルギー+エコロジー 脱放射能 脱CO2 水素が作る次の社会
水素は放射能が出ない、二酸化炭素も出ない、環境や経済合理性の観点からのみならず安全保障の面からも極めて重要なエネルギーです。
テーマ3 IT戦略 ICTイノベーションによる新たな幸せ
ICTイノベーションによる新たな価値の創出。ICT技術を利用して日本をもっともっと幸福な国にできると信じています。
テーマ4  定数削減 与野党の全国会議員は揃って反省しなければなりません。
計29回の与野党による協議が開催されましたが、第三者機関へ判断を委ねる結果になりました。
テーマ5 財政健全化 歳出を賄うための仕組みを構築する。
歳出を賄うための税金を確保する仕組みを構築することが、今、政治家に課せられた最も重要な仕事だと私は考えます。
テーマ6 コンテンツ政策 コンテンツを日本のアドバンテージへ。
日本のコンテンツ産業を更に世界に波及させるには、総合的な視点を持ち戦略を練っていく必要がある。

二児のお子さんを持つ父親としての使命、2040年には30歳になる我が子の為に戦う政治家として
長い歴史を持つ国「日本」。私たちは、その歴史の一部であり、今を生かされているに過ぎません。常に次の時代を見据え、今も大切だけれども、将来はもっと大切という思いを持って、生きていかねばなりません。次世代のために今何をすべきか、何をやめるべきか、回答のない時代だからこそ、政治家が果すべき役割が重要となります。

僕の政策
政治家として基本的に10の政策をかかげています。
1).政党が信頼される日本自民党議員の65歳定年制度を導入し、党員が1人1票を持つ自民党総裁選挙を実施する。
2.)人類に貢献する日本唯一の被爆国日本、唯一の核兵器使用国米国との共同により、核なき社会をつくる。
3).水素エネルギー社会を実現する日本原発の依存度、二酸化炭素の排出量を引き下げるために水素エネルギー社会を構築し、地球環境に貢献すると共に、水素関連製品の海外輸出を促進する。
4).時代に即した税制を確立する日本都市生活者を中心に課税されている相続税の廃止。無駄遣い撲滅後、新たな財源が不可欠な場合、消費税値上げは複数税率にする。
5).障害者が活き活きと暮らせる日本障害者が社会の一員として自認するために、個性を掌握し、教育・福祉・労働とライフサイクルに即したシステムを確立する。
6).ITCにより利便性が向上する日本個人番号カードを健康保健証として配布することより、全ての国民が保有し、公的プラットフォームとして、民間利用をも促す。
7).コンテンツの利用により経済成長する日本まんが、アニメ、ゲーム、音楽といった、日本の「Kawaii」を象徴するコンテンツを輸出し、奥行きの深い経済向上を確立する。
8).新しい働き方が認められる日本同一賃金、同一労働を原則とすると共に、協同労働により事業を行う仕組みを構築する。また、育児休業制度等を拡充させ、子育てしやすい環境をつくる。
9).都市生活者が生活しやすい日本補助金導入により、民間鉄道の混雑緩和事業の推進をはかると共に、高齢化社会に適応した都市鉄道・コミュニティーバスの支援を行う。
10).都市農業の振興と農産物の海外輸出を確立する日本都市部ならではの課題を解決するために「都市農業振興基本法(仮称)」を制定し、食料自給率向上のために海外輸出を促進する。

僕の理念
政治家としてこんな思いを持っています。
1).ばらばらな価値社会をつくるひとりひとりの人間が、主人公となるばらばらな価値社会を形成し維持していく。
2.)政策は身近な人・事情に詳しい人がつくる地域の実情に詳しい人が政策を立案し、動かしていく社会にしていく。
3).役所の仕事と民間の仕事を明確に区分する民間ができることは民間がやり、役所しかできないことを役所がやる社会にしていく。
4).「ズルイ社会」から「絆(きずな)社会」へ 特権を持つ一部の人が得をする社会から、お互いを思いやり絆を深める社会にしていく。5.誰にも機会(チャンス)は公平に、何度も得られることどんな生活・社会環境にあろうとも、挑戦する人には何度もチャンスを与える。

僕の姿勢
政治家としてこんな姿勢で活動を続けています。
1).説明責任を果たす街頭演説、国政報告会、チラシ、ホームページなどを通じて、説明責任を果たしていきます。
2).隠し事せず、公明正大な活動をする常に自分自身を振り返り、正善を追求し、人に後ろ指をさされない政治活動をしていきます。
3).汚いお金に手出しをしない薄く広く多くの方々より政治資金のご協力をいただき、汚いお金に無縁であり続けます。
4).100%全力投球手を抜かず、何事にも全力を尽くします。全力投球ができなくなった時、それは政治家を辞める時です。
5).都市生活者の視点を忘れない多額な税を負担する都市生活者の生活実態・政策課題を決して忘れない。

以上、すべてがすべて賛同できるか?と言われれば否ですが、少なくとも
涙のたまった目で太陽を見れば赤い太陽が黄色に見える。だから私のイメージカラーは澄んだ青と黄色です。
には賛同できます。
1901251_310008395862926_5789070882482072430_n.jpg
皆さんも自分で投票する人は選びましょう。
そしてその選んだ責任を自覚しましょう。
政治がおかしいと思うのであれば自ら動きましょう。暗黒の3年3か月で学んだはずです。
苦しいかもしれませんがくいしばっていきましょう。
明日は良い日でありますように
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
自民党 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/12/13 06:00
コメント:

管理者のみに表示