今回の選挙にて一言言いたいことがあります。

今回の衆議院選挙お疲れ様でした。
結果としてはいろいろとあります。いい結果もあれば悪い結果もあります。
それはそれぞれあるので明日以降に書くとしてこれだけは言いたいですね。

橋下さん、あなたは人を率いる資格はありません。
あなたは13日になんて言いましたか?
何を思ってい言いましたか?なんのために言いましたか?あなたは何をしたかったのですか?
私には全く分かりません。あなたは少なくとも維新の党という政党の代表です。
その代表が結果を見ずして負けたと公言するのは如何なものかと思います。
何をしたかったのでしょうか?
何のために維新の党の候補者、支援者、今回お手伝いをした方、投票した方すべてを侮辱する様な発言を行った理由はなんでしょうか?
何のために戦ったのですか?彼らの努力は意味のなかったことだったのですか?
各地を回り自分の選挙区に帰ることが出来なかった江田さんは何のために活動していたのですか?
結果だけがすべてですか?あなたは頭が悪いのですか?我が国の考えが分からないのですか?
国会議員になれた方に対してなんていうのですか?なれなかった人になんてお詫びをするのでしょうか?
私にはまったく理解できませんし、賛同できません。
少なくとも人を率いて戦ってはいけない人間です。
言いたいこともいえない政治家がいけないと答えるかもしれません。しかし、あなたは責任がある人間です。結果からは逃げてはいけないのです。それとも再び大阪知事から逃げたように市長からも逃げますか?
来年には統一地方選挙があります。
その時あなたは何をするつもりですか?覚悟のない人間についていく人間がどれだけいるのでしょうか?
ここはアメリカでもヨーロッパでも中共でもありません。金だけで動く人間がどれだけいるのでしょうか?
そして、今回の失態を皆覚えているでしょう。
『戦っている最中の大事な時に部下を捨てて逃げていった責任者』これがあなたの最もふさわしい称号です。
市長として何をしているのでしょうか?それをきちんと説明していますか?
周りからは有言実行しない人間と言われるだけでしょう。
大阪地下鉄は使用しないのでしょうか?便利なものを使わずに無意味なリムジンを使って通勤していますが、地下鉄の方が早いですよ。国会議員も地下鉄を使っています。何故?使わないのでしょうか?
反論が怖いとして見えませんね。桜井さんとの対談も論議せずに逃げましたね。
メッキを張りなおした方が良いのではないでしょうか?
舛添氏と同じ穴のムナジですかね?そこまではわかりませんが、最悪な党首を持ってしまいましたね維新の党は次世代の党の方がはるかに人格者ですね。日本人にとっては・・・

橋下氏 投開票待たず敗北宣言「完敗」
 維新の党共同代表の橋下徹大阪市長(45)は衆院選最終日の13日、大阪市内など10カ所で演説を行った。14日の投開票を待たず橋下氏は「完敗!負けを認めます。安倍さんにやられました」と潔すぎるまでの“敗北宣言”を行い、「維新はもうダメだと言われている。僕の責任だ。もう一度、僕に立て直すチャンスをください」と訴えた。
 大阪・難波での最終演説など、各所で橋下氏は「2014年12月14日、午後8時。開票が始まった瞬間、自民と公明が320を超える議席を獲って歴史的な勝利を収めます」と予告。「いやもう、参りましたよ」「勝ち目ありません!」と敗北を認めた。
 「はっきり言って今の国政政党である維新の党に対する期待感はゼロだ。トップとしてお詫びしないといけない」「努力を怠ったら、こうなる」。
 演説で自戒を込めて語った橋下氏は、12年衆院選で当選した維新議員についても「いきなり偉くなって、謙虚さが足りないメンバーもいる。今回の数字に現れている。夜の銀座、赤坂で酒を飲むのが仕事と思ってるメンバーもいる」と指摘した。
 そのうえで「維新は皆さんを冷めさせてしまった」と頭をさげた橋下氏。ただ「負けを認めたうえでね、このまま無くなっていくなんて、そんなヤワな根性してません。今まで何度も踏みつぶされても、ここまでやってきた」とも。
 「もう一度(党内を)引き締めます。立て直さしてください。もう一回、チャンスをください。維新を立ち上げた時の気持ちでやります。ただ完全に負けたら次がなくなる。せめて10人でも20人でも維新の議員を残してください」と支持を呼びかけていた。

私が維新の党であれば党内の締め付けではなく橋下の更迭を望みます。
あなたは共産党の志位委員長や社会党のみずほ、民主党の海江田、などよりもはるかに党首として劣る存在であることを自ら認めた方が良いでしょうね。
同情票で議席を取りたいのかもしれませんが、戦っている最中にそのように話すのは阿呆としか言いようがありません。
維新の党の全員に頭を下げて出直してきた方が良いのかもしれません。

今回の選挙、国民は投票する義務がありますし、政治家は当選するために努力をしなければなりません。そしてその努力を捨てて同情を集めようとした人間がいた、という事でしょう。
投票率がどこまでなのでしょうか?投票に行かなかった人は参政権を取り上げた方がいいのかもしれません。

まあいろいろあると思いますが、きちんと考えて投票に行くようにしないといけませんね。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/12/15 06:00
コメント:

管理者のみに表示