衆議院選の意義はなんでしたか?

10414483_1483331411901625_4673405384145197612_n.jpg

今回の衆議院選、次世代の党では大幅に議席を減らしました。
質問などはよいが一般に名前があまり出ていないというのは痛いですね。
逆にテレビに出ている候補は強いです。
各々の候補に対してはいろいろとありますが、ひとまずお疲れ様でした。
今年も残り少なくなりました。大きな行事は天長節に大掃除、大みそかですね。
今年の穢れは払って来年に向けて頑張りましょう。

さて、今回の選挙で消費税増税の延長が確定しました。最近の税制は国民から直接取る消費税を増税してそこで増えた税金で法人税を下げるという事を行ってきています。
お金持ちを優遇する政策にしか見えませんね。これは是正していかないといけません。
今、実質賃金減っているのは今まで働いていなかった人が働き出していることに加えて定年退職者が多いことが原因です。
雇用が増えているのでいいことなのですが、数字としては悪化することになりますね。
88万人の労働者増、それだけでも喜ばしいことです。生活保護者も減るので負担が軽くなります。
税制に対して俳優の津川さんがこのような事を書いております。
財務省の官僚に告ぐ
あなた方財務官僚は歴史に残る悪代官です。
20年続いたデフレの世の中で、
世の中にお金が出回らなくて景気が停滞し、
国民が苦し続けるのを見ながらも、
国民の経済より自分達の権力誇示の財源である消費税のアップを強行させ
財務省の国庫の財源増額を計り、
自分達の予算配分の権力拡張を企んだと
我々国民は知っています。
知恵の無い民社党を騙し、国会で決議させた悪党が
あなた方財務省だと解っている筈です。
いや、むしろそれを家族に仲間に同僚に自慢し、
誇りにさえしていると
僕は役者だけど知っています。
単純な算数だからね。
お金が出回って無い世の中から、
税金でお金を吸い上げれば、
デフレが悪化するのは
阿呆でも解る引き算だからね!
東大まで卒業した悪ガキが集まる官僚どもが知らない訳は無い。
現に財務省のホームページを見れば、
その事は書いてある。
それに騙された政治家達も頭が悪過ぎるでしょう。

財務官僚の皆さん!
あなた方の悪質さは、
末代までの禍根として祟りますよ!
日本を守る神様は確かにいるんだから!
神風が吹くのは元寇の時だけではないと歴史が証明しています。
日本経済に悪影響を与え、
他国を利する企みをした、
日本を滅ぼす官僚達だったと、歴史的に非難される事を覚悟しなければならなくなるよ。

さて国民の皆さん!
この財務官僚の悪質さと悪業は歴史教科書に載せなければなりません。

財務官僚たるものが、
愛国心を持たず、
肝心な日本経済の足を引っ張り、
手前の権力増大に腐心している輩達である事を
もはやここに至っては、
日本国民も認識しなければなりません。
有名な建築デザイナーが、『東大出はアホウばっかりでっせー、呼ばれても返事も出来ん阿呆ですわ』と、おっしゃってましたが、
日本古来からの子供へのしつけの第一は、
名前を呼んだら『ハイ』と答える事です。
それは人間として、
世の中は自分だけでは無い。
他人があって共存していくのが人生だという。
人間としての『いろは』の『い』の字を教えるしつけなのです。
ハイも言えない輩ばかりが集まる東大の、
それも知識だけしか身に付けなかった馬鹿を、
選りすぐった官僚の中から、
更にお金と権力に魅せられた、
まともな人間には値しない奴ばかりが集まり、
偉くなったのが今の財務官僚の高官達です。

そして今回!
『消費税引き伸ばし』を
決断する為に国民の信を問うと、
安倍総理が具体的に言及している選挙なのに、
その元凶でもある財務省が、あからさまに全マスコミを動かし、
『財源が枯渇し、社会保障が国民に行き渡らない危機が到来する。消費税を上げないと保育や介護の福祉への財源が無くなる』と
朝日、毎日は勿論、読売も産経、日経までも動かし書かせ喧伝させ国民を洗脳しようとしている。
これは明らかな選挙妨害であり、選挙違反でしょう!
我々国民はその財務省の手先になって書いている
経済ジャーナリスト達を訴えるべきだと思います。
消費税引き伸ばしを提案した!
安倍総理の解散時の公約を妨害をする
選挙妨害は明らかでしょう!
そんな事が本気で心配なら、選挙が終わってから書けば良いのです。
お金に名前は書いていません。
予算の財源は与党に配分を決める権利があるのです。
それが国民の総意なのですから、
それが民主主義の根本なのですから、
国民の下僕である財務省が横暴に勝手に予算を決める権利はないのだと言う事を、
改めて国民に問う選挙なのだと気付いて下さい。
この選挙は
予算配分の権力を
財務省から取り上げて、
政府に取り戻す選挙なのです。
残念ながら国民は選挙で財務省を落選させられないのです。
だから安倍総理に圧倒的勝利をもたらすしか、財務省を黙らす手はないのです。

民主党その他の野党は、
もはや一票を投ずる価値ののない政党です。
一票に足りる相手ではありません。
財務省に逆らう力を持ち得ないからです。

今回の選挙における国民の敵は財務官僚そのものなのです。
多くの国民はもう馬鹿ではありません。
それでもなお野党に入れて無駄な一票にしたい方はそれは自由と言うものです。
説得しても無駄でしょう。
更に差別だの、反戦だのと
誰も反対しないことを、
自分達の専売特許の如く、具体策もなく声高に叫ぶ、
偽善者達は治しようがないのです。
日本には昔から『バカは死ななきゃ治らない』の諺もあります。
それも民主主義です。
偽善者である事も個人の自由です。

でも詐欺は許してはなりません。
それも法の名の元に、
税金と称して
国民の金を巻き上げ、
自分達の権益の為だけに使い、
国民経済の足を引っ張る、
財務省の多くの官僚は~
例えれば
国民の家計から、
国民の懐から、財布から
中身の現金を抜き盗って行く、
俺々詐欺よりも、もっと悪質な、法を逆手に取った
詐欺師集団に成り果てようとしているともいえるのです。

国民はもう馬鹿者じゃ無いぞと財務官僚にこそ、
今回の選挙で気付かせるべきチャンスです。
敵は財務省であると
国民は知っているぞと
財務官僚を恐れさせる必要があります。
消費税増税反対の圧倒的支持を財務官僚に見せ付けることで、
ご自分の家計や財布を自ら守る努力の一票にするべきです。
自分の経済を一票に活かすべきです。

現在デフレなのですから規制強化を行っていき、価格統制を行い強制的に経済を回すことが必要です。しかし、自民党政権が行っていることは真逆ですね。
規制緩和が一番良いと思っているのは誰なのでしょうか?きちんと経済を勉強しているのでしょうか?
よくわかりません。しかし、財務省や外務省などに努めている人間の国家感が欠如している事は確かのようです。
今回、消費税増税延長の国民世論が示されました。
10520701_688496281230864_8262017058242934650_n.jpg

これから国防費などへの予算付けや在日特権にメスが入っていくことでしょう。
そして、憲法改正を経た自主憲法制定!
まだまだ道は遠そうです。
頑張りましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
自民党 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/12/16 06:00
コメント:

管理者のみに表示