自ら落ちていく韓国政府

なにかと話題を振りまく韓国政府ではありますが、盧武鉉大統領のような求心力はもはや存在しませんね。
今年の防衛白書にはとうとう日本を敵国として認識したのかもしれません。
10492312_819988784709889_4644477797184368507_n.jpg
">朴政権で初の国防白書、対日批判強める 「一部指導者の『後ろ向きの歴史認識』が日韓の障害」
 日本の一部政治指導者の「後ろ向きの歴史認識」などが、日韓が未来へ向かう障害になっているとして、歴史問題での日本批判を前回12年版より強めた。
北朝鮮との対応では日本に協力を求め、方や我が国の一部の勢力を敵視する方針は如何なものかと思います。
この一部の政治家というのはおそらく有田よしふのような共産主義者の民主党議員や共産党などの事を指しているのと思われますが、それは朝日新聞のような反日メディアによって作られている虚像であり実際には対して影響力を持てない小さなものです。そのようなちいさな存在によって日韓交流が阻害されるなんて心外ですね。

韓国へ訪れる日本からの観光客が減少に転じていることは皆さんご存知だと思います。
成田⇔仁川の往復航空便が2万円すことと格安であるにも関わらず行かないのはそれだけ魅力がなくなっただけなのでしょうね。
しかし、韓国からの入国者は6年ぶりに日本からの入国者を上回ったそうです。
訪日韓国人数、6年ぶりに訪韓日本人を上回る・・韓国ネットは「こんなに旅行しているのに、どうしてデモ?」「韓国の片思い」
韓国・聯合ニュースなどによると、昨年、日本を訪れた韓国人の数が、6年ぶりに訪韓した日本人の数を上回った。
韓国観光公社が集計した昨年の訪韓日本人は延べ約229万7000人。これに対し、日本政府観光局が発表した昨年1~11月の訪日韓国人は延べ248万4400人で、通年では270万人前後になる見込みだという。過去、訪日韓国人が訪韓日本人を上回ったのは2007年、2008年だけで、2014年が6年ぶり3回目となった。
記事は、訪日韓国人が増加した理由について「円安で日本観光に割安感が出たため」と分析した。一方で、訪韓日本人が前年比で約16%減となったことについて観光公社は「円安だけでなく、外交関係の影響もある」と説明している。
このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられている。
「こんなに旅行しているのに、どうして朝鮮人を殺せとか、デモするの?韓国は嫌日デモしない。韓国の市民意識の勝ち」
「日本が何をしても笑っているから、甘く見られる」
「観光だけではない。親戚がいたり、ビジネス関係かもしれない」
「反日とか口ばかり。日本に行き過ぎ」
「恥ずかしい。日本の悪口を言うなら、行かないのが正常でしょ?何で行くの?」
「日本は怖い。世界最高の団結力を持っている。整然と並び、団体行動で指示に従う。韓国人のように適当ではない」
「韓国の片思い」
「日本は、親切だし、公園にも住宅街にもゴミが落ちていない。車はクラクション鳴らさず、歩行者に気を使う。同じアジアなのに差がある」
「韓国には行くところがない。日本には伝統的な祭りもあり、観光地も多い」
「日本に旅行するだけで反民族的行為なの?」
「日本に行くのは当然だけど、日本みたいな先進国から韓国に来るほうが理解しがたい」
「何で日本に行くことで怒られなきゃならないの?海外で見聞を広めるのはいいこと」

韓国客に対してデモ隊が何かをしてるわけではなく、実際には犯罪を犯した外国人の事を報道局が報道しない、警察が排除しない事に対する街頭行動であり、犯罪を犯していない、犯す必要のない観光客に対して行われているわけではありません。しかし、反日報道局によってすべての外国人が被害にあっていると捏造されているだけの事なのです。
そこをきちんと見極めていきましょう。
決して外国人に対して喧伝しているわけではなく報道しない報道機関に対して訴えているという事をきちんと理解していかなくてはなりません。
そのことがわかったら是非日本に来てください。日本のルールを守って観光する分にはなにも障害がないことを約束します。

しかし、このように恩をあだで返すような行為はやめていただかないとこちらも対応できません。
【社説】地下空洞探知、日本企業任せの現状に危機感持て
ソウル市が市内の主要地下鉄駅のある鍾路3街・江南・教大・瑞草・汝矣島一帯の道路地下を調査したところ、空洞が41カ所発見された。鍾路3街駅一帯と江南・教大・瑞草駅一帯にそれぞれ18カ所、汝矣島一帯に5カ所だ。空洞は地下鉄路線周辺の古い下水管に沿って集中的に見つかっている。地表面からの深さが30センチ以内にあり、崩壊の危険が最も大きい空洞は18カ所、深さ30-50センチの空洞が11カ所、50センチ以上の空洞は12カ所だった。30センチ以内の空洞の半数は、下水管がほかの地域に比べて古い鐘路3街駅一帯に集中していた。
 ソウル市は「空洞がすぐに崩れ落ちる危険はない」として、春になってから掘削・補修すると話しているが、市民は不安でいっぱいだ。ソウル地域の下水管1万392キロメートルのうち、半分に当たる48%(5023キロメートル)が設置から30年以上経過している老朽管だからだ。ソウル市は主な繁華街の下水管1500キロメートルを毎年500キロメートルずつ3年周期で定期的に調査する方針だ。だが、そのペースでは30年経過した下水管5000キロメートルを調査するのに27年もかかる。釜山・大邱・仁川などの地方都市にも老朽化した下水管が張り巡らされている。全国で地中の定期調査を行い、しっかりと管理しなければならない。
 ソウル市は今回の空洞探知作業を日本企業に任せた。韓国にはそうした作業の設備も技術もないからだ。請け負った日本企業は地表面透過レーダー装置で空洞の位置を把握し、内視鏡機器で内部を撮影した。しかし、日本企業は韓国側に空洞の位置を知らせてくれただけで、正確な大きさや危険性の分析技術については秘密だという理由で教えてくれなかった。ソウル市は日本から機器を導入する計画だと言っているが、分析技術がなければ無用の長物になる。地中の空洞は各地に存在するが、われわれの力では探知できないのが現実だ。韓国政府はこの問題について、危機感と警戒心を新たにする必要がある。

危険個所を日本が教えてくれなかったという非難の記事に見えますが、この調査自体が無料で行われたことを朝鮮日報は隠しております。
こちら日本側の記事になります。
道路陥没のソウル市、日本企業が空洞調査 無償で
 路面下の空洞調査を手掛けるジオ・サーチ(東京都大田区)は2014年12月19日、韓国ソウル市の要請を受けて無償で実施した市内の道路約60kmにわたる調査の報告書をまとめ、市に提出した。
 ソウル市は今後、約1200kmに及ぶ市内の道路全体の状況を把握するため、東京都に協力を要請するとみられる。日本企業がソウル市の調査業務に本格参入する可能性が出てきた。
 ソウル市から要請を受けたジオ・サーチは11月に、市との間で「無償の試験的空洞調査覚書」を締結。この覚書に基づいて、同社の空洞探査車をソウル市に持ち込み、12月1日から4日にかけて対象区間を調査した。
 調査の結果、空洞の生じている可能性の高い箇所が複数見つかった。汝矣島(よいど)駅付近の路面下では縦1.7m、幅1.5m、深さ53cmの空洞を発見した。市に提出した報告書には、空洞の規模や分布をもとに補修の優先順位を示した「陥没危険度マップ」を添付した。
 ジオ・サーチは、今回の調査に要した600万円以上の費用を、海外の路面下の状況を知るための研究開発費として計上した。同社では、空洞発見能力の高さを海外で初めて証明できたとしている。

■道路の陥没が社会問題化したソウル市
 ソウル市では近年、下水道の老朽化や豪雨などが原因とみられる道路の陥没が多発している。2012年に689件、13年には854件も発生し、大きな社会問題になっている。しかし、市が市販の地中レーダーなどを用いて調査したものの、思うような成果が得られなかったという。今回の調査で見つかった空洞も、発見できていなかった。
 市は今回の調査を、近い将来に「安全都市」宣言をするための第一歩とする考えだ。今後、市内全域の調査のため、路面の陥没予防に特化した形で改めて東京都に協力を要請し、日本の空洞調査会社に参画を求めるとみられる。

調査協力をしただけの事で次の仕事につなげようとしている日本側と無料の調査ですべてを吐き出させようとする韓国側の姿勢が見えますね。どちらが正しいのかはそれぞれ考えてもらうとして韓国の主要都市であるソウルが陥没しつつあるとも読める記事ですね。
まさに自ら陥没する韓国という事です。
自らの力で調査できないのであれば他の力を借りるしかありません。そしてそのことを自覚しなくてはなりません。
そしてその自覚をなくせば力を借りた時に感謝の念が亡くなってしまいます。
せっかく手伝ってくれた人に対してお礼をいう事がなくなれば、もう二度と手伝おうという考えが亡くなってしまいます。
今の韓国はそのような状態になってしまっているのではないでしょうか?
韓国が自ら招いた事態であるといっても過言ではありません。

世界中で韓国が嫌われてきています。
北朝鮮も嫌われていることから朝鮮半島自体が嫌われているといってもいいでしょう。
それを自ら招いたことを朝鮮人は知っていた方が良いと思います。
口だけの友好は簡単です。他人に協力を求めるのも簡単です。しかし、自ら行動を伴わない発言はこのような事態を招いてしまいます。
自業自得です。
朝鮮はまず口先よりも行動を起こすことをお勧めします。
実績というのは積み重ねです。一歩一歩積み重ねていってほしいですね。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2015/01/13 06:00
コメント:

管理者のみに表示