NHKの捏造キャスターが変わるそうです

数々の捏造報道を行ってきているNHKのニュース9のキャスターである大越が報道番組から去るそうです。
真相は「更迭」…NHK大越キャスター“3月末降板”の舞台裏
 安倍政権の“メディア規制”を象徴する情報が飛び込んできた。「NHK『ニュースウオッチ9』の大越健介キャスターが3月末で更迭」というのである。
 この人事には、陰に陽にNHKの報道に“圧力”をかける安倍官邸の意向が働いているようだ。後任は、ワシントン支局長やBSの国際ニュースでキャスターを務めた経験のある河野憲治・報道局国際部長だという。
 大越キャスターは政治部記者を経て、05年から4年間、ワシントン支局長を務めた後、10年3月に「ニュースウオッチ9」の顔となった。
 番組内では淡々とした語り口で独自の見解を述べ、物議を醸すこともたびたび。良くも悪くも“名物”キャスターとして名を馳せている。
 大越氏のキャスター歴は丸5年。テレビ業界は4月が改編期なのでNHKは「それに合わせた交代」と説明するのだろうが、内実は違う。大越キャスターの原発に対する慎重な姿勢に、官邸は随分前から不満だったという。
「大越さんは、ブログで『原発事故の教訓はどうなったのか』『(福島原発事故は)原子力の安全神話を崩壊させ、技術への過信に大きな警鐘を鳴らした』などと、原発再稼働に厳しい発言が多い。そこに難色を示す安倍官邸の意向が、籾井勝人会長を通じ局内に伝わっていて、去年から大越さんの交代が検討されていました。上層部の共通認識になっていました」(NHK関係者)
 去年7月「クローズアップ現代」に菅官房長官が出演した後、官邸が番組内容に抗議したと一部メディアで報じられたが、官邸は看板番組のキャスター人事にまで介入するのか。この件についてNHK広報局は、「番組のキャスターについては、NHKが独自の判断で選考しています。新年度のキャスターはまだ決まっていません」と答えた。

なんか安倍総理がやめさせたような記事ですが実際には相当な数の苦情が出ているからだと思います。
このキャスターはNHKであるにもかかわらず捏造を元にした独自の解釈を公共放送で話すという国民の電波を勝手に使用していた悪人です。
例をあげればきりがないですが、日本は朝鮮半島を植民地支配していません。これは左翼の捏造です。
強制連行があったとの話も言っていたりしますが、NHKの放送委員が偏向報道と指摘しております。
調査でもあったように国民の義務としての徴用はありましたが、それを強制連行と言っているのは反日左翼ぐらいです。
朝鮮人が食べるために朝鮮半島から密入国してきたことは当時の資料から判明していることですし、朝鮮新報もそのように記事に書いております。
〈歴史を背負って生きる 3〉いじめ
大阪ではいまでも、在日朝鮮人が多く居住しているところ。植民地統治下の1930年(昭和5年)には在日同胞の約23%にあたる7万人が住んでいた。大阪府が1932年に、大阪市内に一戸を構えている朝鮮人の調査をしたが、「なぜ内地に来たのか」という質問に、「農業不振のため」との答えが、55.7%、「生活難のため」(17.2%)を加えると、7割以上の同胞が、「食えないから」、日本に来たと答えたという。
よく街頭演説で訴えられている
・密入国で入ってきて犯罪を犯した人間に対して国外退去処分にしてください。
・きちんと犯罪を犯したら国籍と本名を報道してください。
・通名といういくつもの名前を使えるのは特権です。
・在日特権、税の優遇や職業の優遇、住居の優先権などは廃止して下さい。
という訴えは正当なものです。
それをヘイトスピーチとしてレッテルを張り弾圧しようとするのが舛添、橋下などの差別主義者たちや反日報道局である朝日新聞、NHKなどなのです。
ヘイトスピーチと呼ばれるものの根幹は韓国における日本憎しの体制にあると言われております。そしてその日本憎しに組している在日朝鮮・韓国人達、そしてそれを笑っている日本人たちによる日本人弾圧の方針です。
街頭で訴えている人たちは一様にして報道機関の報道しない自由というものに対して反発しております。
きちんと情報を得ることが出来る現代において報道機関の報道しないニュースはたいてい在日朝鮮人達の犯罪でした。
ルーシーさんの強姦殺人もいきなり報道されなくなりましたし、本来なら追及され公民権停止処分になる前原の在日朝鮮人献金事件も報道局が問題視しませんでした。
 そのような事が積み重なり、朝日新聞の捏造記事もばれ、それでも偏向報道を繰り返す報道機関達、その報道姿勢により犯罪を犯しても名前が報道されない人間を朝鮮人呼ばわりするネットだけの人たち(実際には国籍は判明していません)それらが悪循環を及ぼしているのでしょうね。
そのネットにもNHKは手を入れようとしています。
NHK経営計画 「32年までに合意形成を」新受信料制度で経営委が注文
 「公共放送」から「公共メディア」への進化を見据えた、平成27~29年度のNHK経営計画がまとまった。2020(平成32)年東京五輪・パラリンピックで「世界最高水準の放送・サービス」を実現するとして、次世代放送やインターネットサービス、国際発信の強化などを重点目標に設定。同計画のポイントと課題を整理する。
 「まだスタートラインに立ったばかり。私が先頭に立って職員一人一人と力を合わせ、新しい挑戦と改革に取り組んでいく」。籾井勝人(もみい・かつと)会長は15日の会見で、こう決意を語った。
 計画では、番組をテレビ放送と同時にネットでも配信することについて、「課題解決を図り、取り組みを推進」すると明記。テレビ、ラジオに加え、ネットも含めた業務拡大を宣言した。
 ただ、現在の放送法や受信料制度はテレビの設置を前提にしており、国も巻き込んだ制度の見直しが課題だ。計画では、受信料制度のあり方の「研究」を進める方針を打ち出し、浜田健一郎経営委員長は新たな受信料制度について、「平成32年までの国民的な合意形成」を目指すよう求めた。 また、国際放送の重点地域を北米とアジアに設定し、大型ニュース番組の新設などを通じて浸透を目指す。国際放送費は、今後3カ年で100億円ほど増やす方針だ。井上樹彦理事は「英BBCや米CNNに、いきなり追い付くのは難しい。ターゲットを絞り、一つ一つやっていく」と説明する。だが、一部の経営委員からは組織体制や運用について、「さらに踏み込んだ改革ができるはずだ」と、不満も上がっている。
 一方、受信料収入は営業活動の強化で今年度予算比461億円増を見込み、老朽化が進む東京・渋谷の放送センター建て替えのため、240億円を積み立てる。ただ、建て替えの場所や費用はまだ固まっておらず、積立金の総額は26年度時点で既に1042億円にも達している。
 NHKは、過去の経営計画で掲げた「受信料10%還元」を、景気低迷を理由に「7%値下げ」(24年10月~)に抑制した経緯がある。籾井会長は32年に向けた設備投資や国際放送強化、放送センター建て替えへの準備を理由に「当分、値下げはできない」との考えを示したが、増収分の「還元」をめぐる議論は今後、広がる可能性がある。(三品貴志)

NHKは公共放送の資格を失っております。
散々捏造報道の証拠を出して訂正を促しても全く聞く耳を持ちませんし、日本語に不自由しているとしか思えないような返答の仕方です。
捏造報道を行ったNHKはジャパンデビュー捏造報道問題で一万人から訴訟を起こされていますし、高裁の判決では捏造報道が認められました。(裁判自体は上告されています)
「JAPANデビュー」訴訟でNHKが上告 「高裁判決は従来の最高裁判断と異なる」
 日本の台湾統治を扱ったNHKの番組内容で名誉を傷つけられたとして、出演した台湾先住民族のパイワン族や視聴者らがNHKに損害賠償を求めた訴訟で、NHK側が、台湾先住民族の女性に100万円の支払を命じた11月28日の東京高裁判決を不服として上告したことが12日、分かった。上告は11日付。
 問題の番組は平成21年4月5日に放送されたNHKスペシャル「シリーズJAPANデビュー」の第1回「アジアの“一等国”」。1910年にロンドンで開かれた日英博覧会で、台湾先住民族のパイワン族が日本によって「人間動物園」として展示されたなどとして、台湾では現在も日本統治の傷が残るとした内容だった。
 高裁判決は、「人間動物園」が博覧会参加者の娘である原告女性に対する差別的表現で、名誉を傷つけたと認定。「取材協力者の好意を土足で踏みにじるような結果を招いた」などとNHKの取材手法を批判し、NHK側が全面勝訴した一審判決の一部を覆した。
 NHKは「高裁判決は名誉毀損(きそん)に関する従来の最高裁判断とは異なる。最高裁に上告し、判断を仰ぎたい。NHKの考えは裁判の中で主張していく」とコメントした。

この問題はNHKが台湾の放送に協力した人々の発言を捏造したものであり、当時NHK関係者が台湾の人たちが間違っているから訂正してほしいと言っていたにも拘らず捏造し、それがばれて裁判になりそうだったときにNHKは裁判しないでくれと謝罪に行った事件です。
NHKも裁判で負けることが分かっていたのでしょうか?捏造ばかりしているNHKは軽く見ていたのでしょう。
最高裁で争われますがNHKは上告に当たり名誉棄損の考え方が違うというだけで捏造報道を否定したりしていないようです。
NHKは組織的に日本を貶める報道を行っているのです。朝日新聞と同じ考えなのでしょう。そのようなNHKから大越捏造キャスター一人いなくなったところで公共放送と呼んでよいわけがありません。
丁度、安倍総理がNHKの偏向報道(報道しない自由など)によって日本の立場が損なわれていると明言を行い国営放送局を作るという案を出してきました。
同じように受信料を払うのであれば国営放送に払うのは筋です。国益を考えないNHKのような捏造報道局に金を渡すわけには行きません。
軍事機密を中共に渡すNHK、テロリストの言い分だけを報道するNHK、犯罪者を匿うNHK、そのような組織に金を渡すのはテロリストを支援するも同じことです。
それが糺されない限りNHKに金を渡すわけには行きません。私たち国民は犯罪の片棒を担ぐわけには行かないのです。
皆さん、真剣に考えていきましょう。
捏造放送を公共の電波に乗せるのは放送の自由ではなく、責任を負わない唯の我儘です。
自由には責任が権限には義務が伴います。
当たり前の事を当たり前が如く訴えていきましょう。
何が正しいのかは自分で考えるのです。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2015/01/28 06:00
コメント:

管理者のみに表示