2月4日 立春の方が重要な日なのです。

10408643_573132849470491_7609890325630185925_n.jpg

明日は立春です。
旧暦の新年1日と勘違いされる方もいらっしゃいますが、実際には異なっております。
立春は新しい年を迎える日にあたり「寒さがあけて春に入る日」いわば春の初日と言われております。
そして節分とはその前日の事を差し、節分が前年度、立春が新年と別れるのです。
立春は八十八夜などの基準の日とされており、農家の方はこの季節による自然暦(旧暦)の方が大切にされています。
本来ならば節分はその年の締めくくりとされており、今年の様に同じ日になることはありません。
季節を分ける日として制定されている節分は一年の厄を払うために行われるものであり、鬼は外、福は内と言いながら穢れを払い、鬼が入らないように結界を各家庭で柊の枝に鰯の頭を刺したもの(柊鰯)を戸口に立てて結界を張る行事として行われております。
豆まきも鞍馬山の鬼を豆まきで追い払ったからとも言われているそうです。
季節の終わりに豆をまき汚れをはらい福を呼び込み新しい春を迎える。
そのような立春よりもなんだか最近は節分の方が重要視されているような気がしてなりません。

しかも最近は恵方巻きとかいうのが流行っているそうです。大阪が発祥の地らしいのですが、大阪出身の私は知りませんでした。大阪海苔問屋が道頓堀で行ったイベントが最初らしいですが、太巻きを切らずに食べるなんて馬鹿らしくはありませんか?
大きすぎて一口で食べれないのはわかりきっているので一口大に切って食べるのが普通です。
それを切らずに食べて崩れる太巻きを見るのはきちゃならしいですね。
私の家では節分ではちらし寿司か手巻き寿司を食べていましたね。
そのような形で恵方巻きについては賛否両論があるみたいです。家庭の主婦からしてみれば簡単に済ませれるとかなんとか言っているようですが、そんなさもしい食卓でいいのでしょうかね?
私にはよくわかりません。

さてその節分ですが、豆まきが開催されます。それこそ全国津々浦々の神社・仏閣で行われるようでして東京での開催地区はこのような形になっております。
東京の節分・豆まきイベント
鬼を払うために豆をまき邪気を払い新年を迎える。これがふさわしい新年の迎え方なのかもしれません。
心斎橋商店街
新年には新年でふさわしい旗で迎えましょう。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2015/02/03 06:00
コメント:

管理者のみに表示