道徳教育に対して意見募集が行われています。

1499587_528249810648025_1381170457544246475_n.jpg
2月4日から3月5日までの間、高徳教育に関してが鵜集指導要領の見直し案の意見公募が行われています。
人を人間として育てるための教育である道徳教育
 道徳教育の充実に向けて、ぜひ多くの皆様方の御意見等を、下記の要領でお寄せ下さいますよう心よりお願い申し上げます。


【1.案の具体的内容】
「学校教育法施行規則の一部を改正する省令案等について(概要)」
  http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload…
「小学校学習指導要領案」
  http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload…
「中学校学習指導要領案」
  http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload…
「特別支援学校小学部・中学部学習指導要 領案」
  http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload…

【2.意見の提出方法】
(1)提出手段 郵送・FAX・電子メール (電話は不可)
(2)提出期限 平成27年3月5日(木)必着
(3)宛先 住所:〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
         文部科学省初等中等教育局教育課程課 宛
     FAX番号:03-6734-4900
     電子メールアドレス:doutoku@mext.go.jp
    (判別のため、件名は【省令案等への意見】としてください。
     また、コンピュータ ウィルス対策のため、添付ファイルは開く
     ことができません。必ずメール本文に 御意見を御記入ください。)
  また直接ネットから書き込めます。

【3.意見提出様式】
・件名:【省令案等への意見】と明記してください。
・氏名:法人又は団体の場合はその名称。
・性別、年齢:法人又は団体の場合は記入不要。
・職業:在学中の場合は「高校生」「大学生」など在学する学校段階を記入。
    法人又は団 体の場合は「団体」と記入。
・住所:法人又は団体の場合は主たる事務所の所在地を記入。
・電話番号
・意見:御意見が1000字を超える場合、その要旨を記載してください。
・意見の分類:下記の①~⑬の分類番号から一つ選んで明記してください。
※ 複数の論点について御意見をお寄せいただく場合には、とりまとめの都合上、
論点ご とに別様としてください。(1枚1意見、1メール1意見としてください。)

分類番号  意見の観点
① 学校教育法施行規則の一部を改正する省令案について
② 小学校・中学校学習指導要領案【第1章 総則】について
③ 小学校・中学校学習指導要領案【第1章 総則】第2章各教科、第4章外国語活動(小学校のみ)、第5章(中学校第4章)総合的な学習の時間、第6章(中学校第5章)特別活動について
④ 小学校・中学校学習指導要領案【第3章 特別の教科 道徳】第1目標について
⑤ 第2内容 A主として自分自身に関すること について
⑥ 第2内容 B主として人との関わりに関すること について
⑦ 第2内容 C主として集団や社会との関わりに関すること について
⑧ 第2内容 D主として生命や自然、崇高なものとの関わりに関すること について
⑨ 第3指導計画の作成と内容の取扱いについて
⑩ その他
⑪ 特別支援学校小学部・中学部学習指導要領案について
⑫ 小学校、中学校、特別支援学校小学部・中学部学習指導要領の特例を定める告示案について
⑬ その他

【4.備考】
① 御意見に対して個別には回答いたしかねますので、あらかじめ御了承願います。
② 御意見については、氏名、住所、電話番号を除いて公表されることがあります。
なお、 氏名、住所、電話番号については、御意見の内容に不明な点があった場合の連絡以外の 用途では使用しません。
道徳教育に対する意見募集

人が人であるためには教育が必要です。その教育は知識だけを詰め込むものではありませんし、権利だけを主張すればよいというものでもありません。きちんと我が国の歴史・文化を踏まえた風俗による教育を行っていかなくてはなりません。
我が国の国民への教育は我が国が行うのです。学校教育だけが教育ではありません。家庭での教育=しつけも必要です。どこぞの人権派弁護士などは権利だけを主張する卑怯者です。権利には義務が存在します。自由には責任が伴います。これを教えるのも教育です。
世の中はグローバル化社会と言われておりますが、そのグローバルというのはなんなのでしょうか?
私は世界で不変のない価値観がそれにあたると思います。
s-DSCF0422.jpg
我が国が古来より育んだ価値観、世界は一つの家族の様にという八紘一宇の精神、これこそグローバル社会の不変的価値観ではないでしょうか?
残念ながらこの精神を立て、植民地支配を行っていた欧米列強との戦いには負けました。しかし、白人による植民地支配が終わり、独立国家の樹立が相次ぎました。
民族自決、自分の国は自分で守り余裕があれば他人も守る、そして自分だけが肥えないように他にも気を配る。
世界が家族の様に一つになる、お互い手を取り合って助け合って生きる。
これがグローバルな精神なのでしょう。
10689490_10152616757089825_7298340330847507600_n.jpg


残念ながらこの発想は欧米諸国では受け入れられず、強いものがより強くなり、弱いものはより弱くなる社会がグローバル社会と言われるようになってしまっています。
そこで必要な心、道徳の心なのです。
きちんとした心を伝えていくために意見を伝えていきましょう。
これからの日本は私たちが作っていくのです。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
教育 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2015/02/08 06:00
コメント:

管理者のみに表示