悪用される女性の権利

最近、輝く女性やらなんやらで注目されていますが、仕事をすることだけで輝けると思っているのでしょうか?
140811_sukidakedo-kikon.jpg

マザーテレサのメッセージにこのようなものがあります。
世界女性会議(北京会議)へのマザー・テレサのメッセージ
 親愛なる皆様へ

 第4回世界女性会議で北京にお集まりの全ての方々に神の祝福のあらんことをお祈り申し上げます。私は、この会議によって、あらゆる人々が、神の計画において女性だけに与えられた役割を知り、それを大切なものと受けとめ、さらに尊厳を与えること、それによって、ひいては女性達が一生のうちにこの神の計画を実現できることを希望します。

 私には、なぜ男性と女性は全く同じだと主張し、男女の素晴らしい違いを否定しようとする人々がいるのか理解できません。神より授けられたものは全て善きものでありながら、全てが同じものであるとは限りません。私はよく、私のように貧しき人々のために尽くしたいとおっしゃる方に対して、「私にできてあなたにはできないこともあり、あなたにできて私にはできないこともあります。しかし、ともに力を合わせれば、神にとって何か素晴らしいことができるのです。」と申し上げます。男性と女性の違いとは、これと同じようなものなのです。

 神は、私達ひとりひとりをお造りになりました。そして、更にありがたいことに、全ての人々を、愛し、愛される存在にして下さっているのです。では、神はなぜあるものを男性に、またあるものを女性にお造りなったのでしょうか。それは、神の愛のひとつの形が女性の愛で表わされ、別の形が男性の愛で表わされるからです。どちらも愛するために造られていながら、それぞれの愛し方が違うように、男性と女性は互いを補い合って完成されるものであり、神の愛を体現するには、どちらか一方よりも両方そろった方が、より神の愛に近づくことができるのです。

 女性特有の愛の力は、母親になったときに最も顕著に現れます。母性は神から女性への贈り物。私達は、男女を問わず世界中にこれほどの喜びをもたらしている素晴らしいこの神の贈り物に、どれだけ感謝しなければならないことでしょうか。しかし、私達が、愛することや他者のために尽くすことよりも仕事や社会的地位の方を大切だと考えたり、妊娠中絶をしたりすれば、この母性という神の贈り物を破壊することにもなりかねません。仕事も、夢も、財産も、自由も、愛に代えることはできません。母性を破壊するものは全て、神から女性への最も大切な贈り物―女性として誰かを愛する力―を破壊するものなのです。

 神は私達に「汝を愛するがごとく隣人を愛せよ」とおっしゃいました。だから、私はまず正しく自分を愛し、それからそれと同じように隣人を愛します。しかし、神が自分をお造りになったことを受け入れないとすれば、どうして自分を愛することなどできるでしょうか。男の素晴らしい違いを否定する人々は、自分たちが神によって造られた存在であることを認めようとしませんし、それゆえに隣人を愛することもできません。彼らがもたらすものは、対立と不幸と世界平和の破壊でしかありません。例えば、私がこれまで再三申し上げてきたように、妊娠中絶は現在の世界平和にとって最大の破壊者であり、男女の違いをなくそうとしているのは皆、妊娠中絶に賛成する人々なのです。

 死と悲しみの代わりに、世界に平和と喜びをもたらしましょう。そのためには、神に平和という贈り物を願い、互いに神の子の兄弟として愛し合い、受容し合わなければなりません。子供達が愛することと祈ることを学ぶのに最もふさわしい場は家庭です。家庭で父母の姿から学ぶのです。家庭が崩壊したり、家庭内に不和が生じたりしていれば、多くの子供は愛と祈りを知らずに育ちます。家庭崩壊が進んだ国はいずれ多くの問題を抱えることになるでしょう。私は、とりわけ裕福な国々で、愛情不足と疎外感から逃れるために薬物に向かう子供達を幾度となく目にして参りました。

 しかし、家族の絆が強く、家庭が円満であれば、子供達は父母の愛の中にかけがえのない神の愛を見ることができ、自分の国を愛と祈りに満ちた場にしていくことができるのです。子供は神から家族への最高の贈り物ですが、子供にとっては父と母の両方が必要です。なぜなら、父親は父親らしいやり方、母親は母親らしいやり方で神の愛を体現して見せるからなのです。ともに祈る家族が離れていくことはありません。そして、家族がひとつであり続ければ、神がそのひとりひとりを愛してこられたように、互いを愛し合っていけるでしょう。愛のあるところには常に安らぎが生まれます。

 心に愛の喜びを抱き続けましょう、そして、出会った全ての人々とその喜びを分かち合いましょう。北京会議の全ての出席者と、この会議によって救われようとしている全ての女性が、ともに愛と安らぎの中で暮し、それぞれの家族とこの世界を神にとって美しいものにするために、おひとりおひとりがマリアのように慎ましく、清らかであることをお祈り申し上げます。
  ともに祈りましょう。
 全てを神の栄光と御心に捧げて。
 神の祝福あらんことを。

 マザー・テレサ MC

このメッセージは北京で開催された第4回国連世界女性会議に送られましたが取り 上げられませんでした。

Dear Friends,

I am praying for God's blessing on all who are taking part in the Fourth World Conference on Women in Beijing. I hope that this Conference will help everyone to know, love, and respect the special place of women in God's plan so that they may fulfill this plan in their lives.

I do not understand why some people are saying that women and men are exactly the same, and are denying the beautiful differences between men and women. All God's gifts are good, but they are not all the same. As I often say to people who tell me that they would like to serve the poor as I do, "What I can do, you cannot. What you can do, I cannot. But together we can do something beautiful for God." It is just this way with the differences between women and men.

God has created each one of us, every human being, for greater things-- to love and to be loved. But why did God make some of us men and others women? Because a woman's love is one image of the love of God, and a man's love is another image of God's love. Both are created to love, but each in a different way. Woman and man complete each other, and together show forth God's love more fully than either can do it alone.

That special power of loving that belongs to a woman is seen most clearly when she becomes a mother. Motherhood is the gift of God to women. How grateful we must be to God for this wonderful gift that brings such joy to the whole world, women and men alike! Yet we can destroy this gift of motherhood, especially by the evil of abortion, but also be thinking that other things like jobs or positions are more important than loving, than giving oneself to others. No job, no plans, no possessions, no idea of "freedom" can take the place of love. So anything that destroys God's gift of motherhood destroys His most precious gift to women-- the ability to love as a woman.

God told us, "Love your neighbor as yourself." So first I am to love myself rightly, and then to love my neighbor like that. But how can I love myself unless I accept myself as God has made me? Those who deny the beautiful differences between men and women are not accepting themselves as God has made them, and so cannot love the neighbor. They will only bring division, unhappiness, and destruction of peace to the world. For example, as I have often said, abortion is the greatest destroyer of peace in the world today, and those who want to make women and men the same are all in favor of abortion.

Instead of death and sorrow, let us bring peace and joy to the world To do this we must beg God for His gift of peace and learn to love and accept each other as brothers and sisters, children of God. We know that the best place for children to learn how to love and to pray is in the family, by seeing the love and prayer of their mother and father. When families are broken or disunited, many children grow up not knowing how to love and pray. A country where many families have been destroyed like this will have many problems. I have often seen, especially in the rich countries, how children turn to drugs or other things to escape feeling unloved and rejected.

But when families are strong and united, children can see God's special love in the love of their father and mother and can grow to make their country a loving and prayerful place. The child is God's best gift to the family and needs both mother and father because each one shows God's love in a special way. The family that prays together stays together, and if they stay together they will love one another as God has loved each one of them. And works of love are always works of peace.

So let us keep the joy of loving in our hearts and share this joy with all we meet. My prayer for all of the delegates, and for every woman whom the Beijing Conference is trying to help, is that each one may be humble and pure like Mary so as to live in love and peace with one another and make our families and our orld something beautiful for God.

Let us pray.

All for the glory of God and good of souls.

God bless you.

Mother Teresa, MC
syo03-thumbnail2.jpg
何のために働き、誰の為に生きていくのか、きちんと考えていきましょう。
一人一人の意識が今後の未来を作ります。
少子化と言われていますが、その対策をきちんと政府が行っているように見えません。
保育園の整備がその対策と思われていますが違います。
子供を産むための環境を作っていくことが必要です。すなわち家族の手助けをどのように引き出すかが必要だと思います。
考えていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2015/02/18 06:00
コメント:

管理者のみに表示