早寝早起き朝ごはん

燕山荘
早起きは三文の徳とも昔から言われているくらいに惰眠をむさぼることを良しとしない風習が我が国にはあります。
ちなみにこの写真は私が燕岳に上った際に宿泊しました燕山荘からみた旭日です。
素晴らしい景色に思わず立ち止まる事間違いなしです。
実際は氷点下の気温だったので止まると寒いのですが風がなかったので最高でした。
これが早起きの徳です。
お得感十分だと思いませんか?

さて、我が国には朝ごはんをしっかりと食べるという風趣もあります。
昔、朝と夕だけのご飯だったそうですね。その中で朝ごはんは大変重要なものでした。
重労働をおこなう人にしてみても力を出すために食べる朝ごはん、頭脳を使って働く人も朝ごはんをきちんと食べた方が頭の回転が速くなると言われています。
それをダイエットだからと言ってバナナだけだったりヨーグルトだけだったりと偏った影響を受け食べないという人がいるのが嘆かわしいと思いませんか?
筋子
やはり朝は御飯が最良と私は考えます。

さて、文部科学省も「早寝早起き朝ごはん」国民運動という運動を行っています。
日教組が反対しているからか民主党も反対しているのでしょうね?嘆かわしいことです。
早寝早起き朝ごはん」国民運動
●食育、家庭教育の支援強化
 10年前の平成17年に食育基本法が施行され、同法に基づき食育基本計画が策定されました。その中に、子供たちの朝ごはん等の生活習慣の重要性が盛り込まれました。
 心身ともに健やかに暮らしていくためには、運動、食事、休養・睡眠等、生活習慣の確立が重要です。特に、成長段階の子供たちでは、尚更です。規則正しい生活習慣を身に付けるためには、家庭の役割が大きいわけです。ところが、最近成長期の子供の当たり前で必要不可欠な基本的生活習慣の乱れが指摘されており、それが、学習意欲や体力、気力の低下の要因の一つであることが明らかになってきています。このような状況の中で、個々の家庭や子供の問題として見過ごすことなく、社会全体の問題として地域による、一丸となった取り組みが求められました。
 そこで、平成18年4月24日に、本運動に賛同する百を超える個人や団体(PTA、子ども会、青少年団体、スポーツ団体、文化関係団体、読書・食育推進団体、経済界等)など、幅広い関係者に御参加いただき、「早寝早起き朝ごはん」全国協議会が設立されました。http://www.hayanehayaoki.jp/
 その年の12月には、教育基本法が改正され、「家庭教育の支援」が初めて明記されました。そして、同法に基づく教育振興基本計画にも、家庭教育、食育、生活習慣の確立等の趣旨が盛り込まれました。

●運動の効果
 10年に渡る「早寝早起き朝ごはん」国民運動の結果、国民の意識が高まり、子供たちの朝食摂取については、朝食を全く食べない割合は減少してきています。朝食を食べないことがある小・中学生の割合は、小学校6年で13%(H20)→11.3%(H25)、中学校3年生で19%→15.6%とわずかに下がってきており、運動の一定の効果があるものと思われます。
 さらに、割合を下げるための、運動のより一層の取組み強化が求められています。

きちんと早起きして朝ごはんを食べ、早めに寝ましょう。
太陽と共に起きて沈むとともに寝る。
昔よりどこでも行われていたことです。
自然と共に生きそして死ぬ。当たり前の人生ですね。
そのための教育である道徳教育について文部科学省に意見を行いましょう。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000740&Mode=0
是非、宜しくお願い致します。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
教育 | コメント:(2) | 2015/02/21 06:00
コメント:
No title
貴殿はエラそうなことを言っていますけど貴殿自身はちゃんと「早寝早起き朝ごはん」を実践できているのですか?
Re: No title
う~ん
早寝は仕事の関係で出来ているとは言えませんが、
朝は6時には起きていますし、朝ごはんはしっかりと食べていますね。
まあ、もう育ちざかりではありませんので気にしないでもらいたいです(笑)

管理者のみに表示