上巳(桃の節句)

本日は日本の伝統的行事である季節の節目の節句に当たります。

我が国の節句は五つあり五節句とも呼ばれております。
そしてその季節ごと代表的な料理を頂きます。
人日(じんじつ) 1月7日 七草の節句 七草粥
上巳(じょうし) 3月3日 桃の節句・雛祭 菱餅や白酒など
端午(たんご) 5月5日 菖蒲の節句 菖蒲酒。関東では柏餅、関西ではちまき。菖蒲湯の習俗あり
七夕(しちせき) 7月7日 七夕(たなばた) 裁縫の上達を願い素麺
重陽(ちょうよう) 9月9日 菊の節句 菊を浮かべた酒など

その上巳節が桃の節句と呼ばれひな祭りが執り行われるようになったのは平安時代とも言われております。
ひな祭りは元々人形流しが起源と言われておりまして、無病息災を願う祓いの行事をしていました。陰陽師を呼んで天地の神に祈り、季節の食物を供え、また人形に自分の災厄を托して海や川に流すそうです。
又、紫式部の源氏物語や清少納言の枕草子などでは人形遊びをひいな遊びと言っていたらしくそれがひな祭りの語源となったといわれているらしいです。
江戸時代には今の雛祭りと同じ様なお祭りとなり江戸初期の寛永6年(1629)、京都御所で盛大なひな祭りが催されましたそうです。
雛あられ、菱餅、白酒

ひな祭りに食べる代表的なお菓子といえば菱餅に雛あられですね。あと、ちらしずしなんかもいただきます。
この菱餅は緑、白、紅の3色の餅を菱形に切って重ねたものを飾ります。色の意味にはいくつかの説があり、緑は「健康や長寿」、白は「清浄」、紅は「魔除け」を意味する説と、緑は「大地」、白は「雪」、紅は「桃」で「雪がとけて大地に草が芽生え、桃の花が咲く」という意味が込められているという説があります。緑餅は増血効果があると言われるよもぎを混ぜ、白餅には血圧を下げると言われるひしの実が入り、紅餅は解毒作用があると言われるクチナシで色をつけています。また、菱形は「心臓」を表していると言われ、災厄を除こうという気持ちや、親が娘の健康を願う気持ちが込められています。
雛あられは四色で四季を表しており、「一年中娘が幸せで過ごせるように」との思いが込められております。

甘酒もいただきますが本来は白酒です。もともとは桃の花を浮かべた桃花酒だったらしく桃は伊耶那岐が黄泉の国との境で桃を使い邪を払ったことから邪気を払う効果があると親しまれております。
その桃の花を浮かべた甘酒(白酒)を頂き、一年の幸せを祈るのです。

このような平和な歴史を紡いできた我が国の歴史、大切にしていきたいですね。
文科省「道徳の教科化」のパブコメは3月5日までです。
 教育のすべての根幹は道徳から。是非我が国の教育を良いものに変えていくために声を上げていきましょう。
学校教育法施行規則の一部を改正する省令案等に関するパブリックコメント(意見公募手続)の実施について
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2015/03/03 06:00
コメント:

管理者のみに表示