増え続ける外国人犯罪

1937443_333590870126294_1959657438874191417_n.jpg

昔より問題となっている外国人労働者の問題、その温床になっているのが外国人教育実習生制度と言われております。
外国人に対して技術指導を行うことをもっとうとして外国人を受け入れているのですが、入ってくる外国人にも送り出す外国企業にも受け入れる日本企業にも問題のある制度となっております。
本当は問題を起こしている企業は少ないのかもしれません。しかし、そのような企業があるということは基準が相当甘いといわざるえません。
このような記事が最近にぎわしています。
外国人技能実習生、最多4851人失踪 昨年 背景に厳しい労働環境
 日本で働きながら技術を学ぶ「外国人技能実習制度」をめぐり、受け入れ先から失踪した実習生が4千人を超え、過去最多となったことが6日、法務省への取材で分かった。平成26年までの10年間では約2万5千人が実習先に無断でいなくなっている。
 多くの実習生が最低賃金水準で稼働しているが、残業代の未払いなど労働関連法違反は後を絶たない。労働条件の厳しさが失踪増加の背景にあるとみられる。
 実習生は勝手に転職できず、国内にとどまっている失踪者の大半は不法就労・不法在留状態にある可能性が高い。法務省入国管理局の担当者は「深刻な問題と理解している」と話し、実態把握を急ぐ方針だ。
 同局入国在留課によると、受け入れ団体や実習先から報告のあった失踪者数は、26年に4851人に達し、前身の「外国人研修・技能実習制度」(5~21年)の時代を含めて最多となった。現行制度になった22年は1282人だったが、23年以降は増加傾向が続き、25年は3567人だった。
 公益財団法人「国際研修協力機構」(JITCO)がまとめた来日2年目以降の実習生の調査でも、25年度は前年比84・2%増の2822人が行方不明となっている。国籍別では中国が60・6%を占めている。
 政府は6日の閣議で、外国人技能実習制度をめぐる実習生への人権侵害防止に向けて、新たな監督機関「外国人技能実習機構」(仮称)を設置することを柱とした外国人技能実習適正実施法案を決定した。介護分野での外国人労働者受け入れを促すため、在留資格に「介護」を新設する入管難民法改正案も決めた。

記事では間違いがありまして、外国人実習生は労働者ではありません。どちらかというと学生の部類に入ります。
本来の目的は手に職をつけ自国に帰ってその職で暮らしていき、祖国に貢献する事を目的にしておりますので最低賃金や残業時間などは考えていないはずですが、この記事では普通の労働者として扱われていますね。
そして外国から来た実習生も本国でどこかの企業に就職していてその関連の仕事を覚えるために日本に来るはずなのですが、全くの無職で登録の会社に登録して日本に来ているようです。送り出す会社もそのように労働実態のない会社から送られてくるので問題が多発しているのでしょう。
この問題に対して政府は何を行うのでしょうか?

外国人実習生という名の労働者を受け入れている日本
このような悲劇?も起きています。
外国人実習生「あこがれの日本」で失踪 追い詰められ…
 働きながら技能を学ぶ外国人技能実習生が行方不明になるケースが増えている。警察への届け出は2014年、過去最多だった13年をさらに更新する勢い。農業実習生として熊本県に来た中国人女性の場合、別の場所で働いていて警察に摘発され、帰国を余儀なくされた。なぜ、女性は追い詰められたのか。
 緩やかな丘に畑が広がる地区に、養鶏場だった建物がある。熊本県合志市。一昨年の夏まで、中国人女性(当時24)が農業実習生として働いていた。
 関係者の話や法廷での証言などによると、女性は東北部にある遼寧省のトウモロコシ農家の出身。中学を中退後、弟の学費や家族の生活費を稼ぐためにレストランで働いた。だが、家計は苦しかった。そんなときに実習生の制度を知り、日本へのあこがれもあって興味を抱いた。
 「3年働けばもとが取れる」。現地の仲介業者にこう言われたという。保証金として5万元(約95万円)を借り、自己都合で3年以内に帰国した際には20万元(約380万円)の違約金を払う契約も結んだ。2012年8月、鶏の飼育などができる養鶏業の実習生の資格で来日した。
 ところが、現実は違った。作業は、「資格外」の卵のパック詰め。月の手取りは時間外労働を除けば約7万円。未明まで残業のときもあったが、日本語の勉強をしながら働いた。
 9カ月後、労働基準監督署の調査で資格外作業が発覚し、養鶏場で働けなくなった。実習生の受け入れの仲介などをする監理団体の寮でいったん過ごしたが、この団体も別の不正行為がきっかけで営業停止に。「稼ぎがないまま帰国すると借金や違約金が残る」と思い、昨年2月ごろに寮を出た。つてを頼って熊本県八代市内でホステスとして働いた。
 同6月、女性は同県警に出入国管理法違反(資格外労働)容疑で逮捕された。同9月、熊本地裁で罰金刑の判決を受け、退去強制命令が出た。さらに、収容されている間に帰国への不安から床に頭を打ち付けて自殺を図った。止めに入った入管職員にけがをさせたとして公務執行妨害などの容疑で逮捕され、福岡地裁で執行猶予付きの有罪判決を受け、昨年末に帰国した。
 「だまされた気がします」。女性は熊本地裁の公判で語った。同地裁判決は、技能実習生の受け入れや送り出しの体制について「問題があったことは否定できない」と指摘した。福岡地裁の公判では、女性が自ら日本語で記した上申書を提出。日本語で「日本が好きで来た。真面目に仕事したかった」と悔しさをにじませた。
 女性が中国側の仲介者に払ったとされる保証金や違約金は、実習生の入国許可などを規定する出入国管理法の関係省令で禁止されている。女性を受け入れた監理団体の関係者は、女性が中国で払ったとしていることについて「知らない。借金をしてまで来る理由がありますか」と朝日新聞の取材に対して話した。
 女性を支援してきた「コムスタカ 外国人と共に生きる会」(熊本市)の中島真一郎代表は指摘する。「女性は人身取引の被害者として保護されるべきだ」

■「雇用の調整弁にされている」
 法務省入国管理局によると、2013年に行方不明の報告が事業所から寄せられた技能実習生(旧制度の研修生を含む)は3567人で、前年から1560人増えた。全国の警察に失踪の届け出があった数も13年が2458人と最多(警察庁調べ)。14年上半期は1717人に上り、前年同期を上回る。中国人が過半数で、ベトナム人やネパール人などが続く。

まずは外国人実習生を仲介して日本に送り出している企業が腐っています。本来ならきちんと労働している人間を呼ばなければならないのにアルバイトを行っていたような本業とは全く関係ない人間を募集して送り出しているブローカー、これが一番の問題点でしょう。受け入れる企業もきちんと申請してその労働実習を行わなくてはならないのに一労働者として雇用しているのも問題であります。
実習生も本質を理解していないのが問題ですね。日本ほど教育されていないのでわからないかもしれませんが、本国に帰れないことを理由に法律を守らないのは問題です。
この教育実習生の問題はただ単なる労働問題だけではとどまらず、社会問題、治安の問題になっております。
この前、ヤギを勝手に食べた教育実習生がおりました。朝日新聞などは労働がきつい、言葉がわからないというストレスがいけないとか言っておりますが、本質は言葉もわからないような人間を受け入れて労働していたことにあります。
雇い主が悪いのであれば話は簡単ですが、最初に送り出す国のほうの問題から正していかないことにはどうしようもありません。
朝日に映える燕岳

教育実習の期間が3年から5年に延長されました。しかし、この実態と理想との乖離は埋まっておりません。
我が国の罰則を強化するとしている方針の様ですが、それだけではこの問題は解決しません。
まずはブローカ(仲介会社)の実態を暴き、制度をきちんと理解している企業以外に人を送り出すことをさせないとしなければなりません。
一時的に教育実習生が少なくなってもそれは送り出す方に問題があるだけであって受け入れる側に瑕疵はありません。
受け入れる側の労働力が不足しているというのであればフリーターなどを雇っていけないいのです。
むしろ政府はそちらで労働力不足解消を考えていった方がいいと思いますが、如何でしょうか?
日本で働きたい外国人はそれこそ山のようにいるようです。
しかし、政府はその外国人の中から日本のためになる人材を選別する権利があり、国民を守るための義務が存在します。不法滞在の外国人を増やす権利は存在しませんし、義理もありません。二階のような利権を持った人間はいるでしょうが、私人としての利益を考えることを止め、公人として対処していただかないと困ります。

入国管理官だけの仕事ではありません。国会できちんと審査できる法律を作り、犯罪を犯した人間たちを処罰していきましょう。そして、不正外国人実習生は被害者扱いせずに共犯者という事を忘れないでいただきたいものです。
日本で働きたいがためにお金を渡して日本に来ている、この一点だけで犯罪の片棒を担いているという自覚を持たなければならないと思います。
皆が実習を受け手に職をつけれるような制度を目指していきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2015/03/16 06:00
コメント:

管理者のみに表示