さくら大戦

11050095_664069817054294_1902030952957067952_n.jpg

新年度となりました。
今日より新入生が入ってくる学校や昨日卒業した人もいるでしょう。
何かとウキウキする新年ですね。
なので軽い話題です。

桜、早く咲く…ソウルは来月16日が満開
今春は桜が平年より1~3日ほど早く咲くだろうとの予報が出た。ソウルでは来月16日ごろ満開を迎える見通しだ。韓国気象庁はこのような内容の桜の開花予報を12日に発表した。昨年と比較すると全国的に6日ほど遅れる。昨年3月下旬から4月上旬の間にチンダルレやレンギョウ、桜など春の花が一斉に咲いた。
桜は今月24日に済州道西帰浦(チェジュド・ソギポ)を皮切りに、南部地方は今月28日から来月4日間までが見ごろだ。中部地方は来月3~12日と予想されている。続いて京畿(キョンギ)北部と江原(カンウォン)北部、江原(カンウォン)山間部は来月12日以降に開花すると気象庁は予想している。
主な群落地別開化予想日は▼昌原・鎮海(チャンウォン・チンへ)如意川 今月29日▼河東(ハドン)の双渓寺(サンゲサ)十里桜通り 来月1日▼慶州(キョンジュ)、普文(ポムン)観光団地 来月6日▼ソウル汝矣島(ヨイド)輪中路(ヨンジュンノ) 来月9日--だ。桜の特性上、開花から一週間後に満開を迎える点を勘案すると、桜の見ごろは西帰浦(ソギポ)が今月31日、南部地方は来月4~11日、中部地方は来月10~19日と予想される。
桜の開花時点は全国気象観測所にある観測標準木ソメイヨシノを基準とし、1本で3輪以上が完全に咲いた時をいう。気象庁の気象技術融合チーム関係者は「3月中旬、下旬の気温が平年とほぼ同じか少し高いと予想され、全般的に桜の開花時期は平年より早いと予想される」と話した。

韓国が起源を主張している染井吉野、この桜は接木して増えていく桜です。
種子で増えるものではなくクローンを培養して増えていきます。
そしてこの染井吉野は日本で生まれました。
さて、済州島での王桜はどのようにして増えていくのでしょうか?
見ものですね。
img_trivia07.jpg

日本では神代桜と呼ばれている桜が数多くあります。
日本武尊が東征の際に植えたさくらと言われていますので実に2000年も前の桜です。
もちろん江戸時代に作られた染井吉野ではありません。
他にも4本の桜があり、それすべて合わせて日本五大桜と呼ばれています。
石戸蒲ザクラ(埼玉県北本市)
三春の滝桜(福島県田村郡三春町)
山高神代桜(山梨県北杜市)
狩宿の下馬ザクラ(静岡県富士宮市)
根尾谷の淡墨桜(岐阜県本巣市)
日本五大桜は大正11年10月12日に天然記念物に指定されたからそのように呼ばれておりますが、他にも見事な桜は数多くあります。
見事に咲き、そして散る、輝いているときは一瞬ですが見事に咲き乱れる桜、これが日本人に好まれているのでしょう。
そしてその元で行われる宴、花見は国民の一大行事となっております。(多分)
お花見といえば酒が付き物です。花見酒はみなさん大好きです。普段は規律正しとも言われている日本人は酒が入ると止まらないとも言われております。お酒に寛容な文化を持っているのでしょう。
ちなみに花見はその昔は神事でした。花見の由来は、古来から祓(はら)いのための宗教的行事、元々は神事でお祭りだったのです。
お花見は平安時代より貴族が始め、今の京都の二条城のあたりに天皇が行幸(ぎょうこう)し桜見物を行ったそうです
。その後、貴族・武士の間で盛んになり、豊臣秀吉が行った「吉野の花見」は有名ですね。

そんなお花見ですが、醜態も付き物です。公の場でお昼からお酒を飲むことのできる機会というのはなかなかありません。そんな機会には羽目を外してしまうのでしょうね。
最近では支那からの観光客の醜態が増えているそうです。
花見の名所 「中国人のマナーに困っとるんですわ」と関係者
 百貨店やドラッグストア、家電量販店に中国人観光客が大挙して押し寄せた春節(中国の旧正月・2月18~24日)から1か月が経とうとしている。炊飯器から便座まで買い漁る“爆買い”が話題となったが、4月にはさらに大量の中国人観光客が日本に押し寄せる。お目当ては春の風物詩「桜」だ。
 平安遷都と同時期に創建され、1200年以上の歴史を誇る京都・平野神社。古くからの花見の名所には、現在も約50種400本の桜が植えられ、3月末から4月初めの見頃には大勢の花見客が訪れる。今年も華やかな季節が迫ってきたが、神社関係者の表情は険しい。
 「中国人観光客のマナーに困っとるんですわ。境内であろうがところ構わず座り込むし、桜の木を揺らして花びらを散らそうとする。ゴミはそこらへんに投げ捨てるし、お守りにもベタベタ触るだけ触って買わずに帰ってしまう。去年もすごかったけど、今年はさらに増えると聞いて、正直なところ心配しているんですわ。
 手水用の柄杓(ひしゃく)を乱暴に扱っていても、言葉が通じず注意もできない。『めいよー(没有=ダメ)』という単語だけは教えてもらって、禁止事項をやっていたらとにかくそういうてます。注意すれば聞いてはくれるが、困ったものです」
 境内には「ゴミは持ち帰る事」などと書かれた看板があり、中国語が併記されている。たこ焼き屋台と茶店を出す店主もこう嘆く。
 「屋台の横に席を作って、買った人がそこで食べられるようにしてあるんですが、中国人のお客さんは何も買わずに場所を占領してしまう。そこで自分の持ってきた弁当を広げて酒を飲み、大騒ぎするんです。
 屋台で買ってくれる人の中にも300円のたこ焼きに30円しか払わず、やり取りの途中から中国語でまくしたてて帰ろうとする人がいたりする。代金を人民元で払おうとした人もいました。こちらも中国語はわからへんし、客商売で警察沙汰にもしたくない。
 中国の雑誌に桜の名所として紹介されたらしく、去年よりも人出は多くなるというから、どうしたらいいのか」
 ※週刊ポスト2015年3月27日号

こんなことをしているから支那人お断りと言われるのです。
こんなことをしているから国民が歓迎していないのです。マスコミなんかは実被害を感じていませんし、自分たちも傍若無人なところがあるので注意しないのでしょうが、私たち普通の人間にとって自制できない人間は迷惑なだけです。
昔の日本人もお花見の際の醜態も話題になりましたが、少しずつ改善して今の状況を生んでいるのです。
日本人の改良、改善の精神は何もものづくりだけではないのです。
支那人が改善できることを望みます。なにもルールを守り郷に入れば郷に従い、文化伝統をきちんと守る人々であれば拒むことはありません。

そして韓国も成長しませんね。
サクラの起源は韓国です! 世界の認識は「日本の木」・・・正していく努力が必要だ=韓国報道
 桜の開花を迎えた韓国で、今年も桜の起源を唱える記事が報じられている。韓国の済州特別自治区道が発行するハンラ日報は9日、米国のワシントンに咲く桜は日本から送られたものだが、実は済州島が原産地だと伝えた。
 記事は、ワシントンのポトマック河畔の桜について、「韓国の研究者らによるDNA分析で、済州王桜の複製品であることが確認されている」と説明した。
 記事によると、ニュージャージー州バーゲン郡には昨年11月、韓国式の庭園が造園され、韓国の桜が植えられたのだが、これはポトマック河畔の名物となっている桜が、日本の木だと誤認されている事実を正すためだという。記事は最後に、桜の起源が韓国であることを世界に伝えるため、努力をしていく必要があると主張した。
 韓国メディアのNEWSISは、20日付の記事で桜の韓国起源に触れた。記事は、日本の春の人気観光地を紹介するものだが、桜について「日本の桜は自生種ではなく、済州島の“王桜”の子孫だというのが学会の定説だ」との説明をさらりと入れた。
 ソウル経済は、桜祭りに関する記事で「桜祭りに対するもっとも代表的な誤解は、日本の文化だというものだ」と伝えた。
 記事は、「日本に桜の自生地はなく、外部から流入したものだ。だが、長い歳月の間に交配を繰り返し、さまざまな品種が交じることで、原産地が日本なのか韓国なのかという区分は意味がない」などと桜について説明。桜祭りには日本のイメージが色濃いとしつつ、あくまでも桜の原産地は済州島だと強調した。(編集担当:新川悠)


もういいというところですか、起源捏造もいい加減にした方が良いでしょうね。
何時から桜が日本に入ってきたのかはわかりませんが、我が国民性にあった花が桜であっただけであり、その文化が伝わったというだけの事です。勝手に起源を捏造してこちらにすり寄ってくる姿勢はやめていただきたいものです。

相当昔の動画ですが、今でも通じるものですね。
成長しない国民性、付き合いたくなくなります。

まあ、頑張っていきましょうね(笑)
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2015/04/01 06:00
コメント:

管理者のみに表示