英霊を慰霊することは恥ずかしいことなのか!

先日、バンドン会議の折に安倍総理はインドネシアの独立戦争で亡くなった英雄たちを顕彰するカリバタ英雄墓地に献花されました。ここには多くの日本兵も眠っております。
ac00a2a6-s.jpg
ムルデカ=インドネシア独立運動
この戦いには日本人約2000名が参加しました。
インドネシア独立戦争に日本が協力したのです。
スカルノ大統領を開放し、インドネシアの軍隊の基礎を作り、オランダとの独立戦争を立派に戦ったのです。
インドネシアの教科書にはこのように記載されています。
Proklamasi

Kami bangsa Indonesia dengan ini menjatakan kemerdekaan Indonesia. Hal-hal jang mengenai pemindahan kekoeasaan d.l.l., diselenggarakan dengan tjara seksama dan dalam tempo jang sesingkat-singkatnja.

Djakarta, hari 17 boelan 8 tahoen 05
Atas nama bangsa Indonesia.
Soekarno/Hatta

日本語に直すとこのようになります。
独立宣言

我らインドネシア人民はここにインドネシアの独立を宣言する。
権力及びその他の委譲に関する事柄は、完全且つ出来るだけ迅速に行われる。

ジャカルタ、05年8月17日
インドネシア人民の名において
スカルノ/ハッタ

わかりやすいように西暦に直すと1945年8月17日
05年というのは日本紀元である皇紀2605年の事なのです。
日本の統治があって初めてインドネシアは独立できたとの意味だそうです。

そんな安倍総理ですが、今年の春季例大祭には参拝されませんでした。
日程の都合なのかわかりませんが「真榊」のみとの事、是非参拝していただきたものです。

しかし、そんな行動も特定亜細亜にとっては自分の言うとおりに動かないといってわがままを言います。
韓国、安倍首相の真榊奉納は「国際秩序を否定」と批判 ただし論評は出さず、配慮か
 安倍晋三首相が靖国神社での春季例大祭に合わせ「真榊」と呼ばれる供物を奉納したことについて、韓国外務省報道官は21日の定例記者会見で「国際秩序を否定する行為だ」と批判した。
 過去に安倍氏が真榊を奉納した際に「嘆かわしい」などと非難した報道官名の「論評」は出さず、日韓関係に一定の配慮を示した可能性がある。
 報道官は「A級戦犯を神と祭った神社に日本の政治指導者が敬意を示すことは、日本が国際社会に復帰した前提を否定する行為」とも指摘した。(共同)

本当に嘆かわしいですね、我が国には所謂「戦犯」と呼ばれる人々はおりません。
しかも、他国の文化を理解せずまま発言している報道官は何を考えているのでしょうか?
わがままにしか聞こえないことに気が付かないのでしょうか?我が国はあなた方の国のように言論弾圧されているわけではありませんし、できるわけありません。民主主義国家です。
我が国の考えは我が国の国民が決めます。
その証拠に多くの国会議員や閣僚が靖国神社へ参拝されました。
靖国神社 by 赤池
女性閣僚も参拝されたそうです。
3閣僚、首脳会談翌日に靖国参拝=日中関係、楽観と懸念交錯
 高市早苗総務相ら安倍政権の3閣僚は23日、春季例大祭に合わせて靖国神社を参拝した。前日のインドネシアでの日中首脳会談で、習近平国家主席が「歴史の直視」を求めた直後だけに、中国側は「断固反対」と早速批判。日本側は「主要閣僚ではなく、影響はない」(首相周辺)とみているが、日中関係改善の機運に水を差す可能性も否定できない。
 菅義偉官房長官は23日の記者会見で、「国のために戦って尊い命を犠牲にした方に尊崇の念を表すのは極めて自然なことだ」と述べ、3閣僚の参拝を容認。日中関係への影響についても「全くない」と言い切った。首脳会談成立を優先する首相官邸が高市氏らに22日の参拝を見送るよう求めたことが分かっているが、1日後の参拝は黙認した。
 首相周辺は「首相、副総理、外相、官房長官が参拝しないなら、外交的に影響はない。中国側も線引きして対応している」と指摘。また、別の政府関係者は「中国は日本にアジアインフラ投資銀行(AIIB)に入ってもらいたいのだろう」と述べ、歴史認識をめぐる中国の批判は抑制的との見方を示す。
 しかし、歴史問題での安倍政権への中国側の不信感が解消されたわけではない。安倍晋三首相は22日にアジア・アフリカ会議(バンドン会議)で行った演説で、大戦への反省を表明したものの、謝罪には言及しなかった。夏に発表する戦後70年談話でも、村山富市首相談話にあった「植民地支配と侵略」「おわび」の表現をそのまま使うことに否定的だ。
 こうした首相の姿勢に、閣僚の靖国参拝が加わり、野党側も厳しく批判。民主党の長妻昭代表代行は会見で「(戦時の召集令状の)赤紙を出した側がまつられているところに参拝する意味を考えたのか」と述べ、共産党の志位和夫委員長も「日本は侵略戦争を美化して恥じない国だと世界に発信したことになる」と懸念を示した。
 
山谷えりこ先生も稲田知美先生も参拝なされたようです。
多くの国民も参列しておりました。
これが普通の姿なのです。
国を守る為に戦った英霊の方々を慰霊する、これはどこの国でも行われていることであり、日本だけ行ってはいけないという法律も倫理もありません。
国があるのがその戦った方々がいらっしゃったからとの思いがあれば誰もが普通に考えることなのです。
参拝することが軍国主義というのはレッテルを貼りつけているマスコミの馬鹿理論です。
誰もが戦争は嫌いです、当たり前の事です。
そのような中、戦争を煽り称賛していたのは軍部ではなくマスコミであったという事を忘れないでいただきたいものです。
今のマスコミも異常なほど戦争を煽っています。戦争反対と言いつつスパイ活動の手助けを行っているマスコミ
彼らには常識も良識も存在しないのです。あるのは拝金主義だけであり、他人を見下すことだけなのです。

みなさん、お近くの護国神社へ是非参拝に訪れてください。
考えが改まると思います。
先祖の霊に対して手を合わせるがごとく参拝してみましょう。
認識が変わると思います。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2015/05/02 06:00
コメント:

管理者のみに表示