大阪都構想 反対派が多くなってきました。

今度の日曜日に行われる大阪市の住民投票
大阪府と大阪市の二重行政をなくすために大阪市を解体して大阪市を5個の特別区にする計画に対する賛否を伺う投票となっております。
大阪市と大阪府の二重行政なんて担当者同士が話し合ってなくしていけばいい事なだけなのですが、そのような解決策を取らずに解体するなんて馬鹿げているような気もしないでもありません。
昔テレビで報道されていた道路整備の二重行政はテレビの捏造でありました。
それと同じ様な事があるのでしょうか?あったとして普通に話し合いで解決できないものなのでしょうか?
よくわからないことが多いですね。

最近の世論調査はこのようになっております。
都構想反対47%、賛成39% 共同通信世論調査
 共同通信社が大阪市の有権者を対象に9、10両日実施した電話世論調査によると、大阪市を廃止し五つの特別区を新設する「大阪都構想」への反対は47・8%で、賛成の39・5%を8・3ポイント上回った。4月4、5両日の前回調査では反対が47・5%で賛成36・7%を10・8ポイント上回っていたが、差がやや縮まった。17日の投開票日まで1週間あり、情勢は変動する可能性もある。
 住民投票の実施が確実となってからの世論調査は今回が3回目で、3月14、15両日の第1回調査では賛成43・1%、反対41・2%と拮抗していた。

反対派の街頭演説も多くなってきております。
今のところ反対を訴えている人は一般の人と自民党、次世代の党そして共産党みたいですね。
自民党は安倍総理が賛成していると維新の会が話しているみたいですが、実際には特別区の設置に関して賛成しているだけであって大阪都を建設することには反対の様です。

というか大阪都ってなんなのでしょうか?
都というのは都(みやこ)という意味ですよね。都というのは陛下が大阪に都を作らないと存在できません。
しかし、大阪に都を建設するなんて話は全く聞きません。何を考えてこのような無意味な名前を付けているのでしょうか?
よくある言葉遊びで付けているのでしょうか?理解が出来ません。
この大阪都構想については多くの学者が危険性を示唆しております。
その中でも日本強靭化構想を進めている藤井教授は毎日危険性を指摘しておりますが大阪市長は耳を貸しません。
寧ろ、敵としてみているようでして大阪市長は困ったお子様だな~と見えてしまうのは私だけでしょうか?

二時間と大変長いどうがですが是非投票権をお持ちの方はご覧ください。
資料についてはこちらになります。
「大阪都構想」を考える
この藤井教授に対して大阪市長は言論弾圧まで行っており、テレビなどに取り上げないようにと通達を出してすらいます。
これははっきり言って権力者による異常な行為です。

これらの行為に対して自民党も立ち上がりました。
政権与党である自民党が街頭行進をおこない大阪市長の異常事態に対して反対を訴えたのです。
11209715_860562617371174_310921449415412407_n.jpg

自民党と共産党が共に反対している大阪市長の案、自民党と連携しているはずの公明党はどのように考えているのでしょうか?
公明党と大阪市長の関係は非常によくないといわれておりますが、沖縄で日本を崩壊させるために連立を組んでいる自民党を裏切り中共の犬であるオナガに投票したことは忘れてはいけません。
公明党は創価学会の利益を最大にするために存在している党です。
なにか裏取引をされれば簡単に裏切ることでしょう。

共産党が反対しているから賛成するというバカもいるようです。
自分で考えていきましょう。自分の判断に責任を持ちましょう。それこそ戦後体制がここまで続いた理由です。
無責任はやめましょう。政治に興味がないといって投票しないことは自らを貶めているという事を自覚しましょう。
大阪市の扇町公園で行われた反対集会には自民党、次世代の党、共産党、市民団体、労働組合、民主党が終結したそうです。堺市で反対を言って当選した市長も駆け付けたそうです。

維新の会は反対派は反対、反対を言うが対案がないとレッテルを貼りますが、そんなのは民主党だけで結構です。
二重行政は各担当者が協議すればいいだけです。二重行政を解消するために三重行政を敷いても仕方がありません。
何より、大阪をみやこにすることが出来ない制度、する気がない制度に賛成は出来ません。

このようなMADが人気を呼んでいるそうです。

実際になりかねないというのが正直なところです。
皆さんは如何でしょうか?私は反対ですが、賛成の方もいらっしゃると思います。
自分の選択に自信を持ちましょう。責任を持つことが必要です。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2015/05/12 06:00
コメント:

管理者のみに表示