安保法案に反対するも者ども

11659345_507779299374116_282893692931331151_n.jpg
安全保障法案の審議に対して反対の声を上げている勢力があります。
彼らは何を考え、何と戦っているのでしょうか?
私にはよくわかりません。
憲法9条が至高のものであるとか訳の分からないことを話して反対しているのでしょうが、その割に憲法2条の項目には賛成しておりませんよね。
何がやりたいのかはっきりとわかりません。

さて、捏造従軍慰安婦問題で信用を失っている朝日新聞がこのような記事を書いております。
安保法制、144議会「反対」 181議会「慎重」
 安全保障法制や集団的自衛権の行使容認をめぐり、全国で少なくとも331の地方議会が国会や政府への意見書を可決していることがわかった。「反対」の立場が144議会、「賛成」が6議会、「慎重」は181議会だった。
 開会中の通常国会に届いた意見書に加え、全国の議会が6月定例会などで可決した意見書を朝日新聞が集計。集団的自衛権の行使や法案そのものに批判的で、廃案や撤回などを訴える意見書を「反対」、逆に法案成立を訴えるものを「賛成」、慎重審議や国民の理解、十分な説明などを求める議会を「慎重」の立場とした。
 47都道府県議会では4県が可決。三重、鳥取、長野が慎重、岩手が反対だった。安倍晋三首相の地元の山口や長崎、秋田は自民・公明などが主導し、賛成の可決をする見通しだ。
 全国に1741ある市区町村では、143市町村が反対。愛知県扶桑町は安保法案の制定に「反対」、京都府宇治市は「撤回」などを訴えた。沖縄県南風原町は「『ひめゆり部隊』の悲劇を体験しているだけに『ふたたびあやまちを繰(くり)返させない』との決意を込め廃案を求める」と賛成多数で可決した。
 賛成は6市区。東京都町田市は「抑止力を高めることが必要」「平和安全法制の今国会での成立を図るよう強く求める」とし、自公が賛成。豊島区も成立を求めている。
 慎重は178市区町村。さいたま市は「慎重な取り扱い」を求める意見書を自民や公明、民主、共産など全会派の賛成で可決した。甲府市は「徹底審議」、愛知県犬山市は「国民的合意」を求めた。
 慎重の立場には幅があり、鳥取県の「慎重審議を求める意見書」は「切れ目のない対応を可能とする国内法制を整備しなければならない」と法案には理解を示す。自公が賛成、民主や共産が反対した。
 意見書を働きかける住民の請願や、意見書そのものを否決する動きもある。自民系と公明が多数の宮城県は民主系が出した撤回の意見書を否決。横浜市や福岡市も反対や慎重の意見書を否決した。
 地方自治法上、地方議会は意見書を国会または関係行政庁に提出できる。意見書に法的拘束力はない。

全国で1741議会あって 反対が143議会しか反対しておりません。
8%しか反対していないのです。反対派の声はものすごく小さいのです。
何故これを大多数のように報道しているのでしょうね?

このような記事もあります。
「戦争法案」強行採決許さない SEALDs KANSAI街宣に若者300人声上げ
 安倍政権が来週にも「戦争法案」の衆院強行採決を狙う中、関西地方の学生でつくる「SEALDs KANSAI」(自由と民主主義のための関西学生緊急行動)は10日、京都市下京区の「マルイ」前で街頭宣伝を実施し、「戦争法案に反対しよう」と呼びかけました。300人以上の学生や若者が集まり、「憲法違反の戦争法案を止めよう」と声を上げました。
 「憲法守れ」「NO WAR」などのプラカードを持った若者の中心で、BGMを流しながら学生がマイクを握りスピーチ。「私は人を殺したくない。誰も殺してほしくないから反対」(ニュージーランドに留学中の学生)、「在日コリアン4世で参政権がない。でも自分の住む国の政治に声を上げたい」(大阪芸術短大1回生)、「東日本大震災で被災者のためにがんばった自衛隊の姿にあこがれた。あの自衛隊員に死んでほしくない」(立命館大学4回生)など、自らの反対する理由を訴えました。
 宣伝には、「安保保障関連法案に反対する学者の会」から京都大学の山室信一教授、西牟田祐二教授らが参加し、それぞれ「安倍首相はポツダム宣言も読まず、これまでの政府の意見に反省もなく、『戦後レジームを脱却』と言う反知性主義。皆さんが知性を身につけたたかう姿に敬服する」(山室教授)、「日本国憲法を変えることなく無力にする『ナチスの手口』で、戦争しようとしている。若者たちと私たちの連帯は第一歩。民主主義を根付かすためにともにがんばろう」(西牟田教授)と訴えました。
 チラシを配っていた同志社大学2回生は、「戦争を絶対にしてはならないというのは、自民党の人も含めた共通の思いと信じていたのに、安倍さんの動きに驚いている。少しでも多くの人に声を上げてほしい」と話しました。

因みにSEALDsは共産党系の団体です。そして在日韓国・朝鮮人には参政権はありません。
あってはいけないのです。最低限我が国の国民でない限り参政権はないのです。それをあたかもないといけないように記事に書くこのような報道機関の精神がもはや終わっていると考えても良いのかもしれません。

それ以外にもこんなものもあります。
安保法案「反対」が95%超 大阪、2千人が市民投票
 国会審議中の安全保障関連法案に対する賛否を問う「市民投票」を大阪市の市民団体が実施し、開票結果が12日、発表された。投票総数2516票のうち、反対が2409票で95%超に上った。賛成は4%弱の92票で、残る15票は無効だった。
 投票は「平和と民主主義をともにつくる会・大阪」が主催し、12日に大阪市内で開いた集会で結果を報告した。安倍晋三首相や国会にも文書で届ける予定という。
 3日間の「期日前投票」のほか、4~11日の8日間、大阪市内に投票箱を設置して年齢や国籍を問わずに参加を呼び掛け、賛成の場合は「〇」、反対なら「×」を書いてもらう方式で実施した。

国籍を問うていない時点でもはや投票する意味がありません。
我が国の方針を決める法律なのですから国籍は最低限必要なのです。
この投票も共産党系の人間だけに聞いたとも限りませんね。
本当に意味のある投票をするのであればきちんと明記させる必要があります。

国民のほとんどは反対しておりません。寧ろ賛成もしておらずどちらが良いか決めかねているのではないでしょうか?
戦争には法案があってもなくても巻き込まれるものです。
それであればより国民を護れる法案の方がよいに決まっています。
その単純な事がわかっていないのでしょうか?
それとも中韓の意図を組まなければならない理由があるのでしょうか?
考えていきましょう。
そして安全保障法案を作っていきましょう。

説明が足りないと思うのなら情報はたくさんあります。
そこから取っていきましょう。
反対派の主張は何か?賛成派の主張は何か?
考えていきましょう。
それが国の方針を決める事なのです。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2015/07/17 06:00
コメント:
No title
 チャンネル桜では、安保法制について推進派と反対派が討論しています。
 珍しいと言うより貴重な反日サヨクの生の声を聞くチャンスです。
 反対派の論理が何とも稚拙で、現実を見ていないことが判ります。この番組を分からず屋の無自覚サヨクにもれなく見て欲しいものです。
 https://www.youtube.com/watch?v=-7HPA8da0go&list=PLubSbhcjV7IA-xqyqQDbmhO2COk3HMWa7

管理者のみに表示