戦争反対なので安全保障法制に賛成します。

先日、衆議院を通過した安全保障法制ですが、反対派の街頭行動が盛んに報道されております。
テレビなどが反対派の情報しか流さないという偏向報道を行っていることが最大の原因なのですが、
平日の昼間に国会前に集まれる働いている人間がどれだけいるのでしょうか?普通の人は日常的に仕事をしているのでこのような集まりには参加できません。仕事を休んでまで活動できる人たちにはある意味尊敬しますが、その仕事を投げ捨てているのであれば軽蔑ですね。
どうなっているかはわかりませんが、日教組なんかは授業を休んで参加しているみたいですね。
公務員の政治活動禁止の法律はどこに行ったのでしょうか?
教えてほしいところです。

さて安全保障法制ですが、賛成に人々も街頭行動を行っていますが、報道されないので実態が把握されていません。
警察なんかは道路許可証を出すので把握しているようですが、テレビなどの偏向報道局は無視を決め込んでいます。
<
 安全保障関連法案が衆院平和安全法制特別委員会で可決された15日、法案に賛成する立場の女性や学生ら20人がソラリアステージビル(福岡市中央区)前で、「戦争に反対だから、安保法案に賛成です」と街頭宣伝活動をした
 福岡県筑紫野市に住む動画サイトの人気投稿者「random yoko」(ランダムヨーコ)さん(29)が呼びかけた。参加者は「『戦争法案』と呼ぶ人もいるが、今の時代、1国では自国の平和を守れません。安保法制は軍拡を進める中国の暴走を止めるのに役立つ法律です」などと声をあげた。
 福岡市南区の主婦、本山恵さん(43)は「メディアは安保法案反対の声ばかり取り上げる。普通の人から賛成の声を上げるべきだと思って参加しました」と話した。
 途中、安保法案反対の立場とみられる通行人が参加者に唾を吐いたり、罵倒する一幕もあったが、街宣の参加者は「戦争反対。アジアに平和を」と呼び掛け、1時間にわたり通行人にビラを配った。


陰で妨害するなんて陰険ですね。
中核派のような暴力集団が反対活動を行うときには罵倒することが良くあります。
安全保障法制に反対する人々は共産党のように暴力を行ったり、創価学会のように嫌がらせを日常的に行っているのでしょうね。
中核派の言論の一部がここにあります。
「死ね!」「アホ!」-法政大活動家の訴訟で飛び交う怒号 中核派系支援者に順法精神なし 廊下でも罵声浴びせ…
<一部抜粋>
 「説明ないんかい、ぼけたれ」「あほんだら、くそぼけ。説明しろ」「ばかにしとるんやろ」

中核派というのはこんなもんです。因みに核マル派も似たようなものです。
先日、シールズとかいう団体の応援演説に駆け付けた枝野はシールズがこんな団たちであるとは知らないのでしょうか?
61ee4df6.jpg
シールズと称する学生団体は主宰者が不明だ。メディアに出た名前を検索すると、共産党系の学生団体の民青の活動家、共産党地方議員の子弟の名前が簡単にひっかかった。私は3人確認した。活動家たちは、最近は名前を出さないようになった。
シールズは、おそらく共産党の戦略として、かっこいい名前をつけて中立色を強め、18才への選挙権拡大をにらみ、この騒動をきっかけに若者を取り込もうという意図の、大衆運動なのだろう。シールズは米海軍特殊部隊の名前だ。何も知らないで集まった若者を、オルグ(組織に引き込む)するのかもしれない。
こんなの5分あれば怪しい集団と、ネット検索から分かる話だ。日本の新聞(毎日、東京、朝日、共同通信)・テレビ(TBS・JNN)は、こうした団体を「若者代表」という扱いで大きく取り上げていた。偏向報道だ。
さらに民主党は滑稽だ。枝野幸男幹事長は、この共産党の仮面団体(らしい)シールズの集会で演説していた。野党勢力の共闘の名目で、共産党の党勢拡大に協力している。きつい言葉を使えば「まぬけ」と評価できるだろうし、民主党で中道の立場の支持者は、こうした左傾化を怒っていい話だ。ちなみに枝野氏の支持母体の一つとされる極左暴力集団革マル派は、共産党と長い対立の歴史があるのだが、スポンサーの意向を彼は知らないのだろうか。

とある記事から抜粋しています。
反日勢力にとっては今の流れは大変良くありません。
それを引き戻そうとなりふりかまわずに活動しているようにしか見えませんね。

なんにせよ、衆議院を通過して良かったです。
参議院も無事通過して良い法案として成立してほしいところです。
法律が出来て終了ではありません。
法律が出来ることは新たなる始まりでしかありません。
これから日本を護るために戦いが始まると考えた方が良いでしょうね。
頑張っていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
国防 | コメント:(2) | トラックバック:(0) | 2015/07/23 06:00
コメント:
裁判での中核派の言論の一部
裁判での中核派の言論の一部で、忘れてはいけないのは、これですよw
「インチキ裁判官、呪い殺してやる。子供、孫の代まで恨んでやる」
「判決文がなぜないのか」
「中核派は(裁判所職員)お前らを労働者として認めないぞ」
Re: 裁判での中核派の言論の一部
まあ、中核派の言論は馬鹿らしいのでね(笑)

管理者のみに表示