慰安婦の真実を訴える

先日、杉田水脈さんが国連女子差別撤廃委員にて慰安婦の真実を訴えられたそうです。
これはなでしこアクションとテキサス親父事務所が共同して行ったそうです。
1601033_541538585944170_811281402_n.jpg

「慰安婦の真実」伝える 杉田水脈氏、国連へ テキサス親父や「なでしこアクション」と連携も
 国連女子差別撤廃委員の第63回プレ・セッションが、27日からジュネーブで開かれる。今回の検討対象国は日本で「慰安婦問題」が取り上げられる。「反日」組織の暗躍が指摘されるなか、舌鋒鋭い国会質問が「神質問」と評判となった、次世代の党の杉田水脈(みお)前衆院議員が現地に乗り込み、フランス語で真実を伝えるという。
 「日本と日本人の名誉のために、『慰安婦は強制されておらず、決して性奴隷ではない』と訴えてきます。全力を尽くします」
 杉田氏はこう意気込みを語った。現職時代、国会で慰安婦問題を何度も取り上げてきた女性政治家だ。国益を大きく損ねた「河野談話」を批判し、河野洋平元官房長官の証人喚問も求めてきた。今回はNGO(非政府組織)のメンバーとして発言する。
 同時期に、「テキサス親父」こと、米評論家のトニー・マラーノ氏や、主婦による正しい歴史を次世代につなぐネットワーク「なでしこアクション」の山本優美子代表らもジュネーブ入りしており、連携する予定だ。
 「反日」組織の執拗(しつよう)な宣伝工作によって、国際社会では「慰安婦=性奴隷」という事実無根の話が広まっている。海外では、日本人の子供たちがイジメに遭うという事態も発生している。
 杉田氏は「米政府に近い知日派にも、慰安婦の嘘を信じ込んでいる人がいる。数年前、『日本が謝罪しないから、韓国が怒るのだ』といわれて、ショックを受けた。このとき、『先祖と子供たちのためにも、何とかしなければ』と決意し、この問題に取り組んできました」という。
 プレ・セッションで、杉田氏に与えられた発言時間は数分間だが、出席者らにどう伝えるつもりなのか。
 「慰安婦問題のキーワードは『20万人』と『強制連行』『性奴隷』です。私はこのうち『強制連行』に焦点を当てて、それを裏付ける資料が存在しないこと、朝日新聞が吉田清治氏の『200人の若い朝鮮人女性を狩り出した』という証言を虚偽と認め、記事を取り消したことを訴えるつもりです。日本の慰安婦問題はホロコーストのように扱われていますが、『強制性』がなければ、他国も戦時に設置した慰安所と変わりません」
 プレ・セッション後には、地元で開かれるシンポジウムにも参加する。杉田氏はこちらは英語で「慰安婦の真実」を伝えるという。 (ジャーナリスト・安積明子)

この講演について、本人はこのように話しております。
国連・女子差別撤廃委員会のプレセッションでのスピーチ、無事終了。
国連・女子差別撤廃委員会のプレセッションでのスピーチが無事終了しました。
動画、写真などの撮影は一切禁止。報道機関の記者も入ることができません。
参加しているNGOは日本のみ。日弁連、日本女性差別撤廃条約NGOといった団体です。私達以外の団体は、常連のようで、配分時間は各団体5〜6分と長め。私となでしこアクションの山本さんはそれぞれ2分ずつ。事前に全部の団体を平等にしてほしいとお願いしたそうですが、なぜか認められなかったそうです。新入りなので仕方ないですね。
短い時間だったので、「慰安婦の強制連行はなかった」ということに的を絞ってスピーチしました。フランス語、なんとかなりました。
後で、委員の方から「日本の慰安婦問題については、強制連行され、性奴隷にされたということは、しっているが、それは事実ではないという意見を初めて聞いた。本当なのか?」「あなた方は政府の意向を受けて来ているのか?」という質問を受けました。これについては、テキサス親父こと、トニー・マラーノさんが的確に答えてくださいました。
詳細はまた、帰国後、水脈チャンネルなどでご報告したいと思いますが、「慰安婦問題に2つの見方があると初めて知った。」という委員の感想を聞いて、「来て良かった」と感じました。
私達の真実が広がるにはまだまだ時間がかかるかもしれませんが、今までは一方的な考え方しか世界に流布されていなかったことを考えると今回の行動は大きな一歩であると思います。
明日は英語のスピーチが二本。まだまだ気が抜けません。頑張ります!
夕刊フジの記事がインターネットにも出てました。読んでいただいた方、ありがとうございます。

反日勢力による捏造ばかりが世界に広がっております。その捏造を行った朝日新聞はいまだこの捏造慰安婦問題について口を閉ざしたままです。読者に謝っただけであり日本国民に対して謝っておらず未だ慰安婦像なる捏造の象徴が各地にあります。

この捏造を如何に打開し、真実を伝えていくかが問題です。
アメリカにおける捏造発言を繰り返し行っていた、韓国派議員であるマイク・ホンダ氏は賄賂の件で告発されることになったそうです。賄賂をもらい便宜を図っていたとの事です。
彼がいなくなっても私たちは安心できません。日本を貶めたい人間は日本国内にも数多くいます。
まず、日本国内から反日分子を無くさないといけません。

教育機関である国立大学の准教授が共産党とつるんで生徒を悪の道に引き込んだ事件が発生しました。
国立大授業で「安倍は辞めろ!」とデモ練習 大学側「看過できない」と准教授の授業停止
「本学の学生であることをもって学内外において誹謗中傷を受けるなどの不利益を被ることが無いよう徹底して学生を護るとともに、大学教員が行った教育活動の適正さについて関係法令や本学規則に照らした事実調査等を早急に実施し厳正に対処してまいります」
この大学側の姿勢はある意味正しいです。生徒の就職に多大なる影響を与えることでしょう。
共産党と組する人間を受け入れる普通の会社はありません。過去に行っている共産党の悪行を見ていればわかるはずです。
民主党なんてかわいいものです。口先だけしか使いません。
共産党は過去に人殺しを行ったこともあると聞きますし、創価学会のように嫌がらせを行う事もあります。
そのような組織に大学が関与しているとわかれば、この大学は社会的地位を失う事でしょう。
それが社会の常識です。

また話がそれましたが、日本は日本の主張をしていきましょう。
慰安婦はおりましたが、従軍慰安婦はいませんでした。強制連行もありませんでした。すべて民間人で募集してきた人たちです。
中には売られてきた人もいたことでしょう。しかし、当時はそのような行為は合法でありました。
凶作の年には子供が売られて都市に出てくるなんてこともありました。
当時はそのような状況だったのです。
捏造したのは朝日新聞であり、それを使用しているのはNHKを含む反日報道局であり、民主党や共産党のような反日政党なのです。
しっかりと否定していきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2015/07/31 06:00
コメント:

管理者のみに表示