永遠のゼロ

10406417_714798488601819_3906247895243726895_n.jpg
去年の大ヒット映画である永遠のゼロ、最初は小説として大ヒットしました。
そして映画、ドラマ化として大いに話題を振りまいた物語となりました。
今度は漫画化が行われるとの話があるとかないとか(笑)
国民的大ヒットの物語ですね。

さて、その物語の映画がテレビで本篇ノーカットとして放送されました。
映画館の臨場感はないかもしれませんが、大いに楽しみにしていた人もいたと思います。
しかし、残念だったという声もあるそうですね。
なんでもサザンオールスターの歌が削られていて残念だったという話の様です。
私は映画館で映画を見ましたし、小説も事前に読んでいました。
サザンの歌が良かったという感想はなく、映画の迫力にただ感動していただけです。
そんなに歌の印象でしたが、こんな声もあるようです。
映画『永遠の0』のテレビ放送“本編ノーカット”に賛否。「エンディングの『蛍』あってこそ」
映画『永遠の0』が地上波で初放送され多くの反響を呼んでいる。ネットでは、本作を初めて観た人から感動とともに「ノーカットで放送してくれてありがとう」と感謝の言葉も見受けられるが、劇場で観た人からは「ノーカットじゃなかったの? めっちゃカットされてますけど」などの不満も出ている。
2013年12月21日より劇場公開された映画『永遠の0』が、約1年半の時を経て7月31日、『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)で地上波初放送された。
“本編ノーカット”と謳われ放送時間も繰り上げる特別編成だけに、作品を満喫した視聴者からはツイッターで「ノーカットで放送してくれてありがとう」と感動がつぶやかれた。ただ、一部から「本当にノーカットかな? なんか少しでも削ってる気がしなくもない…」「バリバリカットしてんじゃんか」といった指摘も出ている。
なかでも多いのが「エンディングのサザンオールスターズの蛍がカットされていたのが凄く残念だった」「エンディングの蛍あっての永遠の0じゃないの?」というもので、エンドロールとともに流れるサザンオールスターズによる主題歌『蛍』が聞かれなかったことへの不満が噴出したようだ。
番組としてはそれも含めて“本編ノーカット”と告知したのだろうが、予告でも主演の岡田准一の姿にそのメロディーがかぶさって胸を打つほど、『蛍』は本作にとって大きな存在だ。劇場での体験を「最後のヅン!で“永遠の0”と出たあとの音楽とエンドロール。ズルイよと思う絶妙な間がなんとも良くて、エンドロールが短く感じた」と思い出し「やはり映画は映画館で観よう」と再認識する人もいた。
また、エンディング以外でもカットされているシーンがあるという指摘も少なくない。しかし、なかにはテレビドラマ版との記憶と混乱しているケースも出ており、実際にカットされていたとしても短いシーンと思われる。やはり、エンドロールの『蛍』が流れなかったことへの不満の方が大きい。
ちなみに、今回のテレビ放送を観て、主人公・宮部久蔵役の岡田准一やその孫にあたる佐伯健太郎役の三浦春馬はもちろんだが、特攻の際に宮部に命を救われた大石を演じた染谷将太にも注目が集まっている。本作を劇場で4回観たという人でも改めて感動したというから、観るたびに新たな発見があるらしい。
『金曜ロードSHOW!』では8月14日にアニメ映画『火垂るの墓』を放送する予定だ。映画『永遠の0』も同じようにこれから何度も放送される作品となるだろう。その時は、エンドロールも流れることを期待する。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

エンディングロールもあまり覚えていませんね余韻い浸っていたというところです。
いろいろな意見もあるとは思います。
私は映画で一点だけ不満に思っていることがあります。
それは小説とテレビではあるのに映画でなかった朝日新聞など原罪についてです。
朝日新聞などが日本を戦争へ駆り立てたという事をご存知でしょうか?
借金までして行った日露戦争、戦争に勝利したにも関わらず、何も得ることが出来ませんでした。
一度占領した遼東半島も三国干渉により破棄を迫られ、大変な目にあった我が国は戦争なんて行いたくありませんでした。
しかし、新聞社が行った世論操作によって国民を戦争に駆り立てたのです。
そのことが映画になかったのが悔しいと共に残念です。

朝日新聞やNHKを筆頭とする反日組織の原罪は戦争前から続いているのです。
そのことを認識していただきたいものです。

考えていきましょう。
そして糺していきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
国防 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2015/08/05 06:00
コメント:
No title
 朝日新聞の原罪は戦前から続いている・・・との論には違和感があります。
 戦前のマスコミが日本人を煽動したと言うのは、今の価値観に立っています。
 当時の日本が置かれた立場で、反政府、反戦の考えが少数派だった事もあり、全体として戦意高揚の色合いが強かったことが、原罪だと決めつけるのは行き過ぎではないか・・・と思います。
 むしろ敗戦後、あっという間に掌返し、それまでの敵国に阿るばかりか、自主的に敵の手先になって日本人を欺し始めた節操の無さが情けない。
 しかしそれもGHQという民主主義の皮を被って圧政を敷いた新しい権力者の罪ではあった。
 どうしても許せないのは、GHQに阿ることで得たほぼ無限の“報道と隠蔽”の自由を、発行部数の多さだけで信用してしまう読者の上に、現在まで何の自浄作用もなく、更に拡大し行使していることではないか?
 いまやマスコミは政府批判を超え日本国否定、敵性国賛美が社是になってしまっているようだ。

管理者のみに表示