どうしようもない野党の党首

11844248_10206831608129702_1365002442_n.jpg
最近、安倍政権を倒せという指令が中共や韓国からきているのかわかりませんが、駄目駄目な野党がさらに駄目な存在になりつつあります。

国会では安全保障法制による国民の保護を目的に審議しないといけないという与党議員に対して、法的安定性の方が重要とか言って審議の邪魔をしたり、国会外では共産党や民青が作り上げたシールズとかいう組織の出陣式を執り行ったりと日本を護ることを党是としない野党たちの暴走が続いております。
この状態を報道機関が正確に報道してくれればよいのですが、そうは行きませんね。
先日、国会を包囲した安全保障法制反対の街頭行動は主催者発表5万人、テレビなどの報道機関発表3千人、中共の発表3百人と大きく異なります。警察発表とほぼ同等である中共の発表が正しいのでしょうが、報道機関が捏造を繰り返しているこの現状をどうにかしなければいけないと思います。
・シールズの構成メンバー
 ネットでは日共の別働隊 マスコミは一般学生
・シールズの動員力
 ネットでは数百人規模 マスコミは何千人から何万人
・シールズの名称
 ネットでは自由と民主主義は口だけ マスコミは自由と正義を旗印
・シールズ気質
 ネットでは暴言と犯罪一歩手前の言動 マスコミは純粋で非墨力の若者
・シールズの高校生
 ネットではせいぜい数十人 マスコミは何千人
・シールズへの在日の参加
 ネットでは大規模 マスコミは全く触れず
・シールズへの反応
 ネットは冷ややか マスコミは躍起になって擁護

このように報道機関と現実があっておりません。
よっぽど一般人が今回の安全保障法制に反対していないのか?中韓が今回の法制を脅威に思っているのでしょうね。

因みに、安全保障法制に対する賛成の活動も頻繁に行われておりますが、報道しない自由を報道機関が行使するので報道されることがありません。
賛否両論ある報道では両論併記もしくは同じだけ報道しなければならないという放送法違反を繰り返す放送機関にも困ったものです。

さて、駄目駄目な野党ですが、その党首がまたこれ終わっています。
先日、この民主党の党首は韓国に逝ったそうです。もう帰ってこなくても良いのですが、あきれた理論を繰り返しています。
慰安婦問題 「日本の政治家として恥ずかしい」=岡田代表
【ソウル聯合ニュース】来韓中の岡田克也・民主党代表は3日、ソウル市内のホテルで記者会見し、旧日本軍の慰安婦問題について、「彼女たちの苦しみを思うと誠に申し訳ないし、日本の政治家として恥ずかしいと思う」と述べた。その上で、「お互いが歩み寄ることでより良い解決が図られることを望んでいる」との考えを示した。
 岡田氏は同日午前に行った朴槿恵(パク・クネ)大統領との会談で、朴大統領が慰安婦問題について、「両国で外交的な努力を行っている」として、「良い方向で解決されれば韓日の安定的な関係に寄与することになる」と発言したと伝えた。
 また、両国の首脳会談に関し、朴大統領が「条件付けをしたということはなかった。一つずつ課題を乗り越えていく中で早期に開催ができれば」と述べたという。
 安倍談話については、「村山談話、河野談話、菅談談話を挙げ、70年談話はこれらの認識を踏まえたものとなれば両国関係が未来に向けていくことになる」との趣旨の発言があったと伝えた。
 日本国民へのメッセージの要請に対し、朴大統領は「戦後70周年、国交正常化50周年の本年を(両国関係の)前進元年にしたい」と述べたという。

私は日本国民としてあなたのような人間が国会議員をやっていて、且つ最大野党の党首であることが恥ずかしいです。
ありもしないことをあるように言って金をせびるというのは詐欺師のすることです。
はっきり言って何故政治家をすることが出来るのかが疑問ですね。
飽きれた野党の党首です。

さて、その野党の党首ですが味方と思っている人たちにも軽蔑されています。
支持率急落の安倍首相「中断のない右傾化」予告
一部抜粋します。
安倍首相は日本メディアを通じて「支持率が低いからやめるというのは本末転倒」と述べ、強行の意思を明らかにした。安倍首相の自信は党内外にライバルがいないところから出てくる。自民党は「安倍天下」だ。9月の総裁選挙で反安倍の旗幟を掲げて挑戦するほどの敵はいない。たとえ安倍首相の支持率が30%を割っても「打倒安倍」を叫んで出てくる挑戦者がいないということだ。
民主党は支離滅裂状態であり、自民党の相手にならない。このため2018年までは安倍政権が続くという見方が多い。日本憲法学者中心の専門家らが安保法制に強く反対しているが、比較的政治に無関心な一般人は政治の安定を望む性向が強く、ある程度は安倍首相を容認する可能性が高いと、李教授は話した。

安倍総理の支持率が落ちているとの話ですが、それ以上に野党の支持率が下がっております。
そして一番の理由が国会で正常な審議が行われない事でありその理由が民主党などの野党の駄目さ加減なのです。
あきれて物が言えません。

この状態を基に戻して実りある審議を行わない限り支持率が上がることはないかもしれません。
国会議員の質を上げていきましょう。
寧ろ、上げていかないといけないと思います。
考えましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2015/08/08 06:00
コメント:

管理者のみに表示