沖縄知事の無視する地元の民意

12046971_416770075184830_258865207917599996_n.jpg

先日、沖縄知事が嘘偽りをもって行った国連での演説について地元住民は怒りに燃えております。
「事実をねじ曲げ主張」辺野古移設賛成派、翁長氏を批判 「地元マスコミも反対派主張を、県民全員の意思に見せかけているが虚構だ」
 国連人権理事会で沖縄県の翁長(おなが)雄志(たけし)知事に反論する演説を行った同県名護市の我那(がなは)覇真子(まさこ)氏が25日、日本記者クラブで記者会見し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設に賛意を示した上で、「翁長氏は、政府によって県民が人権侵害を受けていると事実をねじ曲げて主張している」と訴えた。
 我那覇氏は「地元マスコミも反対派の主張だけを流し、県民全員の意思に見せかけているが、虚構だ」とも指摘。同席した同県石垣市の砥(と)板(いた)芳行市議は「翁長氏はなぜ、中国による尖閣諸島(同市)周辺での領海侵犯を(演説で)訴えなかったのか」と批判した。
 翁長氏は21日、スイス・ジュネーブでの人権理事会で辺野古移設に関して「沖縄の人々の自己決定権や人権がないがしろにされている」と訴え、我那覇氏は翌22日の人権理事会でこれを否定する演説を行った。

沖縄知事は事実を捻じ曲げて訴えているそうです。差別を作り出して美辞麗句で平等を訴える姿勢はさも人権派弁護士と同じ手法の様ですね。

さて、沖縄のメディアである琉球新報や沖縄タイムズは一方的な報道しかしておりませんが、このように分析している報道もあります。
【伝えたい本当の沖縄】辺野古住民の大半は賛成する移設と翁長、稲嶺両氏のダブルスタンダード
 「あらゆる手法を駆使して、辺野古に新基地を作らせないという公約の実現に向け、全力で取り組む」
 沖縄県の翁長雄志知事は14日、県庁で記者会見し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設について、公有水面埋立法に基づく辺野古の埋め立て承認を取り消す方針を表明した。
 日米両国の移設合意から19年。国と県の法廷闘争も想定されるなか、普天間周辺の危険性は継続されるうえ、沖縄を含む、日本やアジア太平洋地域の抑止力も危うくなりかねない。
 沖縄メディアは、翁長氏や移設反対派の声ばかりを伝えているが、辺野古の住人たちの本音はどうなのか。
 辺野古在住の漁師に聞くと、「取り消しなんて、とんでもない。1日も早く移設を完了してほしい。地元の人は条件付きで、99%が賛成。反対派の人々が言うように自然を残すことも大事だが、私たちは『次の世代に雇用や産業の保証を残したい』と考えている」と語る。
 そこに家庭があり、土地に根ざして生活している住民の言葉は現実的で重みがある。
 漁師はさらに、「関西空港の埋め立てでは『魚や海草が繁殖しやすくなった』という話も聞いている。自然破壊などのデメリットばかりが報じられているが、メリットもある。大体、この漁港は老朽化しており、早期の整備が不可欠。港の入り口は堆積物がたまり、水深は1メートルもない。満潮になるのを待って、船を出している。これでは仕事にならない。早く計画を立ててほしい」と訴える。
 漁港には耐久年数があるのだが、名護市ではあまり問題視されておらず、稲嶺進市長は「基地に頼らない経済振興」を訴えている。
 稲嶺氏は、翁長氏とともに「基地反対」の最前線にいるが、何と、名護市は、米軍による軍用地返還の申し出に対し、「跡地利用が困難だ」として先送りを要請しているのだ。このことは名護市民もよく知っており、稲嶺市政のダブルスタンダード(二重基準)に疑問を感じている。
 翁長氏の二重基準も指摘されている。辺野古移設には徹底的に反対しているが、米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添市への移転問題(=新基地建設)では、那覇市長時代から推進する立場を取っているのだ。
 鳩山由紀夫元首相の「最低でも県外」という無責任な発言から始まった、沖縄の混乱。翁長氏も稲嶺氏も「民意」という言葉を盾にして「基地反対」を訴えているが、本当に住民の安全や生活を考えているのか。実は、最も現場の近くにいる住民をカヤの外に置いているのではないか。疑問を感じざるを得ない。


どうも地元の人々は反対ばかりではないようですね。
少なくとも普天間基地の危険性は以前より指摘されておりました。
しかも小学校が近くにあるという事で子供への危険性を訴え早期移設を行っていた自民党に対し、基地反対派はその小学校をだしにして反対活動を行っていたので小学校の移設反対を訴え、移設計画がおじゃんに終わったことも記憶しておきましょう。
様は反対のために活動しているだけという事です。
辺野古の住民も基地反対派の人間に対して怒りの言葉を述べております。
因みに基地反対派の人間は地元住民ではなく韓国人も交じっていることが判明しておりますね。
外国人の政治活動は禁止されております。警察はそのことを認識して排除を行わないといけない立場にありますが、なかなか動かないのが沖縄の警察の様です。
沖縄知事が無視する地元民意 移設容認の辺野古区
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設作業が進む米軍キャンプ・シュワブ(名護市)に隣接する辺野古区は条件付きで辺野古移設を容認している。同県の翁長雄志知事は国連人権理事会で「日本政府は民意を一顧だにしない」と述べたが、辺野古区の住民は「知事は区の民意を無視している」と反発する。
 テントに違法駐車、道路に寝転がっての妨害…。シュワブのゲート前では移設反対派による無法状態が続く。道路をふさぎ、辺野古区民は通学、通勤や買い物に支障を来すこともある。
 ゲート前には連日、100人前後の反対派が集まるが、常に参加する辺野古区民は2人だけという。名護市議で辺野古区在住の宮城安秀さん(60)は「約1500人の区民の7、8割は条件付きで移設を容認している」と話す。辺野古商工社交業組合理事の飯田昭弘さん(67)は「政府は辺野古で日本一の街づくりを進めると約束した」と振り返る。2本の滑走路をV字に建設する現行移設計画が決まった平成18年頃のことだ。
 名護市は20~22年度に市道整備などで辺野古・豊原・久志の3区(久辺3区)に約2億3000万円の米軍再編交付金を充てた。3区の行事などに使う約6億円の基金も交付金で積んだ。
 ところが、22年の市長選で移設容認の現職を破って稲嶺進氏が市長に就任すると交付金は止まった。移設が実現すれば久辺3区が最も影響を受けるが、移設に反対する翁長、稲嶺両氏とも3区の住民の声に耳を傾けようとしない。
 今年5月に設けられた政府との懇談会は3区の住民が声をあげられる唯一の場だ。隣人としてシュワブの米兵と接することに「違和感はまったくない」と語る飯田さんはこう明言する。
 「中国の軍事的脅威に備える国防の観点から辺野古移設は不可欠だ」
 ただ、政府・自民党に不満もある。「辺野古移設の抑止力上の意義について、ひざ詰めで県民に理解を求める努力が足りない」

地元の人と米軍の人は砂浜の清掃活動や地元の祭りなどで大変仲が良いと聞きます。
その絆はフェンス清掃活動や普段の反対派への抗議行動などに見て取れますね。
先日は、地元の若者が不法占拠している反対派の塵(テントや横断幕)の撤去に乗り出したそうです。
清掃活動をしている身ではそのような塵が無責任にあることが許せなかったのでしょう。
地元の若者が動いたことでようやく警察も撤去に乗り出したようです。

さて、沖縄の民意はどのようなものなのでしょうか?
沖縄県より現地に赴いた我那覇 雅子さんはこのような反論を知事へと行っております。
There Actually Is No Such Thing as a Ryukyu Minority That is Being Discriminated Against:
Demagoguery and Propaganda Must Not Continue to Thrive in International Society in the 21st Century
Masako Ganaha
Yesterday, you heard that the people of Okinawa Prefecture, which is actually an integral part of Japan, are a discriminated minority, oppressed by the Japanese government and U.S. military.
Nothing could be further from the truth!
I was born and raised in Okinawa. As a part of Japan, we enjoy the highest standards of human rights, quality of education, welfare, health, and living. And China, a threat to the security of the region and to Japan, as well as human rights in general, is promoting an independence movement in Okinawa by having elected officials and their supporters say we are an indigenous minority. We are not.
Please do not believe the propaganda.
I brought with me a message from a member of the Ishigaki City Council, Mr. TOITA Yoshiyuki, who writes, “Our current governor is irresponsibly ignoring the role the U.S. bases play in the security of Japan and the Asia-Pacific Region. He is misrepresenting the situation. It is important that he and everyone at the UN recognize the serious challenges in the East China and South China Seas presented by China.”
Thank you.
【機械翻訳】
実際に無いような琉球少数ことが差別反対の中。
扇動と宣伝が 21 世紀の国際社会の繁栄のため続行できませんする必要があります。
雅子我那覇
昨日、聞いたことが、実際に日本の不可欠な部分は、沖縄県の人々 は日本政府と米軍によって抑圧差別少数派。
何が真実から遠いこと!
私は、沖縄で生まれ育った。日本の一部、としては、最高水準の人権、教育、福祉、健康、生活の質をお楽しみください。中国地域のセキュリティおよび人権と同様に日本の脅威一般を持つ選ばれた役員によって沖縄独立運動の推進し、彼らの支持者は、先住民族の少数派は、我々 と言います。我々 はありません。
宣伝を信じないでください。
連れては私と一緒に氏戸井田義行書いて、"私たちの現在の知事は、日本およびアジア太平洋地域のセキュリティにおける米軍基地の役割を無視して無責任、石垣市議のメンバーからメッセージ。彼は状況を偽ってです。だ彼と国連では誰もが東シナ海・南シナ海中国が提示の深刻な課題を認識することが重要」
ありがとう。


さて、国連での演説も失敗に終わった知事の次の手は何で来るのでしょうか?
考えていきたいですね。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
国防 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2015/09/29 06:00
コメント:

管理者のみに表示