沖縄の海を護ろう

c84cfc4ffc833f1ac60e82c8b80c0152.jpg
先日、沖縄県知事が沖縄の珊瑚について調査を行いました。
なんでも基地の建設で珊瑚が傷ついていないことが残念という非常に非常識な見解を出してきました。
翁長知事「サンゴ損傷確認できず」…辺野古沿岸
 沖縄県の翁長知事は17日の記者会見で、8~9月に辺野古沿岸部で行ったサンゴ礁の損傷などを確認するための潜水調査結果について、「岩礁破砕がなされたかは、残念ながら判断できなかった」と明らかにした。
 県は当初、岩礁破砕を許可した範囲外で損傷を確認した場合、移設作業の前提となる許可を取り消すことを示唆していた。
 県によると、調査は8月31日~9月11日に実施。沖縄防衛局が設けたコンクリート製ブロック(アンカー)の周辺など計104か所でダイバーが潜水。県は、立ち入り禁止水域での調査に必要な米軍からの許可に約半年を要したため、その間に海底面の状況が変化し、岩礁破砕の証拠を確認できなかったとしている。

皆さんは如何思いましたか?沖縄県知事は沖縄の宝、日本の宝である沖縄の珊瑚が破壊されていないので残念というコメントを出してきました。許せますか?珊瑚が破壊されていれば基地の建設を認めないとしたかったのでしょうが破壊されていないので基地工事の承認を取り消せないのが残念という事でしょうね。
しかし、珊瑚の破壊を願う知事と言うのは県民の理解を超えています。
いい加減にしていただきたいものです。
沖縄県知事は沖縄の珊瑚が減少している原因として中共による乱獲、破壊行為などに対して声明を出して行かないといけない身分です。
しかし、味方である我が国の政府に注文を付けるだけで暴力強盗団である中共の船舶に何もしないというのは県民の理解は得られません。
一部賛同者であるのプロ市民や活動家、犯罪者に対して優遇し、一般の市民や漁民、政府関係者を差別する歴史は血生ぐさい琉球王朝の歴史そっくりですね。薩摩藩の一部だった琉球王朝はそれまでの血なまぐさい歴史を持っています。
鹿児島県と併合されて初めて長期の平和となったと言われる沖縄はその期間に文化が発展したと言われています。

その沖縄の海が中共の密猟船によって荒らされているのです。
沖縄県知事としてしっかりと仕事をしていただきたいものですね。
沖縄アカサンゴが激減、海底が「白い砂漠」 中国漁船による密漁被害は「小笠原と同様酷かった」
中国漁船による密漁で沖縄近海のアカサンゴが激減したりするなど、大きな被害が出ていることが水産庁の調査で明らかになった。最近は密漁も少なくなったというが、今も深刻な影響が出ているようなのだ。
「1年前までは、中国漁船が頻繁に日本の領海内に入っていましたね。大きな船が夜に無灯火で操業しているので、もしもぶつかったらと、とても怖かったですよ」

131群体あったのが5群体にまで激減
沖縄・宮古島にある池間漁協の組合長は、取材にこう話す。
「宝石サンゴ」と呼ばれるアカサンゴを求め、中国漁船は2011年ごろから沖縄周辺に出没するようになった。背景には、価格の高騰があるとされる。水産庁によると、13年10月~14年1月がピークになり、最大で246隻もの中国漁船団が確認された。
これを受けて、水産庁が15年8、9月、沖縄近海のサンゴの生息状況を調査した。その結果が11月24日に発表され、アカサンゴなどに大きな被害が出ていることが浮き彫りになった。
水産庁では10、11年度に同様な調査をしているが、そのときにアカサンゴなど131群体が見つかったところでは、今回は5群体しかなく激減していた。沖縄では使わない中国漁船の青い漁網も、海底で86枚もが見つかった。
今回調査した26地点では、計147枚もの漁網が見つかっている。密漁の結果、サンゴが折れてしまったり、漁網がサンゴに絡まったりしているケースもあった。
中国漁船の密漁といえば、小笠原諸島(東京都)の近海で14年に騒ぎが起こったことが記憶に新しい。NHKの調査で海底が「白い砂漠」のようになっていることが分かったが、今回の沖縄は、それに比べてどうなのか。
水産庁の漁場資源課では、取材に対し、3月に小笠原で行った調査結果を元に、次のように明かす。

放置した漁網の回収は難しく影響も深刻
「定量的なことは言えませんが、小笠原とだいたい同じくらいの被害だと考えています」
確かに、水産庁がホームページ上で公開した3分強ほどの調査動画を見ると、中国漁船の漁網が散乱している海底は、ほとんどサンゴが見られず、真っ白になっていた。サンゴは、壊滅的な被害ではないというが、成長が遅く乱獲に弱いため、酷い状況には変わりがない。
サンゴが減ってくれば漁業にも悪影響があり、池間漁協の組合長は、「サメ被害もありますが、サンゴに住み着く魚も少なくなっている気がします」と懸念を明かす。
沖縄県の水産課や県内の漁協によると、アカサンゴは水深が数百メートルの深海に見られ、沖縄本島と宮古島の間ぐらいに生息が多い。中国漁船はここに出没を繰り返していたが、放置した漁網の回収は困難だといい、その影響も深刻になっている。
ここでは、沖縄の漁船が高級食材となるハマダイなどの深海魚を獲っている。しかし、釣りの仕掛けが海底の漁網に引っかかったりするほか、「船のアンカーも絡まって、使い物にならなくなる」(池間漁協の組合長)そうだ。
日中間の取り決めで中国のサンゴ漁規制が強まり、14年秋ごろには中国漁船はほとんど見られなくなった。
しかし、1997年に日中漁協協定を結んだことで、沖縄の西側の海域では、中国漁船を取り締まれない状態が続いている。背景には、この海域に尖閣諸島があるため、日本の法令適用を先延ばしにしている事情があるとされている。池間漁協の組合長も、「中国漁船には、もう来てほしくありませんが、入って来る可能性がないとはとても言えないでしょう」と不安げだった。

沖縄県の漁民の安全を、生活を護るためにも沖縄県知事は動いていかなくてはなりませんが、今の沖縄県知事は県民のために動きません。自分たちの利益だけしか考えていない人間たちのおかげで県民すべてが困っていると言わざる得ません。
我が国の国民からも沖縄県民からも不満がたまっております。

沖縄県知事は沖縄の未来を考えなければなりません。基地問題だけを問題視して外敵に対しての備えという物を無視することは県民を危険に貶めるだけの行為です。目の前の脅威に対して背を向けることは古い自民党と同じ方向性の考えでしかありません。いい加減対立をあおる中共の策略に乗ってはいけないのです。
我が国の沖縄を護りましょう。私達国民の意思がそれを可能としています。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
国防 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2015/12/01 06:00
コメント:

管理者のみに表示