何の意味のなかった日中緑化事業

北やつ
今年は雪が少なくてあまり面白くない山行です。
まあ、私の趣味については置いて於いてこの豊かな大自然は素晴らしいですね。
この写真は北八ヶ岳ロープウエイなのですがスキー場としても利用されています。
そしてそのコースを作り出している木々は杉、檜の木、植林です。
私たちの先祖はとりすぎた木々を元に戻し、再び材木に出来るよう杉や檜などを植えてきました。
それ以外にも河川が氾濫しないように山の保水力を保つ理由もあります。
治水と同時の治山、これが昔からのやり方です。

韓国でも禿山になりすぎた国土を復活させようとした日本人が居りました。
その日本人は今でも韓国の山関係者から尊敬されているそうです。
韓国では松の木を植えることが推奨されているみたいですね。
しかし、そのような考えのない支那では、大規模な公害が発生しております。
アジア開発銀行、中国のスモッグ対策に3億ドル借款
アジア開発銀行(ADB)は10日、中国・北京と周辺の大気汚染対策に3億ドル(約370億円)の借款を提供すると発表した。北京とその周辺の大気の状態があまりに深刻な状態に達したため「健康と持続可能な成長を脅かしている」と説明している。
発表によると、借款は北京とその周辺の河北省や天津市を対象に、石炭使用を減らし再生可能エネルギーへの転換を促すのがねらいだ。中国は世界最大の二酸化炭素排出国。
北京市、河北省、天津市からなる首都周辺地域は、人口1億人以上を抱え、中国国内総生産の1割を生み出している。
アジア開発銀行で都市開発を担当する石井暁氏は、大気汚染の状態があまりに深刻な状態に達したため首都周辺の健康と持続可能な成長を脅かしていると警告。「(ADBの)支援によって二酸化炭素排出量を削減し、環境規制の枠組みや環境監視・取り締まり能力の強化につながる」、「大気状態の改善は、この地域内外の経済と人々の健康改善に貢献する」と意義を説明している。
ADBによると、同時にドイツの復興金融公庫開発銀行も協調融資1億5000万ユーロ(約200億円)を行う予定となっている。
北京では7日夜から10日にかけて、大気の汚染状況について初の最高レベルの「赤色警報」が出されたばかり。8日朝から北京の学校は休校となり、工事現場や一部の工場は休業、自動車の運行はナンバープレートが奇数か偶数かで1日おきに制限された。
石炭を主燃料とする産業、自動車、暖房などが排出する二酸化炭素と建築現場の粉塵が合わさり、危険なスモッグを作り出す。
「赤色警報」の対策措置が始まった現地時間8日午前7時(日本時間同8時)の時点で、北京の米国大使館が測定したところ、微小粒子状物質PM2.5の濃度は1立方メートル当たり291マイクログラムだった。午前11時の時点では同250マイクログラムでこれでも「非常に健康に悪い」とされる水準。北京近郊では、この数倍もの数値が測定された場所もあるという。世界保健機関(WHO)が推奨する上限は、同25マイクログラム。
中国は再生可能エネルギーにさかんに投資しているが、いまだに燃料の6割を石炭に依存している。

中共は自分が発生させた公害を自らの手で正すべきではないでしょうか?
お金が割高で貸しましょう。技術は割高で売りましょう。しかし無償で渡しては自ら改善しようと考えません。
痛みを伴う改革であろうと中共が地味からの手で改革しないことには長続きしません。

なんか今週の水曜日に自民党の媚中派が日中緑化基金について会議を行うそうです。
支那への100億円支払いがそこで決定される見込みです。
唯一の阻止は国民の声しかありません。これが国民の義務です。
推進議員は伊藤忠彦議員(愛知8区小渕元首相の秘書,二階の手下)で彼にこれまで小渕内閣から続く日中緑化事業の効果の具体的検証結果と今後の費用対効果を質問する形で抗議するのが効果的と聞いています。

是非、伊藤忠彦にメール、電凸の嵐を行い考えを直してもらいましょう。
尚、日中緑化事業金は一旦日本の日中緑化交流基金に入り支那政府にながれキックバックされているようです。

伊藤忠彦のHP
知多事務所 愛知県知多市岡田字向田61 オカトク本社内
TEL 0562-55-5508  FAX 0562-55-5528
info@tadahiko-itoh.com

東京事務所(国会)
東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院第二議員会館222号
TEL 03-3581-5111 内線:70222

e-gov(内閣官房・外務省など)
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

首相官邸
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

自民党 ご意見
https://www.jimin.jp/voice/
〒100-8910東京都千代田区永田町1-11-23
TEL:03-3581-6211 FAX:03-5511-8855
皆さん宜しくお願いします。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
エネルギー | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2015/12/15 06:00
コメント:

管理者のみに表示