支那人の正体

燕山荘

先日から問題になりつつある支那人の入国
爆買いとか言って歓迎されているようにテレビでは報道されていますが、実際にはさほど歓迎されておりません。
寧ろ、そのマナーの悪さから嫌がられているとの事、買う品も一定の決まっている商品のみでブランドものなんかはコピー用品を創る為の標本として購入し、返品を行うと言った言語道断の手段も見受けられます。
長年、支那人の犯罪にかかわってきた坂東先生はこのように話します。
メンツと意地で爆買いする中国人観光客のマナーより深刻な犯罪 坂東忠信(外国人犯罪対策講師)
 一時は日本を抜いた経済大国の国民による「爆買い」は、そのGDP指標に疑いが持たれていても実在する、中国経済を計り知る一つの目安です。しかしながら彼らのタガが外れた購買意欲の強さは経済のみによるものではないため、その社会背景となる中国人のメンツや意地を抜きに語れば片手落ちとなるでしょう。(iRONNA)
 中国では信頼と安全性から高値となる日本製品を日本に買いに行くということ自体がまずステイタス。さらにその人柄より財力や権力に繋がる人脈が評価される中華社会においては、人物評価の噂が更なるビジネスや人脈拡張に直結するため、日本に行って手ぶらで帰ってきました!というわけには行かず、親戚知人や同僚にも、侮りを招くことのない程度のおみやげを準備しなくてはいけません。
 日本人ならこれをプレッシャーと思うでしょうが、それはそうしたメンツにかける意地を理解しない日本人ならではの疑問。中国人の場合は負担の大きいおみやげも財力をしめすチャンスと捉えますし、メンツのためにはなりふり構わない、そこにこそ日本人をうならせる「爆買い」の底力があるのです。
 また相手の喜ぶものよりも自分の成功ぶりを示すことを第一としていたおみやげも、最近はiPhoneなど端末の普及により、事前に商品を確認し、おみやげを期待する地元の友人に画像で確認し購入するなど、変化が出てきた模様。自分がどれくらいの財力と人脈でどれほど役に立つ人間かを誇示したがる中国人の思考回路は、爆買いの目的をおみやげ購入からプチ個人輸入代行業重視に変質させつつあります。
 その結果手に入れたものがMade in Chinaであったとしても「日本で購入した日本メーカー品」ということに付加価値があるので問題ないといいます。
 どのような理由であれ、メンツを賭けて多数お買い上げになる中国人旅行者にはお店もホクホクなのですが、だからこそ語ることのできない裏面も存在します。それは、「おみやげ万引」です。
 財力はなくてもメンツを示したいと考えるのは当たり前だとしても、このおみやげ万引問題が存在していることは、警視庁で北京語を使い刑事や通訳捜査官をしていた私の経歴から、皆さんにお伝えせざるを得ません。特に中国人の日本出入国が多くなる国慶節(10月1日)連休終盤と、親戚一同が郷里に集まるため出国が多くなる春節(旧暦の正月)は、みな、手ぶらで帰るわけには行かないことから、空港への道すがら、おみやげ万引きが多発します。
 警察官が臨場した時には犯人はすでに空の上となる計画的犯行なのですが、必ず複数で実行し、肘から指先までを使って陳列品をかき集め、持参したバックに落とし込んだり、陳列してあるペンなどの筆記具を鷲づかみで次々とバッグにつっこむなどして一斉に逃げるという荒っぽい手口。しかし店員を脅していないので「強盗」でもなく、店員の目を盗んで行われる「かっぱらい」でもなく、人がいない時間に侵入する「出店荒らし」でもなく、忍び込んでいるわけでもないので「侵入盗」にも該当しないという、日本人の概念にない荒業故に、警察でも「万引」のカテゴリーに分類し統計されていますが、被害金額は桁違いなのです。
 犯人側もここで捕まると帰国できなくなって、実家や親戚にメンツを示すどころか、ともに来日していた同郷の噂にのぼってしまうので、その抵抗が半端ではありません。このため、逮捕に暴力で抵抗して一気に凶悪犯罪の一種である「事後強盗」にランクアップすることもあり、押さえつければ暴れるだけでなく、相手を殴る蹴る、噛みつく、路上で無実を訴えて泣きさけぶなど、その展開は日本人の予想を超えています。当然一人や二人の店員で手に負えるものではありませんし、たとえ警察官が逮捕して取調室に連れて行ってもまた大変。無実を訴え椅子から転げて泣きわめいたかと思うと逃走しようとするし、目撃者の供述や被害届を完全否定し続け、予約の飛行機が離陸してもメンツのために罪を認めず泣き叫び、誤認逮捕であることをしきりに訴え釈放を積極的に勝ち取りに来ます。
 検事への新件書類送致が終わった3日後の落ち着いた頃、犯人に「これまでまじめにやってきたのになんで帰国寸前でこんなことをするのか」と聞けば、「私にもメンツがある。親戚知人に認めてもらうため、多数のおみやげが必要だ。でも私はやっていない、もうどうでもいい」と、ちょっと落ち着きながらも投げやりな会話が成り立つようになります(笑)
 特にこの時期に万引が多発することは、成田や羽田など中国便が発着する空港沿線のファンシーグッズ販売店や商店街ではすでに知られているため、特に警戒されていますし、実際警察の取り扱いもぐっと増えて通訳捜査官が足りなくなるのですが、万引などニュース性もありませんし、そんなことを報道すると局が中国進出企業のスポンサーを失いかねないなどの理由から、せいぜい報道されるのはマナーの悪さ程度。マナーの悪さを超えた深刻な問題は爆買いの影に確実に存在し、その被害はこの上客集団を前に決して公に語られることはないのです。

■坂東忠信 宮城県出身。警視庁に入庁し、交番勤務員、機動隊員を経て北京語通訳捜査官に。警視庁本部、新宿、池袋署などで中国人犯罪者や参考人を扱う。平成15年、勤続18年で退職。その後も地方司法通訳、作家として活動し、外国人犯罪の実態をわかりやすくタブーに切り込みながら、さまざまな角度で分析、問題提起している。主な著書に『日本が中国の「自治区」になる』(産経新聞出版)、『怖ろしすぎる中国に優しすぎる日本人』(徳間書店)など多数。近著に「中韓に食い物にされるニッポン」

一説では支那人の犯罪による経済損失はものすごいものがあると言われております。
そして爆買いを期待して失敗するケースも存在しております。
しかも本来なら日本で免税を受けれるものは個人で使用するものに限られており、中共に戻った後オークションなどで販売は本来してはいけません。
しかし、飛行機代を賄えるくらいに売れるとか言われておりますので販売しているのでしょうね。
此処でも税金の取りはぐれが生じております。
それを考えると支那人の爆買いは諸手を挙げて賛成とは言い難いですね。

こんなニュースもあります。
コンビニ店員殴打、CAに熱湯ぶっかけ... 中国人観光客「ブラックリスト」の酷い中身
 中国人観光客の海外でのマナーを向上させようと、中国政府は問題行動を起こした中国人を「ブラックリスト」にして実名を公開するという強硬策を展開している。そのブラックリストに、初めて日本での事例が登録された。札幌のコンビニ店員に暴力行為を働いたという内容だ。
 ブラックリストには、これ以外にも8件15人が登録されており、ガイドや飛行機の客室乗務員(CA)に対する暴力行為が問題化することが多いようだ。その様子がソーシャルメディアで拡散されて騒ぎになることもあり、中国政府としては、こういった中国人の悪評が広がることを警戒しているようだ。

■妻がコンビニ店員に注意されたことに「逆上」
 ブラックリストは「不文明行為記録」と呼ばれ、中国国家観光局のウェブサイトに掲載されている。2015年3月に運用が始まり、これまで6件11人が登録されていたが、12月16日に新たに3件5人を登録。その中に日本での事例も含まれている。
 日本での事例では、上海の男性がリストに登録された。9月26日22時頃、滞在先の札幌市内のホテル近くのコンビニで、男性の妻が会計前に食べ物を開封したため、店員がそれを制止し、店の外に出るように求めた。男性は店員が妻を侮辱したと感じ、店員を殴って顔や鼻を負傷させた。直後に通報で警察官がかけつけ、夫婦は現行犯で逮捕された。日本側の報道によると、2人はその後不起訴処分になり、釈放されている。
 多いのが航空機をめぐる事例だ。14年12月11日、バンコクのドンムアン空港発中国の南京空港行きのタイ・エアアジアFD9101便で、安徽省の女性が口論の末にCAに熱湯をかけるなどした。この女性以外にも、口論に加勢した男性がブラックリスト入りした。
 2015年1月10日には、雲南省の昆明から北京に向かうことになっていた中国東方航空のMU2036便で、北京の男性が非常ドアを無理やり開けた。男性は安全阻害行為を理由に15日間身柄を拘束された。
 カンボジアのアンコール・ワット観光からの帰路でもトラブルが起きた。10月14日のシェムリアップ発成都行きのカンボジア・アンコール航空K6989便で、四川省からツアーに参加していた女性が搭乗後に座席を後ろに倒した。その後ろの座席に座っていた乗客が注意しようとしたところ、手が誤って女性の髪に触れてしまった。女性はこれに激高して口論に発展。同行者2人もこれに加勢し、機内は大混乱に陥った。その結果、機長は安全上の理由から3人に対して飛行機から降りるように命じ、約1時間出発が遅れた。

紅軍兵士の像によじ登って記念撮影し「重大な社会的悪影響」
 中国国内の旅行でも問題が起きている。8月23日、四川省の景勝地、青城山への日帰りツアーに参加した湖南省の男性が、子どもの分の観光地でのチケット代がツアー代金に含まれていなかったことに立腹。コップをガイドに向かって投げつけて頭部にけがを負わせた。
 本人が「悪ふざけ」に近い気持ちで行ったことがソーシャルメディアで拡散して大問題になる、いわゆる「バカッター」に近い事例もある。5月の連休前、陝西省の男性は、同省の勝利山景区にある紅軍兵士の彫像によじぼって記念撮影をした。この男性は、
  「広く非難が巻き起こり、重大な社会的悪影響を与えた」
 という理由でブラックリストに登録された。
 問題行動の内容に応じてブラックリストに掲載される期間は決まる。多くが1~3年だが、この記念撮影をした男性は10年間にわたって掲載される。

いかんともしがたいですね。
教養が低いというのがこのように表れるのでしょう。
日本も昔はそうだったとか言いますが、ここまでだったのかな?とも思いますし、今の称賛される日本人からは想像できません。
何とかしてもらいたいものです。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2015/12/26 06:00
コメント:

管理者のみに表示