マイナンバー制度とはどのような物でしょうか?

20150105145215_208969.jpg
(写真は言うほど関係ありません(笑))
先日、自民党緑地区の国・県・市政の報告会があったので参加してきました。
国会議員:ふくだ峰之氏
県会議員:やなぎした剛氏
市会議員:齊藤たつや氏
途中から今回改選の参議院議員:三原順子氏が参加されました。

先ず、マイナンバー制度についての報告がありました。(私流に意訳しています(笑))
マイナンバーは行政の効率を良くするための物であり、国が発行する国民全員に対する唯一の身分証明書です。
マイナンバーカードの申し込みは義務ではありませんが、皆さん申請をお願いします。
このカードは最終的に駅やコンビニで役所で行っている発行業務を行うことが出来るようになり、役所の人でも少なくできます。
記録などを統合させることによって転入届や転出届も一々役場の方に行かなくてもよくなり、役場から各水道、電気業者などにも引っ越しの連絡を行うことも出来ることでしょう。
そうすることによって利便性が高まっていきます。

さて、危機管理などに問題があると言われております。マイナンバーを他人に見せてはならないとなっておりますが、マイナンバーだけでは何もできません。
マイナンバーとパスワードがあって初めて役に立つものです。
そこらへんはキャッシュカードと違いはありませんね。
すべてが紐付いていて、マイナンバーのシステムがだけですべての情報を持っているとか言っている人もいますが、マイナンバーは唯の統合システムであり、
これだけでは何の役にも立ちません。各省庁や機関への問い合わせ窓口であり、各機関が持っている情報を引き出す権限があるというだけです。
マイナンバーと一緒になるものとして健康保険や源泉徴収があります。
健康保険については成りすましによる不正使用を防ぐ狙いがあります。
なぜなら健康保険証は顔写真が入っておりません。なので使い回すことにより、成りすましすることが出来てしまうのです。
又、源泉徴収と一緒になると言う事はよくある働いている人が生活保護を受けている、不正受給を失くす効果があります。
その事により公平感が生まれるのです。

しかし、事業者に対して説明が行き渡っていません。
本来、マイナンバーの管理はノートなどで有れば鍵の掛かった棚などの箱に入れればよいだけです。
パソコンでの管理であれば一万円くらいのセキュリティーソフトが入ったパソコンで管理すればいいのですが、
まわりまわって指紋認証の必要な金庫だったり、300万円くらいのパソコンを導入しなければならないような話になっております。
確かに正しい対処をしていないで漏えいさせたり、盗まれたりすれば罰則が生じます。
しかし、パソコンであれば一万円くらいのセキュリティーソフトで良いし、鍵の掛かる箱などで管理していて盗まれたりすれば、それは盗んだ側泥棒側に罪が及びます。
当たり前の事です。窃盗された人が何も落ち度がないのに罰せられるわけがありません。
適切な処置をしていれば盗んだ犯罪者が罰せられます。

マイナンバーを持たない事に対して特に罰則はありません。義務ではないからです。
しかし、格段に良くなった行政処置を受けれないというデメリットは生まれます。
銀行に毎回判子と通帳を持って行ってお金を降ろすよりもコンビニのATMでお金を降ろすのはどちらがやりやすいでしょうか?
それと同じことなのです。
カードを失くした場合にも24hの対応窓口が存在し、そこに電話すればすぐに対応できます。

私からのお願いとしてはマイナンバーのカードを早いとこ申請していただきたいです。
なぜなら、申請されてもすぐに発行できないからです。
来年1月からマイナンバーシステムは稼働しますが、カードはそこまでには間に合いません。
今申請しても半年後にカードを渡すことにもなりかねません。
出来るだけ速やかに申請をお願いします。
以上、大体内容はあっていると思いますが、間違いがあれば指摘願いたいです。

次に福田氏からCOP21の報告がありました。
COPとはCO2削減に向けた会議です。この会議で安倍総理は二つの事を約束されました。
第一に一兆三千億円の発展途上国への融資えあり
第二にH2O技術による温暖化対策技術の海外への提供です。
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2015/1130speech.html
技術がない発展途上国にとってCO2を削減する=産業を止める事になっています。
なのでH2Oの技術を提供して削減をしていただくというのが基本方針です。
この話を話した後から先進国からも提供を呼びかけられたくらい皆の注目が集まりました。
そして水素エネルギーと言ってもよくわからないので具体的に見せて頂きたいという話も頂きました。
まさに横浜市が目指している水素エネルギー社会に注目が集まる事でしょう。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f460114/
水素エネルギーが見える、体感できる都市横浜に注目が浴びそうです。

その後、ドイツの会議に出てきました。
国会議員の私が行くので向こうでも国会議員を呼んでほしいと希望して行ってきましたら本当にいました。
世界水素燃料会議ではアメリカではなく日本が主役となっております。
なんでもそうですが、科学技術の一番を走っているアメリカはどの会議でもエラそうです。
しかし、今回の会議ではそうではなく日本が主役なのです。日本の技術はどうだとか話し合われています。
因みにドイツではベンツとBMWが水素自動車を作っています。
BMWの乗り心地は油断できないと思いました。
以上、いろいろと調べてみたいです。

その後、三原順子さんが来られました。
今度の参議院の改選にあたるそうでして、神奈川選挙区の公認申請を行ったそうです。
三原さんは介護の仕事について話されました。ご自身が昔営業していた経験があるそうです。

一億人総活躍というのは50年後も一億人の人口を達成するために皆が活動するという政策です。
その為に子育てを行う事と、介護離職者0という目標を掲げております。
介護で働く人は100万人足らないと言われておりますが外国人に介護をお願いするのはちょっとどうかと思います。
そして介護職はバイトも多くいますので普通のサラリーマンと比べ10万円程安い給料であり
待遇が良くありません。その為、敬遠されています。
その介護者を増やすために国は姿勢を示さなければ県や市は動きようがありません。
そしてこの目標を達成するには人作り、教育が必要不可欠なのです。
介護職の為に補助金制度があっても手続きが面倒、時間がなかなか取れないので申請していない事務所もあります。
人が辞めない制度設計が必要です。

柳下氏からは緑区役所の移転計画について話がありました。
あの警察署は耐震工事が行われていない為、東日本大震災の際に建物にひびが入りました。
その時に7名の拘留者がおりましたのであの忙しい中他の警察署に輸送されました。
因みに拘留者一名に付四名の警察官が必要になるので、あの忙しい最中で28名もの人がとられていたのです。
その緑区警察署もようやく建て替えが承認されようとしています。
緑区の治安維持の機動を確保するために今の警察署の近くに仮移転して建て替えを行うとの事
借り警察署の場所は今はまだ内緒になっております。

斉藤たつや市議会議員からは緑区の調整地域について話がありました。
緑区の調整区域は都市部でも珍しく20%程となっており、そのほとんどが田畑になっています。
大阪などの他の都市部では10%を切りますので非常に多いことになりますね。
これは過去から地主の人達との調整でこのようになってしまっているのですが、現在の都市計画に於いて不備がいっぱい出てきてしまっています。
http://www.city.yokohama.lg.jp/midori/50info/53government/toshimasu/keikaku1-1.html
今回、この調整区域を現在の都市計画に合わせて物に変更して行っております。

以上です。
なんか忘れているような気もしないでもありませんが宜しくお願いします。

日本の未来も必要ですが、自分の住んでいる地元の事も大切です。
生活に密着している政治を皆が体験できるようにしていかないといけないと思います。
私達の意志を政治に反映していただきたいものです。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
自民党 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/01/17 06:00
コメント:

管理者のみに表示