民主党は拉致問題を解決するつもりがないようです。

12227173_1715246682031710_8942988094690506901_n.jpg
北朝鮮の強行した核実験
それに対して各国の非難が集まっております。
当然、我が国の国民も声を各々あげております。
しかし、民主党の国会議員である緒方は国会質疑にて正気を疑うような発言を行いました。

昨日、私は仕事で韓国に行くために羽田空港のラウンジで国会中継を見ていたのですが、あまりにも馬鹿げた、しかもいい加減で人を馬鹿にしたような発言に思わず声が出てしまいました。
民主党の国会議員を代表して質問している人間がこのような発言を行う、正気とは思えません。
拉致問題を解決するつもりがないのでしょうか?ふざけています。

本一冊を読んだだけでなんの活動もしていない人間があれだけ拉致問題に注力していた安倍総理にこのような質問を投げかけることが正しいとでも思っているのでしょうか?
国民を助けるために国会議員が動くのは当たり前の事です。
安倍総理がいなければ小泉元首相は政治問題として拉致被害者を北朝鮮に返しただろうと言われています。
北朝鮮に行って向こうの言い分を呑まずに日本の立場を強固に主張した安倍総理がいなければ帰れなかったのではないでしょうか?
でだ、緒方はなにを質問したのでしょうか?

産経が安倍総理の怒りを表現しています。
安倍首相マジ切れ! 民主議員「拉致を政治利用したのか」との質問に「私が言っていることが真実だとバッジをかけて言う」とも
 安倍晋三首相は12日午前の衆院予算委員会で、北朝鮮による日本人拉致問題をめぐり、民主党の緒方林太郎氏から「拉致を使ってのし上がったのか」と問われ、「議論する気すら起きない。そういう質問をすること自体、この問題を政治利用している」と切り捨てた。また、この問題を巡る自身の発言について「真実だ。バッジをかける。言っていることが違っていたら、国会議員を辞める」と覚悟を示した。
 首相は冒頭、北朝鮮の核実験が拉致問題に与える影響について「厳しい圧力をかけながら、対話の窓口を閉ざすことなく解決に向けて全力を尽くす」と述べた。
 すると緒方氏は、拉致被害者の蓮池薫さんの兄、蓮池透さんによる著書『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』(講談社)に「拉致問題はこれでもかというほど政治利用されてきた。その典型例は安倍首相だ」などとする一説があるとして、首相に認識を尋ねた。
 首相は「いちいちコメントするつもりはない。家族会にもその本に強い批判がある。大切なことは北朝鮮に対して一致結束し、すべての被害者を奪還するために全力を尽くすことだ」と述べた。
 緒方氏が「首相は拉致を使ってのしあがったのか」と重ねて質問すると、首相は「議論する気すら起きない。その質問をすること自体がこの問題を政治利用しているとしか思えない」と真っ向から否定した。
 また、緒方氏は、本の中に、平成14年に拉致被害者5人が日本に帰国した際、官房副長官だった首相が5人の北朝鮮帰国を止めようとせず、5人が日本に残る意思が覆らないため結果的に日本に残るため尽力したとする趣旨の記述があることを紹介し、真偽をただした。
 首相は「当時は5人の被害者を北朝鮮に戻すという流れだったが、私は断固として反対した。これをどう覆すか大変だった。他の拉致被害者本人に聞いてもらえればわかる」と否定した。
 緒方氏が「蓮池氏がウソをついているのか」と続けると、首相は「誰かを落とすことは言いたくない。私が言っていることが真実だとバッジをかけて言う。違っていたら私は国会議員を辞める」と断言した。
 さらに緒方氏は、一昨年の衆院選の新潟2区で、拉致被害者の親族が活動していたとして「政治利用ではないか」と迫った。
 すると首相は「本の引用だけで独自の取材を全くせず、私の名誉を傷つけようとしている。極めて不愉快だ。何の意味があるのか。20年前、私たちが一生懸命拉致問題をやっていたときにあなたは何をしていたのか」と色をなした。
 その上で「あなたが批判することが北朝鮮の思うつぼだ。そういう工作が今までもあったというのは事実だ。常にマスコミを2分し、国論を二分し、この問題で戦う力を落とそうとしてきたのが今までの歴史だ。大切なことは、すべての拉致被害者奪還のために、一致協力して全力を尽すことだ」と緒方氏を批判した。
 最後に首相は「政治利用」との指摘に対し、「こんな質問で、大切な時間を使って答えるのは本当に残念だ。1人の方の本だけで誹謗中傷をするのは、少し無責任ではないか」と述べ、怒りがさめやらぬ様子だった。

怒る気持ちはわかります。私だったら殴っていたでしょうね。
そのくらい侮辱している発言を緒方はどのように感じたのかわかりません。

様々な理由で拉致問題が解決していないのは事実です。
安倍総理だけがいけないのではなく、国民全員の意志が足りないと私は思います。
一丸となって北朝鮮を非難しなければならないこの時期に民主党がこんな馬鹿げた発言を行った事こそ国益を害します。
こんな人間を国会議員にしてはいけません。認識不足も甚だしいです。
蓮池氏がなにを言おうと関係ありません。多分嘘は付いていないとでも言うでしょう。
家族会から追放された無頼漢が信用できるのであれば信用してください。
但し、私たちにその信用を押し付けないでいただきます。
他人に価値を強要しようとするその姿勢は民主党そのものです。
売国奴と言われ続けている民主党に復活の兆しはなくなったと言えるでしょう。
二度とこのような発言をさせないように国民の声を民主党に届けましょう。
それが拉致解決への道となることでしょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/01/13 06:00
コメント:

管理者のみに表示