今上陛下 フィリピンへ行幸啓されました。

f2336fc0-s.jpg

先日、今上陛下がフィリピンへ行幸啓されました事はトップニュースになったかと思います。
国民として喜ばしい事ですね。
フィリピンの人々も大変喜んでいるそうですね。
毎日新聞が珍しくこのことを記事にしています。
平和の願いフィリピンに…帰国の途に
 国交正常化60周年の友好親善を主な目的とし、歴代天皇として初めてフィリピンを公式訪問していた天皇、皇后両陛下は30日、首都マニラのニノイ・アキノ国際空港から、政府専用機で帰国の途に就かれた。両陛下は滞在中、日本とフィリピン双方の慰霊碑で戦没者を追悼し、平和への願いを示す旅となった。
 両陛下は国賓として招かれ、26日から4泊5日の日程で滞在した。27日は、首都マニラのマラカニアン宮殿で開かれた歓迎式典に臨み、アキノ大統領と会見。その後、フィリピン人の戦没者をまつる「無名戦士の墓」を訪れ、供花した。
 27日夜に催された大統領主催の晩さん会では、陛下は太平洋戦争でフィリピンが受けた甚大な被害に触れ「日本人が決して忘れてはならないことであり、私どもはこのことを深く心に置き、旅の日々を過ごすつもりです」と述べた。
 29日には、マニラの南東約65キロに位置するラグナ州カリラヤを訪れ、日本政府が建てた「比島戦没者の碑」に白い菊を手向けて拝礼。戦争で犠牲になった約51万8000人の日本人を慰霊した。両陛下はその去り際、日本から参列した約150人の遺族らに歩み寄り「苦労も多かったでしょう」などと、丁寧にいたわりの言葉を掛けた。
 滞在中はこのほか、フィリピンで活動する青年海外協力隊員や在留邦人と面会。戦争で日本人の父と離別し、戦後も差別を受けるなど困難を極めた日系2世らとも懇談して励ました。(共同)

フィリピン独立のために亜細亜解放のために戦った日本人は亜細亜で大変人気だと聞きます。

今回開催されたフィリピンでの晩さん会で御言葉はこちらの記事にあります。
日比感謝友好の晩さん会
 「アリガトウゴザイマス」。フィリピンを訪問された天皇、皇后両陛下を迎えた27日の晩さん会のあいさつで、ベニグノ・アキノ大統領は日本語で感謝の言葉を述べた。国内外で戦没者への「慰霊の旅」を続けられる両陛下を「平和を実現する敬愛の象徴」と表現。「貴国の善意を体現する存在としていかなる困難を担われてきたか、私には想像することしかできない」と語り、戦後に発展してきた両国の友好関係を共に祝った。
 天皇、皇后両陛下とアキノ氏の交流は、母親のコラソン・アキノ元大統領に同氏が同行して来日した1986年にさかのぼる。2015年6月に国賓として来日した際は両陛下をフィリピンに招待する意向を強く示し、今回の訪問のきっかけとなった。
 27日の晩さん会でのあいさつで、アキノ氏は、両陛下が皇太子ご夫妻時代の62年11月にフィリピンを訪問したことにまつわるエピソードに触れた。両陛下はアキノ氏に「フィリピン国民が過去に経験した痛みを思うと自身をどのように迎えてくれるか不安であった」と話されたという。
 太平洋戦争中、フィリピンは日米がぶつかる戦場となり、犠牲者は100万人以上といわれるなど甚大な被害を受けた。
 皇太子ご夫妻だった両陛下がフィリピンを訪れた時期は、戦争被害への賠償協定が発効し、国交が回復した56年から6年しかたっていなかった。反日感情が根強く残る中、ご夫妻は戦死者の遺族と面談し、児童福祉施設を訪ねた。当時の毎日新聞は「アジアの若い世代の理解者として終始笑顔でフィリピン大衆と話し合われた親善のご旅行だった」と伝えている。
 外務省は、この訪問について「フィリピンの対日感情が好転するきっかけになった」という見解を示している。27日の晩さん会でアキノ氏の後にあいさつに立った天皇陛下は「多くの貴国民から温かく迎えられたことは、私どもの心に今も深く残っております」と振り返った。
 またアキノ氏は「任期中に限っては自身を犠牲にしなければならないということを承知して、この職務を受けました」と大統領としての自身の立場を説明。そのうえで「両陛下が担われてきた困難」に思いをはせ、「私が畏敬(いけい)の念を抱いたのは、両陛下が生まれながらにしてこうした重荷を担い、両国の歴史に影を落とした時期に他者が下した決断の重みを背負ってこられなければならなかったということです」と述べた。【山田奈緒、マニラ高島博之】

アキノ大統領あいさつ(全文)
 天皇、皇后両陛下を再びフィリピン共和国にお迎えできたことは、我が国民にとってこの上ない光栄でございます。今回のご訪問は、両国の国交正常化60周年を迎える誠に喜ばしい年に実現されましたが、両陛下がこのたび我が国にお越しくださったという事実そのものが、両国間の友好関係の深さを明確に物語っております。
 今をさかのぼること数十年、1962年に天皇、皇后両陛下は初めて我が国にお越しくださいました。両陛下は、フィリピン国民が過去に経験した痛みを思うと自身をどのように迎えてくれるのか不安であった、と私にお話しくださいました。ところが、当時のディオスダド・マカパガル大統領や多くの国民が歓迎する姿を目の当たりにされ、こうしたご不安は杞憂(きゆう)に終わったのです。数十年前のこのご訪問の際に数多くの心温まる思い出を持ち帰られたように、今回ご帰国の途に就かれる際にも、フィリピン国民の抱く敬愛の念と歓迎の心に再度触れられ、前回にも勝るほどのよい思い出を携えていただきたい、これが我が国民一同の願いです。
 私が天皇、皇后両陛下にお目にかかるのはこれが4度目となります。最初は1986年に私の母の日本訪問に随行したとき、その後は私が大統領として貴国を訪れた際のことです。お目にかかるたびに感銘を受けるのは、両陛下が示される飾り気のなさ、ご誠実さ、そして優美さです。両陛下が今日までいかにして責務や義務を果たされ、多大な犠牲を払われてきたのかを思うと、誰もが驚嘆せずにはいられません。そしてそのすべては、さまざまな関係を立て直してさらによいものにしていきたいという、ご生涯をかけた献身の一環を成すものなのです。
 貴国の象徴として、善意を体現する存在として、天皇、皇后両陛下がいかなる困難を担われてきたのか、私には想像することしかできません。私が大統領の座に就く際には、任期中に限っては自身を犠牲にしなければならないということを十分承知して、国民から負託されたこの職務を引き受けました。その私が両陛下にお会いして実感し、畏敬(いけい)の念を抱いたのは、両陛下は生まれながらにしてこうした重荷を担い、両国の歴史に影を落とした時期に他者が下した決断の重みを背負ってこられねばならなかったということです。
 しかし、こうした歴史の上に、両国は以前よりもはるかに揺るぎない関係を築いてきました。貴国は堅実で有能かつ信頼できるパートナーとして、今日まで我が国民の発展を後押ししてくださっています。ここでその一端をご紹介したいと存じます。2014年、貴国は我が国にとって最大の貿易相手国であり、この年に実施された我が国への政府開発援助の最大供与国でもあって、さらには我が国投資促進機関認可ベースの対内直接投資額においても1位の座を占めています。貴国はまた、ミンダナオの和平プロセスや開発に加え、我が国の海上能力や災害管理能力の強化をも支える重要なパートナーであり、アジアにおける法の支配を推進する力強い同盟国でもあります。ここに挙げたものだけでなく、貴国から受けたすべての恩恵に対し、フィリピン国民を代表して、貴国の言葉で「どうもありがとうございます」と申し上げます。
 天皇、皇后両陛下、今回のご訪問は、両陛下の人生のこの時点で我が国にお越しくださるご選択をなされたことを思うと、いっそう意義深いものとなります。1960年代にお越しいただいた際には、旅の所要時間は今回より長かったかもしれませんが、両陛下のお身体へのご負担は今回よりも軽かったのではないかと存じます。こよい、あまねく平和を実現する敬愛の象徴たる両陛下にご臨席たまわったことを心から名誉に思うとともに、これは全出席者の総意でもあると申し添えます。
 ここで皆様とともに乾杯をいたしたいと存じます。
 天皇、皇后両陛下のご多幸とご健勝をお祈りし、両国民の連帯が、将来世代にわたって両国に繁栄をもたらすことを願い、そして、両国の戦略的パートナーシップがアジア全域の平和、安定、発展に向けた確固たる礎となることを願って。

天皇陛下おことば(全文)
 貴国と我が国との国交正常化60周年に当たり、大統領閣下のご招待によりここフィリピンの地を再び踏みますことは、皇后と私にとり、深い喜びと感慨を覚えるものであります。今夕は私どものために晩さん会を催され、大統領閣下から丁重な歓迎の言葉をいただき、心より感謝いたします。
 私どもが初めて貴国を訪問いたしましたのは、1958年12月、ガルシア大統領ご夫妻が国賓として我が国をご訪問になったことに対する、昭和天皇の名代としての答訪であり、今から54年前のことであります。1962年11月、マニラ空港に着陸した飛行機の機側に立ち、温顔で迎えてくださったマカパガル大統領ご夫妻をはじめ、多くの貴国民から温かく迎えられたことは、私どもの心に今も深く残っております。この時、カヴィテにアギナルド将軍ご夫妻をお訪ねし、将軍が1898年、フィリピンの独立を宣言されたバルコニーに将軍ご夫妻と共に立ったことも、私どもの忘れ得ぬ思い出であります。
 貴国と我が国の人々の間には、16世紀中ごろから交易を通じて交流が行われ、マニラには日本町もつくられました。しかし17世紀に入り、時の日本の政治を行っていた徳川幕府が鎖国令を出し、日本人の外国への渡航と、外国人の日本への入国を禁じたことから、両国の人々の交流はなくなりました。その後再び交流が行われるようになったのは、19世紀半ば、我が国が鎖国政策を改め、諸外国との間に国交を開くことになってからのことです。
 当時貴国はスペインの支配下に置かれていましたが、その支配から脱するため、人々は身にかかる危険をも顧みず、独立を目指して活動していました。ホセ・リサールがその一人であり、武力でなく、文筆により独立への機運を盛り上げた人でありました。若き日に彼は日本に1カ月半滞在し、日本への理解を培い、来る将来、両国がさまざまな交流や関係を持つであろうと書き残しています。リサールは、フィリピンの国民的英雄であるとともに、日比(にっぴ)両国の友好関係の先駆けとなった人物でもありました。
 昨年私どもは、先の大戦が終わって70年の年を迎えました。この戦争においては、貴国の国内において日米両国間の熾烈(しれつ)な戦闘が行われ、このことにより貴国の多くの人が命を失い、傷つきました。このことは、私ども日本人が決して忘れてはならないことであり、この度の訪問においても、私どもはこのことを深く心に置き、旅の日々を過ごすつもりでいます。
 貴国は今、閣下の英邁(えいまい)なご指導のもと、アジアの重要な核を成す一国として、堅実な発展を続けています。過ぐる年の初夏、閣下を国賓として我が国にお迎えできたことは、今も皇后と私の、うれしく楽しい思い出になっています。
 この度の私どもの訪問が、両国国民の相互理解と友好の絆を一層強めることに資することを深く願い、ここに大統領閣下並びに御姉上のご健勝と、フィリピン国民の幸せを祈り、杯を挙げたいと思います。


より良い関係を続けていきたいものです。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/02/06 06:00
コメント:

管理者のみに表示