委縮する報道???

1924806_233358203524452_4427757204793651237_n.jpg

国会にて安倍政権による報道弾圧が問題になったような気がします。
なんでも真実を報道せずに行った捏造報道や両論を出さないといけない報道を偏向報道を行う事が自由が報道局にあるとか言いたいのでしょうか?
是正勧告は幾度となく繰り返し行われておりますし、テレビを見ると馬鹿になるというのは昔から言われております。
なにが問題だったのでしょうか?
こちらの報道を見てみましょうか。
安倍首相に名指しされた日刊ゲンダイがコメント 「権力にこびることなく自由に報道している」
4日の衆院予算委員会で、自民党憲法改正草案を受けて言論機関が萎縮するという野党の指摘に対し安倍晋三首相が「萎縮していない」報道機関として例示した日刊ゲンダイ編集部は4日、産経新聞の取材に「権力にこびることなく、自由に報道している自負がある」とするコメントを寄せた。
 同紙は突出した自民党・公明党政権への批判で知られるが、編集部は「夕刊紙が時の政権を過激な表現を使いながら批判するのは当たり前で、健全な民主主義にとって必要不可欠だ」とした。
 一方で、「日刊ゲンダイが自由に報道していることで、報道の自由全体が確保されているとの主張はあまりにもご都合主義ではないか」と安倍首相への批判も忘れなかった。
 首相は4日の衆院予算委員会で、民主党の階猛衆院議員から「言論機関が権力者の意向を忖度(そんたく)し、権力者への批判を控えるようになるのではないか」と問われた際、表現の自由の重要性を語ったうえで、「今日、帰りにでも日刊ゲンダイを読んでみてくださいよ。これが萎縮している姿ですか」と笑顔で反論。「全く萎縮していない。むしろ言論機関に対して失礼だ」とも述べ、階氏の指摘をたしなめた。

週刊現代のような弱小な週刊誌であっても自由に発言できている訴えていることは独裁している国としては珍しいですよね(笑)
言論弾圧を行っているのはヘイトスピーチ規制法案を検討している共産党や民主党などの野党ではないでしょうか?
一般の人の言論を束縛して社会的責任を負うべき報道各社が無責任な自由を謳歌するのは間違っているとは思いませんか?
政府に対して糾弾は必要でしょう。しかし、賛否両論がある場合には両論を同じ様に紹介する義務を報道局は持っています。
それを是正していない以上、指摘されるのは当たり前の事です。

ではなんで報道が委縮していると言われているのでしょうか?
理由は報道局の人事にあるみたいです。
安倍首相、TVキャスター次々降板に言及 言論の自由「萎縮しない」
4日の衆議院予算委員会で、安倍政権に批判的だとされるニュース番組のキャスターらが、相次いで降板することについて、安倍首相の見解が問われた。
民主党の階 猛衆院議員は「安倍政権に批判的なテレビキャスターやコメンテーターが、次々と番組を降板することが決まっている。こういったことが、民主主義の健全な発展にもマイナスだと考えます」と述べた。
安倍首相は「言論の自由、表現の自由は、まさに民主主義を担保するものであります。(この質問自体が)むしろ、言論機関に対して、わたしは失礼ではないかと思います」と述べた。
さらに、民主党の階議員は、自民党の憲法改正草案が、公益を害する目的の行動などは認められないとしていることが、言論機関の萎縮につながっていると懸念を示したのに対し、安倍首相は、「萎縮している報道機関があれば、具体的に言っていただきたい」と強く反論した。

安倍総理に批判的なキャスターやコメンテーターが降格しているのが原因のようですね。
この降格したコメンテーターは総じて中韓寄りの発言を行っており、国民から嫌われる存在ではないのでしょうか?
古館なんて犯罪者を擁護する発言で有名ですし、岸井とかも阿呆としか思えません。関根もおかしな話の持ちかけが多いですし、何より国民をばかにしているとしか思えないような人間たちが降格しているとしか思えません。
その事態を重く見たテレビ局が人気のない人間を降格させたというのが真相なのではないでしょうか?

この事に対して野党は逆鱗に触れたようです。
総務相、電波停止の可能性に言及 公平性に欠ける放送に
高市早苗総務相は8日の衆院予算委員会で、放送局が政治的な公平性に欠ける放送を繰り返した場合の電波停止の可能性に言及した。「行政が何度要請しても、全く改善しない放送局に何の対応もしないとは約束できない。将来にわたってあり得ないとは断言できない」と語った。
 民主党の奥野総一郎氏が、安倍政権に批判的とされる看板キャスターの番組降板が相次いでいると指摘した上で「電波停止が起こり得るのではないか」と質問したのに対し答えた。
 電波法は法律違反をした場合の措置として、総務相が電波の停止措置を命じることができるとの罰則を盛り込んでいる。高市氏は「電波の停止になることを放送局がするとは考えていない」としたうえで「違反した場合の罰則規定があることで実効性を担保すると考える」と述べた。

電波停止に言及した発言が飛び出しましたね。
今までいくら偏向報道や捏造報道をおこない国益を害してきた報道局も電波停止処置となる可能性があれば正確な報道を行わざるえません。
政府は明確な証拠をもって電波停止を行うはずですのでこの政府からの回答引き出した野党は良い仕事をしたと言わざるえません。
因みにNHKの籾井会長は報道が委縮しているか?との質問に適切に対処していると答えており、野党の馬鹿さ加減が浮き彫りになりました。

民主党は弾圧を行いたいのでしょうか?判断を国民にゆだねている、あまりにもおかしい場合には行政が勧告するといっているだけではないでしょうか?
それほど電波停止を行ってほしいのでしょうか?
いまいちよくわかりませんね。

それほど放送局は委縮していないことが明白ですね。
なんせ、9条の会というテロリスト仲間の主張を堂々と掲載できるくらい自由に報道ているのですから
はっきりって民主党は必要ありません。
次の参議院議員選挙ではしっかりと落選させましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/02/15 06:00
コメント:

管理者のみに表示