いまだ偏見のみで報道を行う放送局たち

1924806_233358203524452_4427757204793651237_n.jpg
いまだ偏見を持つ人間をテレビや新聞などに出して反原発を煽る報道局たち
先日、国民的ヒーローであるTOKIOの鉄腕ダッシュにて偏見に満ちた発言をした人間がおりました。
作家の藤岡真氏 福島産の小麦でラーメンを作ったTOKIOに「人殺し」
20日、「笑歩(しょうほ)」「ゲッペルスの贈り物」などの著作があるミステリ作家の藤岡真氏が、自身のTwitter上で、福島産の小麦を使ったラーメンを手がけたTOKIOに「人殺し」という暴言を浴びせかけた。
 ことの発端は、同日放送のバラエティ番組「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)にある。番組では、「世界一うまいラーメンつくれるか」と題した企画で、TOKIOが684日かけて作り上げたオリジナルのラーメンを完成させた。その中で、麺に福島産の最高級小麦「春よ来い」を使ったことが明らかとなる場面があった。
 藤岡氏は番組の最中、「究極のラーメンて、福島の小麦から作った麺なのかよ」「人殺し」とツイートしたのだ。藤岡氏は続けて、「未だに『食べて応援』している馬鹿がいて頭が痛くなる」と、被災地で取れた食材を消費して、復興につなげようとする人々を批判した。
 藤岡氏の一連の発言の背景だが、福島第一原発の事故により、東北の地が今なお放射能で汚染されているとする考えがあるようだ。なお、藤岡氏は昨年も、福島で米作りにまい進するTOKIOに対して「気違いが福島で米を作っている」と発言している。

TOKIOの魅力は一生懸命頑張、地に足をつけ地道だが確実に前に進んでいく、そして自らの手で物を作っていく事ではないでしょうか?作業を行っている彼らの顔を見たことがありますか?
あふれんばかりの笑顔が見れます。決して都会の真ん中で遊んでいる人間では表現できないものではないでしょうか?
そのTOKIOが二年の年月を掛け、自らの手で栽培した麦を使い、作ったラーメン。これほどの御馳走はありません。
たとえ、都内のフランスかどこかの高級料理店なんかのコース料理が相手であっても決して見劣りしません。
寧ろ自分で育て、作ったものです。堂々と提供できることでしょう。
まさに究極の料理です。もてなしの心がいっぱいの料理ですね。
で、この作家は何を感じてそのような暴言を吐いたのでしょうか?そのような偏見に満ちた感性で作品をつぐむことは出来るのでしょうか?
テレビ局はこの偏見に満ちた人間を登場させたことをTOKIOに謝罪したのでしょうか?
はっきり言ってこのような悪意に満ちた人間がいるから偏見が無くならないのです。

NHKも同じ穴のムジナですね。
NHK「クローズアップ現代」の放送内容に福島県浪江町の団体が異議
10日、福島県浪江町(なみえまち)で復興活動を続ける町おこし団体が、ブログ上で、「クローズアップ現代」(NHK総合)の放送内容について「承服しかねる内容だった」と異議を唱えた。
8日放送の「クローズアップ現代」では、「シリーズ東日本大震災 浪江町民 それぞれの選択」と題して、原発事故によって全町避難を余儀なくされた同町の現状を伝えた。
番組によると浪江町では、町民全員で故郷に戻るビジョンを掲げてきたものの、復興が遅れ、町に戻りたいと考える人が減ってきているという。
番組では、浪江町商工会青年部でリーダーを務める八島貞之さん(47)に密着取材していた。八島さんは、避難先の南相馬市で鉄工所を営んでおり、妻や子どもとは離れて暮らしている。
浪江町商工会では震災以来、避難所で暮らす町民に「なみえ焼きそば」をふるまう活動を続けていたという。しかし番組によると、活動の継続に対して疑問の声が上がっているそうだ。
八島さんは商工会の会議で、仕事と商工会の活動によって家族との時間が確保できていないと明かし、「これ以上このままやっていくんだったら、正直俺は無理なんだよ」とこぼした。ここでナレーションでは「一旦活動を辞めたいと告げた八島さんに、メンバーは共感の意見でした」と伝えられた。
その他にも八島さんは「本当にあそこ(浪江町)で商売して生活できる場所になるのか想像つかない」「(焼きそばを)やめたくはないけどな」などと語っていた。
番組ではこのように、復興活動の継続が困難になっているとも取れる内容を放送していた。
しかし10日、浪江町商工会青年部が中心となって設立し、なみえ焼そばによる町おこしを推進する「浪江焼麺太国」が、ブログでこの放送内容に対して異議を唱えたのだ。放送後、「活動を休止するのか?」との問い合わせが相次いだそうで、「我々も番組を視聴した上で、まったく真意と異なり、承服しかねる内容だったことを確認しております」とつづった。
放送されたとおり、団体の各メンバーが個人的な悩みを抱えていることを認めつつも、「しかし、我々は会議の中で、浪江町の復興に向け、微力ながら出来る限り活動を継続することを決議しております」と明言している。
さらに「番組の担当者には思いを丁寧に説明し、理解を得たと判断したことから取材を受けることとしましたが、結果として大きく異なった内容だったことは、我々の落ち度と言わざるを得ません」と落胆の気持ちを示している。

皆が精いっぱい頑張り、復興に進んでいるのにその行為を湾曲化させ、全く違う結論を残したNHK
公共放送の資格はありません。
このように偏見を公共の電波に流すNHKは犯罪行為を行っていると言っても問題ないでしょう。
嘘偽りを流しても全く責任を負わない人間に何の価値があるのでしょうか?
誰がそんな組織を信じるのでしょうか?
浪江町の人々が自分たちの落ち度と言っているそうですが、被害者に落ち度があってたまりますか?
捏造、湾曲を行ったNHKにすべての落ち度があり、責任があります。
結果として捏造を行ったNHK、偏見に満ちた報道しか出来ないのであれば報道する資格はありません。

同じ様に偏向報道を行う朝日新聞は原子力規制委員会から注意を受けております。
「言ってないこと書いた」原子力規制庁、朝日記事に抗議 川内原発の観測装置めぐり
 原子力規制庁の松浦克巳総務課長は15日の定例会見で、九州電力川内原発(鹿児島県)周辺に設置された放射性物質の観測装置の「整備が不十分」と報じた朝日新聞14日付朝刊の記事について、「住民に誤解を招き、不安を与えかねない記事になっている。(規制庁の)職員が言っていないことが書かれている」として、朝日の担当記者に説明を求めることを明らかにした。その上で訂正記事を要請するか検討するという。
 規制庁は15日、朝日の記事を「誤解を生ずるおそれがある」として、同庁の見解をホームページに掲載した。
 規制庁が問題としたのは、「川内原発周辺の放射線量計 避難基準値 半数測れず」の見出しで報じた記事。川内原発周辺に設置された観測装置(モニタリングポスト)のうち、半数が「事故時の住民避難の判断に必要な放射線量を測れない」とした上で、記事の中には規制庁のコメントとして「不十分だったり未設置だったりする状態で再稼働するのは問題」と記載していた。
 規制庁の説明によると、低線量を測る装置と、高線量を測る装置とは機能が異なり、各装置を組み合わせて地域の実情に応じた配置を行うことで全体をカバーしているという。
 松浦課長は、観測装置の設置状況は「問題ない」との認識を示している。

朝日新聞は15mの巻尺で2cmの測定をしても問題ないと思っているようですね。
唯の阿呆な集団としか思えません。
半数が避難する基準を観測できないというのは事実ですが、その内容が小学生レベルの言い訳にしかすぎません。
日常的に少量のレベルの上下が大きな事故の発生を防ぐのです。いきなり避難するレベルを検知したところで意味はないのです。
事故が発生したら即逃げる。しかし、日常的に見えてないものを観察するに当たり、低レベルから観測して上下の傾向を観測することが必要です。
その当たり前のことを知らない人間に装置を触らせる資格はありません。
職員の話していないことまで書いているという事は小説なのでしょうね。
反原発を推進する人間の創作物なのでしょう、朝日新聞は

このような偏見に満ちたマスメディア達、いい加減常識というものを培ってもらいたいものです。
そのうち国民が見捨てることになりますよ。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
エネルギー | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/03/28 06:00
コメント:

管理者のみに表示