「男らしさ、女らしさとは」――杉田水脈前衆議院議員講演会

第四十四回 日本の歴史文化研究会
「男らしさ、女らしさとは」――杉田水脈前衆議院議員講演会

主催「平成・美しい日本を護る会」
共催「my日本」
共催「日本教育再生兵庫」

定員になり次第、締め切らさせていただきます。
お早目のお申し込みを。

私事で恐縮ですが私の娘の通う神戸市立の小学校では、『「男らしく」とか「女らしく」とかを言ってはいけない。』と教育されています。
「特定の価値観を押し付けてはいけない。」と言うのが理由です。
一見もっともそうに聞こえますが、これこそが男女の違いを否定し、男女役割分担を否定すると言う共産主義イデオロギーの押し付けでしかありません。
その上に、『「男らしく」とか「女らしく」とかを言ってはいけない。』と彼らにとっての異論を封殺しています。正に言論弾圧そのものです。
太古の昔より、動物(人間含む)には男女の違いがあり、男女役割分担して種を保全してきました。
この当たり前の自然の摂理を、共産主義イデオロギーは否定し、しかも子供達に押し付け、言論弾圧しているのです。
杉田水脈先生は、チャンネル桜で、「男時女時(おどきめどき)」と言う番組で、「男らしさ、女らしさ」について、ゲストの方と話し合っておられます。
その杉田水脈先生に、「男らしさ、女らしさ」のほか、「夫婦別姓」、「慰安婦問題」などなど語って頂きます。

平成28年4月9日(土)
第四十四回 日本の歴史文化研究会
「男らしさ、女らしさとは」――杉田水脈前衆議院議員講演会
受付13:00 講演会 13:30-16:30
「芦屋市民会館」116号室 (75人)
http://www.city.ashiya.lg.jp/kouminkan/shimin_center.html
〒659-0068 芦屋市業平町8番24号
TEL 0797-31-4995
JR芦屋・阪神芦屋・阪急芦屋川の各最寄り駅からも歩いて5分から6分
定員 75名
会費 1000円

内容
第一部 講演会
「男らしさ、女らしさとは」――杉田水脈前衆議院議員講演会
    杉田水脈前衆議院議員
第二部 フリートーク
質疑応答など

万象繰り合わせの上、是非ご参加ください
12646897_844600002315404_7765218491499390129_o.jpg


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
講演会 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/04/09 06:00
コメント:

管理者のみに表示