子供を産み育てるのが大人の役目です。

10153841_1710008089248104_7228986203160714880_n.jpg
先日、大阪にて子供を産み育てるのが大人の役目であり、男性も女性も協力して子供を育てましょう、そして勉強して社会貢献しましょうという趣旨の発言を校長が行ったところ、所謂人権派と自称している差別集団がこれに抗議を行いました。
何が問題なのでしょうか?
子供の出産率が減り、人口が減っている我が国において結婚して二人以上の子供を産み育てることは人口減に対する有効な手立てであり、豊かなで笑顔あふれる家庭を作ってくださいとの考えで発言された言葉を攻撃する人間たちは本当の幸せを知らないのでしょうか?
最近、子供の数が減っているとの話を聞きますが、電車なんかでは二人以上のお子さんを連れた家族がそれなりに増えてきたように見えます。幸せそうな家族です。それを見て子供を育てることよりも仕事の方が大切と思っている人権派に人々
私にはその考えがわかりません。

校長の発言はこちらに記載されています。
大阪の中学校長「女性にとって最も大切なことは子供を2人以上産むこと」
大阪市立中学校の男性校長が、全校集会で「女性にとって最も大切なことは子供を2人以上産むこと」と発言し、大阪市教委が「不適切な発言」と懲戒処分を検討している。朝日新聞デジタルなどが伝えた。
大阪市立茨田北中(鶴見区)のホームページによると、寺井寿男校長(61)は、2月29日の全校集会で、以下のように発言した。

今から日本の将来にとって、とても大事な話をします。特に女子の人は、まず顔を上げて良く聴いてください。女性にとって最も大切なことは、こどもを二人以上生むことです。これは仕事でキャリアを積むこと以上に価値があります。
なぜなら、こどもが生まれなくなると、日本の国がなくなってしまうからです。しかも、女性しか、こどもを産むことができません。男性には不可能なことです。
「女性が、こどもを二人以上産み、育て上げると、無料で国立大学の望む学部を能力に応じて入学し、卒業できる権利を与えたら良い」と言った人がいますが、私も賛成です。子育てのあと、大学で学び医師や弁護士、学校の先生、看護師などの専門職に就けば良いのです。子育ては、それ程価値のあることなのです。
もし、体の具合で、こどもに恵まれない人、結婚しない人も、親に恵まれないこどもを里親になって育てることはできます。
次に男子の人も特に良く聴いてください。子育ては、必ず夫婦で助け合いながらするものです。女性だけの仕事ではありません。
人として育ててもらった以上、何らかの形で子育てをすることが、親に対する恩返しです。
子育てをしたら、それで終わりではありません。その後、勉強をいつでも再開できるよう、中学生の間にしっかり勉強しておくことです。少子化を防ぐことは、日本の未来を左右します。
やっぱり結論は、「今しっかり勉強しなさい」ということになります。以上です。

(学校日記より 2016/03/12 08:23)

共同通信によると、3月2日に発言を問題視する匿名の電話が市教委にあった。校長は市教委に対し、「間違ったことは言っていない」との認識を示し、「生徒には(集会などで)あらためて趣旨をきちんと話す」と述べたという。

この話のどこが糾弾される理由があるのでしょうか?
因みに教育委員会は処分しないことを検討していたのですが、毎日新聞の捏造報道が行われました。
処分を検討していないのに処分することを決定したとの趣旨を記事にして捏造を繰り返し、準国旗である旭日旗を否定するような記事まで書き連ねました。
これが世論を形成する新聞のやる事なのでしょうか?人の権利を主張する人権派団体のすることなのでしょうか?
彼らは基本的に日本を貶めればよいと考えている歪んた教育を受けた人間たちなのでしょう。
この校長のようなまっすぐな人間を見ると自分たちに生まれる劣等感が攻撃させるのでしょうか?
理由はわかりませんが私にはそのように感じます。

校長は元々定年を過ぎておりましたし、3月で契約更新する予定でしたが今回の件で人権派の人々の抗議が殺到し、学校の業務が停滞してしまった責任を負い来年は退職することにしたそうです。
大阪市教委に進退伺を提出、業務停滞の責任で 「今でも間違っていないと考えている」
 全校集会で「女性にとって最も大切なことは子どもを2人以上産むことだ」などと発言した大阪市立茨田北中の寺井寿男校長(61)が市教育委員会に進退伺を提出していたことが24日分かった。
 寺井校長は取材に「発言が報道され、市民らからの電話対応などで教員らが忙殺され、業務を停滞させた責任を感じた。処遇は市教委に委ねる」と説明。発言については「今でも間違っていないと考えている」と強調した。
 寺井校長は平成27年3月末で定年退職し、今月末までの任期で再任用された。来月以降も継続する見込みだったが、発言などを受け、市教委は退職させることも検討している。

何も悪いことはしていません。騒いでいる人間たちがおかしいと感じます。
自分たちの価値観以外を受け入れることが出来ない人間たち、心が狭い人々、そのような人を作ってしまったのも偏に教育がいびつになっているからなのかもしれません。
多種多様な価値観を認めよと言いながら違法移民などを受け入れ運動を行う人権派は自分達の価値観以外を受け入れようとしません。話を理解しようとしません。これが人権団体の本当の姿なのでしょう。発言に責任を負う事もなく、義務は果たさなくても権利を主張しようとする人々、私はそのような人々を軽蔑します。

普通の人は他の人の生活を羨ましいと思っても引きずり落とそうとはしません。
自らが頑張ってそこまで行こうとするからです。頑張っている人は他人を羨みません。自分の力で成し遂げようとするからです。
それをしたくない人間が人権派と呼ばれる団体に入るのかもしれません、しかし、本当に考えて運動している人もいるのかもしれません。一方的な見方は人を駄目にします。そうならないようにしていかなくてはなりません。自制しなければなりません。
皆で何が正しいのか?考えていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
教育 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/03/31 06:00
コメント:

管理者のみに表示