民進党のエース 山尾氏とは

8383868e-s.jpg
匿名ブログを取り上げ、安倍総理を追い詰めているともっぱらの評判である民進党:山尾政調会長
当選二回目であるにも関わらず政調会長に抜擢されました。
散々と世間を騒がしている彼女の主張はどのようなものなのでしょうか?
「普通の人豊かに」が旗印=民進・山尾志桜里政調会長に聞く
 民進党の山尾志桜里政調会長は8日、時事通信のインタビューに応じ、安倍政権が看板とする「1億総活躍社会の実現」に対抗する旗印として、「普通の人から豊かになろう」と訴えて夏の参院選などに臨む考えを明らかにした。主なやりとりは次の通り。
 -安倍政権との違いをどう打ち出すか。
 (党綱領に明記した)「自由」「共生」「未来への責任」の中身を自分なりの言葉で分かりやすく語ることで民進党の輪郭を伝えたい。私たちは「国民の自由」という側に立つ。安倍政権の言う自由は「首相が憲法を自由に解釈する自由」や「メディアを権力が規制する自由」という方向性が感じられる。
 共生については、安倍政権は富める者をより富まし、強い者をより強くしていけば、いずれ弱い人にも循環していくという考え方に立っている。私たちはボトムアップ型の社会を目指す。(安倍晋三首相とは)見えている景色が違う。
 未来への責任で言えば、待機児童問題を含めて子供に優先的に投資しなければ、10年後の高齢者の未来も安定しない。
 -政調会長就任に当たり、「国民の声を聞き、国民の言葉で語る」と意気込みを語っていた。
 安倍政権に顕著だが、これまでの政治は政治家の自己実現の手段となっている。だから国民との距離が遠い。政治家がやるべき仕事は、国民の声が教えてくれる。
 -首相が掲げる「1億総活躍社会」に対抗するキーワードは。
 「普通の人から豊かになろう」。普通の一人一人が豊かになれなくて、どうして1億総まとめで活躍できるのか。具体的な中身で言えば、待機児童の解消や同一労働同一賃金の実現、給付型奨学金の導入などだ。首相は財源も締め切りも中身も示さず、題名だけ挙げたが、非常に不誠実だ。
 -将来、代表として党を引っ張っていく意欲は。
 今回、政調会長という話があったとき、すごくためらいがあった。経験が足りない。代表になりたいとか、あまり思ってこなかった。ただ、表舞台であれ裏方であれ、自分が必要とされる役割をしっかり果たしたいという思いはある。

自由自由と言う人間の様ですね。ともなれば社会的責任についても言及してもらいたいものです。
安倍総理の自由と言いますが、国会議員には国益を最大にするという責任がありますし、国民を守るという責任があります。
現在、中共の脅威が日に日に高まっており、予断を許さない状況が生まれています。
そのことについて民進党ではどのように議論されているのでしょうか?てんで聞こえませんね。
責任と言えば山尾の説明した政治資金規正法違反について誰も納得していない状況であり、秘書が不正を行ったと自ら語ったのですからその件についての責任を感じてもらいたいものです。
甘利大臣が秘書のやったことで大臣を辞任しましたよね。
それに対して山尾はどのような責任を取るのでしょうか?
たしか犯罪を犯した秘書は平成二二年に事務所を辞めているそうですが、平成二四年にも計上されていますね。
他にもたくさんの疑惑が山尾には存在しております。
・お礼メール
  当選したことを皆に伝えるお礼メール、選挙法違反となります。
・生花代
  賄賂に当たります。
・引っ越し祝い
  賄賂に当たります。
・ガソリンプリカ
  裏金作りの可能性が濃厚です。
・携帯電話台
  月に9~12万円台と異常な金額
・コーヒー代
  最大一日に7万円台
様々な疑惑がもたれております。
そしてなによりも日本国民、日本に住むすべての人々を罵倒している『日本死ね』というヘイトスピーチをなんの躊躇もなく国会にて言う神経の持ち主であり、しかも自作自演が叫ばれております。
因みにこの『日本死ね』と発言された方は年収960万円以上の高収入であり、認定外保育園にいっても問題ないとされます。

因みにいうと山尾は相当良い保育園にお子さんを預けているそうです。
議員会館内に豪華保育所 山尾志桜里氏ら議員や秘書達も恩恵
 キッズスクウェア永田町──衆院第二議員会館の地下3階に、そんな文字がドアに書かれた部屋がある。東京都の認証保育所(※注)で、総面積は約275平方メートル。屋外には154平方メートルの天然芝の園庭を備え、0歳児(生後57日)から就学前まで定員は34人。午前8時~午後9時まで預けることが可能だ。
安全が保たれていて職場からも相当近い、良いところですね。
まあ、子供のいる国会議員がいけないとは言いませんが・・・

さて、山尾は止める必要がないと強弁しているようですね。
民主党から受け継がれている無責任精神、これをなんとかしなければ国民の声にこたえる政党にならないということがわかっていないのでしょうね。
民進党の内部からはこのような声が聞こえます。
民進・山尾氏のガソリン代問題で珍作戦 党内からも「本当にバカバカしい」
“1年で地球5周分”のガソリン代を政治資金収支報告書に計上していた民進党の山尾志桜里政調会長(41)が5日、衆院本会議でTPP(環太平洋連携協定)について質疑に立った。山尾氏は「自民党はTPP反対と言っていた。これはウソなのか」と迫るも、与党席から「またブーメランか」とやじが飛んだ。
 山尾氏がやじを浴びる一方で、民進党議員らは妙な動きをしていた。同党議員らの机には「安倍ガソリン代地球13周分」とデカデカと見出しが躍っていたタブロイド紙の1面をコピーしたものが目立つように置かれていた。1人2人ではなく複数だ。
 山尾氏よりも安倍晋三首相(61)の方がひどいというアピールなのか。
 民進党議員は「ええ、事前にコピーが配られたんです。で、『これをテレビに映るように机に置いておけ』という指示もあった。本当にバカバカしいと思ったよ」と苦笑する。
 答弁に立った安倍首相からも見出しが見えていたはずだ。しかし、安倍首相は「山尾政調会長のご活躍を願っています」と余裕の答弁。民進党の作戦は不発に終わった。
 週内に会見するという山尾氏はこの日もダンマリ。同日午前のテレビ番組では、山尾氏の地元事務所スタッフが「当時の秘書はみんな外車に乗っていたから、燃費が悪かったかもしれない」とコメントしたと報道されていた。
 この言い訳の真偽を確かめるため、本紙は地元事務所に電話をしたが誰も出ず。東京事務所は「担当者がおらず、私では分かりかねます」と女性スタッフが繰り返すのみだった。地球を何周もするガソリン代を計上することはよくあるのか。
 野党のベテラン秘書は「これだけ騒ぎになっているのは、支援者のガソリン代を肩代わりしているんじゃないかという疑惑があるからでしょう。選挙の時に動いてくれた支援者にガソリン代を払うことが絶対にないとは言いません」と明かす。
 かつてはビール券ならぬガソリン券を支援者に提供することもあったという。もちろん今では違法だからやらないというが…。

これが民進党のエースだそうです。
安倍総理に皮肉られたことすら理解で居ない山尾容疑者
活躍を期待されているというのは民進党の駄目さ加減を世間に知らせてくださいと言わんばかりです。
あれだけ捏造などでいじめられている安倍総理です。いう事の出来るタイミングがあれば漏らしたくなるのも当然でしょうね。

このままいけば民進党の支持率は5%を切りそうな感じです。労働組合もあきれていることでしょう。
支援するとは公に言えなくなる日も近そうですし、何よりも一般の組合員からの突き上げが大きいのでしょう。
あらゆる意味で民進党には頑張ってもらいましょうね。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
未分類 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2016/04/16 06:00
コメント:
No title
 このように無様な政党の主張が、なぜ国民の支持を得ているのか?いや支持を受けている公党のように見えるのか?
 私は、マスコミの恣意的偏向にその原因があると思う。
 TV、マスコミの犯罪的影響力は、視聴者に対し価値判断の基準を提供しているかのように刷り込む事である。
 視聴者は既にTV・マスコミには表面的な批評しか出来なくなっている。
 TV・マスコミに対する批判を考えることも出来なくなっている。
 思えば昔、大宅壮一という批評家が居た。TVは電気紙芝居だと言ったのだ。
 告白すれば、私もそれに“面白い批判”以上の感覚は無かった。
 紙芝居は、批判とは縁の無い子供達が相手だから、“刷り込み”し放題だという毒が含まれているという意味だったとは思わなかった。
 インターネットはその毒を以てマスコミの毒を制する可能性がある。
 しかし、あまりにもマスに置いて劣勢だ。
 馬を川まで連れて行くことは出来るが水を飲ませることは出来ない・・・と言うが、馬を川に連れて行くことが出来ないでいる、川に来れば馬は自分から水を飲みたがるのに・・・。

管理者のみに表示