民進党政調会長 ガソリーヌ山尾

13043218_266271487047395_2148811616219115885_n.jpg
様々な疑惑が出て来ている民進党の政調会長 山尾、別名ガソリーヌ
先日のガソリン購入費用のプリペードカードによる裏金事件に対してすべて秘書の性にしてしまい全く反省の色を見せておりません。
そんな彼女の言い訳は秘書がやったからという以外に言えないそうです。
それが疑惑をさらに深めていることも知らずに壊れたテープレコーダーのようにそれしかいう事がないようです。
そんなことで国民から信頼される政党の政調会長に成れると思っているのでしょうか?
様々な憶測が飛び交います。
山尾志桜里の新たな疑惑 不可解な500万円の移動も「事実関係を確認中」
 民進党の山尾志桜里(しおり)政調会長が今月6日に行った会見では、地球5周分のガソリン疑惑を“秘書がやった”と述べたほか、公職選挙法違反の疑いのある電子メール送信の件を“後援会名簿に手違いがあった”、選挙区内の施設「さくら館」にまつわる収支を報告書に計上しなかったのは“総支部や後援会の事務所であるとの認識に欠けていた”。しかし、ここで浮上した新たな疑惑にも言及しよう。それは、14年末の総選挙を前にしたカネの動きである。
「選挙運動費用収支報告書」や山尾氏が長を務める「民主党愛知県第7区総支部」の報告書によれば、
11月21日
民主党→山尾氏
政党交付金からの「公認料」 500万円
12月1日
山尾氏→総支部
「寄附金」 500万円
12月1日
総支部→山尾氏
「選挙費用」 500万円

山尾志桜里の新たな疑惑 不可解な500万円の移動も「事実関係を確認中」
12月1日 総支部→山尾氏 「選挙費用」 500万円(「民主党愛知県第7区総支部」の収支報告書より)
 ご覧のように、党から山尾氏へ500万円が振り込まれたのち、資金移動を重ねることで彼女へ還流している。いや、還流という表現はじれったい。つまり、カネの移動がないのだ。
 しかるにどうしてこんなことをしたのか。
「山尾さんから総支部へ寄附することで、申請すれば『寄附金控除のための書類』を受け取れる。そしてこれを用いて、所得税を減らすことも可能になるのです」
 と、これは政治資金に詳しい浦野広明税理士の解説である。
 議員歳費を2200万円とすると、そこにかかる所得税は約434万円。その一方、寄附金控除を受けた場合は約266万円で、ざっと170万円の税金を浮かすことができる。このシナリオを前提にすれば、
「実際は寄附を行なっていないのに控除を受けていたとしたら、脱税が疑われる」
(同)
 ガソリンの件で“犯人扱い”されている渦中の秘書も、この“錬金術”にはびっくりだろう。
山尾志桜里の新たな疑惑 不可解な500万円の移動も「事実関係を確認中」
民進党の山尾志桜里政調会長
「党から彼女への公認料は非課税で、しかも税金が原資となる政党交付金から支出されている。そのうえ法を熟知する検察出身なのですから、一段と高いレベルの倫理が求められるはず」(同)
 さらに性質(たち)が悪いのは、500万円を政治団体ではなく個人に戻している点だ。というのも、パンティ1枚買ったところで本人を除いては誰にもわからないのだから。旧民主党関係者もこう訝(いぶか)る。
「総支部への寄附はよくある手ですが、再び個人に戻すのは不可解。ちょうどあの頃は、“寄附金の控除については意図が見え見えだから慎むように”といったお達しがあったんですよ」
 身内からも出た一連の疑惑を事務所に質すと、過去の疑惑の際と同様、
「現在事実関係を確認中」
 のひとことのみだった。
「特集 ガソリン代は地球9周分! 法と証拠に基づかず秘書をワルにして居座り! 民進党『山尾志桜里』政調会長の嘘と政治資金ミステリー」より
「週刊新潮」2016年4月21日号 掲載

ガソリンのプリペードカードの売買費用に加えて所得税の脱税疑惑、どれだけ黒い人間なのでしょうか?
こんな人間が我が国の国会議員であることを私たち国民は恥じなければなりません。

しかも、公職選挙法違反の疑惑も出ているようです。
民進党・山尾志桜里政調会長 会見で語った「電子メール」「さくら館」釈明の嘘
 民進党の山尾志桜里(しおり)政調会長が今月6日に開いた会見では、疑惑の“ガソリン代地球5周分”だけでなく、本誌(「週刊新潮」)が報じた電子メールについても述べていた。発信元を米国ニュージャージー州とする迷惑なショートメールを愛知県下の自民党市議が受け取ったのは、14年11月のことだった。それは上の写真のように、
〈枝野幹事長来る!〉
 と、総選挙における応援弁士の来訪を宣伝するもので、文末には山尾事務所の電話番号もある。それからというもの、
「20通近く変なメールが届きました。山尾さんに“メールを送ってほしい”なんて頼むはずもないし。だいたい、〈当選に向け!人手が足りません〉て言われても、こっちが手伝うとでも思っているんでしょうか。私のみならず我が党の仲間にも、一方的に送られていたんです」(当時を知る事務所関係者)
 挙句には、選挙期間中に「期日前投票」の依頼メールまで届く始末(写真1)。この点を地元選管に確認すると、
「公選法違反にあたり、2年以下の禁錮または50万円以下の罰金が科せられる」
 以上のことから推察されるのは、名刺交換などから知り得た個人情報の一切合財を登録し、一斉送信していた疑いだ。政調会長ご当人は会見で、送信元は自身の陣営だと認めたうえで、
「後援会名簿に手違いがあり、同意を得ていない方々が混ざっていた(中略)ショートメールには連絡先として事務所を表示していた」
 と弁明したのだが、当時の秘書の携帯電話番号を記載したショートメール(写真2)も見つかっている。
 再び選管に聞くと、
「事務所の連絡先を表示していたのみでは不十分であり、これも公選法の規定に違反します」

■“拠点が借りられた”
民進党の山尾志桜里政調会長
 ――続けて山尾氏は、選挙区内の瀬戸市にある「さくら館」に関して説明したが、これも物足りなかった。
 13年3月にできたこの施設では、「さくら塾」と称したイベントを主催、歯科医や書家など幅広い層を講師として、地元民を聴衆にそれぞれ招き、飲食を提供している。ときには1人5000円の会費を募って旅行へ出かけることもある。これらは支援者を獲得するための「純粋な政治活動」ゆえに、報告書に計上すべきだと本誌は異議申し立てを行なっていた。
 これに対して彼女は、
「指摘を受けるまで、さくら館が総支部や後援会の事務所であるという認識に欠けていた」
 と主張したが、さる民進党議員はこう証言する。
「さくら館ができる前年12月の総選挙で山尾は落選。その選挙総括では、『瀬戸の票田の重要性』を訴えている。瀬戸で票を伸ばせるか否かが当落の鍵を握っているという見方で、それは仰る通り。さらにそのあとの地元の幹事会で、“瀬戸に拠点が借りられた”とも言っていた。しかも貸してくれたのは当時の後援会長なんですよ」
 それに加えて山尾氏のブログをさかのぼると、さくら館が「瀬戸事務所」としてオープンする旨ならびに、門前に佇む彼女の写真が確認できる。その表情から察すると、あたかも花筏を愛でるような充実感に満ちている。要するに、さくら館を拠点に政治活動を行なっていたと見るほかなく、ならばさくら塾の内実と併せて、報告書に収支を記載する義務があるはずだ。

このような疑惑が出てくればそれこそ自殺するまで追及するマスコミですが、民進党に対しては甘い対応しかとりません。
此処でも偏向報道が横行しているとみるべきでしょう。
はっきりと悪は悪として糾弾する必要がありますね。

こんな山尾が本日名古屋のどこかで憲法に関する講演会で講演するそうです。
一緒に参加する人間もお気の毒にとも思いますが、もしかすれば同類なのかもしれませんね。
このような人間が議員であるという事を講演会参加者ははっきりと言っていただきたいものです。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/05/01 06:00
コメント:

管理者のみに表示