沖縄県民は日本人です。

13086806_1050495561690688_299514951656718863_o.jpg
先日、国会にて戦勝国連合が住民の意見を無視して設定した先住民認定に対して沖縄県代表の国会議員が質問を投げかけました。
国連見解「沖縄の人々は先住民族」に自民議員が猛反発「民族分断工作だ」 政府も「撤回働きかける」
 国連の人種差別撤廃委員会が2014年9月に沖縄の住民を「先住民族」と承認するよう日本政府に検討を求めた見解に対し、木原誠二外務副大臣は27日の衆院内閣委員会で「事実上の撤回、修正をするよう働きかけたい」と述べ、政府として対応する考えを示した。自民党の宮崎政久氏(比例九州)の質問に答えた。
 国連では人種差別撤廃委や自由権規約委が08年から4回にわたって沖縄に関する見解を表明し、「琉球・沖縄の人々を先住民族として承認しない立場を遺憾に思う」などとしてきた。外務省の飯島俊郎参事官は27日の内閣委で「政府が先住民族と認識している人々はアイヌ以外に存在しない。これらの(国連の)委員会による最終見解や勧告などは法的な拘束力を有するものではない」と強調した。
 沖縄県を地盤とする宮崎氏は質問で「(日本人に)沖縄県民が先住民族だと思っている人はいない。誠に失礼な話だ。民族分断工作と言ってもよい。放置しないでほしい」と、政府に毅(き)然(ぜん)と対応するよう求めた。
 また、自由権規約委は14年8月、「コミュニティーの伝統的な土地や天然資源に対する権利を十分保障するためのさらなる措置をとるべきだ」などと日本政府に法改正まで求めている。この見解についても、宮崎氏は「尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む沖縄の土地や天然資源が、どこに帰属するのかを問題にされかねない。沖縄は尖閣諸島を含めて日本の国土だ」と批判した。


この憤りはわかります。今まで平和に暮らしていたのに何の承諾も得ずに住民の意思を無視して他の組織である戦勝国連合の一委員会が国に確認もせずに世界中にデマをまき散らしているのです。
外務省はこのような質問が来る前に対処する義務がありましたが、職務怠慢により出来ておりませんでした。
なので宮崎議員が国会にて発言したのでしょう。
沖縄県が日本の一地方であることは否定できない事実です。7世紀ぐらいから日本に編入されています。
天照大御神などが沖縄でも祀られていることはご存知でしょうか?
熊野神社が沖縄県にあることも御存じでしょうか?
数々の神社が沖縄県には鎮座しております。古来より日本と同じ文化と歴史を共有している証拠の一つではないでしょうか?
義烈空挺隊

この記事に対して沖縄県民はどのように考えているのでしょうか?
沖縄タイムズがこのように書いております。
政府「沖縄は先住民ではない」 県内の反応は?
 沖縄の人々を「先住民族」とする国連人種差別撤廃委員会などの見解について「事実上の撤回や修正を行うよう働きかけたい」とした木原誠二外務副大臣の国会答弁。28日、沖縄は「屈辱の日」を迎えるが、「連綿と続く差別」を顧みないことへの不満や「極端な同化主義」との批判が上がる一方で「県民は日本人」と評価する声も聞かれた。
 国際機関で沖縄問題を取り上げてきた「琉球弧の先住民族会」の宮里護佐丸代表は「琉球国の時代や、その後日本に併合された歴史を振り返れば、国連が示す先住民族の定義にあてはまるのは誰が見ても明らかだ」と指摘する。
 その上で「住民を本土と同等に扱っていたのなら、先住民だという人は一人もいない。差別が連綿と続いているから、自ら先住民と名乗って権利を主張している。きちんと歴史を見てほしい」と不満を訴えた。
 ヘイトスピーチなどの問題を取材し、昨年9月には翁長雄志知事の国連演説も傍聴したジャーナリスト安田浩一さんも、沖縄の人々の人権が侵害されてきた歴史や、過重な基地負担をめぐって国と県が対立する現状を踏まえ「先住民と主張する意見はもっともだ」と理解を示す。
 今回の政府の姿勢を「本土の意見に逆らうな、国益に反するようなことはするなという極端な同化主義だ」と批判し「沖縄の人は、復帰以降も変わらない過重な基地負担の軽減を訴えているにすぎず、政府は沖縄側の気持ちを無視している」と指摘。
 さらに「政府は同じ日本人というのなら、沖縄の基地負担を本土も分かち合う方策を積極的に模索するべきではないのか。安全保障の名の下に不公平な立場に置かれ続けている沖縄の現状を、政府は理解していない」とした。
 この問題をめぐって、豊見城市議会は昨年12月、国連勧告撤回を求める意見書を賛成多数で可決した。
 提出者の新垣亜矢子市議は木原副大臣の発言について「県民は日本人であることが前提だ。意見書を後押ししてもらう答弁に感謝している」と評価。
 その上で「少数意見が国連で通ったことは問題であり、勧告が間違っていることを県民に理解してもらいたい」と要望した。

28日は主権回復の日であってなんで屈辱の日なんて言い方をしているのかわかりません。
なんででしょうね?沖縄が遅れて返還されたことが悔しいという事でしょうか?
沖縄返還に反対していた共産党のような主張です。訳が分かりません。沖縄県民は一刻も早く祖国に復帰したかったというのはわかりますが、前後の式典での言い分を考えるとごねたいからごねているとしか思えませんね。
歴史を捏造したい先住民会議の人は沖縄県にどれだけいるのでしょうか?
極ごく少数の人々の様ですね。彼らは差別を装って特権を得たいという主張を繰り返し、繰り返し行い利権を作っています。
利権が大嫌いなマスコミがそれを報道しないのがおかしいですね(棒)

今度の5月8日 靖国会館では沖縄の声を届けようという試みが行われます。
沖縄県祖国復帰44周年記念 日本民族団結靖國集会
〜届いていますか? 沖縄の本当の声〜
「国連先住民勧告の撤回を実現させる国民の会」設立決起大会

■日 時:平成28年5月8日 受付:12時30分 開演:13時
■場 所:靖國会館2F
■参加費:1,000円

---------<プログラム>---------
◎来賓挨拶
  ・中山成彬氏(前衆議院議委員)
  ・室舘勲氏(株式会社キャリアコンサルティング代表取締役社長)

◎基調講演
 「長尾たかし、沖縄を語る」
  ・長尾たかし氏(衆議院議員)

◎沖縄からのメッセージ
  ・宮﨑政久氏(衆議院議員・沖縄県選出)

◎地方議員からのメッセージ
  「沖縄の日本民族同胞を守る『地方議会意見書採択運動』」
  ・鈴木正人氏(埼玉県議会議員)
  ・古賀俊昭氏(東京都議会議員)
  ・小島健一氏(神奈川県議会議員)

◎緊急報告
 「日本民族を団結させる「国連先住民勧告撤回運動」
  ・仲村覚氏(沖縄対策本部代表) 

■主催:沖縄県祖国復帰44周年記念日本民族団結靖國集会実行委員会
■共催:沖縄対策本部 / 英霊の名誉を守り顕彰する会

是非、参加の程宜しくお願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
(ブラッキー)
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/05/04 06:00
コメント:

管理者のみに表示