法律を超越した民進党(旧民主党)

13179361_1019129294800930_7533712316955806756_n.jpg
しかし、民進党と書くと台湾民主進歩党の事を書くようで書き苦しいのですが、また民進党の馬鹿どもがなんか言い出しています。
原発ゼロは民進党が唯一纏まった政策とかほざいているそうですね。
頭悪いとしか思えませんが、こんな話の様です。
民進党政調会長・山尾志桜里「原発ゼロはようやくまとまった党是です」
 夏の参院選挙を控え、熊本など九州で大地震が相次ぎ、再びクローズアップされる原発再稼働。田原総一朗氏が民進党の新しい“顔”となった山尾志桜里(しおり)政調会長に切り込んだ。「民進党はなんでもっと突かないのか」と──。
*  *  *
田原:今回の大地震で原発問題が再びクローズアップされています。九州電力の川内原発は、今回の地震でも止まることなく稼働し続け、政府は「原子力規制委員会において川内原発を停止させる必要はないと判断されている」と言っています。民進党は再稼働を当面、認めるのですか?
山尾:今、党内でまとまっているのは、再稼働の条件として、国の避難計画策定の責任を明確化するべきだということです。
田原:今の規制委は、審査基準で避難計画にはほとんど触れていません。私は個人的には、使用済み核燃料をどうするか決めないで再稼働を進めていくのは、やめるべきだと思っている。そう思いませんか。
山尾:自分の思いを言うのは簡単ですが、それぞれが思いだけを語った結果、バラバラになって政権を失っていますからね……。政調会長はいろいろな人の思いをまとめて、まとまるラインを絶対崩さない。これが仕事だと思っています。
田原:安倍政権は規制委が認めたものは全部、再稼働OKです。元検事としては、もっと厳密ですか?
山尾:厳密であるべき論で個人的には思うところはあります。ただ、幅はあるけれど、原発をなくすというところで必死にまとまっているものを崩せば、かえってゼロへの道が遠のく、という思いもあります。
田原:鹿児島県の住民が川内原発の運転差し止めを求めた仮処分申し立ての即時抗告審で福岡高裁は4月、訴えを認めませんでした。しかし、関西電力の高浜原発(福井県)の運転差し止めを求めた滋賀県の住民らの訴えを大津地裁は3月、認める決定をし、運転を停止させた。裁判所によって違う司法判断をどう考えますか。
山尾:原発というのは、ある意味、国の哲学の問題でもあると私は思っていて、それを判断する役割を司法にゆだねている状況に限界を感じるんです。国の課題を、司法に判断の重責を背負わせているというか……。

田原:本当は国が判断をしないといけない問題です。もっと言うと、今の自民党は、原発に対する責任体制がとれていないんです。自民党や政府の幹部に「誰が原発の責任者なんだ」と聞くと、もんじゅの問題は文部科学省、軽水炉は経済産業省と。いったい、じゃあ、すでに1万7千トンある使用済み核燃料はどうするんだ、どこが判断するんだと聞くと、答えられない。そこの無責任体制をなんで民進党はもっと突かないんだろう。
山尾:正直申し上げると、私たち本当に政権時代に3.11で福島を体験して、原発30年代ゼロっていうのをやっとこさ決めたのです。
田原:民主党は原発問題はこれまで党内で意見が割れてきましたが、どうですか。野田政権末期の12年9月、30年代末までに原発の稼働をやめるという閣議決定をすると宣言したのに、結局はできなかった。
山尾:その質問に直接答えているかわかりませんが、あのとき見ていて無残だったのは、原発ゼロの時期をいつにするか、再稼働を一切認めないかどうかなど、考え方の違いで党内がバラバラになってしまったこと。一方、自民党はとにかく沈黙することで一枚岩にまとまっていた。そして、選挙は沈黙の一枚岩が勝った。
田原:山尾さんは政調会長として次の参院選挙で、党内をまとめられますか。
山尾:それが自分の職責です。私たちは惨敗したあの経験が骨身にしみていますから、まとまると思っています。30年代に原発をゼロにするというのは私たちの党是で、これは決まったライン。ぶれさせないことがすごく大事です。

で、国民の生活をほっておいてイデオロギーに走るという事だそうです。
山尾の選挙区は自動車産業ですね。その生産工場が止まっても良いという事でしょうか?
核燃料を処理するための工場を一部の反原発の活動によって止められている事に危機感を抱かないのでしょうか?
元々再処理工場を稼働させて廃棄物をなくすとの方針です。その方針については如何なのでしょうか?
明確にしてもらいたいものです。
外国を習って海に捨てますか?私的にはそれで結構だと思います。
なんせ地球内部は核物質がたくさんあり、反応しているのですから日本海海溝にでも捨てればいいのです。
海溝が埋まったら?とか訳の分からない指摘をされる人がいますが、どれだけのものを捨てればそうなるか教えてほしいですね。
科学的な根拠で示していただきたいものです。もんじゅの冷却にナトリウムが使われているから水と反応すれば爆発すると言う馬鹿が時々存在しますが、高熱を発するのと爆発するのは化学反応が異なります。
物理的理論で話していただきたいものです。

日本は潜在的核兵器所有国と言われておりますが、そんなことないですよ。
日本は核兵器よりもガンダムとマクロスを配備するのです!そちらの方がロマンがあって良いと思っています。(笑)

さて、そんな民進党の山尾ですが民進党が法律だ~とばかりの馬鹿げた理論を振りかざしました。
有権者への花代と香典認める 違法性は否定 「党の統一見解だ」
 民進党の山尾志桜里政調会長(衆院愛知7区)は11日の記者会見で、平成25年11月から26年5月にかけて、選挙区内の有権者計6人に渡す花代と香典料に計4万4875円を支出していたと明らかにした。山尾氏は、後援会からの支出が不適切だったとして、自身が支部長を務める政党支部が支出した形に訂正したと説明した。だが、総務省のホームページは「政治家が選挙区内の人に寄附を行うことは、名義のいかんを問わず特定の場合を除いて一切禁止されています」と紹介。「政治家からの寄附禁止」として、花代や香典料の支出禁止を例示している。公職選挙法に抵触する可能性がなお残るが、山尾氏は「『政党支部の支出は禁止されていない』ということが民進党の統一見解だ」と強調した。記者会見の詳報は以下の通り。

 「私の政治関係の収支について報告できることを申し上げたい。まずガソリンの件だが、弁護士同士の協議が続いている。2点目だが、(政治活動の拠点として活用してきた)『さくら館』について、『訂正します』と申し上げていた点を訂正した。3点目だが、ご指摘をきっかけにできるだけ徹底した調査ということで、少額領収書を含めて精査を進めてきた。そうしたら選挙区内の方への支出の中で、事務手続きの誤りから、『後援会が支出した』と記載されていたケースがあったので、5月9日、後援会ではなく総支部(政党支部)が支出したということで訂正を行った」

 --訂正について詳しく聞きたい
「『さくら館』については、(過去の)説明の会見で申し上げた通りのことをやったという報告なのだが、『さくら館』について所有者の方から私どもの総支部が無償供与を受けていたこと。そして私ども総支部がさらにその場所を後援会である『桜友会』と『さくら塾』に無償供与をしていたこと。こういったことについて実態を反映させるべく収支報告書を訂正して記載を改めた」
 「もう一点だが、選挙区内の相手先にお花と香典を送った件が6件あった。実際は総支部が支出すべきところを後援会が支出したというふうに誤って記載がなされていたので、それを総支部が支出した形で訂正を行った。6件について申し上げると、お花が2件、香典が4件。お花の2件の金額は7875円と2万1000円。香典は5000円が2件、3000円が2件。時期は、お花が平成25年11月22日と26年2月8日。香典は3000円が26年3月24日と26年5月12日。5000円は26年2月5日と26年3月30日だ」

 --花代と香典料は公選法にも触れるのではないかと思うが
 「総支部が支出することは禁止されていないということが民進党の統一見解だ」

 --こうなってしまった理由は
 「それは本当に記載にミスがあったのでそれをしっかりと訂正したことに尽きる」

 --お花と香典の送り先は?
 「6件6人の選挙区内の方だった」

 --有権者か
 「そうだ」

 --お花はどういった目的で渡したのか。これまで「新築祝い」という話も出ているが
 「そこはこの場で正確なことを申し上げる術がないのだが、いかなる趣旨の花であれ、選挙区内の有権者に渡っているものなので、これは総支部として支出すべきものであり、総支部として支出したということで訂正することが大事だと思う」

党の統一見解とか言いながら中共の狗であるハイカイダー蓮舫は公職選挙法案の改正に言及しています。
民進党・蓮舫代表代行 選挙区内の寄付行為、公選法改正含め「考えた方がいい」
公職選挙法に違反しているから改正を言い出しているとしか思えません。

さて、民進党に甘いマスコミは今後どのような追及を行うのでしょうか?
あるブログから転載させていただきました。
・事務所費1000万(ただし法的には違法ではない)の松岡利勝
 →民主党とマスゴミが自殺するまで追いかけ回した。
 (このときの民主党側追及チームのリーダーが蓮舫)
・数千万円や億単位の事務所費が民主党幹部議員に続々発覚
 →渡部恒三は党役職を解任されたが3ヶ月後に復帰
 →マスゴミは追及せず事務所費の問題を騒がなくなった


・事務所費4億円以上の小沢一郎
 →撮影禁止、メモ禁止、実質記者各自が数分程度しか閲覧できないという条件で収支報告書の一部を公開
 →マスゴミは説明責任を果たしたと言う事にして以降これを不問に。



・高木大臣が香典代を政治資金から支出していた
 →民主党「大臣を辞めろ、議員をやめろ!」
 →マスゴミ(特に文春)は高木叩き

・北澤俊文や川端達夫など民主党幹部に次々と香典代支出が発覚
 →マスゴミはフェードアウト
 →山井和則や柚木道義らはそれでも高木批判

・ガソリーヌ山尾が新築祝いや香典代など複数回政治資金での支出が判明
 →ガソリーヌは「後援会なら違法だったが政党支部だから違法ではないというのが党の統一見解」と説明
 →マスゴミは追及せず


・自民党の松島みどりが地元のお祭りでうちわを配っていた
 →民主党は連日国会で買収だと叫び続けて辞任辞職要求。
 →マスゴミも便乗


・蓮舫ら多くの民主党議員もうちわを配っていた事が発覚。
 →マスゴミはいつもどおりフェードアウト


・収支報告書の虚偽記載による政治資金の不正が指摘された荒井聰
  →レシートをかき集めて支出の言い訳に使おうとするもキャミソールやレディースコミックなどツッコミ所満載ながらも
  「政治活動に必要だったから」の言い訳。
  →マスゴミは以降追及せず。

非常に分かり易いくらいに連携していますね。
これでも民進党の議員はマスコミから攻撃を受けいていると感じているのですよ。信じれますか?
こんな腐った政党は参議院選挙で崩壊させましょう。
それが人としての道だと思います。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2016/05/19 06:00
コメント:
ヘイトスピーチ法案に続き部落差別対策法案が近いうちに成立しそう
管理人様、
ヘイトスピーチ法案に続き部落差別対策法案(http://mainichi.jp/articles/20160427/k00/00m/010/016000c)が近いうちに成立しそうです。是非廃案にするよう記事にしてください!!これらが本格的に成立すれば日本人の言論の自由は全く無くなります。
皆で官邸にもメールしましょう!
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
年々緩くなってゆく移民政策、シナ人など特亜国籍の日本の土地、水資源がいとも簡単に買えることなど。これでは日本が内側から崩壊してしまいます!!
今は多くの方々が升添、沖縄問題などに注目していますが、その裏ではこのような政策が進行していってます。どうか、こういった地味だけれど大事なことを是非取り上げてください!!お願いします。

管理者のみに表示