中共の侵略が始まろうとしています。

13267720_1040623312699187_1879892072688988194_n.jpg
先日、中共の軍艦が我が国の領海を侵犯しました。
これは中共による侵略行為であり、宣戦布告といっても過言ではない行動です。
尖閣諸島は我が国固有の領土であり、守らなければならない領海です。
それに対して侵略する事は中共の進軍を意味しています。
護憲派の9条の会等は直ちに尖閣諸島に行き9条を訴えてきてください。
それで侵略が止まり、中共が野心を収めるならそれでよし、もし行かないのであれば二度とそのような訴えを行わないで頂きたいものです。

正確には領海の直前である接続水域なのですが、政府の緊迫した状況を産経が記事にしています。
緊迫の一夜、そのとき官邸は…外交儀礼などに構ってられない
 中国軍艦が尖閣諸島の接続水域に突然侵入するという初の事態に、9日未明の日本政府はかつてない緊張に包まれた。
不測の事態ありうる
 9日午前1時ごろ、都内の議員宿舎で就寝していた官房長官の菅義偉(すがよしひで)は、携帯電話の着信音でたたき起こされた。電話口の秘書官が告げた。

 「接続水域に入域…」
 菅は眠気が一気に覚めた。万が一、領海に侵入すれば、不測の事態もありうる。戦後日本が経験したことのない重大危機に直面するかもしれない-。携帯電話を握る手に思わず力が入った。
 この10分前の午前0時50分、中国海軍のジャンカイI級フリゲート艦1隻が久場島北東の接続水域に入った。海上自衛隊の護衛艦「せとぎり」がキャッチした一報は、防衛省を通じてシンガポール滞在中の防衛相、中谷元(げん)に直ちに伝えられた。中谷は情報収集を徹底し、警戒監視を強化するよう指示を飛ばした。
 これに先立つ8日夜、海自護衛艦「はたかぜ」は東シナ海を北上するロシア海軍の艦艇3隻を監視下に入れていた。午後9時50分、艦隊は久場島と大正島間の接続水域に入った。これは想定通りの航路だった。
 だが、ここで思わぬ事態が発生する。ロシア艦隊とあわせるように、中国海軍のフリゲート艦が不気味な音を立てながら船首を尖閣諸島に向け、直進を始めたのだ。日本政府がその異変を察知したのは午後9時半ごろだった。
 外務省は中国・北京の日本大使館を通じて何度も警告を発した。だが、中国フリゲート艦はこれを無視し、ついに接続水域に突っ込んできた。

大使知らなかった?
 外務事務次官の斎木昭隆が駐日中国大使の程永華を外務省に呼びつけたのは9日午前2時。日本政府が駐日大使を深夜や未明に呼ぶのは異例だが、主権に対する毅然(きぜん)とした態度を見せつけるには、外交儀礼に構う必要などなかった。
 斎木「中国側の行為は一方的に緊張を高めるような行為だ。日本側としては受け入れるわけにいかない。ただちに接続水域から出るように」
 程「……。本国に直ちに伝える。次官はお分かりだと思うが、尖閣諸島は中国の領土だ。抗議は受け入れられない。ただ、こちらも事態がエスカレートすることは望んでいない
 程は平然と言い返したが、その態度は事態を知らされていなかったように斎木は感じた。外務省関係者は「中国の外交部は中国海軍の動きを知らなかったのだと思う」と分析する。
 首相官邸の動きもあわただしかった。
 都内の私邸ではなく公邸に宿泊していた首相、安倍晋三は8日夜からリアルタイムでフリゲート艦の動向について連絡を受けていた。接続水域入域の連絡を受けると、(1)不測の事態に備え、関係省庁が緊密に連携して対処(2)米国をはじめ関係諸国と連携を図る(3)警戒監視に全力を尽くす-の3点を即座に指示。官邸危機管理センターには「中国海軍艦艇の動向に関する情報連絡室」が立ち上がり、内閣危機管理監、西村泰彦を中心にオペレーションが始まった。
 防衛省でも9日午前1時50分ごろには、防衛省・自衛隊幹部が緊急招集され、対処方針が確認された。
 「わが国の領土、領海、領空を断固として守り抜く考えのもとに、毅然と冷静に対応する」
 午前11時20分ごろ、官邸で記者会見に臨んだ菅は尖閣諸島をめぐる日本政府の立場を改めて説明した。ただ、普段の菅とは違って、その言葉には明らかに怒気がこもっていた。(敬称略)

これが国家が示す国防です。9条の会のように老後の暇つぶしではないのです。
中共は相変わらず嘘を平気で付きます。尖閣諸島は我が国の領土です、後ろめたくないのであればこのような抗議も必要ないでしょう。友好関係を崩したいのは中共の方ですね。
そしてそれは野党にも言えます。安全保障法制が自衛官が死ぬと煽る前に、現憲法である日本国憲法が自衛隊を見殺しにする現状を打開するために議論していただきたいものです。
先日も9条の会が戦争法案とレッテルを貼り、自衛官を殺しに掛かってきました。こんなことが許されてよいのでしょうか?

総理並びに自衛隊も即応体制を構築しました。
中国海軍艦艇が尖閣周辺接続水域に 首相が警戒監視を指示
自衛隊トップが“警告” 「中国艦、領海侵入なら相応の対応」
<尖閣接続水域に中国軍>政府、米と連携確認…NSCで協議
反日の工作により米軍の動きが遅くなっていると思っているのでしょうか?米軍との連携確認を即座に行っております。
この動きを見て、オール沖縄という馬鹿たちはどのように感じているのでしょうか?やっぱり米軍は現在でも必要ないと感じているのでしょうか?
とある、沖縄県出身の議員が中共の脅威はないとほざきましたよね。それが目の前に現れているのです。
さっさと9条を掲げて訴えてください。反撃しない警察や米軍にだけ高圧的な態度を行う反基地の基地外の諸君、活躍の場ができましたよ。

さて、普通の人々は基地反対をいう人間の考えに対して否定的です。
尖閣に中露軍艦 石垣の漁師、危機感…米軍撤去論「理解できぬ」
 尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域で中国とロシアの軍艦の航行が確認され、領海警備は一気に緊張感が高まった。今後も中国海軍艦の航行の常態化は懸念され、地元漁師らは不安を抱く。沖縄では相次ぐ事件を受け米軍駐留に批判も出ているが、漁師らは「米軍基地の撤去論に違和感がある」とし、日米の厳然とした対応を求める声が上がっている。
 中国海軍艦が尖閣諸島・久場島周辺の接続水域に接近しているとの一報が入った海上保安庁は、領海内の監視を強化するなど、一時緊張が高まった。
 平成24年9月の尖閣国有化後、中国当局の船の航行は常態化。今年も9日午前8時現在で、延べ317隻が延べ99日間、航行が確認されている。ただ、中国海軍艦の航行は初めて。海保幹部は「海保巡視船と軍艦では装備面で車と自転車並みの違いがある」と危惧する。別の海保幹部は「関係省庁と連携を密にして対応していく」としている。
 地元漁師の不安も高まった。石垣島でマグロはえ縄漁を営む下地宏政さん(46)は「怖さを感じる。政府がしっかり対応しなくてはいつまでも同じことの繰り返しだ」と憤る。
 これまでに何度も尖閣諸島の状況視察を行っている石垣市の仲間均市議(66)も「軍艦の出現の事態は重大だ。国は防衛上の対策を取り、漁師の安全を守ってほしい」と話す。
 沖縄では、米軍人・軍属による相次ぐ事件に駐留に反対するデモが起きるなどしている。ただ、中国の脅威にさらされている石垣島ではデモなどはないという。
 沖縄県漁業士会の比嘉康雅会長(59)=石垣市=は「現実に危機が迫っているのに、米軍反対を唱える人の考えが理解できないし、違和感がある。国は米国と連携して毅然(きぜん)とした対応をとってほしい」と訴えた。

 ■出現増加の恐れ、アジアと連携必要
 東海大の山田吉彦教授(海洋政策)の話「中国側の意図は、南シナ海の軍事拠点化に対抗するとした米艦艇の『航行の自由作戦』への当てつけのようなものだとみられる。航行するだけならば国際法上問題はなく、今後も尖閣諸島周辺で航行が常態化する中国海警局の船と同様に、中国海軍艦の出現も増える恐れがある。日本側としては、自衛隊の関与を高めるなど、領海警備のいっそうの徹底に加え、米国や南シナ海問題を抱えるアジア諸国との連携を強化していく必要がある」

基地反対派の方々はこのように訴えている人々を見殺しにするということでしょうか?

侵略を仕掛けてきている中共、大東亜戦争後最大の虐殺国家中華人民共和国、略して中共は南モンゴルを占領し、チベット人を虐殺し、ウイグル人の宗教まで奪おうとしています。
このような国を許してはなりません。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
国防 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2016/06/14 06:00
コメント:
No title
 シナの侵略はこれから始まるのではなく、既に始まっているとみるべきです。
 巧妙に、なし崩しに、間抜けな日本人にそれと悟られぬように、浸透してきています。
 このように具体的な敵対行動をとれば、いかな日本人にも危機感が芽生えるはずですが、敵はそれをも舐めているようです。
 相変わらず、ヘイトスピーチ解消法なんてことで政府与党から率先して言論弾圧(次は思想封鎖)を始めたのです。
 敵は日本人が起ち上がるはずが無いと踏んだのか?いや彼らには国民が覚醒するとか団結するとか想像もつかないだけだ。
 願わくば、敵のこのような失点を利用して目を覚ましてもらいたいと思います。
 そして手始めは憲法です。憲法改正に向けて議員改憲勢力2/3をめざすこと、国民投票に向けて意識改革を進めること、それを阻害するマスコミを反日勢力から取り戻すこと・・・。
 結構道は険しく遠い・・・。そしてもし失敗したら次は多分無い・・・。

管理者のみに表示