これが国会議員のやることか!

DQB7E21.jpg
街宣隊に対してレッテルを貼りつけ、暴力をもって街頭行進を潰している有田ヨシフ
地下鉄サリン事件で名を派したらしいですが、左翼と手を組む人間であり法律を守らない事でも有名な人間でもあります。
そんなひどい人間ですが三年前まではこれでも拉致問題の議連に所属しており拉致集会で登壇していた人物でもあります。
北朝鮮とも関係の深い人間として使われていたみたいですけど、三年前の集会で参集の人々から追求を受けてから一度も拉致の集会に参加していないヘタレでもあります。自分のやっていることに信念を持っていれば何を言われても平気だと思うのですが、何でしょうね?この人はと私は思いました。

そんな有田ですが、最も卑怯な手に出てきました。
拉致問題で悩みを抱えている横田夫妻の幸せな記憶を自らの議席のために踏みつぶそうとしているのです。
横田めぐみさん両親の孫、ひ孫の写真が明らかに 2年前のモンゴルで面会時 有田芳生参院議員が公開
 有田芳生参院議員は9日、北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさん(51)=拉致当時(13)=の父、滋さん(83)と母、早紀江さん(80)が2014年3月にめぐみさんの娘、キム・ウンギョンさん(28)らとモンゴルで面会した際の写真を公開した。
 写真はモンゴル迎賓館で撮影。めぐみさんの孫で、横田夫妻のひ孫に当たるウンギョンさんの娘=当時10カ月=も写っている。
 一方、横田夫妻は有田氏から写真を見せられ、一部の週刊誌に掲載する写真だと説明されたと指摘。「孫との対面時、孫から写真を外に出さないでほしいと(要望され)約束していた」ため、どこにも提供していないとしている。

横田夫妻の約束よりも自分の議席の方が大切なのでしょうか?
そこまでして国会議員にしがみつこうとしているのでしょうか?
私には理解できません。人を踏みにじってまで国会議員である必要があるとは到底思えません。

この写真掲載について有田は横田夫妻と一緒に選んだと供述しておりますが、実際には横田夫妻に週刊誌にのせると告げただけのようです。救う会の号外にその話が載っております。
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.06.10)
 マスコミの多くが、有田芳生参議院議員が独自に入手し、「週刊文春」を通じて公開した一昨年の横田夫妻と孫家族との面会写真を報じた。なお、報じるべきでないと判断して写真を報じなかったメディアがあったことも事実だ。その判断を私たちは重く受け止めている。
 この写真公開について、様々な誤解が広がっている。救う会西岡会長が横田ご夫妻に直接、お話を聞いたところ、以下のようなコメントを頂いたので全文公開する。

 有田議員は当初、公開した写真は横田ご夫妻が所有しているものだと虚偽をマスコミなどに伝えていた。そのことを救う会は確認している。虚偽を伝えることは拉致問題解決に障害になると言わざるを得ない。有田議員に猛省を求めたい。
 有田議員は一体どこから、今回公開した写真を入手したのか明らかにするべきだ。横田ご夫妻もその点は聞いていないという。横田家以外で写真を持っているとすると、北朝鮮以外考えにくい。有田議員は国民の代表である公人だ。いつどのような経緯で北朝鮮の誰から写真を入手したか、明らかにすべきだと強く求めたい。
 それを知った上で私たちが考えるべきことは、有田議員に写真を渡した北朝鮮の意図だ。救う会はその意図を、拉致被害者を返さないまま、それ以外の残留日本人や横田さんご夫妻と孫らとの面会などで日本世論を拡散させて、めぐみさんらは死んだという「調査結果」なるものを出そうとする謀略に加担するものではないかと、疑っている。
 以下の横田ご夫妻のコメントの全文を掲載する。ここで明らかなように、有田議員と横田ご夫妻は意見が大きく異なる。有田議員はご夫妻の考えを代弁してはいないということを皆様にお伝えしたい。

 横田滋、早紀江さんコメントを全文掲載する。
孫との面会写真公開に対する横田滋、早紀江さんコメント
 この度の「週刊文春」に掲載されました孫ウンギョン達との対面の写真は、横田家から提出してお願いしたものではありません。
 有田先生ご自身が持参なさり、「掲載する写真はこれです」と出されたものです。
 私達は、孫との対面時、孫から「出さないでほしい」と約束していましたので、横田家からは何処へも、一枚も出しておりません。

 有田先生のお話では、あちらの方は了解していますとの事でしたので、当時から、悲劇の中にもこの様な嬉しい日もある事を支援して下さった方々に公表したいと思っていましたので、「写真を掲載して頂く事は異存ありません」とお伝えしました。
 それは被害者家族の誰にも孫があり、この様に当り前の喜びを早く味わって頂きたい、それには、この掲載によって国民の皆様に再度拉致問題の深刻さを思い起こして頂きたい、孫と会えて良かったで終わる問題でなく、多くの罪無く囚われている子供達を一刻も早く祖国に全員とり戻す事を真剣に政府にお願いし戦って頂きたいと願うのみです。
 昨年9月の会見などでも繰り返しお話ししましたが、もう一度ここで誤解なきようにお伝えしたいことがあります。
 北朝鮮からウンギョンさんを日本に呼ぶという話が繰り返し出ていますが、私たちにとってはびっくりするだけです。もしそう言われたとしても、そういう事は致しません。
 私達が立ち上がったのは、子供達が国家犯罪で連れて行かれ、大事な子供達の命が今なおどこにも見えず、偽遺骨が送られてきたり、いいかげんなカルテをもらったりしたことを受けて、多くの国民の方に助けて頂いて、めぐみ達は生きている、すべての被害者を救い出したいと思っているからです。
 これは、繰り返し申し上げていることであり、今回、孫の写真を独自ルートで公開された有田先生と私達の考えは違っているという事をはっきりさせて頂きたいと思います。

2016年6月10日
横田滋、早紀江
以上

独自に北朝鮮の人間と通じているとしか思えません。拉致問題解決のための日本側のスパイであるなら良いのですが、到底そうとは思えません。
北朝鮮の了解を得たから出したのでしょうけど、出したことによって拉致された人が帰ってくるわけではありません。救われないのです。憲法を改正して奪還を目指さないといけないときにこのようなものを出すのは北朝鮮の思惑に乗るだけです。
どのようにして入手したのか説明すべきです。横田夫妻は約束を破るような方ではありません。
有田ヨシフ、きちんとした説明を求めます。
876c1d58.png
全日本で戦わないといけないこの時期に道路に寝っ転がり犯罪を行っている有田よしふ参議院議員
今回改選の議員でもあります。そんな彼が「子や孫を人質に取ってるんだぞ」という北朝鮮の工作材料を表に出してアピールする選挙活動を行うことを私たちは許してはなりません。

今年の拉致問題集会での言葉「日本が一丸となった解決への取り組みを」
この集会に有田は参加していません。
北朝鮮のスパイを国会議員にしてはいけないのです。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2016/06/15 06:00
コメント:
No title
 スターリン有田の頭の中は、きっと日本に対する憎悪で一杯なのでしょう。
 コリアやチャイナが日本に対して恫喝や脅迫してくることが嬉しいのです。
 三年前の救う会の集会・・・横浜?だとしたら私参加してました。途中、有田スターリンが喋っているうちに、気持ち悪くなって退席しましたが・・・。あの後の事だったか!退席しなければ良かった!

管理者のみに表示